2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

徒然なるままにコピペ日記 第6章

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/26(水) 16:36:33.22 ID:rQkxd6+K
円、「午前安・午後高」の法則 株高期待に水さす中国リスク
2013/06/26 16:22 日経速報ニュース
 26日の東京外国為替市場で円相場は15時すぎに対ドルで一時上げに転じた。日経平均株価が上昇
して始まるとの見方から、低リスク資産とされる円に売りが先行したが、勢いは続かなかった。短期金
融市場の混乱に揺れる中国で上海総合指数が下落し、一転して円が買い戻された。円が午前に売られ
、午後に買われるのは、今週に入って3日連続。「午前安・午後高」が一種の法則になっている。
 24日は1ドル=98円71銭、25日は98円07銭。東京市場の午前につけた円の安値だが、ともに欧米市
場を通した安値になった。26日も朝方に98円24銭をつけた後に下値をじりじりと切り上げており、この流
れが欧米市場でも続けば、3日連続で東京市場の午前が安値になる。
 東京市場で円売り・ドル買いが先行する要因の一つは日経平均株価の上昇期待だ。24日は23日投開
票の東京都議会議員選挙で自民党が連立を組む公明党と合わせて過半数を大きく上回る議席を獲得し
、株価の追い風になるとの見方が広がった。25日午前は日経平均が上げ基調を強めた場面で円売り・
ドル買いが膨らんだ。
 今週は月末と四半期末が重なるため、「実需の売買が入りやすい」(ナショナル・オーストラリア銀行の
高安佳子市場営業部長)。結果として国内輸入企業によるドル資金の手当てが、日本株高を期待した円
売りを後押しした面がある。
 一方、昼ごろから様相が変わり始めるのも、きょうで3日連続だ。円売りに水をさすのが中国・上海株と
いうのも同じだ。上海株の下げ、日本株に波及し、投資家心理は悪化。低リスク資産とされる円に資金
が逃げ込み、円相場を押し上げるという構図だ。
 中国人民銀行(中央銀行)は25日、一部銀行への資金供給実施を発表。26日の中国株式相場は落
ち着くとの期待が広がったが、蓋を開けると26日も下げが止まらなかった。日経平均は大引けにかけて
下げ幅を広げ、円買い・ドル売りを誘った。
 米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長が19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後に量的
金融緩和を解除する道筋を示し、再び強まった円安・ドル高見通し。そこに出てきたのが中国発のリスク
だ。「米量的金融緩和の縮小という米国発の『大きな風』を受けて円安に進んでいた紙飛行機(円相場
)が、足元では中国の株安という『横風』により軌道が乱されている」(野村証券)。中国市場が落ち着く
まで午前と午後に地合いが変わる展開が続きそうだ。〔日経QUICKニュース(NQN) 原欣宏〕

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/26(水) 16:38:13.49 ID:rQkxd6+K
品15時30分 金が下げ幅拡大、1年ぶり安値 NY金は1242ドル台
2013/06/26 15:46 日経速報ニュース 841文字
 26日午後の東京商品取引所では金が下げ幅を広げた。10時過ぎから始まった売りの流れが止まらず
、14時半すぎに2014年6月物は一時1グラム3911円と、中心限月としては約1年ぶりの安値を更新した。
海外相場安に加え、日経平均株価が下落に転じたことも売りを誘った。前日まで取引の中心だった2014
年4月物は4日続落し、清算値は前日比89円安の1グラム3933円だった。
 ニューヨーク金先物相場も一段安となった。中心限月の8月物は前日清算値比32.5ドル安の1トロイオ
ンス1242.6ドルまで下落。2年9カ月ぶりの安値を更新した。もっとも、15時過ぎの欧州勢の取引参加が
増える時間帯に入りドルが対主要通貨で売られるとドル建ての金の買いを誘い、1250ドル近辺まで下げ
渋った。
 白金も水準を下げて取引を終了した。昨日まで取引の中心だった2014年4月物の清算値は前日比33
円安の1グラム4191円となり、続落して終了した。金先物の下落が波及したほか、上海株安が工業品用
途が多い白金の需要減を連想させ重荷となった。朝方は反発していた。
 原油も下げに転じ、4日続落して取引を終了した。反発して取引が始まった後はじり安となり、午後に
下げ転した。金先物の急落で商品先物から資金を引き揚げる動きが波及した。上海株の下落で、世界
最大の需要国である中国の消費が鈍化するとの見方も広がった。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/26(水) 16:40:05.10 ID:rQkxd6+K
個人マネー、社債市場で増す存在感 4〜6月は全体の4分の1に
2013/06/26 15:43 日経速報ニュース 1725文字
 社債市場で個人マネーの存在感が増している。2013年4〜6月の個人投資家向けの発行額は7480億
円と前年同期の約3倍となり、全体の4分の1を占めた。電力や鉄道といった常連組に加え、ソフトバンク
(9984)やソニー(6758)の大型案件が重なり、発行が膨らんだ。社債の格下げが相次ぎ、機関投資家は
選別姿勢を強めており、資金調達先を個人に振り向ける動きもあったようだ。
 「資金調達手段の多様化」(ソニー広報センター)。個人向け社債を募集した企業の多くは、背景をこう
説明する。ソニーは6月に同社としては初めて個人向けに社債を発行し、1500億円を調達した。過去に
機関投資家向けに発行した社債の償還や設備投資に充てるという。
 シャープ(6753)が経営危機に陥り、パナソニック(6752)が13年3月期に2期連続で巨額の赤字を計
上するなど、投資家が電機各社に向ける視線は厳しさを増している。機関投資家は知名度や企業規模
にとらわれず、リスクを慎重に見極めようとする姿勢を強めている。
 ソニーも電機事業の苦戦などで12年3月期まで4期連続で最終赤字。米格付け会社がつけた既発債
の格付けはトリプルB格まで下がった。機関投資家に敬遠姿勢も強く、結果的に個人向け社債の大型
案件につながった面がある。
 6月に事業会社の個人向け社債として過去最大の4000億円を募集したソフトバンク。調達した資金は
米携帯電話会社スプリント・ネクステルの買収資金などに充てる。
 同社は主力の携帯電話事業で消費者への知名度が高く、孫正義社長の積極的な事業展開やツイッタ
ーを通じた情報発信などを通して個人には「応援団」も多い。21日の株主総会でスプリント買収に好意的
な株主の声が相次いだように、個人からの人気を背景に十分な需要を確保できると判断したもようだ。
 5年物で応募者利回りが1.74%。シングルA格の社債としては突出した利回りの高さが機関投資家の
驚きを誘う一方、「金利水準は魅力だが、買収する米国事業などのリスクを考慮すると、手は出せない」
(生命保険)との声も目立った。ある国内証券のアナリストは「機関投資家向けでは、これだけの規模の
需要を一度に集められたかはわからない」と指摘し、個人向けだからこそ1000億円単位の発行が可能
だったとみる。
 事業会社の個人向け社債では期間が最長となる10年債も登場した。4月にオリックス(8591)が募集
し、6月に東北電力(9506)が続いた。ともに応募者利回りが1%台に乗せ、超低金利下の運用に悩む
個人の需要を集めたようだ。
 国債利回りの乱高下で、機関投資家が長期債の投資に慎重になっている。債務不履行(デフォルト)
にならなければ償還日に決められた価格(額面)で資金が戻ってくる債券は、株式などと比べ価格変動
リスクは小さいが、途中で売却すると損失を被ることもある。電力債は「原子力発電所の再稼働問題や
電力システム改革など懸案が多く、特に長めの年限は手が出ない」(生命保険)との声も根強い。個人
向け社債の活況は、機関投資家がとりにくいリスクを個人に移した裏返しともいえる。
 個人向け社債は「知名度などが必要で、どの企業も発行できるわけではない」(ニッセイ基礎研究所の
徳島勝幸上席主任研究員)。株式などと比べると、なお個人の参加者は少ない。発行企業には資金調
達の担い手としての個人投資家を育成していく姿勢も求められる。

▽4〜6月の国内普通社債(SB)と個人向けSBの発行額
年度  発行総額  うち個人 個人比率
2013 3兆1046億円 7480億円  24.09%
2012 1兆8501億円 2681億円  14.49%
2011 1兆8487億円 2454億円  13.27%
2010 2兆8055億円 1200億円  4.28%
2009 3兆3835億円 3442億円  10.17%
2008 2兆7250億円 1400億円  5.14%
2007 2兆4650億円  650億円  2.64%
2006 1兆8100億円  500億円  2.76%
(注)日本証券業協会の「公社債発行銘柄一覧」などから作成
〔日経QUICKニュース(NQN) 中村結〕

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/26(水) 16:44:42.27 ID:1U5RE/4v
東証大引け、3日続落 中国懸念続きSQ算出日以来の安値 
2013/06/26 15:29 日経速報ニュース 717文字
 26日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落した。終値は前日比135円33銭(1.04%)安の1万
2834円01銭だった。株価指数先物・オプション6月物の特別清算指数(SQ)算出があった14日以来の
安値水準。資金逼迫懸念が根強い中国の上海総合指数が軟調に推移したことが株価の重荷となった。
1万3000円前後で底堅く推移する場面もあったが、引けにかけて、株価指数先物主導で下げ幅を広げた。
 中国人民銀行(中央銀行)は25日、一部銀行への資金供給実施を公表。世界的な株価の重荷となっ
ていた中国の金融市場の緊張が和らぐとの見方もあったが、きょうの上海株が下げたことで投資家心理
が悪化した。一方で、「投資指標面で見て、日本株は割安」(国内証券)といった声も多く、下値では買い
も入りやすかった。日米金利差の拡大を背景とした円相場の先安観も下支え要因となった。
 東証株価指数(TOPIX)は3日続落した。業種別TOPIXは33業種中28業種が値下がり。「海運業」「
ガラス土石製品」の下げが目立つ一方、「空運業」などが上げた。東証REIT指数は反発した。
 東証1部の売買代金は概算で1兆9141億円、売買高は24億8707万株だった。東証1部の値下がり銘
柄数は8割強に当たる1394と、13日以来およそ2週ぶり高水準。値上がり銘柄数は247、変わらずは48
だった。
 ソフトバンク、野村、東電、ファナック、コマツなどが安い。半面、トヨタ、ソニー、三井住友FG、富士重、
ファストリが高い。
 東証2部株価指数は続落した。7日以来およそ3週ぶり安値水準。不二サッシ、M2J、高木が安い。
半面、日精機、ベネ・ワンが高い。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/26(水) 16:48:48.34 ID:1U5RE/4v
<東証>ディーエヌエが年初来安値 値動き悪く売りかさむ
2013/06/26 14:56 日経速報ニュース 214文字
(14時55分、コード2432)3日続落。後場に一段安となり、一時前日比155円(7.6%)安の1896円まで
下げ、年初来安値を付けた。2012年8月9日以来の水準まで下落した。相場全体の地合い悪化を受け
て最近の値動きが悪かった銘柄に売りがかさんでいる流れが波及した。市場では「中国不安などで目
先の相場の先高期待が後退し、個人投資家などは銘柄選定に手詰まっている」(国内証券)との声が
あった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/26(水) 16:50:55.84 ID:1U5RE/4v
住宅購入に最大30万円、年収制限、ローン利用者に、消費税8%時。
2013/06/26 日本経済新聞 夕刊 1ページ 908文字 書誌情報
現金取得の50歳以上にも
 政府・与党は26日、2014年4月の消費増税に併せて導入する住宅購入者向けの給付制度を固めた。
住宅ローン減税を利用する場合は年収510万円以下の人に最大30万円を給付する。現金で買う場合は
50歳以上で年収650万円以下に限定し最大30万円を給付する。消費増税後の住宅市場の冷え込み
を避ける狙いがある。
 自民党の野田毅、公明党の斉藤鉄夫両税制調査会長が26日午後、記者会見して発表する。
 政府は13年12月末で期限が切れる現行の住宅ローン減税を14年以降も延長する。一般住宅・マン
ションの場合、14年4月から17年12月までに入居した人に、1年間で最大40万円(10年間で最大40
0万円)を所得税や住民税から差し引く税額控除を実施する。現在の最大控除額は年20万円だ。
 ただ、中低所得層は所得税や住民税の納税額が少ないため住宅ローンの税額控除枠を使い切れず、
消費増税による負担増を補えない人も出てくる。このため消費税率を8%に引き上げる14年4月以降、
住宅ローン利用者で年収510万円以下の人に1戸あたり10万〜30万円を現金で給付する。
 消費税率を15年10月に10%に上げた後は、年収775万円以下を対象に10万〜50万円を支給す
る方針だ。
 消費増税に伴う住宅の駆け込み需要と反動減を抑えるため、政府・与党は住宅ローンの税額控除とあ
わせ、現金給付の具体策を協議してきた。給付額の上限は、手厚い給付額を要望する住宅業界や国土
交通省と、給付総額を抑えたい財務省との間で隔たりがあった。
 過度の現金給付の上乗せは、住宅に限った事実上の軽減税率につながるとの指摘もある。自民、公
明両党の関係者を中心に協議し、「バラマキ」批判をかわす狙いからも、給付対象者に年収上限を設ける。
 退職金で住宅を買う人にも配慮し、現金で一括購入する場合も50歳以上で年収650万円以下を対象
に消費税率8%時は10万〜30万円、10%時は10万〜50万円を支給する方針だ。年齢も制限するこ
とで「金持ち優遇」との批判を避けることができるとみている。
 政府・与党は今後も給付制度の詳細を詰め、必要な予算措置を精査する考えだ。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/26(水) 17:03:02.26 ID:0pgl2oGP
市場反転、はじけた金バブル(ウォール街ラウンドアップ)
2013/06/26 日本経済新聞 夕刊

 25日の米株式相場は中国の短期金融市場の混乱がひとまず落ち着くとの観測を背景に反発した。
金融市場で変動率の高い相場展開が続くなか、米市場関係者が注目しているのが金価格の急落。足
元は緩やかに回復している米経済だが、金の値下がりは近い将来のデフレの可能性を先取りしている
との懸念も出てきた。
□   □
 「ポストFOMC」。米市場関係者は、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が量的緩和の縮小計
画を表明した19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を境に、世界の金融市場の環境が大きく様変わ
りしたことをこう表現する。
 この相場の特徴は、米国債・社債相場の急落に加え、米株・新興市場株の下落、そして商品相場の
急落。金融・商品市場がほぼ全面安になる「グレート・リクイデーション」(米エコノミストのエド・ヤルデニ
氏)の様相を呈していることだ。
 約2年前に1トロイオンス1900ドルを突破した金価格は現在、1270ドル台。年初から約24%の値下
がりだ。ヘッジファンドなどの投資家が将来のデフレ進展による一段の金価格の下落をにらんで金売りを
加速させている。
 「500ドルまで下がってもおかしくない」。米ヘッジファンド大手のフォートレス・インベストメンツのマイケ
ル・ノボグラッツ氏は米経済専門テレビでこう指摘した。500ドルといえば2005年ごろの価格水準だ。
□   □
 08年のリーマン危機後に強まった比較的安全な資産への資金逃避と、量的緩和によるマネーの膨張
でインフレ圧力が高まるとの観測から上昇を続けた金。その市場環境は量的緩和の出口が見えてきたこ
とで完全に反転、バブルがはじけた。
 金の急落は、中国など新興国の商品需要が減退し、将来のインフレが抑制される可能性を先取りした
動きとみることもできる。FOMCの政策メンバーも、底堅い雇用情勢とは対照的に、FRBによる物価上
昇率目標の2%になかなか達しないことを懸念している。
 株が売られ、リスク回避先として今までなら買われた債券も売られた。比較的安全な資産とされる金も
売られている今、マネーはどこに向かっているのか。「しばらくはマットレスの下(タンス預金)が得策だ」
との声もある。
(ニューヨーク=伴百江)

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/26(水) 17:32:57.95 ID:wMeLpwEp
コラム:バーナンキFRB議長に欠ける「神秘性」
By Agnes T. Crane and Jeffrey Goldfarb

ベン・バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長にはもう少し、「神秘性」が必要だ。前任者より市場と
のコミュニケーションを重視しているバーナンキ議長だが、それが常にプラスに働くとは限らない。最近の
市場の反応を見る限り、投資家はバーナンキ議長の言葉を、アラン・グリーンスパン前議長の時と同じ
ぐらい難しく読み解こうとしている。恐らく、少ない言葉の方が多くを伝えるということはあるのだ。

プリンストン大学元教授のバーナンキ議長が率いるFRBは、次第に講釈じみてきている。1つ例に挙げ
るなら、連邦公開市場委員会(FOMC)声明が長文化している。19日発表された声明は約700語だっ
た。2003年6月にグリーンスパン前議長が率いるFRBがフェデラルファンド(FF)金利の引き下げを決
定した際のFOMC声明は、わずか300語だった。

曖昧さを避けようとする姿勢はこれまで役に立ってこなかった。1996年12月、グリーンスパンが夜の
講演で当時の相場状況を「根拠なき熱狂」と表現した翌日、世界の株式市場と債券市場はそのフレー
ズに鋭く反応し、金融引き締めを見込んで大騒ぎとなった。今では普通の言葉になった感さえある「根
拠なき熱狂」という表現は、本来は金融政策の文脈から市場をどう評価するかについて疑問を呈する意
味合いだったはずだが、投資家にはそう伝わらなかった。

バーナンキの多弁さも、同様の運命をたどっている。月額850億ドルの資産買い入れの終了をいつ終
えるかについては、骨身を惜しまず前提条件などの説明に腐心している。買い入れの縮小は金融引き
締め策としてとらえられるべきではないとも明確に語ってきた。しかし、株式が急落し米国債利回りが
上昇するなど、投資家には伝わっていない。

さらに説明を重ねても、投資家はFRB当局者からの漠然としたコメントよりむしろ、経済指標に注視し
続けるはずだ。理論的には、透明性が高まれば市場の効率性は上がる。しかし実際には、不合理が
まかり通る。市場でのFRBの圧倒的な存在感を考えれば、量的緩和策の終了に関する長い議論が
嵐を巻き起こすのは宿命的と言えよう。

かつての英中銀総裁モンタギュー・ノーマンのような「決して説明せず、決して言い訳しない」というス
タンスに回帰すべきだと言っている訳ではない。ただ、もう少し「神秘性」があれば、FRBの役目をさら
に果たせるのではないだろうか。グリーンスパンは言質を取られそうになったり、誤解されそうになると
、当意即妙な受け答えでかわしてきた。その点こそ、バーナンキ体制が真剣に考えるべきポイントだろう。

(20日 ロイター)

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/26(水) 17:37:21.78 ID:wMeLpwEp
〔クロスマーケットアイ〕中国当局の「火消し」にも不安晴れず、米国も金利上昇の影響を懸念
[東京 26日 ロイター] - 中国当局が短期金利上昇の「火消し」に回ったにもかかわらず、市場の不安
は晴れない。金融改革実現へ中国の本気度が感じられ、成長率鈍化など短期的な影響は避けられない
と警戒されているためだ。一方、米国では堅調な経済指標が続いているものの、金利上昇の影響が懸
念され始めてきた。日本は企業決算発表と参院選を前に材料が乏しくなっており、外部環境に不透明感
が強まる中、日本株には押し目買いは入っても上値を追う買いは乏しい。ドル/円もレンジ相場色が強く
なっており、円安の後押し効果が薄れている。

 <中国株下落で失望広がる>

中国株式市場の滬深300指数 は6日ぶりに反発して始まったが、その後、間もなくマイナス圏に沈むな
ど不安定な展開。上海総合指数 も下げ幅を縮める場面があったものの、プラス圏には浮上せず、徐々に
軟化した。中国株が弱含むのと連動するように、買い先行で始まった日経平均 も崩れ、日中高値から
350円以上、下落した。「きょうこそは中国株が切り返すとみて、日本株を買っていた短期筋が投げたよ
うだ」(国内証券)という。

中国人民銀行(中央銀行)は25日、一時的に資金不足に陥った銀行に対し、必要なら資金を供給する考
えを示したほか、既に一部の金融機関に資金を供給したことも明らかにし、短期金融市場の動揺を抑える
姿勢を打ち出した。また人民銀幹部は、市場金利を妥当な水準に誘導する方針を示した。

欧米市場では、人民銀行による「火消し」を好感し、株価は反発したが、当の中国では金融改革の副作
用への慎重ムードが変わらなかったことで失望感が広がっている。「人民銀行が動いたのは、シャドーバ
ンキングなどへの警告という所期の目的は達成されたということなのだろう。ただ金融改革に対しての当
局の本気度は高いようだ。妥当な金利水準というのがどの程度かも読めず、市場では金融改革が及ぼ
す影響に対しての警戒が強い」と楽天経済研究所シニア・マーケットアナリストの土信田雅之氏は指摘
する。

20日に一時28%まで上昇した指標金利である7日物レポ金利 (加重平均)は、26日の市場では8%
付近まで低下している。ただ、急騰前の3─5%に対し高止まりしているほか、一時12%まで上昇する
など依然として不安定だ。

 

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/26(水) 17:38:56.08 ID:wMeLpwEp
<急ピッチの米金利上昇>

前日の欧米市場では、5月の新築1戸建て住宅販売や米耐久財受注など米経済指標が堅調だったこと
も株価を後押しした。これまでの市場であれば、堅調な米経済指標は、金融緩和の早期縮小観測を強
めるため、株売り材料とされることもあったが、前日は素直な反応をみせた。

「量的緩和第3弾(QE3)の早期縮小を示唆したバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の判断が正
しかったのか市場はみている。議長の想定通り、経済指標が改善していけば、市場もQE3縮小を早く織
り込み、リスクオン方向に反応しやすくなるだろう」(マネックス証券チーフ・エコノミストの村上 尚己氏)
という。

ただ、米金利の上昇が止まらいことが懸念要因だ。10年米国債利回りは25日の市場で2.6%台まで
上昇。モーゲージやジャンク債などの金利も上昇している。米経済の実力からすれば、3%程度の金利
であれば妥当範囲との見方もあるが、2カ月足らずで1%程度上昇したピッチの速さには警戒感も出てい
る。景気が回復し、金融緩和も縮小方向となれば金利が上昇するのは自然な動きだが、好調な住宅市
場などに冷や水をかける懸念もある。また金利上昇(債券下落)で損失を受けたヘッジファンドなどが、穴
埋めのために他資産を売却する動きににも注意が必要だ。

ゴールドマン・サックス証券の推計によると、東証1部企業の売上高総額のうち、米国に依存する割合は
約8%であるのに対し、中国に依存する割合は約6%。米国経済が加速すれば、中国がソフトランディン
グに向かう限り、日本企業の企業収益への影響は限定される(25日付リポート)という。ただ、米国が堅
調であれば、中国リスクを抑える期待を持てるが、米経済まで減速すれば、アベノミクスだけで日本経済
を支えるのは難しくなる。

T&Dアセットマネジメント・チーフエコノミストの神谷尚志氏は「欧州はもともと財政緊縮政策をとっている
ほか、中国もある程度の短期金利上昇を許容すれば経済を圧迫する。米国は経済が堅調だからこそQ
E3を視野に入れたが、米金利上昇もあり、自律的成長に乗れるほど強くはない。市場が荒れれば当局
からなだめるような発言や行動が出るかもしれないが、日本を取り巻く環境は厳しく、積極的にリスクをと
れる状況ではない」と述べている。  <東京市場 26日>

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/27(木) 00:56:49.74 ID:/3GxEuh/
米国株、続伸して始まる ダウ135ドル高 欧州株高が波及
2013/06/26 22:50 日経速報ニュース 646文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】26日の米株式相場は続伸して始まった。午前9時35分現在、ダウ工業
株30種平均は前日比135ドル97セント高の1万4896ドル28セント、ハイテク株の比率が高いナスダック
総合株価指数は同30.61ポイント高の3378.50で推移している。欧州中央銀行(ECB)による金融緩和が
続くとの見方から欧州株式相場が上昇し、米株にも買いが波及している。
 ECBのドラギ総裁がフランスの議会公聴会で「ECBの金融政策は当面、緩和的になる」と述べたことが
伝わった。投資資金が株式市場に流入しやすい地合いが続くとの見方から欧州株が買われ、週初までの
下げが大きかった米国株にも割安感からの買いが入った。
 朝方発表の1〜3月期の米実質国内総生産(GDP)確定値は成長率が前期比年率1.8%と、従来の2.4
%から大幅に下方修正された。米景気の弱さが改めて意識されたが、現時点では米長期金利が低下した
ことが買い安心感につながっている面があり、米国株の売りは限られている。
 ダウ工業株30種平均は全30銘柄が上昇。特にIT(情報技術)大手ヒューレット・パッカード(HP)や航空機
大手ボーイング、マイクロソフト、通信機器のシスコシステムズなどの上昇が目立っている。
 一方、増収増益決算を発表したものの、食品大手のゼネラル・ミルズが下落。四半期決算が減益だった
種子・農業製品大手モンサントも安い。前日夕に発表した決算で収益低迷が鮮明だった教育大手アポロ・
グループも大幅安となっている。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/27(木) 00:57:44.28 ID:/3GxEuh/
ロンドン株26日 続伸、63.57ポイント高で終了
2013/06/27 00:47 日経速報ニュース 377文字
 【ロンドン=欧州総局】26日のロンドン株式相場は続伸。FTSE100種総合株価指数は前日終値に
比べ63.57ポイント高の6165.48で引けた。堅調な米国景気は金融緩和の縮小にも耐えられるとの
見方が広がり、構成銘柄の約8割が上昇した。
 銀行株が買われた。バークレイズとロイズ・バンキングはそれぞれ約2%の上昇。
 プルーデンシャルやアヴィヴァなど保険株と、アバディーン・アセット・マネジメントやシュローダーズ
など資産運用株も上がった。
 シャイアやグラクソスミスクラインなど医薬品株も堅調だった。
 アナリストが投資判断を引き上げた特殊化学のクローダ・インターナショナルも上昇。
 半面、鉱業株は売られた。アングロ・アメリカンとランドゴールド・リソーシズの下げが目立った。
 製糖のテート・アンド・ライルと品質試験サービスのインターテック・グループも下がった。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/27(木) 06:53:49.61 ID:er3OwgHi
米国株、ダウ続伸し149ドル高 欧州株高や米金利低下を好感
2013/06/27 06:18 日経速報ニュース 777文字
【NQNニューヨーク=川内資子】26日の米株式相場は大幅に続伸した。ダウ工業株30種平均は前日
比149ドル83セント(1.0%)高の1万4910ドル14セントで終えた。欧州の株式相場の上昇や米長期金
利の低下(価格は上昇)を背景に、投資家が運用リスクを取る動きが優勢となった。
 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が「ECBの金融政策は当面、緩和的な状態が続く」と述べたと
伝わった。投資資金が株式市場に流入しやすい状態が当面続くとの見方から、欧州株式相場が上昇。
米市場でも買いが優勢となった。
 2013年1〜3月期の米実質国内総生産(GDP、確定値)の伸び率が改定値から大幅に下方修正さ
れた。米景気回復の鈍さを示したと受け止められると債券市場では米国債の買い材料として意識され
10年物国債利回りが低下。金利上昇が及ぼす悪影響への警戒感が和らぎ、株式相場を支えた。
 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同28.33ポイント(0.8%)高の3376.22で終えた。
 業種別S&P500種株価指数は全10種が上昇。「ヘルスケア」や「公益事業」、「一般消費財・サービ
ス」の上昇が目立った。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約7億7000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約
16億1000万株だった。
 パソコンやタブレッド(多機能携帯端末)向けの基本ソフト(OS)の改良版「ウィンドウズ8.1」を公開し
たIT(情報技術)のマイクロソフトが2%上昇。ダウ平均構成銘柄で上昇率首位となった。航空機のボ
ーイングやホームセンターのホーム・デポも上昇した。
 一方、四半期決算で売上高が市場予想を下回った種子・農業製品大手のモンサントが下落。決算と
同時に示した14年5月期通期の1株利益見通しが慎重と受け止められた食品のゼネラル・ミルズも売
られた。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/27(木) 11:48:15.95 ID:1C3oR83d
<東証>グリーとディーエヌエが一時年初来安値 個人の売り
2013/06/27 11:27 日経速報ニュース 421文字
(11時25分、コード2432、3632)グリーは一時前日比25円(3.0%)安い795円、ディーエヌエは86円(4.5%)安い1814
円まで売られ、いずれも連日で年初来安値を更新した。足元でマザーズ指数が大幅に下落したことで「投資損益
が悪化した個人投資家による見切り売りが出ているようだ」(証券ジャパンの大谷正之調査情報部長)との声が聞
かれた。
 きょうは両銘柄とも25日移動平均を10%超下回るなど短期的に「売られすぎ」との見方から売り一巡後は買いも
入り上げに転じた。もっとも市場では「グリーやディーエヌエが主力とするインターネットのブラウザ上で楽しむブ
ラウザゲームからスマホ上の専用アプリをダウンロードして楽しむネイティブアプリゲームに利用者が移行し、構
造的に成長期待が乏しくなっている。加えてヒット商品の開発力も低下しており、投資家の関心が急速に離れてい
る」(国内証券のアナリスト)との声が聞かれた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/27(木) 11:51:53.43 ID:1C3oR83d
<東証>野村が一時5%強下げる 売買代金減少で収益期待後退
2013/06/27 10:55 日経速報ニュース 298文字
(10時55分、コード8604)6日続落。一時前日比39円安の659円を付け、下落率は5%を超えた。4月9日以来の水
準まで下げた。このまま6日続落して終われば、2010年6月22日〜7月2日の9日続落以来、約3年ぶりの連続下
落記録となる。前日は東証1部の売買代金が2兆円を割れるなど、ひところに比べ商いが細っている。市場では「
中国での不良債権増加や米国の長期金利上昇に対する警戒から、積極的な売買を見送る投資家が増えるなか、
証券会社の収益にマイナスになるとの不安が出ている」(国内証券の株式情報担当者)との声あった。ただ売り一
巡後は押し目買いで下げ渋っている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/27(木) 13:23:22.29 ID:nGDlAiEe
2年債入札 三菱モルガン証が最多の6773億円落札、みずほ証4002億円
2013/06/27 13:00 日経速報ニュース 570文字
 市場関係者によると、財務省が27日実施した2年物国債(330回、表面利率0.2%、発行予定額2兆9000億円)
の入札では、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が最多の6773億円、みずほ証券が4002億円をそれぞれ落札
した。主な落札会社と落札額は以下の通り。

 金融機関名         落札額
・三菱UFJモルガン・スタンレー証券  6773億円
・みずほ証券         4002億円
・野村証券          3674億円
・メリルリンチ日本証券    1661億円
・ソシエテ・ジェネラル証券  1394億円
・大和証券          1104億円
・ドイツ証券         1029億円
・アール・ビー・エス証券    951億円
・岡三証券           811億円
・SMBC日興証券       604億円
・東海東京証券         517億円
・UBS証券          442億円
・シティグループ証券      284億円
・クレディ・スイス証券     185億円
・BNPパリバ証券       90億円
・モルガン・スタンレーMUFG証券    84億円
・しんきん証券         10億円
・クレディ・アグリコル証券   ゼロ
・不明            5350億円
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/27(木) 15:55:38.69 ID:Dbg8AmT6
日経平均大引け、大幅反発 上げ幅今年5番目の大きさ
2013/06/27 15:06 日経速報ニュース 240文字
 27日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに大幅に反発し、1万3200円台を回復した。終値は前日
比379円54銭(2.96%)高の1万3213円55銭とこの日の高値だった。上げ幅は今年5番目の大きさ。前日の欧米
株高の流れを受けて主力株に買いが広がった。このところ東京市場の地合いを左右してきた中国の上海総合指
数が底堅く推移し、機械株など中国関連銘柄に買い安心感が広がった。東証1部の売買代金は概算で2兆1105
億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/27(木) 15:57:16.58 ID:Dbg8AmT6
上海株、下げに転じる 警戒感根強い、素材・資源株などに売り  
2013/06/27 14:46 日経速報ニュース 203文字
【NQN香港=竹内冬美】27日午後の中国株式市場で上海総合指数は下げに転じた。前日比0.5%安の1942に
下落した。短期金融市場での資金逼迫懸念は依然としてくすぶっており、投資家の警戒感は根強い。中国民生
銀行などに売りが優勢になっている。中国景気減速懸念から素材・資源株も安い。
 中国人民銀行(中央銀行)が市場への資金供給に前向きな姿勢を示したことで朝方は買いが先行したが、午
後になって徐々に売りが増えた。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/27(木) 18:24:46.19 ID:OMAj90Aq
個人投資家座談会(1)「アベノミクス相場には懐疑的」「株高がストレス」
2013/06/27 17:12 日経速報ニュース 1161文字
 2012年11月中旬から右肩上がりで上昇した株式相場。安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」への
期待を背景に個人投資家のマネーは株式市場に向かい、日経平均株価は5月22日に1万5627円を付
けるまで半年で8割上昇した。しかし、米国の量的金融緩和策の縮小観測が広がると株式相場は一転
して急落。日経平均は5月23日に7%超下げた。足元は日経平均1万3000円前後で一進一退の展開だ。
個人投資家は相場の乱高下にどう対応しているのか。アベノミクス相場でプラス収支を維持したという個
人投資家4人の座談会を開き、投資手法や今後の見通しを聞いた。

 ――株式相場の急落をどう乗り切ったのか。
 K氏「日経平均が1万4000円に迫った4月末にいったん持ち高をほぼ整理して利益を確定した。株高が
続いていた時も『いつ急落するか』と逆にストレスになっていた。明確な上値メドはなかったが、4月には
毎日『これが上値限界だ』と考えていた」

 T氏「株高には懐疑的だった。2008年のリーマン・ショック後に株式投資を始めたため、急激な相場上
昇を経験したことがない。アベノミクス相場は昨年12月末で終わるとみていた。4月に日銀が量的・質的
金融緩和に踏み切った後も日経平均株価の上限は、甘利明経済財政・再生相が3月期末までに目指
すと言及した1万3000円が限度とみていた」

 Y氏「リーマン・ショックの急落が身に染みているため、アベノミクス相場は正直怖かった。行き過ぎた
相場は必ず揺り戻しが来るからだ。昨年11月までは手持ち株の下落で塩漬けにしていた銘柄も多かっ
たが、相場上昇で損失がなくなったら持ち高を整理した。昨秋以降に買った銘柄は、アベノミクスが始
まる前と買う時点の株価を比較して上昇し過ぎている場合は避けるようにした」

 ――振り返って反省点はないか。
 K氏「基本的に現物株は買わない。コール(買う権利)やプット(売る権利)などオプション取引を仕掛け
る機会を探っていた。アベノミクス相場での戦略は株式相場の下落局面に仕掛ける『プット買い』だ
。もっとも、日経平均株価が1万6000円近くまで上昇する場面でも仕掛けなかった。相場の大きな流れに
逆らってはダメだと考えていたためだ。下落が始まる時期を狙っていたが、5月23日の相場急落には対
応できなかった。5月24日にようやくプットを買って、結果、50万円ほどの利益を得た」

 Y氏「勝ちが続いたため相場観を修正したことを反省している。日経平均の天井は1万5000円とみてい
たが、株価8円で買ったランド(8918)を4月10日に42円で売り抜いたことで、しばらくは限度を超えた相
場上昇を期待する気持ちが強くなってしまった。1度決めた上限は修正してはいけないと思った」

  ――どのように銘柄を選別しているか。
 Y氏「株式分割を実施して流動性の高まりが期待できる銘柄に注目している。分割後は投資家の裾野
が広がるため実質的に株価が上昇しやすい。特に値がさ株は『いつ分割を発表するか』を予測しなが
ら売買をしている」
「実際に手掛けた銘柄は、2月末現在の1株を300株に分割すると発表したひらまつ(2764)だ。2月8日
に分割を発表し、直後に株価が大きく上昇した。5月末現在の1株を2株に分割した(5月8日に分割を
発表)モブキャス(3664)も値動きが激しくなった。狙いを定めて仕込んだ銘柄がすべて上昇したわけでは
ないが、勝率は相対的に高かった」

T氏「目先の相場変動にはとらわれず予想PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)などのバリュ
エーション(投資尺度)で割安銘柄を探している。現在の保有株はライフネット(7157)やJマテリアル(
6055)などだ。PBRが解散価値である1倍を下回るミツミ(6767)にも期待している。日本の製造業は想
定為替レートが1ドル=90〜95円程度が多く、足元の為替水準なら業績の上振れが期待できる。7月
には4〜6月期決算発表が本格化する。しばらくは業績に着目して銘柄を選びたい」

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/27(木) 18:28:00.40 ID:OMAj90Aq
続きです
 K氏「買った株は頻繁に売り買いせず、中長期的な保有を前提としている。配当利回りの高さは銘柄選
別の大切な指標のひとつだ。なかには株主優待にひかれて数年に渡って保有している銘柄もある。例え
ば、第一興商(7458)は100株保有すれば同グループ店舗で使える5000円相当の優待券がもらえる。
同社はショットバーやレストランなども経営しているため、優待券をよく利用している。ビールがもらえるこ
とからビール会社の株を長期保有するなど、株主優待を楽しみに投資を決めることも多い」

 ――投資する際に注意している点は。
 S氏「昨年末に久しぶりに大手証券会社の奨める新規株式公開(IPO)株を購入したが、初値が公募・
売り出し(公開)価格を下回り、その後も株価が大きく下落したのですぐに売った。他人が推奨した銘柄
に手を出すべきではなかったと後悔している。インターネット上の掲示板などでの評価もうのみにしては
いけない。株価が下げても誰も責任を取ってくれない。雑誌などで紹介されている銘柄も掲載された時
点で手掛けるのは遅い」
「先物やオプションを手掛ける個人投資家の中には、証券会社の元トレーダーがいる。ネットで情報を発
信している投資家には実際に対面して話をうかがう。そこでポジションの組み方などを実際に話し合う
ことで、自分なりの投資手法を修正しながら最適な方法を模索し続けている。上げ相場の基本姿勢は
『プット(売る権利)をどこで買うか』ということ。『オプションの売り』は損失が無限大に膨らむため、オプシ
ョン売りを奨励する人物の話は信用しないことにしている」

  ――今後の相場見通しは。
 S氏「市場では7月の参院選が今年後半の争点になるとの意見が多い。ただ、参院選での自民党勝
利による『ねじれ国会』の解消は既に織り込まれたとみている。23日投開票の東京都議会選挙では自
民党が第1党に返り咲いたのに相場の反応は薄かった。年末にかけて株式相場が一段と上昇するのは
難しいと予想している。不動産株などはアベノミクスへの期待で上昇しきってしまった。むしろ年後半は
海外要因に影響を受ける場面が多いのではないか。中国をはじめとする新興国の景気先行きは不安要
素が多い」

 T氏「夏の参院選で自民党が勝てば、安倍晋三首相による成長戦略の実効性が確実になる。そのた
め、一部の業種では株価が上昇する銘柄もあるだろう。もっとも、政局が落ち着けば次第にアベノミクス
の負の面も見えてくる。例えば、インフレの影響が日用品の値上げなどに現れる場合には、株価上昇も
限定的になる可能性も高まる。年末までの株価上昇は良いシナリオを想定しても1万4000円程度だ
とみている。そのため、目先の相場変動にはとらわれず、割安株を中心に投資するスタイルは変えない」

 ――買いたい銘柄はあるか。
 Y氏「騰落率の振れ幅が大きい現在は、積極的にリスクは取らない。しばらくはトヨタ(7203)や武田(4
502)など業績面で安心感のある大型株に資金を振り向ける」
「注目しているのは外国為替相場の動きだ。円安基調に変化はないと期待しているが、仮に政府が1ド
ル=105〜110円を目指すような円安誘導策を採れば、海外からの反発は免れないだろう。円安基調が
崩れれば、輸出関連株は厳しい」

 K氏「最近のような値動きの激しい相場では新しく銘柄を買わない方が良い。しばらくは静観しようと思
う。ただ、自動車株には期待している。特にいすゞ(7202)や日野自(7205)といったトラック会社の株式
は、買う機会をうかがっている。政府は環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加を進めている。日本の
乗用車や商用車にかける関税が撤廃される時期などが明らかになれば、製品競争力のあるトラックの
販売が海外市場で伸びるだろう」

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/27(木) 18:28:38.90 ID:OMAj90Aq
【参加者プロフィール】
●T氏 投資経験は4年ほどの東京都在住の20代男性。企業業績やPERなどから割安株を見つけて
投資をする。ライフネット(7157)やジャパンマテリアル(6055)を保有。昨年11月から現在までの収支は
約30万円のプラス。

●S氏 不動産会社を経営する東京都在住の40代男性。投資経験は14年ほど。運用資金は約300万
円。現物株は基本的に買わない。日経平均先物などデリバティブ(金融派生商品)を中心に資金を運用
する。日経平均が下落した局面ではオプション取引でプットを買い、約50万円のプラスとなった。

●K氏 中長期投資を基本とする埼玉県在住の40代男性。数年間保有することもある。株主優待の充
実や配当利回りの高さに注目して銘柄を選別する。第一興商(7458)やビール会社など株主優待の厚
い銘柄を保有。収支は若干のプラス。

●Y氏 神奈川県在住の60代男性で、1980年代後半から株式投資を手掛ける。株式分割で流動性の
向上が期待される銘柄を選好。最近はトヨタ(7203)や武田(4502)など安定成長株への投資を増やし
ている。プラスは150万円ほど。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/28(金) 03:04:27.56 ID:g+xf772v
株、米中マネー逆流下での銘柄選び スクランブル
2013/06/27 21:53 日経速報ニュース 1878文字
 5月下旬から続く株式相場の調整局面は終わったのだろうか。27日に今年5番目の上げ幅を記録した
日経平均株価の値動きをみて、そう思った人は少なくないはずだ。ただ、国内外の専門家の話を聞く限
り、答えはまだノー、との見方が多いようだ。
 年金基金などは株式投資を休む訳にはいかない。相場の変動幅が大きい状態が続くとして、どのよう
に銘柄を選べばいいのだろうか。専門家が注目しているのは、米国で住宅投資やインフラ投資に関連し
た事業を手がける企業だ。
 まず、日本株を揺らしている世界の投資マネーの動きをおさらいしてみよう。
 大きな流れは、新興国や欧州からマネーが流出し、景気回復が期待できそうな米国に向かっていると
いうことだ。きっかけは5月下旬に米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長が、量的緩和第3弾(Q
E3)の資産購入規模を縮小する用意があると示唆したこと。割安なコストで調達した資金を株式や新興
国の債券で運用していた投資家が、QE3の減額や停止に備え、持ち高を急いで縮小し始めた。FRBが
今月示した米経済見通しが米欧のエコノミストの事前予想よりかなり強気だったため、QE3停止が近い
との観測が広がった。日米の長期金利が不安定になり、日本株には重荷になった。
 マネーの動きがあまりにも急だったため、新興国債券などの値下がりで損失を被った投資家も持ち高
の解消を加速。運用期間が短い投資家の売りは日本株にも及んだ。欧州や米国→新興国の資金の流
れは2010年ごろに増大し、12年半ば以降は拡大に拍車がかかった。だが足元でマネーは逆流し、米国
に回帰している。米調査会社によると、持ち高の大半はまだ解消していないもようだ。これが一段落する
までは、日本株も影響を受け続ける可能性がある。
 さらに最近は、市場の焦点が米国から中国に移っている。中国の新政権が「影の銀行」の取り締まり
を強化し、短期金融市場で流動性が逼迫したのが原因だ。新政権は1990年代の経済改革を参考にして
、目先の成長を多少犠牲にしてもバブル潰しを優先する可能性があるという。米FRBが「失業率が7%
近くに下がるまで」という形でQE3停止のメドを示しているのに対し、中国については市場関係者が利用
可能な物差しがはっきりしない。「政府が成長率をどの程度押し下げようとしているのか分からない」(野
村証券金融市場調査部)。投資家は中国の成長が急速に鈍化しかねないと心配し、中国と貿易などで
関係が深い新興国の債券や株式を売り急ぐ一因になっているとの指摘がある。
 米国と中国を起点とした調整の波のなかで、日本株に押し目買いを入れるとすればどんな銘柄がいい
のだろうか。
 専門家が注目するのは、信越化学工業や日東電工など、米国で住宅やインフラ投資に関連した事業
を運営する企業だ。信越化は住宅の建材に使う塩化ビニール樹脂の販売が好調で、米子会社の年間
生産能力を15年にも現在に比べ約1割増やす計画だ。
 米国では活発な住宅投資が景気回復のエンジンになっている。米商務省が26日発表した13年1〜3月
期の実質国内総生産(GDP)確報では、5月末に公表した改定値に比べて下方修正した項目が目立っ
たが、住宅投資は14%増と逆に約2ポイントの上方修正となった。すでに公表された4月分の米住宅関
連指標もおおむね良好だ。
 最近のように米長期金利の上昇が続けば住宅投資に影響が出かねない、との指摘はある。だが、住
宅ローン金利は歴史的にみれば低い水準にあるうえ、今のところは手元資金に余裕のある富裕層の買
いが住宅市場の回復を支えている。
 

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/28(金) 03:05:01.20 ID:g+xf772v
仮に住宅向け需要の伸びが鈍化したとしても、信越化が手がける塩ビは上下水道などインフラ投資で
も使われている。米国では上下水道の老朽化が問題になっており、更新投資は高水準で推移する可能
性がある。上下水道関連では、水道管やバルブなどの腐食を防ぐ日東電の産業用テープが売れている。
これらの銘柄には米国事業の伸びを期待した買いが入っているようだ。一方、同業の三井化学は中国の
成長鈍化で石油化学事業に影響が出かねないと心配する売りが出ており、5月下旬以降の相場の調整
局面で、信越化と三井化学の株価下落率には差が出ている。
 同様の動きは自動車や部品でも起きている。中国などへの依存度が高い銘柄より、米国事業の採算
が改善した銘柄の方が株価の戻りも早そうとの期待からだ。
 米国が底堅く、新興国は成長が鈍化もしくは減速しそうという流れは、株式だけでなく、金利、通貨など
多様な金融資産の当面の動きを理解する手助けとなりそうだ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/28(金) 06:49:01.56 ID:+bDmYKyr
金、マネー流出続く、銅・白金も大幅安、新興国変調やドルへの回帰。
2013/06/28 日本経済新聞 朝刊 1ページ 952文字 書誌情報
 国際的な安全資産とされる金の先物相場が急落している。2011年のピーク時から4割近く下がり、2年10カ月
ぶりの安値圏にある。中国など新興国の需要が振るわず、プラチナ(白金)や銅なども大幅安となった。金融危機
後の低迷を抜けつつある米国が量的金融緩和の縮小を探り始めたことで、国際商品へのマネー流入が転機を迎
えている。
 金価格の国際指標であるニューヨーク先物相場は26日に一時1トロイオンス1221ドルを付け、前日比で4・2
%下がった。11年9月の最高値から36%の大幅な下落。27日も1230ドル前後の安値圏にある。東京の金先物
は円安・ドル高の影響で下げ幅は小さいが、それでも27日は1グラム3915円と2月に比べて23%安い。
 金の上場投資信託(ETF)からの資金流出も続く。長期運用の資金が多いにもかかわらず、SPDR(スパイダー
)ゴールド・シェアの純資産残高は約970トンと、昨年末から380トン(28%)減った。通貨の代替といわれる金の
需要が変化している。
 金だけではない。銅やアルミニウムなどの国際商品相場はそろって3〜4年ぶりの安値を付けている。市場では
「2000年代からの国際商品の高騰時代が終わった」(T&Dアセットマネジメントの神谷尚志チーフ・エコノミスト)
との見方が出ている。
 背景には高成長を続けてきた新興国の変調がある。例えば、金の世界需要の約3割を占める中国。景気回復局
面にあるが、個人消費も生産活動も勢いがなく、足元では金融リスクがくすぶる。新興国では、電線などに使われ
る銅や建材用アルミ、自動車の排ガス浄化装置向けプラチナの需要が総じて鈍い。
 米景気の本格回復への期待も、国際商品からのマネーの流出につながった。18〜19日の米連邦公開市場委
員会(FOMC)で、米景気回復と量的緩和の年内縮小が確認されてから、商品相場の下落に拍車がかかったの
はそのためだ。
 世界がリーマン・ショックと欧州債務危機にさらされた08年以降、日米欧の金融緩和で金融市場にはマネーが
あふれ、その一部は国際商品市場に流れ込んでいた。米量的緩和の年内縮小は、危機対応の「終わりの始まり」
といえる。米国経済の本格回復と緩和マネーの収縮が予想されるなか、資金は国際商品から基軸通貨ドルへと向
かい始めている。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/28(金) 06:51:04.56 ID:+bDmYKyr
異次元緩和でも相場乱高下―日銀に意図せぬ副作用(真相深層)
2013/06/28 日本経済新聞 朝刊 2ページ 1557文字 書誌情報
 市場の動揺が続いている。アベノミクスへの期待を背景にした円安・株高の基調が一変。最近は円相場や日経
平均株価が乱高下し、相場の方向感が定まらない。東京市場で何が起きているのか。背景には「異次元」と呼ば
れる日銀の大胆な金融緩和がもたらした相場への副作用が浮かぶ。
生保が外債回避
 現在の相場を映し出す象徴的な発言だった。21日に開かれた生命保険協会の記者会見。松尾憲治会長(明治
安田生命保険社長)は運用方針を聞かれ、こう語った。「状況はかなり変わってきている。国債中心の運用が可
能になった」
 松尾会長は4月の会見で、明治安田としては国債の新規購入を手控え、外国債券の購入が選択肢になるとの
考えを表明したばかり。突然の方針転換の背景には、日銀の異次元緩和が招いた国債相場の混乱がある。
 4月4日に緩和を決めた直後、日銀が国債の大量購入により金利を抑えるとの見方から、債券市場では10年
物国債利回りが一時、過去最低の0・315%を記録した。他の年限の国債利回りも一斉に低下。長期保有が基
本の生保には国債での運用が難しくなった。
 その後、株価が急騰すると、投資マネーが国債から株式に移るとの思惑が浮上。長期金利は急反転して一時、
1%の大台を付けた。こうなると、生保には為替リスクを伴う外債よりも国債の方が魅力的に映る。「20年債が1・6
〜1・7%程度まで戻れば、外債に切り替える必要はない」と住友生命保険の佐藤義雄社長は語る。
 日銀は異次元緩和で投資マネーが株式や外債に向かい、設備投資や個人消費が増えることを期待する。だが
国債相場の動揺が日銀の意図とは反対に、生保の外債回避を招いてしまった。
 生保のような中長期的な投資家の代わりに東京市場に入り込んできたのが、短期的な売買を手がけるヘッジフ
ァンドだ。
 「ジャパンマネーが新興国市場にあふれているという話は本当か」。日銀が低金利で大量に供給したお金が流れ
ているとの見立てで、シティグループ証券の高島修チーフFXストラテジストには海外の顧客から問い合わせが殺
到した。緩和後に進んだ大幅な円安・ドル高について高島氏は「大部分は急激な円安が進むと読んだヘッジファン
ドの円売りだった可能性が高い」と指摘する。
 4月以降、情報戦を仕掛けるなどして素早く動く投機マネーが円安・株高の流れを反転させた結果、金融市場は
著しく不安定になった。円相場のチャートをみると、3月まで安定していた円安基調が、4月以降乱高下を繰り返す
ようになった変化は一目瞭然だ。
新興国に連動
 円相場には火種も残る。
 「日本が成長戦略で移民の受け入れを決めると聞いているが」。野村証券の池田雄之輔チーフ為替ストラテジス
トは顧客のヘッジファンドからの電話に耳を疑った。的外れに映る質問が飛び出す理由は「日本に詳しくないヘッ
ジファンドが、異次元緩和後の乱高下を見て東京市場に続々と新規参入している」(池田氏)からだ。
 こうしたファンドは新興国でも取引を手がけており、新興国市場の混乱で東京市場は共振する。新興国の相場
が崩れれば日本で利益を確定しなければならず、焦った株の売却や円の買い戻しを誘発しやすいからだ。この投
資家層の拡大により、たとえ日本の景気回復の確実さが増しても、海外の要因で円相場や日経平均株価が大きく
振れてしまう。
 日銀は「戦力の逐次投入はしない」(黒田東彦総裁)立場を取る。しかし岩田規久男副総裁は24日、日本経済新
聞に「この政策で不十分となった時に動くのは適正だ」と強調した。異次元緩和がもたらした意図せぬマイナス。
中国の金融不安などを底流に新興国市場の動揺が収まらなければ、日銀は容易に動かない方針を修正し、追加
の一手を迫られそうだ。(編集委員 小栗太)

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/28(金) 07:03:43.32 ID:X87IN9TK
日経平均の銘柄選定、大証での売買実績参照、東証と市場統合で。
2013/06/28 日本経済新聞 朝刊 19ページ 370文字 書誌情報
 日本経済新聞社は27日、日経平均株価の構成銘柄の選定に関し、7月16日の東京・大阪証券取引所の現物
株市場統合への対応ルールを公表した。現在、大証に単独上場している銘柄や、東証と大証に重複上場しながら
主に大証で売買されている銘柄については、銘柄選定に際し、大証での売買実績を参照する。
 日経平均の選定基準では、売買代金など銘柄の市場流動性を判断する際に、東証のデータだけを活用してい
る。対応ルールでは大証単独銘柄や大証で主に取引されている銘柄については、統合までの期間の分析をする
際に、大証での売買実績を使う。
 日経平均は毎年10月に銘柄の定期見直しを実施しており、今年10月の見直し時から対応ルールを適用する。
 27日時点で東証と大証の第1部に重複上場する銘柄の中で大証で主に取引されているのは51銘柄、大証第
1部単独上場は37銘柄ある。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/28(金) 12:01:55.96 ID:ADHSMgCE
ゴールド神話の崩壊、経済正常化の過程か 米実質金利が急回復 
2013/06/28 10:47 日経速報ニュース 1175文字
 ニューヨーク市場の金先物の下落が止まらない。中心限月の8月物は日本時間28日の時間外取引で一時1
トロイオンス1185.7ドルを付け、中心限月としては2年10カ月ぶりの安値を付けた。米国が量的緩和政策の出口
を探り、新興国経済の高成長が曲がり角にさしかかった今、10年以上続いた金の強気相場を支えてきた数々の
「神話」が崩壊している。
 金相場の動きを説明するときに市場関係者が注目するのは名目金利から期待インフレ率を引いた「実質金利」
。実質金利がマイナスになると名目金利をインフレ率が上回っており、カネよりモノの価値が高くなる。2000年代
には実質金利が大きく下がるときに金が値上がりする場面が目立った。
 ところが、足元では米国の実質金利がじりじりと上がっている。米財務省によると、5年物の利付国債と物価連
動債から算出した実質金利は5月下旬のマイナス1%前後からマイナス0.2〜マイナス0.3%まで「上昇」した。それ
だけモノとしての金の魅力が低下したともいえる。
 実質金利が上昇、つまりインフレ率が低下しているのは世界経済の成長率が鈍化しているからだ。中国やイン
ドといった新興国の実需が金相場を支えるという見方も当然揺らぐ。米国では頁岩(けつがん)層から産出す
る「シェールガス」の生産拡大に伴い、エネルギーの需給構造が大きく変化。景気の回復局面で原油など商品
価格の上昇を伴ったインフレが起こりにくくなっている。
 金が「究極の安全資産」という見方も変わってきた。2000年代には経常赤字と財政赤字という「双子の赤字」を
抱えた米国のドルに対する信認が揺らいでいた。そのなかで欧州債務問題が深刻になり、通貨そのものへの不
信が金買いを促していた。だが、米国が量的緩和の出口を模索する局面に入り、「安全資産」とされてきた米国債
の利回りが上昇(価格は下落)。金を保有する動機づけも同時に薄れてきた。
 マネックス証券の村上尚己チーフ・エコノミストは「金価格下落の背景には、米国を中心に世界経済が徐々に正
常化しているという大きな流れがある」と指摘する。この半年のドル建て金価格とダウ工業株30種平均の相関係
数をみると、マイナス0.84程度。株高・金安になっていることがみてとれる。「正常化のプロセスが進むのであれば
、リスク資産の本命である株にマネーは向かう」(村上氏)という。
 もっとも、足元では米国の量的緩和の出口戦略や中国金融市場の混乱が世界に波及。世界の金融・資本市
場が不安定になっている。株と対照的に金と連動性を高めているのはオーストラリアドルや銅。両者に共通する
のは中国経済への依存が高いということだ。投資家が換金しやすい金を売り急いでいるのであれば、「良い金売
り」とはいいにくい事態が起きているのかもしれない。〔日経QUICKニュース(NQN) 三輪恭久〕

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/28(金) 15:21:39.10 ID:KEnNCp88
日経平均大引け、大幅続伸 1カ月ぶり高値、上げ幅は一時500円超
2013/06/28 15:09 日経速報ニュース 309文字
 28日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続伸した。終値は前日比463円77銭(3.51%)高の1
万3677円32銭で上げ幅は今年3番目、5月31日(1万3774円)以来、約1カ月ぶりの高い水準を付けた。
前日の米株式相場の上昇や円相場の下落が支えになったほか、決算期の6月末を控えた海外投資家
が株価水準を押し上げておきたいとするドレッシング(お化粧)買いが前日に続いて入ったといい、1日を
通じて上げ幅を拡大する展開だった。短期筋による株価指数先物への仕掛け的な買いも膨らみ、上げ幅
を500円超に拡大する場面もあった。東証1部の売買代金は概算で2兆6078億円(速報ベース)だった。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/28(金) 15:25:31.46 ID:KEnNCp88
上海株上昇、6月期末要因も寄与か・王氏 上昇余地小さく個別を物色
2013/06/28 14:01 日経速報ニュース 363文字
【NQN香港=長尾久嗣】内藤証券上海代表処・首席代表助理の王萍氏 きょうの上海総合指数は前
場は反発した。金融当局による引き締めへの懸念がやや後退したほか、きょうは6月期末という特殊
要因も大きいと思う。指数への寄与度が大きい銀行や不動産などの主力株を買い上げて、期末の指数
水準を引き上げようとする力も働いたのではないか。
 相場全体が反転するような力はまだ感じられない。当局の引き締めへの警戒は続いている。不動産
相場への影響も懸念されており、指数全体の上昇余地は大きいとはいえない。ただ、ゲーム関連やネ
ット関連などの個別銘柄を物色する動きは盛んだ。例えば深セン証券取引所のベンチャー向け市場「
創業板」上場のゲーム関連銘柄、深セン中青宝互動網絡などは連日で年初来高値を更新しており、
個人投資家による個別株物色の動きは回復しつつある。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 23:25:13.78 ID:G7tysauU
ムゥ〜おやつが食べたいな〜
あっ、シュークリームだ
おいしそう 食べよう
モグモグモグモグ おいしいな モグモグモグモグ
もう一個ある これも食べちゃえ
モグモグモグモグ モグモグモグモグ
あ〜おいしかった

ねえムーくん、ここにあったシュークリーム知らない?
知らないよ
変だなぁ 後でムーくんと一緒に食べようと思ったのに
おかしいな どうしたんだろう?
あんなおいしいシュークリーム どうしたんだろうね?
あんなおいしいシュークリーム?
それじゃまるでムーくん
あのシュークリームを食べたことがあるような言い方じゃないか?
ワッ しまった
さてはムーくん シュークリーム食べたでしょう?
知らないよ
ほら 白状しないと コチョコチョコチョコチョ
ムヒヒヒヒ 食べた 食べた
ほら やっぱりムーくんが犯人じゃないか
もう おしりペンペン
ムッヒーミンミンミン ムッヒーミンミンミン
ようし ムー汁にして食べちゃおうかな
ムッヒーミンミンミン ゴメンナサイ ムッヒーミンミンミン

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:yre34xVy
<東証>四国電など4電力が上昇 原発の再稼働申請で
2013/07/08 09:46 日経速報ニュース 346文字
(9時45分、コード9507など)四国電など原子力発電所の再稼働をきょう申請する電力4銘柄が高い。四国電は
3日続伸で、一時前週末比65円(3.5%)高い1900円まで買われた。原発の安全対策を強化するための新規制
基準が施行された8日に四国電、北海電(9509)、関西電(9503)、九州電(9508)の電力4社が再稼働を申請す
る。現時点では四国電の伊方原発(愛媛県)の再稼働が最有力とみられ、四国電株の上昇が電力各社のなか
で最も高くなっている。
 四国電を除く3社の株価も1%台後半の上昇率で買い優勢となっている。柏崎刈羽6、7号機(新潟県)の再
稼働の申請に向けて地元との調整が難航している東電(9501)は、続伸したものの相対的に上値がやや重く
なっている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:yre34xVy
6月の海外投資家の日本株取引、9カ月連続買い越し
2013/07/08 09:37 日経速報ニュース 1038文字
 財務省が8日発表した6月の対外及び対内証券売買契約などの状況(指定報告機関ベース)によると、海外
投資家による日本株の取引は9カ月連続の買い越しだった。月後半に外国為替市場で円相場が下落基調に
転じたことを手掛かりに、企業業績改善への期待から輸出関連株を中心に買いが膨らんだ。
 業績が景気に左右されにくく値動きが比較的堅調なディフェンシブ銘柄にも資金が流れた。取得額、処分額
共に30兆円を超え、高水準の取引が続いた。
 中長期債への投資は、2カ月連続の売り越しだった。米連邦準備理事会(FRB)による量的金融緩和策が早
期に収束するとの見方が広がり、米債券相場が下落。日本国債にも流れが波及し、売りが続いた。短期債は
大規模な償還が重なり、3カ月ぶりに売り越しに転じた。
 国内投資家による海外の中長期債への投資は、5カ月連続の売り越し。FRBによる量的緩和の早期縮小観
測から、米国債の需給が緩むとの思惑が拡大し主力の銀行部門を中心に売りの動きが強かった。売越額は
2兆9578億円で、2012年4月(2兆6174億円)を上回り比較可能な05年1月以降で最高。初めて3カ月連続で
2兆円を超えた。
 株式への投資は12カ月連続の売り越し。利益確定を目的とした処分の動きが続いた。短期債は8カ月ぶりに
買い越しに転じた。
 
▽対外証券投資
         売却   買い入れ   資本流入
株  式    17,918    14,141     3,777
中長期債    165,608    136,031    29,578
 小 計                  33,355
短 期 債    14,355    15,601    ▲1,246
 合 計                  32,109

▽対内証券投資
       買い入れ     売却   資本流入
株  式    373,113    365,466     7,648
中長期債    67,090    74,653    ▲7,563
 小 計                    85
短 期 債    134,178    145,399   ▲11,221
 合 計                 ▲11,136

▽月内の差引流入額……………………………… 20,973

(注)単位は億円。▲は資本流出。対外証券投資は居住者による処分・取得、対内証券投資は非居住者による
取得・処分。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:X+T8Wu4V
・[6月米雇用者は19.5万人増、賃金も増加] 
 ・・今までは、指数改善⇒緩和前倒し懸念で下落していたのが、
  株価は上昇。
   やっと、緩和終了は良い事だ・・と織り込んできた?
  ただ、
 [米国債5日 続落、米雇用統計受け10年債2.725%まで上伸]
 [商品概況NY金、大幅反落 8月物は1212.7ドルで終了]
 [NY原油、4日続伸 1年2カ月ぶり高]
 ・・債権や商品は未だ落ち着かない

・[フィッチ、エジプトの格付けを1段階引き下げ 見通しも弱含み]
 [S&P、ポルトガルの格付け見通しを引き下げ 政治混乱を懸念]
 ・・ま、当然ですね

・[アシアナ航空社長は会見で、操縦ミスの可能性について
 「機長は飛行時間が1万時間を超す熟練者だ」と強調 
  機体異常信号も否定]
 ・・と、言っていたのが、速攻で
 [<アシアナ機着陸失敗>「事故機の操縦士、社内教育訓練過程で
  B777運航経歴わずか43時間」]
 ・・なんだかなぁ・・

・[大和ハウス工業が続急落、5315万株の公募増資などを実施]
 ・・大和ハウスはどーでもいいけど、引け直後に、
 [オリンパス、最大1000億円公募増資を検討]
 ・・株主総会を通過すると、いつもの裏切り行為ラッシュか?
  だから、我々故人凍死家は回転させないといけないのよね(-_-#)

・[ネット銀5行、カードローン4割増 3月末残高]
 ・・アベノミクスで所得UP⇒消費拡大・・じゃなくて、
  借金拡大⇒消費拡大だったの?(^.^;

・[首相:96条に再言及 自民草案、見直しに柔軟]
 ・・憲法改正に異論は無いが、法律ならともかく、
  憲法を51:49でコロコロ変わるような状態はいけないと思う。
  
・[防衛省、占領された離島の奪還など自衛隊の
  「海兵隊的機能」を拡充する方針]
 ・・占領される事を前提にって、考え方の順番が違ってないか?
  占領されない為にどーするか考えろ!・・と、言いたい。

・[ウィンブルドン:77年ぶり英国人王者…マリー初優勝]
 ・・いやぁ凄かった!
  アレ見てると、やっぱ錦織くんじゃ勝てんね(^.^;
  けど、
 [男子ダブルス、国枝組が優勝 ウィンブルドン車いすの部
  女子ダブルスでは、上地組が準優勝]
 ・・試合は見てないけど、凄いぞニッポン!

・[水の事故:弟を助けに川へ、10歳姉も不明に 岐阜]
 ・・飛行機事故で中国人が死んでもへぇーなのだが、
  コレには泣きそうになった(・艸・)

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:93SeryVN
銀行貸出残高、6月2.2%増加。
2013/07/08 日本経済新聞 夕刊 3ページ 157文字 書誌情報
 日銀が8日発表した6月の貸出・預金動向(速報)によると、銀行(都銀等、地銀、第二地銀)の貸出
平均残高は前年同月比2・2%増の403兆6406億円となった。伸び率は2009年7月以来の高さで
、前月に比べ0・1ポイント拡大した。海外M&A(合併・買収)や不動産投資信託(REIT)、電力会社
向けなど大口融資が伸びた。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:9ZhiuVNS
「黒田緩和」妨げる規制 進まぬ株式シフト
2013/07/09 02:00 日経速報ニュース 1170文字
 アベノミクスの浸透により、今月下旬公表の消費者物価指数がプラスに転じるのはほぼ確実だ。
唯一、機能していないのは、日銀の量的緩和によるポートフォリオ・リバランス効果だ。
 同効果とは、投資家がインフレや成長への期待から資金を国債などの安定投資先から株などリスク
商品へシフトさせること。だが、機関投資家の国債から外債や株への投資転換は進まず、円安、株高
を後押しするメカニズムが働かない。
 300兆円を超える資金を抱える生保。下落リスクが高まっている国債市場から動かないのはなぜか。
生保の健全性指標であるソルベンシーマージン(支払い余力)比率規制が強化され続けてきたからだ。
 金融庁は2007年、ソルベンシーマージン規制の強化を打ち出し、12年3月期から株や債券の投資商
品のリスク基準を2倍に引き上げた。もともと10%と高かった株は20%となり、株式投資はますます難し
くなった。一部生保は12年度に株式投資を減らした。
 今年度も株式投資は増やさない。外債投資は生保全体で1兆円だけ増やす計画だが、それも及び腰
だ。
 規制はさらに強化されかねない。欧州では、2000年代後半から「ソルベンシー2」と呼ばれる時価評
価の導入を軸にした規制強化策を準備した。日本でも適用されるようなら、満期まで30年といった償還
期限の長い金融商品に見合う資金運用を迫られる。
 いま、期間15年超の国債には生保の買いが滞りなく入っている。「利回りが1.4%を超えれば買い」が
担当者のセオリー。規制を先取りする動きともいえる。この影響で、現状の国債利回りは15年物は1.4
%前後で推移している。
 規制が「黒田緩和」の効果を妨げていることに、金融庁も気が気でない。前期の決算報告に訪れた大
手生保幹部に対し「いつまでも国債は買っていられないですよね」とささやいた。生保側は資金シフトの
「えん曲な指導」と受け止めた。
 一方、欧州では保険会社が反対に回り、12年に導入するはずだったソルベンシー2は先送りになった
。歩調を合わせるように、今年2月の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、機関投資家
に長期投資を促す研究を進めることが声明に盛り込まれた。
 それを受け、経済協力開発機構(OECD)は基本概念をとりまとめ、今秋のG20首脳会議(サミット)
に報告する予定。「機関投資家向け規制の作成・改定の際に各国政府は長期投資促進を配慮すべき
だ」というのが議論の流れだ。
 生保規制では「健全性」を追求しすぎるあまり、長期投資やリスク投資の抑制という副作用を引き起
こしている。1930年代の大恐慌時も銀行規制強化を進めてきたルーズベルト米大統領は金融規制を
緩和し、貸出増加と経済再成長につなげた。過ぎたるは……ではないが、規制も程々のバランスが大
事であることは歴史も教えている。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:PdC9ZSwq
米国株、3日続伸 欧州株高を好感 米雇用の回復期待も追い風
2013/07/09 05:19 日経速報ニュース 330文字
【NQNニューヨーク=川内資子】8日の米株式相場は3日続伸し、ダウ工業株30種平均は前週末比88ドル85
セント高の1万5224ドル69セント(速報値)と6月18日以来ほぼ3週間ぶりの高値で終えた。政局が混乱してい
たポルトガルで連立政権が維持される方向となり、同国の財政再建が遅れるとの警戒感がやや後退。欧州株
式相場の全面高を好感し、米市場でも公益事業や生活必需品関連の銘柄を中心に買いが優勢となった。
 前週末5日発表の6月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数が前月比で市場予想以上に増加。米雇用情
勢が順調に回復するとの観測も引き続き買いを促した。
 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は前週末比5.45ポイント高の3484.83(速報値)で終えた。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:ssfzeZ0/
株大幅反発、「7〜9月に1万6000円」との声も 市場関係者の見方
2013/07/09 16:10 日経速報ニュース 1097文字
 9日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発した。上げ幅は6月28日(463円)以来の大きさで、終値は
前日比363円56銭(2.58%)高の1万4472円90銭と5月24日(1万4612円)以来、約1カ月半ぶりの高い水準を付け
た。きょうの上昇の背景や今後の見通しを市場関係者に聞いた。

●圷正嗣・SMBC日興証券株式調査部
 9日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反発した。前日に大きく崩れ、日本株の下げの原因となったアジア
各国・地域の株式相場がきょうは総じて上昇し、日本株買いの手掛かりになった。前週末発表の6月の米雇用統
計でも、米景気の回復基調が確認され、投資家心理は改善している。
 ただ、中国の「影の銀行(シャドーバンキング)」問題をはじめ、新興国景気への懸念は根強い。市場はまだ完全
に景気減速の影響を織り込み切れておらず、日経平均は当面、1万3500円〜1万5000円の大きなボックス圏での
推移となりそうだ。
 本格上昇は9月以降と見ている。参院選を経て、安倍晋三政権の新たな成長戦略の具体策が見え始めると、再
び政策期待が醸成されやすくなる。今は少しまだらもようの米国経済指標も、財政の崖の影響がなくなり、良い内
容が出てきやすくなるだろう。

●岩間恒・DIAMアセットマネジメント・シニアポートフォリオマネジャー
 日経平均が大きく反発したのは、前日に大幅下落した中国株がきょうは小幅ながら上昇したことで安心感が広
がったためだ。今後の日本株は世界株の中で相対的に堅調に推移するとみている。6月は中長期保有の海外フ
ァンドの日本株買いが目立ち、日経平均が下げ止まった。長期金利の落ち着きは円安にもつながっており、輸出
株などの株価の支えともなっている。
 もっとも、市場はまだ米量的緩和の早期縮小の影響を織り込んでいない。米長期金利上昇による住宅ローン金
利の上昇が住宅販売に影響するとの見方から米住宅株は下落している。住宅市場を通じて米経済全体へ影響を
及ぼす可能性もある。米企業の4〜6月期決算は金融を除くと最終減益見通しで、7〜12月期見通しが好調だ。
このV字回復シナリオ通りにいくのか、米金利上昇がどう各企業の業績に影響するのか。最高経営責任者(CEO
)などの決算発表時のコメントなどが注目される。
 悲観に傾きリスク資産を回避する動きが強まらない限りは、日米の金利差が円安基調を後押しし、日本株には
追い風となろう。日本では4〜6月期決算により業績見通しが良いセクターや企業を中心に買われ、日経平均は7
〜9月に一度1万6000円を試しにいくだろう。
〔日経QUICKニュース(NQN)矢内純一、高和梓〕

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:3N+6gCJR
不動産と産業競争力強化(十字路)
2013/07/09 日本経済新聞 夕刊 5ページ 779文字 書誌情報

 わが国のインフラ維持・更新が喫緊の課題とされて久しい。インフラといえば空港や上下水道等の公共インフラ
が注目されるが、オフィス、住宅など民間の既設不動産も例外ではない。耐震性や環境性能への要求水準が高
まる中、老朽化した不動産の維持・更新ニーズへの対処も重要だ。
 公共インフラ分野ではPPP(官民連携パートナーシップ)や民間資金活用への取り組みが推進されている。時
代に適合した新たなまちづくりや都市の競争力といった社会的視点を踏まえれば、民間不動産の更新も急務で
あろう。
 先の国会で不動産特定共同事業法(不特法)改正法が成立した。1994年に制定された同法は、不動産投資の
歴史上重要とされる制度だが、これまで広く活用されてきたとは言い難い。
 これまでも、不動産の建て替え等を行う際、不特法のルールに従い、不動産会社が投資家の資金を導入して行
うことが可能であったが、投資家は物件のリスクだけでなく、不動産会社の倒産リスク等も負担せざるを得なかった。
 今回の改正で、投資案件ごとに特別目的会社(SPC)を利用して事業者リスクから切り離すことが可能になる。
狙いは、既存不動産の建て替えや大規模改修への民間資金導入にあるようだ。再生物件を不動産投資信託(RE
IT)等の証券化市場につなぐ役割も期待される。
 統計によれば、法人の有する収益不動産は203兆円とされる一方、証券化されたものは33兆円にとどまる。証
券化等による民間資金の導入は、不動産の更新がもたらす社会的便益とともに、個人金融資産の運用にもプラス
の効果を及ぼす。
 量的に充実した不動産ストックを有するわが国が、その耐震性や環境性能をさらに高め、不動産市場の活性化
と金融市場の成長の双方を実現することは、わが国の産業競争力強化の観点からも重要な取り組みといえよう。
(みずほ銀行証券部調査チーム次長大類 雄司)

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:3N+6gCJR
《一言》
・[中国:6月の生産者物価(PPI)は10年ぶり最長の
  連続マイナス記録を更新し、また前年割れ−需要の弱さ浮き彫り]
 [中国、6月の消費者物価(CPI)2.7%上昇 
  16カ月連続で前年水準を下回り、卸売物価低下続く]
 ・・中国の減速ぶりは想定済み・・
  問題はバブル崩壊だけなのだ
 [中国元鉄道相に執行猶予付き死刑…10億円収賄で]
 ・・執行猶予付き死刑って始めて聞いた。

・[株式ファンドのレバレッジ比率、危機前のピークに迫る=FRB調査]
 ・・歴史は繰り返す・・また暴走し始めました

・[エジプト軍が群衆に向けて機関銃発砲 死者51人、負傷者300人以上
  :「礼拝中、突然の銃撃」同胞団、怒りあらわ 一触即発]
 ・・なのに、
 [米政府 エジプト政変は「クーデターではない」
  エジプト軍への援助も打ち切らず]
 ・・どんなに神様に祈っても、お金の魅力にはかなわない?

・[アシアナ機:着陸時過度に失速 死者1人は消防車がひく?]
 ・・これは驚いたが、
 [韓国アナウンサー 死亡した2人が韓国人ではなく
  中国人だったことに「幸いだった」と発言、中国国内で強い反発]
 ・・これには驚いた!
  と、同時に、中韓関係のヒビ割れに期待?

・[ブラジル、サッカー試合中、退場処分に反発した選手を
  審判が持っていた刃物で刺殺した。
  選手の友人らが怒って審判の頭や手足を切断し、
  首をくいの上に放置]
 ・・コレにはもっと驚いた(((( ;゚Д゚)
  来年のワールドカップは命がけか?

・[公共工事が急拡大、5月25% 財政出動が効果]
 ・・景気回復はいいけど、本気で財政再建する気あんのか?

・[経産省、原発安全向上へ民間組織 自主対策を拡充]
 ・・事故から二年半が経とうとしてるのに今からか?
  ・・ってか、
 [基準値200倍のセシウム検出 福島第1の観測井戸
  前回の90倍で最も高い値]
 ・・先に総力を挙げて、コッチの対策しませんか?
  そして、
 [原発再稼働、国の責任で地元理解を…知事会提言]
 ・・県側も、国に責任を押し付けるのではなく、
  選挙で選ばれたのだから(自分の県は自分で守る)
  って自覚が必要だと思うが・・

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:GtVPoHrw
株、信用買い残が2週ぶり増加・5日時点 売り残1カ月半ぶりの多さ
2013/07/09 17:19 日経速報ニュース 340文字
 東京証券取引所が9日発表した5日申し込み時点の信用取引の買い残高(東京・大阪・名古屋3市場
、制度信用と一般信用の合計)は2週ぶりに増えた。買い残高は2兆8576億円で、6月28日申し込み時
点に比べて818億円増えた。一方で、信用売り残は3週連続で増加し、6月28日時点に比べ279億円増
の5238億円だった。5月24日時点以来1カ月半ぶりの多さだった。
 この週(1〜5日)の日経平均株価は632円(4.6%)上昇した。投資家心理が改善し、目先の上昇が見
込めそうな銘柄の信用買いの持ち高を増やす動きが広がったようだ。東電、オリコ、三菱自、ケネディク
スなどで買い残が大きく増えた。
 半面、みずほFG、神戸鋼、三菱UFJなどは信用買い残が減少した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:RQ0HbAYz
第7部変革の波(1)ネット証券の逆説―格安の次は長期資金狙い(金融ニッポン)
2013/07/10 日本経済新聞 朝刊 1ページ 1424文字 書誌情報
 ある新サービスの「予約注文」に証券界が沸いている。来年1月スタートの少額投資非課税制度(日本
版ISA=NISA)だ。正式な手続きが始まる10月を待たずに専用口座を開く予約をとり始め、業界全体で
200万件近くに達した。
みえてきた限界
 マネックス証券社長の松本大(49)は「個人に資産形成を根付かせるチャンスだ」と意気込む。野村証
券など大手より先行したのがネット勢だ。最初にマネックスが3月下旬に予約をとり始め、SBI証券や楽
天証券がすぐに続いた。
 NISAは年100万円までの株式投資などを対象に、売却益や配当を5年間非課税とする。長期投資が
前提の制度で、個人の短期売買で稼ぐネット証券には魅力が薄い。それでも力を入れるのは、手数料の
安さだけを武器にする経営に限界がみえてきたからだ。
 1999年10月に株式売買委託手数料を完全自由化して13年あまり。相次ぎ登場したネット証券は、
営業社員がいない身軽さから値下げ攻勢をかけた。100万円の株を買うのに1万円以上かかった手数
料は、300円程度に下がった。
 カブドットコム証券社長の斎藤正勝(47)は「プロと個人の格差を埋めるのがネット証券の役割」と、ヘ
ッジファンド並みの高度な取引をまねできるサービスまで提供する。今や個人の株式取引の8割はネット
証券7社を通る。昨年暮れからの株高もありネット証券の業績は過去最高に迫る。
突破口は投信
 しかし、売買は増えても投資家の裾野はあまり広がっていない。個人の株式売買代金の半分は、年1
200回以上取引する超短期の個人が占めるとの試算もある。「価格競争が生んだのは、せいぜい4万〜
5万人のデイトレーダーだけだ」。ネット証券のパイオニアである松井証券社長の松井道夫(60)は言う。

 松井が突破口に狙うのが、販売手数料が平均2%前後にのぼる投資信託だ。「手数料が高く投資家の
ための商品になっていない」とみる。松井は98年に投信の価格破壊を仕掛け、傘下に投信会社を持つ
大手証券の抵抗にあい失敗した。今度は最近力を増した独立系の投信会社と組み安く売る仕組みを検
討中だ。
 安さの源だった「営業なし」の経営を変え、投資の助言に力を入れる試みもある。楽天証券やSBI証券
はお金の専門家、ファイナンシャルプランナー(FP)と連携する。FPはネット証券が取り扱う約1000本の
投信を活用し個人に指南する。ネット証券は短期志向だけでなく幅広い層の顧客を取り込める。
 そんなFPの一人の中桐啓貴(40)は「ネット証券と組み個人が独立して証券営業ができる時代が来た
」と話す。個人のお金の相談に乗る会社を7年前につくり、7人の専門家が活動する。仲介した投信など
の残高は100億円を超えた。
 投信残高が日本の約18倍の米国では、ネット証券が独立系の投資アドバイザーと二人三脚で投資文
化を根付かせた歴史がある。「アドバイスを含め資産形成の道具を提供し、本来の意味での投資家を育
てていきたい」と、楽天証券社長の楠雄治(50)は話している。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:RQ0HbAYz
みずほ銀、メコン圏への投資支援、ラオス当局と提携。
2013/07/10 日本経済新聞 朝刊 5ページ 477文字 書誌情報
 【ハノイ=伊藤学】みずほ銀行は邦銀では初めてラオスの計画・投資省と業務提携し、日系企業の投
資交渉などを支援する。カンボジアに駐在員事務所も開いた。メコン経済圏では日本企業の進出が増え
、部品のサプライチェーン(供給網)を形成しつつある。3メガバンクは資金需要を取り込もうと、拠点増強
や業務拡充を競っている。
 みずほは10日にラオスの首都ビエンチャンで、外国企業の投資促進や認可を所管する計画・投資省
と覚書を交わす。日本企業への情報提供のほか、投資優遇制度の活用を支援する。昨年12月にはラ
オスの最大手銀行と業務提携。企業の進出支援から進出後の融資・決済まで一括で支援する。
 今月にはカンボジアにプノンペン駐在員事務所を開設。将来は支店への格上げも検討する。1月には
ミャンマーのヤンゴン駐在員事務所を出張所に格上げした。
 メコン地域では産業集積地のタイを中心に、賃金の安いラオスやカンボジア、ミャンマーに労働集約的
な生産工程を移管する、国際分業体制が築かれつつある。ラオスでニコンが一眼レフデジタルカメラの工
場建設を決めるなど、日系企業の進出も増えている。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:Q0TAt6hW
・[中国:6月の輸出入、予想外の減少−景気減速感が強まる恐れ
  輸出:前年同月比3.1%減、輸入:同0.7%減]
 ・・織り込み済みってことで、上海総合は堅調
  ただ、
 [中国2位の保険会社、ロイズ・オブ・ロンドンのビルを取得
  中国企業による世界の不動産購入が相次いでいる]
 ・・昔、日本がやって失敗した教訓は生かされていない?

・[IMF:13年世界成長見通し下方修正−日本は2%に引き上げ]
 ・・日本が成長・・っていうより、震災で落ち込んだ分の復活?
 [企業物価6月1.2%上昇 円安や原材料高が影響]
 ・・円安になった分、当然輸入物価は騰がる・・けど、
 [6月消費者態度指数は6カ月ぶり低下、
  「暮らし向き」「収入の増え方」「雇用環境」
  「耐久消費財の買い時判断」の4項目すべてが悪化]
 ・・可処分所得が増えなければ、値騰がり分の(量)が
  減るのは当然である。

・[イタリア「BBB」に格下げ、見通しネガティブ−S&P
  雇用情勢が少なくとも1977年以降最悪]
 [景気後退のイタリア 予算節約のため、
  市長や議員らが庁舎建物を修繕]
 ・・こんな事で問題解決できるとは思えないが、
  パフォーマンスであっても(気持ち)は伝わるか?

・[道州制議論、腰砕け 全国知事会議が閉幕]
 ・・責任を取る覚悟の無い県知事は当然反対する

・[4省庁でメール公開状態に 無料サービスグーグルG閲覧制限せず
  国際会議で幹部が発言する案文も公開
  同省は「外部に漏れてはいけない情報。管理を徹底する」]
 ・・閲覧制限の設定の問題じゃなく、
  国の機密事項を無料サービスで情報を管理するってアリか??
  ウィルス対策以前の、自爆である。  

・[清田東証社長、IPO「100社目指す」 総合取引所化に意欲]
 ・・その前に、不祥事を無くす事に努力してもらいたい。

・[福島第1の汚染水、海洋拡散の疑い 規制委が見解
  「高濃度汚染水が地中に漏れ、海洋への拡散が強く疑われる」]
 ・・逆に、我々一般市民で、海洋への拡散が無いと
  信じてる人はいるのだろうか?
   もう少し専門家らしい見解と対策案を示さないと、
  新基準まで全て信じられなくなるよ!

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:Q0TAt6hW
大型増資は「アベノミクス」の効用、成功に欠かせぬ報いの視点
2013/07/10 16:00 日経速報ニュース 1471文字
 電通、大和ハウス工業、オリンパスと最近、大型増資を発表する企業が相次いでいる。その背景の一
つとして、株高で企業が株式市場で資金調達しやすくなった点が挙げられる。いわば、安倍晋三政権の
経済政策「アベノミクス」の効用だ。ただ株主は、1株利益の希薄化を招く増資を嫌う傾向がある。市場の
理解を促して大型増資を成功に導くには、好採算事業への投資ばかりでなく、増配など株主配分の積極
化で投資家に報いる意識が欠かせない。
 「株価が上昇し、株主資本コストが低下したため、企業にとって増資のハードルが下がった」。みずほ証
券の北岡智哉シニアエコノミストは話す。株主資本コストとは、企業からみると、株式市場で資金調達す
る際の費用。一方、投資家からみると企業に求める期待収益率と言い換えることができる。
 株主資本コストの算出にはいくつかの方法があるが、1株利益を株価で割って計算する益回り、すなわ
ちPER(株価収益率)の逆数を代理指標とすることが多い。これを「市場に内在する株主資本コスト」とい
う。時価発行増資は市場を経由するため、企業サイドの株主資本コストをみるうえで、益回りは都合が良い。
市場全体の株主資本コストとして東証1部の予想益回りに着目すると、直近は5.98%で株高が始まる直
前の昨年11月13日の7.12%と比べ1ポイント余り低下した。
 今回、大型増資を発表した企業は、その主な目的に財務の健全性確保を掲げる。前期末時点の各社
の自己資本比率を同業他社と比べると電通26.5%に対し、博報堂DY41.9%。大和ハウス30.9%に対し
、積水ハウス52.4%。オリンパス15.5%に対し、テルモ56.7%。いずれもライバル企業を下回り、一般に
財務が盤石とされる40〜50%以上に届いていなかった。
 市場ではよく、「なにも高い株主資本コストを払って増資をしなくても、超低金利を生かして負債を増やせ
ば良い」という声を聞くことがある。だが、財務改善を目指す企業にとって最近の株高は渡りに船だったと
言えそうだ。
 もっとも、市場に内在する株主資本コストの低下をとらえて増資するのが企業にとって合理的だとしても、
投資家は増資が中長期的な株価上昇につながるのかという点に最大の関心を払っている。
 投資家が要求する株主資本コストは先進国では6%程度と言われ、これは株価変動や市場環境の変化
ではあまり変わらないとされる。増資後に利益成長がなければ、企業は投資家が要求する株主資本コスト
に応えられず、やがて失望売りで株価が下落することも考えられる。
 投資家の要求株主資本コストと東証1部の予想益回りが接近している現在、直近の増資案件にはこうした
ケースは当てはまらないかもしれない。だが、これはあくまでも全体的な議論であり、個別企業ごとに事情
が異なる点は押さえておく必要がある。
 では、増資成功のカギは何か。上場企業の広報支援を手掛けるファルコン・コンサルティングの宮永雅好
社長は、「配当を増やすこと」と指摘する。日本で成長性が相対的に乏しいにも関わらず不動産投資信託(R
EIT)の益回り(株主資本コスト)が上場企業に比べて低いのは、配当性向(利益のうち配当支払いに回した
比率)が100%近いからだという。
 一連の大型増資企業は、主に財務改善が目的だから、すぐに増配に動くことはないかもしれない。だが、
市場にくすぶる増資悪玉論を覆すためにも、増資企業には成長戦略の推進に加え、配当性向の引き上げも
重要な視点と言えるだろう。〔日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一〕

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:/6wdemJ9
米国株、ダウ小反落8ドル安 FOMC議事要旨で一時上昇も
2013/07/11 06:31 日経速報ニュース 974文字
【NQNニューヨーク=古江敦子】10日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅ながら5営業日ぶりに反落し
、前日比8ドル68セント(0.1%)安の1万5291ドル66セントで終えた。相場上昇が続いた反動で、目先の利益を確
定する売りがやや優勢だった。米金融政策の先行きを見極めたいとのムードが強く、積極的な売買は手控えら
れた。
 米連邦準備理事会(FRB)が午後に6月18〜19日開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を公表
すると、ダウ平均は小幅高になる場面があった。多くの委員が「(量的緩和に伴う)資産購入のペースを落とす前
に、労働市場の見通しが一段と改善する必要がある」と指摘。資産購入策は来年まで続けるべきとの意見も出て
いたため、量的緩和の早期縮小への警戒感が和らいだ。
 ただ、取引終了直後にバーナンキFRB議長の講演を控えていたため、株式市場では再び様子見ムードが強ま
った。
 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は5日続伸。前日比16.50ポイント(0.5%)高の3520.76と、2000年
10月4日以来約12年9カ月ぶりの高値で終了した。機関投資家が運用指標として重視するS&P500種株価指数
も小幅ながら5日続伸。5月30日以来の高値で終えた。
 業種別S&P500種株価指数(全10業種)は「金融」や「エネルギー」など5業種が下落し、「ヘルスケア」や「公益
」などが上昇した。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約6億7000万株(速報値)、ナスダック市場は約
15億3000万株(同)だった。
 個別銘柄では、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスや大手銀のバンク・オブ・アメリカが下落。通信のベラ
イゾン・コミュニケーションズやAT&Tも下げた。
 アップルは小幅安。電子書籍の価格を不当につり上げたとして米司法省が米独占禁止法(反トラスト法)違反で
訴えていた裁判で、ニューヨークの連邦地裁がアップルが同法に違反したとの判断を示した。
 一方、アナリストが投資判断を引き上げたIT(情報技術)のヒューレット・パッカード(HP)が上昇。ネットワーク機
器のシスコシステムズや、マイクロソフトも上げた。
 市場予想を上回る四半期決算と業績見通しを発表したディスカウントストアのファミリー・ダラー・ストアーズが大
幅に上げた。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:/6wdemJ9
NY円、対ドルで一時99円台後半に上昇 FOMC議事要旨受け
2013/07/11 04:55 日経速報ニュース 633文字
【NQNニューヨーク=森安圭一郎】10日午後のニューヨーク外国為替市場で円がドルに対して一時上昇幅を広
げ、1ドル=99円61銭近辺と約1週間ぶりの円高・ドル安水準を付けた。午後2時(日本時間11日午前3時)発表
の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受け、米金融緩和の早期縮小への警戒感がやや和らぎ、ドル
に売りが出た。
 議事要旨によると、多くの委員が「(量的緩和に伴う)資産購入のペースを落とす前に、労働市場の見通しが一
段と改善する必要がある」と指摘。さらに「資産購入の終了後もかなりの期間、異例に低い政策金利を維持する
のが適切」という点で委員の意見は大筋一致したという。外為市場では、米連邦準備理事会(FRB)が雇用情勢
を見極めながら慎重に先行きの政策を判断するとの見方が広がった。
 一方、「資産購入策は今年中に終えるのが適切」と主張する会合参加者も約半数いた。FOMC内の意見には
なおばらつきがあるとの受け止めから、売り一巡後のドルには買い戻しも入った。
 午後3時45分現在の円の対ドル相場は前日比95銭円高・ドル安の1ドル=100円15〜25銭で推移している。
 ドルはユーロに対しても売られ、1ユーロ=1.28ドル台後半で推移している。一時は1.2949ドル近辺までユーロ
高・ドル安が進んだ。前日終値は1.27ドル台後半だった。
 市場はこのあと午後4時10分(日本時間11日午前5時10分)に始まる予定のバーナンキFRB議長の講演に
注目している。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:/6wdemJ9
資減税、非製造業も、経団連提言、対象の拡大求める。
2013/07/11 日本経済新聞 朝刊 5ページ 353文字 書誌情報
 経団連は10日、政府が成長戦略の第2弾で打ち出す投資減税への提言を発表した。設備投資を年70兆円に
戻す政府目標を達成するため、製造業に偏ることなくサービス業など非製造業も減税の対象にするよう求めた。
 非製造業では消費増税前の駆け込み需要を背景に、流通業を中心に出店や投資が増える見通し。提言では、
減税の対象になる投資を機械や装置だけに限らず、ソフトウエアや建物にも広げることで、非製造業も減税の恩
恵を受けられるように主張している。
 減税を認める条件を厳しくしないことも要望した。新規投資だけでなく、古い設備を入れ替える更新投資や耐震
化対策も対象にするよう求めた。
 減税の手法については、政府内では減価償却費を投資年度に一括して計上できるようにして、初期段階の税負
担を減らす「即時償却」が有力視されている。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:/6wdemJ9
株、裁定買い残が増加、3兆円に迫る、下落局面の需給に懸念。
2013/07/11 日本経済新聞 朝刊 15ページ 1024文字 書誌情報
 株式市場で将来の売り圧力への警戒感が高まってきた。東京証券取引所が10日発表した5日時点の裁定取
引に伴う現物株の買い残高(期近・期先合計、金額ベース)は3週連続で増加し、3兆円に迫った。株価指数先物
・オプションの特別清算指数(SQ)の算出日の6月14日以降では最大。相場下落局面では裁定解消売りが出や
すくなるため、先行きへの懸念材料とみる声が出ている。
 5日時点の裁定買い残は前の週に比べて1230億円増え、2兆9754億円だった。増加幅は5月17日以来の大
きさ。前週は円相場の下落を受けて日経平均株価は週間で4・6%上昇。割高になった先物を売り、割安な現物
株を買う裁定取引が増えたとみられる。
 裁定買い残は株価が急落した5月23日の前の週には4兆円を超えていたが、その後の調整局面で裁定解消売
りが膨らみ、6月14日時点で2兆6000億円台まで減少していた。足元の約3兆円という水準は東証1部時価総
額の0・7%程度。MCPアセット・マネジメント証券の井上哲男チーフ・ストラテジストは「裁定買い残が東証1部時
価総額の0・75%を超えると、解消売りが出やすい」と指摘している。
 株式市場では東証1部の売買代金が減っている点を気にかける見方もある。松井証券の窪田朋一郎シニアマ
ーケットアナリストは、5月下旬の急落時に比べ「東証1部の売買代金は半分程度の2兆円台まで減った。相場が
弱含んだ時に先物の影響に振られやすくなる」と懸念する。
 12日には株価指数オプション・ミニ日経平均先物7月物のSQ算出日を控えており、市場では1万4500円の権
利行使価格が意識されている。みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリストは「目先、円高の進行や米国株
安などの悪材料が増えれば企業業績への懸念が強まる。先物が売られやすくなり、裁定解消売りが膨らむ可能
性がある」と指摘している。
 ▼裁定取引 株価指数先物と現物株の間の価格差を利用して利益を狙う取引。例えば相場の先高観が強く日
経平均先物が上昇する局面では割高になった先物を売り、割安な現物株を買う。その後、先物と現物の価格差
が縮小した時点で先物買い・現物売りの反対売買(裁定取引の解消)をすれば、価格差分の利益を得られる。
 裁定取引により売買された現物株でまだ決済されていないものを裁定残という。
 相場の先安観が強まり先物価格が下がると、裁定取引を解消するための現物株の売りが出るため、相場全体
を押し下げることがある。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:hyXz9Yf9
・[FOMC議事録:緩和縮小に一層の雇用改善必要−多数が指摘
  当面は金融緩和策が必要=バーナンキ米FRB議長]
 ・・やっと市場が緩和終了を織り込み始めてたのに、
  緩和継続ですかぁ??
 [米週間住宅ローン申請指数は低下、金利が2年ぶり高水準]
 ・・そろそろピークは超えてきたので、止めるのが正解・・
  ってか、悪影響が出てきたと思うのですが・・

・[イタリア1年債入札は利回りが4カ月ぶり高水準]
 ・・と、どれだけ凄いかと思ったら、
 [利回りが1.078%と、前回6月の0.962%から上昇]
 ・・騒ぐほどではなかった?
  それより、
 [ドイツ2年債入札、落札利回りがほぼゼロに]
 ・・利回りゼロでも需要があるって信じられない

・[中国4大銀行 7月第1週の新規融資が277億ドルと急増]
 ・・金利急上昇への対応でしょうけど、問題を先送りした分、
  バブルは大きくなる。
   根本的な対応を考えないとねぇ
 [「影の銀行」改革、米が要求 中国と戦略対話]
 ・・しっかり頼みますよ

・[中国軍、インド支配地域に侵入…監視カメラ奪う
  両国軍は今年4〜5月に同地方でにらみ合い、5月に
  首相間の協議で事態を沈静化したばかり]
 [南シナ海で中国船から複数のベトナム漁師暴行
  「銃を持った中国船の係官に漁を妨害され、暴行を受けた」
  西沙諸島では3月にベトナム漁船が中国船から発砲を受け、
  5月には体当たりされる事件も]
 ・・( `ハ´)
 [中国、水害で16人死亡 167万人が被災]
 ・・コッチの対策でもやっとれ!
 [インドの大雨洪水による死者、最大5500人]
 ・・にしても、自然災害は怖いね。

・[韓国:新日鉄住金に賠償命令…元徴用工賃金未払い 高裁]
 ・・仏像を盗んだと認定しても返さない司法決定
 [菅長官、対日請求権「容認できぬ」…韓国で判決]
 ・・ココは新日鉄住金の問題じゃなく、国が前面に出るべきだね
 [朴大統領、日本は「独島や慰安婦問題で
  韓国の傷に触り続けている」]
 ・・いつまでもグダグダ言ってるなら、
  傷に塩を塗りこんでやれ!\( ̄へ ̄

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:hyXz9Yf9
株、9月末までに1万6000円回復も・門司氏 先進国の景気回復で
2013/07/11 15:53 日経速報ニュース 633文字
 門司総一郎・大和住銀投信投資顧問チーフストラテジスト 日経平均株価は9月末までに1万6000円
を回復する場面がありそうだ。日米で景気回復が続くほか、景気後退局面にある欧州でも景気底入れを
示唆する指標が相次いでいる。7〜9月期には欧州の景気も回復が見込めるようになってきた。日本では
今月下旬の参院選で与党が勝利すれば、新たな成長戦略が打ち出される公算が大きい。法人税減税
や農業改革が示されれば株式相場は好感するだろう。原子力発電所の再稼働に向けた動きにも注目だ

 11日は中国の上海総合指数が大幅高となったことで、日経平均は大引けにかけて上昇した。株価指
数オプションとミニ日経平均先物7月物の特別清算指数(SQ)算出をあす12日に控えて、権利行使価
格を意識した動きもあったとみられる。中国は6月下旬に短期金利が急上昇した局面で、当局が景気を
犠牲にして金融改革を進めるとの警戒感が強まったが、足元では金融改革が評価され始めている。上
海総合指数の持ち直しが続けば、日本でも株式相場を支えるだろう。
 一方、米連邦準備理事会(FRB)による量的金融緩和の縮小を巡る外国為替市場などの反応には注
意が必要だ。10日のバーナンキ議長の発言を受けた円相場の上昇で、11日の東京市場では日経平
均が下値を探る場面があった。緩和縮小を巡る市場の反応にまだばらつきがみられるため、今後も円相
場や米株式相場の動きに日経平均が左右される展開が続くとみている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:8dCA7NL+
・[原油高、米市場が主導 WTI、1年4カ月ぶり高値]
 ・・バーナンキの迷走発言?で現金化されてたリスクマネーが
  動き出したか。

・[米中戦略経済対話終了 主権譲れぬ・我々も被害…
  中国主張、米と平行線]
 ・・米も、どれだけ中国がやっかいな存在か再認識したか?

・[浜田内閣官房参与、消費税「1%ずつ上げも」
  消費税率は現在の5%を来年4月に8%にし、
  2015年10月に10%に上げることになっている ]
 ・・確かに、駆け込み需要⇒反動減とかの混乱を考えると
  その方が良いだろうが、ソレは増税するなら・・である。
   しかし、世論の増税反対論は少ないのが現状である。
 [黒田日銀総裁:2%物価目標「十分達成できる」]
 ・・現状を±0とするならば、増税5%+インフレ2%で
  7%分の実質購買力低下となる?
   儲ける=最低7%以上の利回りが必要となる中、
  株の譲渡課税も10⇒20%となるのだから、
  相当頑張らなければならなくなるのだ。

・[福島第一3号機付近で許容限度の100万倍セシウムで、
  1リットル当たり1億ベクレル]
 ・・すでにわたしの判断基準は麻痺している(((・・;)
 [原子力規制委員会は、立て坑の汚染水の漏えいを原因の一つ
  ではないかと考えており、汚染水を早急に抜き取るよう指示]
 ・・抜き取った水はどーするの??
  現実可能な指示をすべきじゃないのか?
   すでに、原子力工学とかの問題じゃなく、
  水は高い所から低い所へ流れるという物理的現象であり、
  どうせおめーらじゃ分かんねぇだろうから、
  土木・建築・ロボット・・何でもいいから
  日本の技術の粋を集める努力をすべき! 
   起きてしまった事は仕方ないが、
  せめて、少しずつでも改善される事を望む。
 [茨城沖のスズキ、基準値の10倍のセシウム]
 ・・先日、茨城のメバルを食っちまっただ( ̄^; ̄).

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:8dCA7NL+
東証大引け、小幅続伸 1万4500円台回復、3連休控え様子見も
2013/07/12 15:40 日経速報ニュース 772文字
 12日の東京株式市場で日経平均株価は小幅続伸。終値は前日比33円67銭(0.23%)高の1万4506円25銭だった。
終値で1万4500円を上回るのは5月24日以来。前日の米株高の流れを引き継ぎ、東京株式市場でも買いが優勢
だった。半面、3連休を控えた週末とあって様子見姿勢の投資家も多く、指数の上値は限られた。
 朝方から買いが先行したものの、外国為替市場で円相場が上昇すると売りが増え、指数は一時下げに転じた。
その後は円相場が伸び悩むにつれ、押し目を拾う動きが活発化。午後は総じて小高い水準での値動きとなった。
 ファストリが前日発表した2012年9月〜13年5月期の決算を受け、大幅安となったことも指数の上値を重くした。
ファストリ1銘柄で日経平均を約90円押し下げた。
 3連休を控えた週末とあって持ち高を一方向に傾けにくく、時価総額上位の主力株は上値の重さが目立った。
「投資家の物色の軸足が自動車株や銀行株といった主力株から周辺銘柄へと広がる動きがみられた」(野村証
券の佐藤雅彦エクイティ・マーケットアナリスト)との声があった。
 東証株価指数(TOPIX)は反発。終値で1200台を回復するのは5月22日以来、約1カ月半ぶり。
 東証1部の売買代金は概算で2兆2931億円、売買高は26億8498万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は全
体の57%に相当する976、値下がりは603で、横ばいは136だった。
 東電、トヨタ、三菱UFJ、ソフトバンクが上昇した。半面、サントリBFが上場後、初めて前日終値を下回って引け
た。野村、ケネディクス、アイフル、MUTOHが下落した。
 東証2部株価指数は12日続伸。2012年1月17日〜2月27日(30日続伸)以来の長さ。朝日インテク、セイヒョー、
Jマテリアルが買われた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:8dCA7NL+
株、3連休前で午後も動き鈍く・佐藤氏 業績期待で来週は堅調
2013/07/12 11:51 日経速報ニュース 399文字
 佐藤俊郎・極東証券経済研究所取締役主席アナリスト 12日午前の日経平均株価は小幅な値動きにとどまった
。前日の米ダウ工業株30種平均が上昇し、最高値を付けたものの、10日のバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)
議長の講演をきっかけに円が高止まっていることが重荷だ。ここにきて輸出関連の主力株の動きが鈍っている。
 もっとも来週は4〜6月期の決算発表の直前で、業績への期待感が出始める。日経平均は1万5000円近くまで
上昇する場面がありそうだ。4〜6月の円相場は平均が1ドル=98円30銭で前年同期の80円10銭と比べ円安が
進んでおり、輸出採算の改善効果が見込める。国際的な商品市況は下がっているものの、半導体など一部では
価格が切り返していることも追い風だ。第1四半期の業績発表時に通期の見通しを上方修正する企業は少なそう
だが、好スタートが確認できれば買いにつながる。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:8dCA7NL+
NY株、最高値更新、1ヵ月半ぶり、終値は1万5460ドル。
2013/07/12 日本経済新聞 夕刊 3ページ 1438文字 書誌情報
 【ニューヨーク=佐藤大和】11日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が大幅反発し、約1カ月半
ぶりに過去最高値を更新した。終値は前日比169ドル26セント(1・1%)高い1万5460ドル92セント。前日の
米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長の講演での発言を踏まえ、市場では量的金融緩和の早期縮小・
終了観測が後退し、買い安心感が広がった。
 これまでの最高値は5月28日につけた1万5409ドル39セント。FRBが量的緩和第3弾(QE3)の具体的な
縮小シナリオを示して以降では初めての最高値更新となった。
 同議長は10日夕の講演で「しばらくは非常に緩和的な金融政策が必要だ」と指摘。米では先週末発表した6
月の雇用統計など住宅や消費、雇用で明るい指標が増えており、市場では「9月のQE3縮小開始」との見方が
勢いを増していた。このため議長の発言は意外感を持って受け止められ、投資家心理が強気に傾いた。
 11日のダウ平均は構成30銘柄すべてが値上がりした。多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株
価指数も「IT(情報技術)」や「公益事業」を中心に6日続伸。前日比22・40ポイント高の1675・02となり過去
最高値を付けた。ハイテク関連の比率が高いナスダック総合株価指数も約12年9カ月ぶりの高値に上昇した。
 同日のニューヨーク債券相場は続伸。長期金利の指標となる10年物国債利回りは前日比0・05%低下(価格
は上昇)の2・57%で取引を終えた。量的緩和縮小に対する過度な懸念が落ち着き、債券に買いが入った。
米株高 市場の見方
年内上昇余地
大きくはない
 ジェームス・ポールセン氏(米運用会社ウェルズ・キャピタル・マネジメントのチーフ投資ストラテジスト)
 バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の発言を受けて早期の金融引き締めに対する警戒感が和らぎ、
株式相場の上昇に弾みがついた。米国の雇用や住宅市場などの改善を背景に、投資家の心理は上向いている。
 様子見しようと手元に置いていた資金を株式市場に戻し始めた可能性がある。債券相場の下落を受け、債券
と株式の投資配分の見直しに動く投資家も出始めたのではないか。
 米経済は年末に向け底堅く推移し、株式相場を下支えするだろう。ただ市場は米長期金利の上昇や金融緩和
の縮小に耐えねばならず、経済成長だけで株価上昇が続くとは考えにくい。米株が年内に一段と上昇する余地
は大きくはなさそうだ。(ニューヨーク=蔭山道子)
決算手掛かりに
上値試す展開に
 マーク・ペイドー氏(投資会社ダウ・ブルの米国市場ストラテジスト)
 緩和的な金融政策が長期間続くとの観測や米主要企業の4〜6月期決算などを手掛かりに、目先は上値を試
す展開になるとみている。多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数も最高値を更新したため、
相場上昇に乗り遅れまいとする買いも入り相場を押し上げるだろう。
 米企業の4〜6月期決算の発表が始まったが、事前に慎重な業績見通しを示す企業が目立ったため決算内容
への市場の期待値が非常に低い。悪い材料を相場はかなり織り込んでおり、決算発表後には見直し買いが入り
やすい地合いになっている。夏休み後の8、9月の米議会で債務上限引き上げを巡る協議の難航が目立ち始め
るまでは、相場は緩やかに上昇する可能性が高い。
(NQNニューヨーク=川内資子)

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:w+9H5pZP
一つの「みずほ」巻き返し、傘下2行、きょう合併、財務基盤・証券、強化が課題に。
2013/07/01 日本経済新聞 朝刊

 みずほフィナンシャルグループ傘下のみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が1日合併し、新しい「み
ずほ銀行」が誕生した。合併に先立ち昨年から両行の一体運営を進めてきた結果、営業力や収益性の
面で成果も出てきた。合併を機に攻めの姿勢をさらに強める。一方で財務基盤の強化や証券業務のテ
コ入れなど課題も多い。
 「いよいよ潜在力を発揮してきたな」。みずほFGの2013年3月期決算をみた別のメガ銀行幹部は警
戒感を隠さない。本業の稼ぎである実質業務純益は傘下行の合算で前の期比16%増の8463億円と
なり、3メガ銀で唯一伸びた。
 合併に先立ち、部門の統合や事務の一本化、営業の連携を進めてきた成果が出ている。住宅ローン
では、大企業の従業員向けが約3600億円と25%伸びた。大企業に強いみずほコーポ銀と、小口取引
を担うみずほ銀の連携が奏功した。
 営業現場からは「以前のおっとりした雰囲気が様変わりした」との声も出る。メリルリンチ日本証券によ
ると、投資信託の関連収益は09年3月期の2・6倍に拡大。三菱UFJフィナンシャル・グループや三井
住友フィナンシャルグループの6〜9割増をしのぐ。
 高コスト体質も変わってきた。前期の経費率(業務粗利益に占める経費の割合)は49・8%と1年で5
ポイント近く低下。5年ぶりに50%を割り、ほかのメガ銀と肩を並べた。
 第一勧業、富士、日本興業の旧3行を母体に、個人取引のみずほ銀と法人取引のみずほコーポ銀の
2行体制を敷いてきた。2行と持ち株会社のトップを旧3行出身者が分け合う形となり、組織の融合は後
回しにされた。
 融合の遅れは2002年と11年に起きた大規模なシステム障害の遠因となり、顧客の流出につながっ
た。みずほFGは15年度までの中期経営計画で、あえて「顧客取引基盤の奪回と拡大」を掲げた。合併
を機に、さらなる巻き返しを目指す。
 課題は財務基盤だ。新しい国際金融規制のバーゼル3に基づく「狭義の中核的自己資本」は規制が
全面適用になった場合の試算値で約4兆5000億円と三菱UFJの半分以下。三井住友より8000億
円程度少ない。
 ほかのメガが前期に増配したのと対照的に、みずほは配当を据え置いた。6月の株主総会でも「いつ
増配するのか」との質問が相次いだ。海外M&A(合併・買収)の余力も相対的に小さい。
 グループでは収益低迷が続いたみずほ証券の復活が欠かせない。公募増資の主幹事争いでは「野
村証券に押されっぱなし」(関係者)。昨年は有力な証券アナリストをまとめて引き抜いたが、「潜在力を
生かし切れていない」(金融庁幹部)。
 4月には持ち株会社の下で証券、信託銀行のトップを交えた経営会議を始めた。来年1月からの少額
投資非課税制度(日本版ISA=NISA)などで総合力を発揮できるかが問われる。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:w+9H5pZP
一つの「みずほ」巻き返し、傘下2行、きょう合併――システム移行、背水の陣。
2013/07/01 日本経済新聞 朝刊
大規模障害 「3度目」回避へ備え
 みずほ銀行とみずほコーポレート銀行の2行体制が発足した2002年4月と東日本大震災後の11年
3月、みずほは2度の大規模なシステム障害を起こした。「今度失敗したらダメージは計り知れない」。
今回は背水の陣で合併作業に臨んだ。
 システムの移行はコーポ銀の店名をみずほ銀に合わせるといった作業が中心で、勘定系など銀行シ
ステムの中核は変えない。業界関係者は「できて当然」と指摘する。
 巨大システムのどこに落とし穴があるかは分からない。「砂漠で10円玉を探す」(幹部)思いで通常の
2倍のテストを重ね、4月下旬には障害発生に備えて訓練した。29日未明から7月1日朝まではATMを
休止し、作業に専念する。
 6月28日、経営陣は夜の会議で合併の作業を改めて確認した。29、30日も朝晩2回の会議で移行
状況を点検。みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長は会社に泊まり込み、合併に臨んだ。
 「3度目」はないか、市場も関心を寄せてきた。「システムが無事稼働するのを見届けてからみずほ株
を買おうとする投資家もいる」(シティグループ証券の野崎浩成アナリスト)
 2行合併は通過点にすぎない。より慎重で大がかりな作業が要る次期システムの稼働が3年後に控
える。みずほに立ち止まっている余裕はない。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:w+9H5pZP
信託の統合意欲、みずほ銀頭取、16年3月以降に。
2013/07/02 日本経済新聞 朝刊 5ページ 320文字 PDF有 書誌情報
PDF
[PDFを表示]

 みずほフィナンシャルグループ傘下のみずほ銀行とみずほコーポレート銀行との合併で1日に発足した
新「みずほ銀行」の佐藤康博頭取(みずほFG社長)は会見で「信託を含めたワンバンクを考えたい」と述
べ、みずほ信託銀行との統合に意欲を示した。2016年3月以降に次期システムが稼働するのに合わ
せ、新みずほ銀とみずほ信託銀の合併を検討する。
 みずほは02年4月と11年3月にシステム障害を起こした。今回のシステム移行では6月29日から1
日午前にかけてATMを休止し、「テストの幅と量、質で万全を期した」(佐藤頭取)という。
 02年のみずほ銀とみずほコーポ銀の設立式典当日にシステム障害が発生した反省を踏まえ、今回
は新銀行の設立に伴う式典は開かなかった。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:UR6bX93G
米国株、ダウ小幅続伸 3ドル高で最高値 ナスダックは7日続伸 
2013/07/13 06:19 日経速報ニュース 863文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】12日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は小幅ながら続伸した。
終値は前日比3ドル38セント(0.0%)高の1万5464ドル30セントと、連日で過去最高値を更新した。大手
金融機関が発表した4〜6月期決算が市場予想を上回る内容となり、景況感が改善。金融株を中心に
買いが優勢になった。
 大手銀のJPモルガン・チェースの4〜6月期は純利益が前年同期比31%増え、同業のウェルズ・ファ
ーゴも大幅増益となった。両社の1株利益はともに市場予想を上回り、米景気の回復を示すとの見方を
広げる要因になった。
 JPモルガン株は利益確定売りに押されたが、ウェルズ・ファーゴは上昇。バンク・オブ・アメリカやシテ
ィグループなどがつれ高した。
 ただ、相場は売りに押される場面もあった。中型旅客機「787」から出火したと伝わった航空機のボーイ
ングが大幅下落。ダウ平均を40ドル近く押し下げる要因になった。
 多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は7日続伸し、前日比5.17ポイント(0.3%)
高い1680.19と過去最高値で終えた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も7日続伸。21
.78ポイント(0.6%)高の3600.08と2000年9月29日以来、約12年9カ月ぶりの高値で終えた。同指数の
7日続伸は、11年6月下旬から7月上旬までにあった8日続伸以来、約2年ぶり。
 業種別S&P500種株価指数は全10業種のうち7業種が上昇した。「金融」や「ヘルスケア」の値上が
りが比較的大きかった。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約6億4000万株(速報)。ナスダ
ック市場は約15億3000万株(同)だった。
 クレジットカード大手アメリカン・エキスプレスが上昇。保険のトラベラーズや、日用品のプロクター・アン
ド・ギャンブル(P&G)も上げた。
 一方、通信のベライゾン・コミュニケーションズやゼネラル・エレクトリック(GE)が下落。利益見通しを引
き下げた物流のUPSの下げが目立った。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:jiOsI0Uk
NYダウ連日の最高値 米景気回復で広がる企業の「内優外閑」
2013/07/13 20:00 日経速報ニュース 1041文字
【NQNニューヨーク=森安圭一郎】12日のニューヨーク株式市場では金融株が買われ、ダウ工業株30種平均が
連日で過去最高値を更新した。
 「米経済は広範囲に力強さを増している。失業率は来年6.5%に下がるだろう」。金融大手JPモルガン・チェース
のジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)がテレビインタビューで語った言葉が、米国株の強さの理由を端的
に言い表している。
 国内景気と連動性が高い金融業。この日JPモルガンが発表した4〜6月期決算はデリバティブ関連損失がなく
なったこともあり前年同期比31%増益。同業のウェルズ・ファーゴも19%増益だった。来週に決算を控えるシティ
グループやバンク・オブ・アメリカ株にも買いが広がった。
 4〜6月期の米実質国内総生産(GDP)伸び率は輸出の減速などで前期比年率1%程度にとどまったとみられ
るが、内訳の個人消費や住宅投資は堅調。連邦歳出の強制削減の影響が和らぐ年後半は内需主導で成長が盛
り返すとの見方が多い。
 内需の好調ぶりは個別企業の株価からも読み取れる。衣料品大手のギャップ株は約13年ぶりの高値を更新中
。6月の既存店売上高が前年同月比7%と大幅に伸びたのが追い風だ。調査会社トムソン・ロイターは「夏物衣料
を(セール前の)正規価格で買い求める消費者が多かった」ことが小売業全般の販売を底上げしたとみる。
 消費のバロメーターであるクレジットカードの使用額も伸びており、ビザやアメリカン・エキスプレス(アメックス)
など大手の株価は軒並み上場来の最高値圏。新車販売や旅行支出の拡大を例に出すまでもなく、米消費者の
財布のひもは本格的に緩み始めている。
 一方、外需頼みの企業は苦しい。相場全体に逆行して株価が続落した外食のヤム・ブランズ。鳥インフルエンザ
の流行を受けた中国の「ケンタッキー・フライド・チキン」の販売急減が響き、4〜6月期は減収減益だった。同社
は過去数年で一気に中国シフトを進めた結果、売上高の半分がすでに中国。米国は4分の1にすぎず、需要を取
りこぼした感がある。
 12日の株価が6%急落した物流のUPS。「国際航空貨物の輸送能力の過剰」を主因に通年の業績予想を引き
下げた。景気が低迷している新興国や欧州との間の貿易活動の停滞をうかがわせる。
 米企業全体でみると、ここ数年は欧州危機もあって海外で得る利益の比率が低下中。稼ぎ場所の国内回帰が
進んでいる。個別企業の業績や株価でも内需系が外需系を上回る、内「優」外「閑」が続く可能性がある。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:jiOsI0Uk
アベノミクス消費、主役は?―株高、バブル世代動く(けいざい解読)
2013/07/14 日本経済新聞 朝刊
 昨年末から続く日本経済の持ち直しには、過去の回復局面と異なる特徴がある。個人の心理が企業よりも早く
改善し、堅調な個人消費が景気を引っ張っている点だ。
 アベノミクスが株価の上昇を呼び込み、先行きへの期待を高めたのは確かだろう。だが資産効果が働きやすい
素地があったのも見逃せない。
 三越伊勢丹の主力3店。100万円以上の宝飾品や時計の売上高が、4〜6月は前年同期に比べ6割伸びたと
いう。
 「オーソドックスなブランド品を買う40〜50代が中心。高めの婚約指輪を探す30代も目立つ」。宝飾時計商品
部の山崎治雄部長はこう話す。
 起点はやはり株高だろう。日本リサーチ総合研究所の藤原裕之主任研究員によると、家計が保有する金融資
産の時価評価額は、4〜6月期までの3四半期で約70兆円増えた。バブル崩壊後はほとんど例のない規模だ。
 この増加分を1世帯あたりに換算したところ、金融資産が多い60歳以上は180万円を超えた。50代は147万
円、40代は85万円。事業主を含む点は割り引かなければならないが、株高の恩恵はそれなりに大きい。
 安倍晋三政権の発足前から、「シニア消費」の存在感は増していた。団塊の世代は消費性向(所得の中から
消費に回す割合)が相対的に高いともいわれる。こうした中高年層の背中をうまく押した可能性がある。
 家計調査の消費支出をみると、50代後半の伸びが特に高い。かつてのバブルを知る世代だ。「リストラや賃下
げで元気がなかったが、本来の消費意欲が呼び起こされたのではないか」。そんな世代が百貨店に向かってい
ると藤原氏はみる。
 ニッセイ基礎研究所の斎藤太郎経済調査室長は、各世代が20歳以降に経験した消費者物価上昇率の平均値
をはじいてみた。60代は3・1%、50代は1・5%、40代は0・4%で、これより若い世代はマイナスとなる。インフ
レ体験を持つ世代ほど、アベノミクスに反応しやすいともいえる。
 百貨店で高額品を買う若い層はどうか。プレゼントや食事などにおカネを使い、家族や恋人、友人とのふれあい
を大切にする――。東日本大震災後に台頭した「絆消費」も喚起したとの見方が出ている。
 高額消費の裾野が広がったとしても、主役はあくまで中高所得層だ。低所得層や生活必需品の動きはなお鈍く
、アベノミクスの恩恵が浸透しているとはいい難い。
 高額消費の担い手も、バブルの時代とは違う。そごう・西武は「100万円前後の宝飾品や時計を買って、その後
は財布のひもを締めるという人も多い。同じ顧客の中でも支出の二極化がみられる」と指摘する。
 消費主導の「異次元回復」に挑戦するアベノミクス。だが株価頼みや期待先行の消費改善にはやはり危うさが残
る。
 企業収益の拡大が雇用の増加や賃金の上昇をもたらし、成長の果実が家計にも行き渡る――。安倍首相もいう
ように、景気回復の「実感」が伴わなければならない。
(編集委員 小竹洋之)

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:jiOsI0Uk
為替―金利差縮小なら98円台も(市場アウトルック)
2013/07/14 日本経済新聞 朝刊 1
 今週の円相場は米連邦準備理事会(FRB)の金融政策を巡る思惑に左右されるとの見方が多い。17、18日に
はバーナンキFRB議長の米議会証言がある。「議長が改めて早期縮小を示唆すれば、ドルが買われ、円売り要
因になる」(外資系証券)。円の下値として8日に付けた5月末以来の安値である1ドル=101円台半ばを意識す
る市場参加者が目立つ。
 一方、米金利の上昇が急だっただけに「ちょっとしたきっかけで米金利は低下しやすい」(外資系証券)面もある。
日米金利差が縮小すれば、円が買われ、前週の高値である98円台前半を試すとの意見もある。
 15日には4〜6月期の中国の国内総生産(GDP)が公表になる。中国経済の減速に市場の関心が向かえば、
安全資産とされる円買いが強まる可能性もある。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:wryjoD6w
不動産取引が倍増 1〜6月、金融危機前水準を上回る
2013/07/15 02:00 日経速報ニュース 713文字
 上場企業などによる不動産取引が一段と活発になってきた。今年1〜6月の土地や建物の取得額は
前年同期比ほぼ倍増の2兆3600億円にのぼった。2008年の金融危機前の水準を上回った。低金利を
追い風に企業の取引が高水準だったのに加え、内外の不動産投資信託(REIT)による積極的な物件
取得がけん引した。停滞していた大型物件の売買も動き出し、不動産市況の回復を後押ししそうだ。
 みずほ信託銀行系の都市未来総合研究所によると、1〜6月に上場企業や上場REITなどが発表した
不動産取引額は2兆3601億円だった。1〜6月では金融危機が本格化する前の08年(1兆7506億円)
を上回り、05年以降では最高。08年以降、低迷が続いた不動産取引も「危機モード」から脱してきた。
 企業ではイトーヨーカ堂が川崎市の工場跡地を買い取り、大和ハウス工業が大阪市の物流施設用地
を44億円で取得するなど「低金利や地価の先高観を背景に、事業拡大を狙い土地取得を再開する動き
が強まっている」(外資系証券アナリスト)。
 REITによる不動産売買も活発で、1〜6月の取引額のほぼ半分を占めた。シンガポール系のクリサス
・リテール・トラストは「イオンタウン守谷」(茨城県守谷市)を買い取った。野村不動産ホールディングス
系REITは物流や商業施設の取得に計2200億円強を投じた。
 英米調査会社、ディールロジックによると、日本を含む主要20カ国でのREITによる資金調達額は1〜
6月で530億ドル(5兆2000億円強)と、1〜6月では最高だった。緩和マネーが内外のREITを通じて割
安感のある日本の不動産市場に流入し、取引の少なかった大型不動産売買を活性化させている。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:uGjEILex
米国株、小動きで始まる ダウ18ドル高 シティなど金融株高い
2013/07/15 23:09 日経速報ニュース 685文字
【NQNニューヨーク=古江敦子】15日の米株式相場は小動きで始まった。午前9時35分現在、ダウ工業
株30種平均は前日比18ドル65セント高の1万5482ドル95セントと小幅高で推移。一方、ハイテク株の比
率が高いナスダック総合株価指数は同0.83ポイント安の3599.25となっている。米銀大手シティグループ
が市場予想を上回る四半期決算を発表し、金融株全般に買いが先行。一方、6月の米小売売上高の伸
びが市場予想を下回り、相場の上値を抑えている。
 6月の米小売売上高は前月比0.4%増と市場予想の0.8%増ほど伸びなかった。
 個別銘柄では、シティグループが上昇。同業のJPモルガン・チェースのほか、今週四半期決算を発表
するバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)も買われている。
 前週末に大幅に下げた航空機のボーイングが反発している。建設機械のキャタピラーも高い。中国の
4〜6月期の国内総生産(GDP)の伸び率が想定ほど減速しなかったと市場の一部で受け止められ、中
国での売上比率が高い銘柄に買いが入っている。
 プリペイド(料金前払い)方式の格安携帯電話会社リープ・ワイヤレス・インターナショナルが急伸。通
信大手のAT&Tが前週末、同社を買収すると発表し、買収価格にさや寄せする形で上昇している。
 上場先をナスダック市場から変更し、15日にニューヨーク証券取引所(NYSE)で取引を始めたIT(情
報技術)大手のオラクルは小高い。
 一方、AT&Tは下落。買収による財務負担が意識されている。ネットワーク機器大手シスコシステム
ズや小売り世界最大手のウォルマート・ストアーズも安い。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Phe38eJc
主な成り行き注文(東証・前場)みずほFGが388万株の買い越し
2013/07/16 09:02 日経速報ニュース 158文字
 16日の東証1部前場寄り付き前の成り行き注文で、主な買越銘柄はみずほFG388万株、三井住友建137万株
、三菱UFJ92万株、東電92万株、野村60万株だった。
 一方、主な売越銘柄はSサイエンス263万株、ユニチカ129万株、KLab86万株、JX17万株、NTT9万株だった。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:oEzyZH6i
・[第2四半期中国GDPは+7.5%に鈍化]
 ・・昨日のニュースでは「いよいよバブル崩壊」的な内容で
  やってましたが、少なくとも発表数字を信じて・・である。

・[32年金基金、省令違反の疑い=事務剰余金を高リスク運用−厚労省
  32基金のうち半数程度が厚生年金基金で、厚労省は
  「調査中なので、具体的な基金の名称などは公表できない」]
 ・・コイツら皆グルだからねぇ

・[環境省、途上国でのCO2削減で5件に補助金]
 ・・どーせ血税使うなら、日本国内の省エネとかに使ったらどうか?

・[新生シャープ、中国国有企業へ省電力の液晶
  「IGZO(イグゾー)」で初の技術供与]
 ・・こうやって、どんどん日本の競争力は失われる

・[中露の艦艇21隻が宗谷海峡通過…中国軍は初]
 [日韓4機でロシア軍機追尾 演習中の日本海上空、緊迫の展開]
 ・・ロシアは何を焦ってるんだ?
  にしても、中露が組んだら、日本など一溜まりも無いね

・[兵庫県警警察官、職務質問した女性に脅迫文送り恐喝未遂 逮捕
  兵庫県警は、「警察官として、あるまじき行為で、誠に遺憾」]
 ・・遺憾と言ってるだけじゃイカンよ!

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:oEzyZH6i
株、7月中に1万5000円目指す・壁谷氏 参院選通過と好業績で
2013/07/16 15:34 日経速報ニュース 647文字
 壁谷洋和・大和証券シニアストラテジスト 7月いっぱい日本株は買い優勢の相場展開が続きそうだ。日経平均
株価は7月中に1万5000円を目指すとみている。国内ではまず、今週末21日に控える参院選挙で国会の「ねじれ」
が解消され、政策実行力が高まるとの期待が大きい。今週の日経平均がもみ合いで推移した場合は、選挙後に
大幅高となる可能性もある。ただ、これまで期待先行で日本株は上がってきた面も強いだけに、日経平均が選挙
に対する期待でさらに大きく上昇すると、選挙後は出尽くし感から短期的に利益確定の売りに押される場面もあり
そうだ。
 米国では企業の4〜6月期決算が好調なほか、住宅関連や自動車販売などの経済指標も上向いており、実体
景気は回復している。これから本格化する4〜6月期の国内企業の決算発表でも円安効果で輸出関連を中心に
業績改善が見込める。先行きに慎重な企業が多いため、4〜6月期時点で通期の業績予想を上方修正する企業
は少なそうだが、投資家は通期予想に対する進捗度を見極めようとするだろう。
 2020年夏季五輪の開催都市が決まる9月に向けては、スポーツ用品や建設・道路舗装、観光といった五輪関連
銘柄に対する物色が盛り上がりそうだ。
 中国の「影の銀行(シャドーバンキング)」に対応するための金融引き締めが世界の投資環境をかく乱させる可
能性があることはリスク要因だ。金融引き締めが、鈍化している中国の経済成長率を一段と押し下げる負のスパ
イラルにつながるとの警戒もある。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:DS1X6OSE
「年内縮小」に戸惑う市場―米緩和割れるFOMC(真相深層)
2013/07/17 日本経済新聞 朝刊 2ページ 1662文字 書誌情報
 米量的金融緩和の縮小を巡って、金融市場が大きく揺れている。米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長
が量的緩和の年内縮小に言及してから約8週間。新興国が緩和マネーの流出にさらされるなど、世界の市場は混
乱した。微妙に食い違うFRBの情報発信に、市場関係者の戸惑いが広がっている。
 今月11日、米国のダウ工業株30種平均が再び最高値を更新した。10日発表された米連邦公開市場委員会(
FOMC)の議事要旨(6月18〜19日分)が、金融緩和に積極的なハト派の主張が反映された内容と受け止めら
れたのがきっかけだ。
 FRBは量的緩和第3弾(QE3)で月850億ドル(約8兆5千億円)の米国債などを購入している。この買い入れ
がいつから、どの程度減らされるのかが、今の市場の最大の関心事だ。
 議事要旨は、FOMCメンバーの「多数」が購入を減額する条件として労働市場の一段の改善が必要と考えてい
るとした。今年9月にも緩和縮小が開始されると身構えていた市場関係者の間では安心感が広がった。
 もっとも、市場にはまだ釈然としない空気もくすぶる。議事要旨は別のくだりで「FOMC参加者の約半数は年内
に購入を停止すべきだと考えている」と指摘。ここだけをみれば早期に緩和縮小を始めると読める。
ハト派に投票権
 その謎を解く鍵はFOMCの構成にある。
 米国の金融政策を決めるFOMCには計19人が参加する。投票権を持っているのはFRBのバーナンキ議長ら
7人の理事、ニューヨーク連銀のダドリー総裁、そして年1回の輪番制で選ばれた4人の地区連銀総裁の12人だ。
投票権がない7人の地区連銀総裁は議論だけに加わる。
 投票権を持つ12人の「メンバー」ではハト派の比重が高い。だが、投票権を持たない地区連銀総裁にはフィッシ
ャー・ダラス連銀総裁ら量的緩和の継続に慎重なタカ派がそろう。19人の「参加者」全体でみると、年内の購入停
止=量的緩和の早期縮小が半数を占めるというわけだ。
 量的緩和の是非を巡ってFOMC内部の意見は割れる。発信される情報が振れているのはそのせいでもあるが
、バーナンキ議長の発言ぶりが拍車をかけている面もある。
 5月22日 「今後、数回のFOMC会合で購入(QE3)の縮小を始める可能性がある」
 6月19日 「景気次第で年内に購入のペースを緩め、来年半ばに購入を終わらせる」
 7月10日 「予見しうる将来にわたって、米経済には極めて緩和的な金融政策が必要だ」
 この8週間、バーナンキ議長の発言に金融市場は振り回された。5月の発言をきっかけに、緩和マネーが収縮す
ると読んだ投資家は一斉にリスク回避に動く。これが日経平均株価を含め、世界的な株価急落へとつながった。
さらに6月のFOMC後の記者会見で議長が示した具体的なスケジュールが緩和縮小の観測を強めた。投資家は
新興国から資金を引き揚げ、インドやトルコなどが通貨安に直面した。
 バーナンキ議長の真意はどこにあるのか。ヒントになりそうなのが今月10日の講演だ。緩和縮小に伴う市場混乱
について問われたバーナンキ議長はこう語った。「将来のさらに困難な状況は避けられた」
 量的緩和が長く続くと市場が考えれば、リスクが高い資産にもマネーが流れ込み、資産バブルを招きかねない
――。FOMC参加者の一部はこんな警戒感を示す。そこでバーナンキ議長はあえて早期の緩和縮小に言及し、
それを市場が織り込んだところで「金融緩和の継続」を再び強調。混乱をおさめたという解釈も成り立つ。
なお緩和頼み
 2008年の金融危機以降、世界経済と市場は前例のない米量的緩和に頼ってきた。そこからの「出口」を巡って
FOMCの意見が割れているのは確か。市場の戸惑いはそのままFOMC内部の混乱ともいえる。
 17〜18日、バーナンキ議長は米議会で金融政策について証言する。その発言ぶりに市場が神経をとがらせて
いること自体が、米緩和頼みの市場の実態を映している。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:O9Gb7K/I
・[バーナンキ議長、17日の議会証言で緩和策縮小と利上げの区別目指す]
 ・・新たなドテン返しは無いと思うが・・

・[規制委、もんじゅ現地調査開始 活断層の有無焦点]
 ・・活断層じゃなかったら動かすのか??
  そろそろまともな長期戦略したらどうかと思う。

・[年金「悩んだら払え」 ずさん給付、機構に内部文書]
 ・・問題収束の為に、一時的には止むを得ない・・とも思ったが、
 [機構側「文書は存在しているのに誰が作成したか分からない」
  「個人的な文書であり、機構が作成した指示文書ではない」]
 ・・指示書に指示した責任者どころか担当も載っておらず、
  その出所不明な指示に皆が従ってたってか??
   現実は、旧社会保険庁⇒日本年金機構という責任逃れの
  組織変更構図であろうが、改めて無責任体質に驚く!
 [機構を所管する厚生労働省年金局は、文書について
  「私物が入っているのはまずい」として削除するよう求める方針]
 ・・文書削除が対策か??
  こんなことやってるから、
 [「年金支給開始、67〜68歳に引き上げを」 政府の国民会議]
 ・・こうなるのですよ!
  数字見れば、このままじゃそうなるってのは理解できる。
  けど、なぜそうなったのかってトコをしっかり議論し、
  対策しなければ数年後にまた同じ議論になるのは必至。
  
  100年安心のプランは、数年で破綻し、
  100年に一回の危機は、数年ごとにやってくるのだ( ̄(oo) ̄)ノ 

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:O9Gb7K/I
東証大引け、4日続伸 個別物色支え、FRB議長証言控え様子見も
2013/07/17 15:34 日経速報ニュース 938文字
 17日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に4日続伸し、前日比15円92銭(0.1%)高の1万4615円04銭
とこの日の高値で終えた。日経平均はマイナス圏で推移する時間帯が多かったが、1万4500円を下回る場面
で相場の底堅さが意識され、先物を中心に買い戻しが優勢になった。約3割を出資する中国の電子商取引(E
C)最大手アリババ集団が香港に上場するとの観測で、ソフトバンクが大幅高となったのも相場を支えた。ソフ
トバンク1銘柄で日経平均を35円近く押し上げた。
 朝方は利益確定目的の売りが先行した。短期的な相場の過熱感への警戒感に加え、前日の米株安や円相
場の上昇を受け売りが優勢になった。米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長の議会証言を17、18両日
に控え、様子見姿勢も強かった。円相場の上げ幅拡大や中国の上海総合指数などアジアの主要な株価指数
の下落もあって、日経平均は前日比で140円近く下げる場面があった。
 一方、個別に買い材料が出た銘柄への物色が相場を支えた。復配観測報道を背景に三菱自が上昇したほか
、米国の自動車向けの炭素繊維部材事業に本格進出すると伝わった東レなどが上昇した。「個別株の物色が
相場全体の支えになった」(マネックス証券の金山敏之マーケット・アナリスト)との指摘があった。
 東証株価指数(TOPIX)は3日続伸。業種別TOPIXは33業種中21業種が上昇した。「その他製品」や「鉱業」
の上昇が目立った。
 東証1部の売買代金は概算で2兆3547億円、売買高は32億2382万株だった。値上がり銘柄数は928、値下が
り銘柄数は680、変わらずは144だった。
 トヨタやホンダ、マツダなど自動車株は売り先行後に上げに転じ高く終えた。神戸鋼や新日鉄住金など鉄鋼株
も上げた。任天堂が連日で年初来高値を更新したほか、MSCI指数採用を控えサントリーBFも上げた。一方
、東電が下落したほか、住友不や菱地所など不動産株の一角が軟調だった。キヤノンやニコンなど精密株へ
の売りも目立った。
 東証2部株価指数は14日続伸した。不二サッシ、イクヨ、M2Jが上げた。半面、特別損失の計上を発表したダ
イヤ電機が急落。Jトラスト、Oakが下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:9diMLDqn
・[失業率7%で量的緩和終了 議会証言で米FRB議長
  「予見可能な限り極めて緩和的な金融政策の維持を
  目指している」と強調]
 ・・ってことで、サプライズは無かった

・[米住宅着工件数:6月は前月比9.9%減少、約1年ぶり低水準]
 ・・いよいよ頭打ちか?
  でも、指数が悪いと緩和継続なのだ

・[ソフトバンクが連日の新高値]
 ・・7月9日に
 [S&P、ソフトバンクを「ジャンク債」水準に格下げ]
 ・・だったんですけどねぇ

・[廃止予定の400件の公務員宿舎、保育所に 待機児童解消へ
  政府は、全国の国有地を社会福祉施設に本格転用する方針]
 ・・待機児童解消も大切だろうが、せっかく不動産価格が
  上昇してるんだから、売却して少しでも借金返したらどうか?

・[中国・新たに7つの新ガス田開発報道 
  菅長官「一方的開発は認められない」]
 ・・だから、コッチも横から掘れよな!

・[もんじゅ断層、地質データ不十分…
  原子力規制委員会は、日本原子力研究開発機構に追加調査要請]
 ・・へ?
  事業者の調査がが信用できないから、
  昨日調査に入ったんじゃなかったのか??
 
・[Suica履歴、販売していた…乗客に説明せず]
 ・・わたしの行動も販売されてる!
  だったら、金よこせヽ(*`Д´)ノ

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:33zc7yEW
消費税率、計画通り引き上げることが大事=全銀協会長
[東京 18日 ロイター] - 全国銀行協会の国部毅会長(三井住友銀行頭取)は18日の定例会見で、消費税率
は計画通り引き上げることが大事だと述べた。また、債務削減に向けた道筋を政府が示すことが大切だと指摘し
た。

国部会長は「景気条項を踏まえ、経済指標を総合的に判断して進めるのが前提」としながら、「消費税率を計画
通りに引き上げることが重要」と語った。その上で、着実な経済成長の実現と財政の健全化を進めることが必要
と強調した。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:EWHQC47g
米国株、ダウ続伸し78ドル高 最高値更新、S&P指数も最高値 
2013/07/19 06:14 日経速報ニュース 911文字
【NQNニューヨーク=川内資子】18日の米株式相場は続伸した。ダウ工業株30種平均は前日比78ドル02セント
(0.5%)高の1万5548ドル54セントと3営業日ぶりに過去最高値を更新した。米経済指標の改善が好感され、買い
が優勢となった。四半期決算を発表したIT(情報技術)のIBMなどの上昇もダウ平均を押し上げた。
 週間の新規失業保険申請件数が前週比で市場予想以上に改善した。7月のフィラデルフィア連銀景気指数も
前月比で市場予想に反して上昇した。米景気が順調に回復しているとの期待が強まった。
 決算でともに1株利益が市場予想以上となったIBMと医療保険のユナイテッドヘルス・グループの株価が上昇。
構成するダウ平均を2銘柄で約60ドル押し上げた。
 バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が前日の下院に続き、18日は上院で証言した。内容が前日とほぼ
同じだったため、相場の反応は限定的だった。
 多くの機関投資家が運用指標として重視するS&P500種株価指数は8.46ポイント(0.5%)高の1689.37と過去最
高値を更新した。ナスダック総合株価指数は同1.28ポイント(0.0%)高の3611.28と2000年9月29日以来の高値で
終えた。
 業種別S&P500種株価指数では全10種のうち「電気通信サービス」と「IT」を除く8業種が上昇。「金融」や「公益
事業」、「エネルギー」の上げが目立った。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約6億7000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約16億6000万
株だった。
 四半期決算が市場予想を上回ったうえ、自社株買いを発表した金融大手のモルガン・スタンレーが大幅に上昇。
ITのデルも上げた。創業者のマイケル・デル最高経営責任者(CEO)が提案しているMBO(経営陣が参加する
買収)の是非を問うため、同日予定していた株主投票を延期すると発表した。
 一方、減益決算を発表した電子商取引のイーベイが急落。売上高が市場予想を下回った通信のベライゾン・コ
ミュニケーションズも売られた。前日夕に減益決算に加え、通期の売上高見通しの引き下げを発表した半導体の
インテルは下げた。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:EWHQC47g
銀行株、上昇目立つ、貸し出し増で収益回復に期待(Forecast)
2013/07/19 日本経済新聞 朝刊

 株式市場で銀行株の上昇が目立ってきた。大手銀行株の一角では、株価が5月下旬に急落する前の水準を回
復している。国内で企業向け貸し出しが伸びており、国内の景気回復を先取りし、銀行の収益回復を期待した買
いが入っている。債券市場で、これまで不安定だった長期金利が落ち着いた動きになっていることも、銀行株の
買い安心感につながっている。
 三井住友フィナンシャルグループの株価は18日、一時3%高の4925円まで上昇した。相場急落前に付けた5
月13日の年初来高値(4995円)に迫った。みずほフィナンシャルグループ株もこの日の終値は222円と、株式
相場が急落する直前である5月22日の水準を上回った。
 業種別日経平均でみても、直近1カ月は「銀行」が上昇率でトップで、銀行株が相場のけん引役となっている。
市場参加者は特に、銀行の企業向け融資が伸びている点を注目する。日銀が8日発表した6月の銀行の貸出平
均残高によると、前年同月比2・2%増えた。伸び率は約4年ぶりの高さだった。
 バークレイズ証券の田村晋一アナリストは「統計でみると企業の運転資金として貸し出しが増えているのは確か
で、外国人投資家などの買い安心感につながりやすい」と話していた。
 「長期金利が安定していることも、銀行株の上昇につながっている」(第一生命経済研究所の藤代宏一副主任エ
コノミスト)という声もある。新発10年物国債の利回りは18日に0・8%ちょうどまで下がった。銀行は国債を大量
保有しており、長期金利の乱高下がリスク要因だと懸念する向きも多かっただけに、長期金利の最近の落ち着い
た動きは銀行株には好材料だ。
 米国の大手銀行の好決算も追い風となった。米バンク・オブ・アメリカの株価は17日、同日発表した2013年4
〜6月期決算が好感され、一時4%高まで上昇し、今年の高値を付けた。世界の銀行株を保有する海外ファンド
などは、米国の銀行株が上昇することで買い余力が増し、日本の銀行株を買い増す傾向がある。
 米景気が改善するのに伴い、日本の輸出企業の業績が拡大し、国内で銀行からの借り入れ需要が拡大すると
の期待もある。UBSの米国担当チーフ・エコノミストのモーリー・ハリス氏は「米国では住宅ローン以外の分野に
も融資が拡大しており、消費主導の景気回復が来年にかけて続きそうだ」と話していた。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:EWHQC47g
東証大引け、6日ぶり反落 高値警戒感強まる、売買代金3兆円超え
2013/07/19 15:23 日経速報ニュース 1024文字
 19日の東京株式市場で日経平均株価は6営業日ぶりに反落した。終値は前日比218円59銭(1.48%)安の1万
4589円91銭だった。朝方に節目の1万5000円に接近したことで高値警戒感が強まり、利益確定の売りが優勢だ

った。前場には対ドルの円相場上昇や債券先物相場の上昇が重荷になり、下げ幅は395円に広がる場面もあ
った。週末に参院選や20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議といった重要イベントを控え、持ち高調整
の売りも出やすかった。
 朝高後に上値の重さが目立ち始め、日経平均先物9月物に売りが出ると、それまで前日の米株高・円安を支え
に買いを入れていた投資家が一転して利益確定の売りに動いた。株安が招いた円買いと債券買いも巻き込み、
売りに拍車がかかった。
 日経平均株価は1日の取引時間中の安値から、19日朝方に1万4953円を付けるまでの3週間で約10%上昇
。節目の1万5000円にあと50円余りに接近したことで高値警戒感も高まっていた。参院選を目の前に控え、市場
では「イベント前にいったん売っておこうという投資家は多かった」(SMBC日興証券の西広市株式調査部部長)
との声も出ていた。後場も先物主導で300円あまり下げる場面があった。
 日経平均の高値と安値の差は540円と、6月21日以来の大きさとなった。日経平均株価の将来の値動きの大き
さを予測する「日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)」は一時、前日比6ポイント強高い37.03まで上昇した。
 東証株価指数(TOPIX)は5営業日ぶりに反落。業種別TOPIXでは33業種中、「非鉄金属」、「海運業」、「証券
商品先物」など29業種が下げた。
 東証1部の売買代金は概算で3兆1082億円と6月14日以来、約1カ月ぶりに3兆円を回復した。売買高も36億
4305万株と、6月14日以来の多さだった。東証1部の値下がり銘柄数は全体の8割強を占める1474、値上がり銘
柄数は220、変わらずは59だった。ファストリ、いすゞ、トヨタ、ファナックが下落した。東エレク、アドテストといった
半導体関連にも売りがかさんだ。一方、オリンパス、Jフロント、シャープ、任天堂が高い。スカパーJやヤフー、N
TTドコモも買われた。
 東証2部株価指数は16営業日ぶりに反落した。Jトラスト、不二サッシ、高木、日本ケミカルが安い。一方、Oak、
日精機、NDソフトが買われた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:EWHQC47g
東証1部の売買代金、3兆1082億円 6月14日以来の3兆円超え
2013/07/19 15:03 日経速報ニュース 33文字
 これはフラッシュニュース(見出しだけのニュース)です。〔NQN〕

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:EWHQC47g
どうなる参院選後の株式 業績相場移行で選別強まる・露久保氏
2013/07/19 11:18 日経速報ニュース 635文字
 露久保裕道・ながら・アセット・マネジメント代表 株式相場には短期的な過熱感が漂っている。東証1部の騰落
レシオ(25日移動平均)は18日時点で136%まで上昇している。日経平均株価も25日移動平均線からの上方乖離
(かいり)率が大きくなってきた。予想通り参院選で自民・公明の与党が勝利しても、「当面の材料出尽くし」とみる
投資家が増え、いったんは持ち高調整の売りが膨らみそうだ。選挙後は業績による選別が進む業績相場に移行
しそうだ。決算発表を確認して特定の業種や銘柄を物色する流れが強くなるだろう。
 期待できるのは円安メリットが享受できる自動車株だ。4〜6月期決算では通期業績予想の上方修正をしなくと
も、計画に対する進捗率が判明する。大手自動車の好調な業績推移が確認されれば、自動車産業は裾野が広
いため、鉄鋼をはじめ部品メーカーなど関連業種の株価も上昇しやすい。一方、大手電機は厳しい。円安基調が
逆風となる化学やパルプ・紙の業績も思わしくないとみられ、売り圧力が強まるだろう。金融緩和策による低金利
の恩恵を受けてきた不動産は、下期の株価は上値が重くなりそうだ。来年の消費増税の実施が意識され始めれ
ば小売りなどの業績にも影響が及ぶ可能性が高い。
 日経平均株価は輸出関連株の好業績期待から、緩やかな上昇基調が続くとみているが、年内の上値は1万6000
円程度だろう。銘柄や業種で売り買いが鮮明になるため、相場全体としての上げ幅は限定されるだろう。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:EWHQC47g
どうなる参院選後の株式 成長戦略具体化で1万7000円も・高橋氏
2013/07/19 11:18 日経速報ニュース 649文字
 21日投開票の参院選では、自民・公明の与党が過半数を上回る公算が大きい。衆参両院で多数派が異なる
「ねじれ国会」が解消し、安倍晋三首相の進める経済政策「アベノミクス」が進展するとの期待が高まっている。
日経平均株価は6月末以降、戻り歩調を強め、心理的な節目となる1万5000円を目前にしている。参院選後の
相場展開をどう読むか。市場関係者に聞いた。

 高橋卓也・大和証券投資戦略部副部長 参院選での与党勝利はおおむね株価に織り込まれている。日経平
均は足元で上昇スピードが速くなっているため、目先ではいったん売りを出して利益を確定する投資家が増え
る可能性がある。もっとも「ねじれ解消」は、中期的にみれば株価にはプラスだ。秋の臨時国会では「成長戦略
実行国会」として、具体的な施策が打ち出されるだろう。金融政策の効果で円相場が下落したことで、企業業績
の改善期待もある。目先で持ち高調整の売りが出ても短期間で終わり、株式相場は上昇基調を続けるだろう。
秋に向けては1万5500〜1万6000円まで上昇するとみている。
 安倍晋三首相が旗振り役の産業競争力会議では、農業や医療などの分野で日本の競争力を高める戦略が
打ち出される。内容に目新しさはなくても、投資家の物色が向かいやすい業種が増えて、相場の下支え材料と
なるだろう。海外景気など外部環境にはリスク要因がある。ただ、中国景気の一段の減速など、リスクが顕在化
しなければ、年末に向けて1万7000円を目指す可能性が高いとみている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:Z224KtR+
・[デトロイト市、連邦破産法の適用を申請−米自治体で最大規模
  「デトロイトの財政は数十年かけ悪化し、支払い不能に至った」]
 ・・収入を上回る支出を続ければ当たり前の結果なのだ。
  日本政府や、地方自治体もこのままじゃ同じ道を歩むよ!
  わたしも日本人として、1000万円の借金を背負っているのです。
 
・[全国銀行協会会長 中国の影の銀行問題は「世界危機にはつながらない」
  この理由として「米国のサブプライムローン問題と違い、
  中国の金融取引はグローバル化していない」としたうえで、
  「まだ中国政府がコントロールできる範囲」と分析]
 ・・日本のバブル崩壊の主導者で、サブプライムローン問題に
  対処できなかった銀行どもが、何を言うか!

・[小学英語:先進1600校を実態調査 文科省]
 ・・個人的に苦労してきただけに、英語の重要性は良く分かる。
  けど、その前に、「マジすか」を敬語だと思わせた
  国語の再教育が先じゃないか?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:ueXMBbCe
先物主導で売り膨らむ(株式)
2013/07/19 日本経済新聞 

 日経平均株価は6営業日ぶりに大幅反落。堅調に始まったが午前10時すぎに下げに転じた。
参院選を目前に控え、いったん利益を確定する売りが優勢となった。株価指数先物主導で売り
が膨らみ、ソフトバンクなど値がさ株への売りが目立った。半導体関連や海運といった業種も下
げた。一方、地銀株など投資指標面で割安な銘柄には資金が向かう場面も。日経ジャスダック平
均株価も上昇して始まったが、売りで押し返された。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:ueXMBbCe
焦点:参院選で「アベノミクス」に一段の追い風、潜在不安は山積
[東京 19日 ロイター] - 7月21日に投開票される参議院選挙は与党圧勝が予想されており、金融
市場では「アベノミクス」に一段と追い風が吹くとの見方が大勢だ。

しかし、さらなる円安・株高を期待する声がある一方で、消費増税を軸にした財政論議の行方、新興国
や欧州の信用不安再燃など海外情勢への懸念も根強い。安倍晋三政権が「ねじれ国会」を解消し、政
策運営に盤石の態勢を整えたとしても、現在のリスクオン相場がどこまで継続するかは不透明だ。

<ねじれ国会解消で政治リスク後退、ソブリン格付けにはポジティブ>

安倍首相が率いる自民党が予想通りに参院選で大勝すれば、日本には長期政権による政治的な安定
が戻る可能性が高い。衆院解散がない限り、国政レベルの選挙は2016年まで行われないからだ。政
治的安定の回復は、日本のソブリン信用力へ大きな支えとなる。

格付投資情報センター(R&I)のシニアアナリスト(日本国債担当)の関口健爾氏は、「衆参ねじれ現象
が解消し、政権与党がスピード感を持って政策を実行できれば、ソブリンの信用力にとってポジティブな
要因になるだろう」とみる。ただ、財政拡張的な予算編成が続くようだと、格付機関として看過することは
できないとも指摘。8月策定の中期財政計画や今後の2014年度予算編成、さらには来年4月に予定
されている消費増税や社会保障の削減をめぐる議論に注目したいという。

みずほ証券・チーフマーケットエコノミストの上野泰也氏は、安倍政権にとって参院選後は、これまで先
送りしてきた「財政健全化」と「消費増税」の問題に向き合う時間になると指摘する。「歳出の抑制や増
税は、多かれ少なかれ、景気を下押しする要因となる。昨年11月から今年5月までは、アベノミクスへ
の過大な期待感を背景に海外投資家の大幅な買い越しを原動力にした日本株の急騰劇が見られたが
、それが再現されることはないだろう」との見方を示している。

<株価は自民圧勝なら一段高も、政策期待は膨らむ>

株式市場では、自民党の参院選圧勝で一段高に買われるとの期待感が高まっている。上下両院のね
じれが続いている米国、政局不安がくすぶる欧州、高成長に歯止めがかかった中国などの新興国と比
べ、衆参のねじれ解消が期待される日本株式市場は世界的に良好な投資環境になるとの見立てだ。
「海外勢は法人税減税と労働規制の緩和に注目している。自民党が圧勝し両政策に対する期待感が
高まれば、海外資金の流入が期待される」(楽天経済研究所シニア・マーケットアナリストの土信田雅
之氏)という。

マネックス証券チーフ・ストラテジストの広木隆氏は、2012年12月の衆院選後と13年4月の日銀異次
元緩和後に株高が加速したことを受け、アベノミクス相場は材料を確認してから買いが強まる傾向があ
ると指摘する。「『うわさで買って事実で売る』ではなく、事実確認後に資金流入が加速しやすい相場だ。
参院選も自民圧勝を確認してからロングオンリーの海外勢が本格的に買い参戦してくるだろう。デフレ脱
却という日本の最終的な目標が達成されるまでは材料出尽くしとはならない」(広木氏)とみる。

一方、短期的には売り圧力が強まるとの指摘もある。大和証券・投資戦略部課長代理の熊澤伸悟氏は
「シカゴの日経平均先物円建ての投機ポジションが再び積み上がっており、参院選後にヘッジファンドな
どの短期筋がいったん売りに回る可能性がある」と話す。熊澤氏によれば12月の衆院選後にも短期筋
のポジション縮小が観測されたが、当時は中長期マネーの流入が売りを吸収した。ただ今回は「衆院選
時と比べ株価水準が高いため、海外の中長期マネーの流入が鈍るのではないか。日本株は参院選後
に2週間ほどの調整局面入りする可能性もある」(熊澤氏)と述べている。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:ueXMBbCe
<ドル・円は株価に連動か、焦点は与党の勝ち方>

為替市場では、6月の世界的なマーケットの混乱でポジションを一斉に整理し、キャッシュを手にした市
場参加者の中に、新たに投資資金を振り向ける「優良資産」として日本株やドル/円に照準を定める向
きがあったとされている。与党の勝利で「長期政権になれば、政策がやりやすくなるという期待感がある。
日経平均は上がりやすい」(大手邦銀)とし、ドル/円は日経平均に連動すると予想しているようだ。

自民・公明両党が過半数を確保するとの結果はすでに織り込み済みとの見方もある。注目はメディアの
情勢調査で優勢が伝えられている自民・公明両党の勝ち方だ。岡三証券・グローバル金融調査部長の
保科雅之チーフ・エコノミストは、「『生半可な勝ち方』では相場には織り込まれている」として、選挙直後
に円安に振れるには自民・公明両党で安定多数を確保する、自民党が単独過半数を制するなどの結果
が必要だとみている。

<円金利のトレンド変化は秋以降か、日銀買入効果が支え>

円債市場は、自民党が歴史的な圧勝を収めた昨年12月の衆院選直後にみられた金利上昇のシナリオ
を描く参加者は少ない。「海外勢はむしろ、新興国リスクや再燃する欧州不安、米国の緩和縮小観測に
揺れる米国市場など海外情勢に関心が向いている」(外資系証券)との声も聞かれる。 ソシエテ ジェネ
ラル証券東京支店・シニア円債ストラテジストの菅原琢磨氏は参院選後の円債動向について「当面は明
確な方向感が出ないのではないか」との見通しを示す。仮に金利が上がる局面があっても、4月以降国
債投資を手控え、余剰資金を潤沢に抱える投資家の買いに相場は支えられるとの見方をしている。

与党が圧倒的な勝利を収めた場合には、「政府・日銀が一体となった政策運営が一段と強まるのでは
ないか」(国内金融機関の債券関係者)として、2年で物価目標2%達成が難しくなれば、日銀による国
債買い入れを中心としたさらなる緩和強化の思惑も浮上しやすい。 SMBC日興証券・チーフ債券ストラ
テジストの末澤豪謙氏は「政治リスクが払しょくされることで海外投資家による日本株投資が再び積極
化する可能性も考えられる。債券市場にとって、政権の安定は日本国債の格付けなどにとってはプラス
であり、当面、債券市場への影響は限定的となりそうだ」と指摘。国債市場に変化がでるとすれば、消
費増税の閣議決定や総合経済対策の策定と米国の金融政策や財政問題の帰すうが明らかになる秋ご
ろとみている。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:yIGaHs+n
米国株、ダウ反落4ドル安 マイクロソフト大幅安、GEは支えに
2013/07/20 06:23 日経速報ニュース 765文字
【NQNニューヨーク=古江敦子】19日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅ながら3日ぶりに反落し、
前日比4ドル80セント(0.0%)安の1万5543ドル74セントで終えた。マイクロソフトの四半期決算が市場予想比
で低調な内容になり、投資家心理がやや悪化。IT(情報技術)銘柄を中心に、目先の利益を確定する目的の
売りが出た。
 マイクロソフトの2013年4〜6月期決算は最終黒字へ転換したものの、1株利益は市場予想を下回った。同
社株は11%下落。1銘柄でダウ平均を31ドル程度押し下げたほか、心理面での重荷になった。
 ただ、下値も限られた。増益決算を発表したゼネラル・エレクトリック(GE)が上昇。相場全体の先高観を背景
とした押し目買い意欲も強く、取引終了にかけて下げ幅を縮めた。
 ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は前日比23.67ポイント(0.7%)安の3587.61で終えた。一方、多
くの機関投資家が運用指標にするS&P500種株価指数は3日続伸。2.72ポイント(0.2%)高の1692.09で終え、
過去最高値を連日更新した。
 業種別S&P500種株価指数は、全10業種のうち3業種が下落した。「IT」と「公益事業」、「一般消費財・サービ
ス」が下げ、「ヘルスケア」や「エネルギー」などが上昇した。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約8
億7000万株(速報値)、ナスダック市場は約17億3000万株(同)だった。
 マイクロソフトの下落を受け、パソコン関連のヒューレット・パッカード(HP)やインテルが下落。インターネット
検索最大手グーグルも下げた。四半期決算が主力の広告事業の単価下落を示し、売りが広がった。
 一方、日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が上昇。医薬品のファイザーが上げた。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:yIGaHs+n
NY円17時(終値)1ドル=100円60〜70銭 20銭円安・ドル高  
2013/07/20 06:04 日経速報ニュース 38文字

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:yIGaHs+n
日経平均、値動き荒く、参院選控え短期売買活発。
2013/07/20 日本経済新聞 朝刊
 19日の東京株式市場では日経平均株価が荒い値動きとなった。節目の1万5000円に近づくと売りが膨らみ、
終値は前日に比べ218円安い水準。1日の高値と安値の差は540円と約1カ月ぶりの大きさになった。株式相場
はこのところ落ち着きつつあったが、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議や参院選を前に、短期的な
取引を繰り返すファンドなどの売買が膨らんだ。
 午前の取引開始後は前日の米株高の流れを受けて日経平均も上昇。節目の1万5000円に47円まで迫った。
しかしその後は売りがかさみ、逆に400円近く下げる場面もあった。「株価指数先物に短期取引のファンドの売り
が広がり、株価下落が加速した」(ソシエテジェネラル証券の小原章弘氏)という。
 5月下旬の相場急落から2カ月近く過ぎ、株価は急落前の水準回復も視野に入りつつある。ただ日経平均は6
月中旬の安値から1カ月で2割ほど上げ、急ピッチな上昇で「警戒感が強まり、反動で売りが出やすい」(野村証
券の田村浩道氏)。
 相場急落の直前も、短期間で株価が急上昇していた。当時も1万5000円の回復から1週間ほどで急落に転じ
ており、同水準が節目として意識されやすい。参院選など重要な日程を前に、与党優勢が伝わる参院選の内容
を織り込みながら株価指数先物を買っていた投資家の間で、ひとまず利益を確定する動きが膨らんだとの見方も
ある。
 半面、中期的な株高・円安基調は崩れていないとの声は根強い。東京証券取引所の19日の発表によると、7月
第2週(8〜12日)に海外投資家は6週連続で日本株を買い越し、乱調が続いた中でも日本株を買っている。19
日もホンダなど一部主力株には「中長期の投資家の買いが入った」(外資系証券トレーダー)。
 アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパンの寺尾和之氏は「海外と比べ日本企業の収益成長率は高く
、円安基調を追い風に今後も日本株は有望な投資先とみている」と話す。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:yIGaHs+n
反落、先物に大口売り(株式)
2013/07/20 日本経済新聞 朝刊 1

 東証では日経平均株価が6日ぶりに反落した。朝方は米株高を好感し上昇したが、午前10時20分ごろから
日経平均先物への利益確定売りが膨らむと、雰囲気が一変。下げ幅は一時400円に迫った。参院選を前に買
い注文が細っており、短期筋からまとまった成り行き売りで急速に値を切り下げた。ただ、個別株への投げ売り
は限られ、午後には下げ渋った。
 日経平均先物に異変が起こると、ソシエテジェネラル証券には「何が起こったのか」と海外から問い合わせが
相次いだ。100枚(約15億円)以上の売り注文が続々と押し寄せ、10分ほどで日経平均は400円近く下落した
からだ。
 市場では「参院選を前にヘッジファンドが持ち高解消売りを進め、プログラム売買するファンドが追随した」(米
系証券)といった解説が多い。特段の理由がないまま先物が急落する状況は1143円安となった5月23日とも
光景が重なり、トレーダーに緊張が走った。
ファストリ下げる
 5月23日と異なったのが個別株の値動きだ。日経平均の寄与度が大きいファストリや京セラは先物に連動し
て下げがきつくなったが、自動車や銀行などの主力株の下げは限られた。こうした動きが投資家の不安を和ら
げた。ある先物ディーラーは「主力株の底堅さを横目に、売り一巡後に先物に買いを入れた」と話す。
 トヨタは続落したものの、大引け間際には一時前日終値まで値を戻した。みずほFGは終値で小幅高に。下値
で海外からの買いが入り、先物の裁定解消売りを吸収した。主要30銘柄で構成するTOPIXコア30は0・5%安
にとどまり、「先物の急落でかえって主力株の底堅さが際立った」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券)との声も
ある。
 実際、この日は外国人の現物株売買が買い越しとなった証券会社も多かったようだ。昨年11月に始まった株
高も当初は金融緩和や円安に着目する動きが目立ったが、最近は景気指標の改善もみられる。市場では「これ
まで慎重だった中長期スタンスの投資家も少しずつ買いに動き始めている」(大手証券の海外営業担当者)とい
った声が増えている。
Jフロント、連日で高値
 前日発表された6月の全国百貨店売上高は前年同月比7%増となった。美術・宝飾・貴金属は16%増とアベ
ノミクスによる消費押し上げ効果が表れている。Jフロントは連日で年初来高値を更新。ニトリやABCマート、U
アローズなどにも物色が波及した。
 前日に増資の発行価格を決めたオリンパスは3%高で、商いを伴って上昇した。調達額の約4倍の応募が海
外投資家から集まり、人気の高さが意識された。来週には電通やハウスなど大型増資案件の発行価格が決ま
る。順調な増資が続けば、市場全体の雰囲気を明るくする可能性も出てくる。(G)

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:sQRwJwFt
株式―1万5000円にらみ一進一退か(市場アウトルック)
2013/07/21 日本経済新聞 朝刊 13ページ 441文字 書誌情報
 今週(22〜26日)の日経平均株価は1万5000円をにらんで一進一退か。21日投開票の参院選は
与党優勢とされ、「政権の安定は株式相場にプラス」ともいわれるが、市場の視線は選挙後の具体的な
政策の行方に移っていく。また、今週から本格化する企業の4〜6月期決算の発表内容を一つ一つ吟味
する局面に入る。
 前週の日経平均株価は5週連続で上昇。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が金融緩和維持
の必要性に言及するなど、外部の不安要因が和らいだ。ただ、19日は1万5000円回復目前でブレー
キがかかり、相場の不安定さも見えた。同日のシカゴ市場で日経平均先物9月物の清算値(円建て)は
1万4820円。
 企業決算では、キヤノンが24日、日産自動車が25日に発表を予定。輸出企業の収益が予想以上に
上振れしてくれば好感する場面がありそう。逆に減速する新興国景気の影響が見えるかも焦点だ。米
国のグローバル企業の決算発表は比較的堅調な滑り出しだが、一部で不振も伝わり、日本株に影響
を与えるとの声もある。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:CllZdYMY
株高・円安当面続く、3ヵ月見通し、市場、大胆な政策に期待。
2013/07/22 日本経済新聞 朝刊 7ページ 967文字 書誌情報
 参院選の結果を受け、市場関係者に今後3カ月の相場見通しを聞いたところ株高・円安を予想する声
が多かった。政権基盤が盤石になったことで、安倍晋三政権が法人税減税など株高につながる大胆な
政策を打ち出すとの期待が強い。日銀の量的・質的金融緩和への支持継続も追い風だ。ただ与党勝利
はある程度相場に織り込まれており、足元で利益確定の売りが優勢になる可能性もある。
 政策運営の障壁だったねじれ国会が解消されたことで、経済成長を重視する政権運営に弾みがつくと
の見立てが内外の投資家の間で広がる。
 「今後、中長期的な視野で投資する海外勢の買いが入り相場を押し上げる。法人税減税などに踏み込
めば資金流入はさらに加速する」と大和証券の成瀬順也チーフストラテジストは指摘する。
 ただ、目先の相場は波乱含みだ。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の鮎貝正弘シニア投資ストラテ
ジストが「政権安定への期待感から短期的に一段高となる」と語る一方、大和の成瀬氏は「与党の勝利
を事前に織り込んで上昇してきた分、目先は利益確定売りも出る」とみる。
 為替相場は円安の流れが続くとの見立てが強い。三井住友信託銀行の瀬良礼子マーケット・ストラテ
ジストは「安倍政権が脱デフレを目指す政策を続けるため、緩やかな円安・ドル高の流れが続くだろう」
語る。
 ただ、シティグループ証券の高島修チーフFXストラテジストは「与党勝利の見立ては為替相場に織り
込み済み。今回の参院選の結果はサプライズはない」と述べる。
 長期金利は緩やかな上昇を予想する声が強い。「経済政策への期待から資金が株に振り向けられ、
債券は売り圧力が強まる」とSMBC日興証券の嶋津洋樹・債券ストラテジストは指摘する。損保ジャパ
ン日本興亜アセットマネジメントの平松伸仁シニアインベストメントマネージャーは「消費税増税の先送り
や補正予算に向けた国債増発による悪い金利上昇がリスクシナリオ」と述べる。
 参院選の結果は、量的・質的金融緩和を進める黒田日銀体制に対しても一定の評価が集まったとも
いえる。安倍政権と日銀との関係は当面良好な状態で推移しそうだ。
 ただ、景気の低迷や市場の混乱が強まれば、アベノミクスを掲げる政権への支持が揺らぐ。「現在の
金融政策に疑問符が付き、日銀の現体制にも強い逆風が吹く」(大手証券)との見方もある。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:bG+ABYN4
株、8月に1万5000円台半ば・広木氏 消費増税巡る混乱は懸念
2013/07/22 11:58 日経速報ニュース 468文字
 広木隆・マネックス証券チーフ・ストラテジスト 参院選という重大イベントを無難に通過し、市場の次の焦点は
企業の4〜6月期決算に移っている。企業は通期見通しを据え置く公算が大きいが、アナリストは為替レートや足
元の業績動向などから予想を上方修正する可能性が大きく、市場では上ブレ期待が膨らむだろう。8月にかけて
日経平均株価は1万5000円台半ばを目指す展開になりそうだ。
 注目しているのは8月12日発表の4〜6月期国内総生産(GDP)速報だ。来年4月からの消費税率引き上げの
判断材料のひとつとなる。増税は景気の下押し要因となるため、デフレ脱却が視野に入ってから実施すべきだと
考えている。増税そのものへの反対意見は少ないが、増税実施のタイミングを巡っては意見が分かれている。G
DP発表後、増税を巡って市場に混乱が生じれば株式相場の重荷となる。また、一部で高まっている五輪招致へ
の期待が剥落する場合も、株価の下押し圧力となる。こういった悪材料が重なれば日経平均が1万3000円程度
まで下落しても不思議はない。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:S0FGuNOi
・[自民大勝で衆参ねじれ解消 民主大敗]
 ・・予想通りの展開で、サプライズは無し
  にしても、PM8時の選挙終了直後に(当選確実!)ってのは、
  いつ見ても「なんだかなぁ」である。
   ちなみに、わたしは、
  選挙区:自民・・地元優先経済対策、
  比例:みんな・・消費増税反対、
  なのでした。
 [元気ですかー!、得意のせりふも飛び出す……
  当確のアントニオ猪木氏「オレの生きざま、見せてやる」]
 ・・参議院を良識の府として存続させるならば、
  せめて司法試験に合格した人とか、
  法律を知る人がすべきではないか?
   ま、投票する人の問題ではあるが・・
 [参院選投票率52%、前回下回る]
 ・・でもって、多数決なのだから、
  0.52×0.51で、投票者の27%で政治が決まるのだ!
  宗教団体(公明党)抜きでは勝てない理由でもある。
  
・[G20:金融政策の変更、注意深く調整し明確な意思疎通を-声明]
 ・・コッチもサプライズは無し。
  会議は、出席者が多いほど何も決まらないのである

・[警官襲った包丁男に7発発砲、逮捕…男は重傷]
 ・・状況は良く分からないけど、7発ってどうよ?

・[なでしこ、中国に2―0で快勝 サッカー東アジア杯開幕]
 ・・o(^o^o)(o^o^)o
 [ザック・ジャパン、中国と引き分け]
 ・・なんじゃあの試合は( - o -;)
  今年も女の年かねぇ(^.^;

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:S0FGuNOi
株、年内じり高の展開に・柏原氏 米景気回復に新興国も連動
2013/07/22 15:36 日経速報ニュース 475文字
 柏原延行・みずほ投信投資顧問執行役員 22日の東京株式市場で日経平均株価は反発した。21日
投開票の参院選挙は自民、公明両党の与党が勝利するというのが事前の見方であったことから、結果
に対するサプライズはなかった。材料出尽くし感から相場が大きく下がるとの不安もあったが、前週末に
一時395円安と大きく下げた局面で短期の売り方はすでに動いていたので、大きな波乱にならなかった
とみている。
 年内、日経平均はじり高の展開になりそうだ。米景気は年末にかけて回復するとみている。新興国に
ついても足元の景気悪化の背景は米景気が良くなかったことが大きい。これから米景気が本格的に回
復すれば、新興国景気も連動して立ち直る公算が大きい。米緩和縮小に伴う新興国のマネーフロー変
化に対しても過度に心配する必要はないだろう。
 衆参の「ねじれ」が解消されたことで、国内では成長戦略の実行力がさらに問われそうだ。各政策が
具体的な法案として出てくれば、株価の一段高のきっかけになる。4〜6月期の企業決算で大幅増益
が見込めることも支えとなるだろう。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:S0FGuNOi
東証大引け、反発 円伸び悩みで切り返し 首相会見も好感 
2013/07/22 15:20 日経速報ニュース 877文字
 22日の東京株式市場で日経平均株価は反発。終値は前週末比68円13銭(0.47%)高の1万4658円
04銭だった。前週まで5週連続で日経平均が上昇したことの反動などから利益確定売りが出て、下げ
に転じる場面もあった。だが午後に円相場が伸び悩むと輸出関連株を中心に買いが入り、切り返した。
安倍晋三首相が午後の記者会見で成長戦略を着実に実行する考えを強調したことを受けて、上げ幅が
やや拡大する場面もあった。
 21日投開票の参院選で与党が大勝し、衆参で多数派が異なる「ねじれ国会」が解消することになった
ことを受けて、朝方は買いが先行。日経平均は180円超上昇して寄り付いた。その後は利益確定や材料
出尽くし感からの売りが優勢になり、日経平均は一時下げに転じた。
 ただ円相場が1ドル=100円前後まで上げ幅を縮めると、輸出株などに買い戻しが入り、日経平均は
再び上昇に転じた。安倍首相が22日午後の記者会見で「秋の臨時国会は成長戦略実現国会。大胆な
投資減税を決定するほか、産業競争力強化法などを成立させていきたい」などと述べたことも買い材料
になったもよう。市場では「日経平均の下げが小幅にとどまったため、首相の会見をきっかけに売り方の
買い戻しが膨らんだ」(東海東京証券の鈴木誠一マーケットアナリスト)との指摘があった。
 東証株価指数(TOPIX)は反発。大引けは前週末比4.55ポイント(0.38%)高の1216.53だった。業種
別TOPIXでは全33業種中24業種が上昇した。
 東証1部の売買代金は概算で2兆435億円、売買高は24億7291万株。東証1部の値上がり銘柄数は
1129、値下がり銘柄数は508、変わらずは116だった。ソフトバンクやトヨタ、三菱自、任天堂が高く、三
菱UFJや三井住友FG、シャープが安い。日経平均の騰落レシオ(25日移動平均)は140.71と5月13日
以来、約2カ月ぶりに140を超えた。
 東証2部株価指数は反発。原弘産、PLANT、高木が上げた。反面、Jトラスト、不二サッシ、Oakが下
げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:S0FGuNOi
日経平均大引け、反発 首相会見受けやや上げ幅拡大
2013/07/22 15:04 日経速報ニュース 254文字
 22日の東京株式市場で日経平均株価は反発。終値は前週末比68円13銭(0.47%)高の1万4658円
04銭だった。相場の短期的な過熱感などから利益確定売りが出て、下げに転じる場面もあった。ただ
午後に円相場が1ドル=100円前後まで上げ幅を縮めると輸出関連株を中心に買い戻しが入った。安
倍晋三首相が22日午後の記者会見で、成長戦略を着実に実行する考えを示したことをきっかけにやや
上げ幅を拡大する場面もあった。東証1部の売買代金は概算で2兆435億円(速報ベース)だった。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:Lb7DkAxe
アベノミクス第2幕 財政再建と成長、両立できるか 10月に岐路
2013/07/22 13:22 日経速報ニュース 1380文字
 安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」への評価が争点の一つになった参院選。与党の圧勝でこの
路線はひとまず有権者の信任を得たと言える。市場参加者の多くはねじれ国会の解消で「アベノミクス
第2幕」が始まるとみて、当面は円安・ドル高基調の継続と穏やかな長期金利の上昇というシナリオを
描く。財政再建と経済成長の両立を迫られている安倍政権には、これまでより高いハードルが待ち構え
ている。
 「財政の再建をマーケットは見ている」。安倍首相は21日夜のテレビ番組でこう語った。
 政府が国際公約としている財政の健全化を進めることができるのか。その試金石となるのが8月上旬
にもまとめる中期財政計画だ。6月の「骨太の方針」は市場に肩すかしを食らわせた。今度はより現実
的で信頼できる内容を示さなければならない。
 その延長線上にあるのが消費増税の是非だ。浜田宏一内閣官房参与は増税に慎重な発言をしている
。首相は「非常に難しい判断になる」と消費増税を既定路線としていない。
 だが市場参加者は消費増税を前提に動いているため、増税が先送りになれば「債券の売り材料にな
る」(JPモルガン証券の山脇貴史チーフ債券ストラテジスト)。BNPパリバ証券の中空麻奈チーフクレジ
ットアナリストは「海外格付け会社が日本の長期債務格付けを引き下げるきっかけになる」とみる。
 2014年4月の消費増税を決めれば、短期的な景気下振れリスクに対応する必要がある。10月には補
正予算編成の議論が出てくるかもしれない。
 首相は既に秋の臨時国会を「成長戦略実行国会」と位置付け、消費増税を含めた経済・財政政策を前
進させる考えだ。「具体的な政策を打ち出せずデフレ脱却期待が途絶えると、円売りの推進力が衰える
可能性がある」(三菱東京UFJ銀行の内田稔チーフアナリスト)との見方が浮上している。
 21日夜の「スピーディーに政策を前に進めていきたい」との首相の言葉はその辺りを意識した発言か。
 消費増税の是非や成長戦略、補正予算など重要政策が岐路を迎える10月。アベノミクスの「第1の矢
」を放った日銀の金融政策にも再び焦点が当たりそうだ。10月31日の金融政策決定会合で日銀は「経済
・物価情勢の展望(展望リポート)」を公表し、国内総生産(GDP)や消費者物価指数(CPI)の見通しを
改めるからだ。
 7月時点の見通しでは15年度には生鮮食品を除くCPIの前年比上昇率を1.9%(消費増税分除く)とし
ている。足元の物価上昇や将来の成長期待が高まらなければ、CPIやGDPの見通しを下方修正せざる
を得ない。
 そのときには「日銀が追加措置を検討する可能性がある」(野村証券の木下智夫チーフエコノミスト)。
「異次元の金融緩和」を標榜する日銀の「次の一手」を、相場が織り込めないリスクが高まるかもしれな
い。
 「公論神にあり」。「世の中の意見には神が宿っている」という意味で、高橋是清の使った言葉とされる。
ジャーナリストの大下栄治氏が執筆した「安倍晋三と岸信介」には、安倍首相がこのフレーズを色紙に書
いて知人に渡したというエピソードが出てくる。
 市場の声にも耳を傾けた政策運営ができなければ、アベノミクスは行き詰まる――。そのリスクを最も
敏感に感じ取っているのは安倍首相本人かもしれない。
〔日経QUICKニュース(NQN) 吉田晃宗、三輪恭久〕

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:Lb7DkAxe
都銀、売り越し続く・6月の公社債売買 中長期国債の売買急減
2013/07/22 12:44 日経速報ニュース 773文字
 日本証券業協会が22日発表した6月の公社債投資家別売買動向によると、短期証券を除いたベース
で都市銀行は3カ月連続で売り越した。売越額は1兆144億円。3カ月連続で売り越すのは2012年10〜
12月以来、半年ぶりとなる。都市銀行は中長期債を中心に、売却額と購入額を合計した売買高も急減
した。地銀も2カ月連続で売り越した。引き続き投資家の手控え気分が強かったと見られる。
 6月は新発10年物国債利回りが0.8%台の狭いレンジで推移した。日銀は国債買い入れオペ(公開
市場操作)の運営方針について、6月から「回数増」と「弾力化」という見直しを実施。市場の注目も高ま
った。
 国庫短期証券(TB)を除いた国債投資家別売買高をみると、都銀は9509億円の売り越しだった。中
期債の売り越しが9090億円と目立った。一方で生命保険や損害保険の買越額は計6934億円と、13週
連続で買い越した。超長期債の買い越しペースは鈍った。
 地銀は超長期や長期の国債で売りが目立った一方、中期債の買い越し基調が続いた。投資家は金
利の変動率拡大を受けて金利リスクに慎重なままで、「デュレーション(保有債券の残存期間)の長期化
を避ける動きが続いた」(みずほ証券の浜田亘マーケットアナリスト)との見方があった。外国人は長期
国債売り、中期・超長期国債買いを続けた。
 公社債全体(短期証券除く)の売買高は150兆円弱と2カ月連続で減少し、10年2月以来の少なさと
なった。とりわけ都銀の中長期債の売買高は2カ月連続で急減し、3兆2975億円とデータを遡れる04年
4月以降で最低となった。「日銀の買いオペが、市場に出るはずの売りを吸収している」「市場の流動性
が減少したため、都銀が相場に影響を与える大口の売買を手控えるようになった」などの見方があった
。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:prQ6v25b
東証10時、上げに転じる 先物主導でやや荒い値動き
2013/07/23 10:08 日経速報ニュース 797文字
 23日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は上げに転じた。上げ幅は50円前後、1万4700円を挟んだ
推移となっている。朝方の売り一巡後は押し目買いで下げ渋り、その後は株価指数先物への断続的な買いに
売り方の買い戻しも巻き込み日経平均を押し上げた。外部環境に大きな変化は見られないなかでやや荒い値
動きとなっており、市場では一部の短期資金による先物への仕掛け的な動きや、海外投資家による主力株買い
を指摘する声が聞かれる。
 朝方は下げ幅を100円超まで拡大する場面があった。前日の米株式市場で企業業績に対する警戒感が台頭
し米ダウ工業株30種平均が1ドル高と小動きにとどまったことや、円相場が1ドル=99円台まで上昇したのが日
本株に響いた。
 ただ、参院選の与党勝利を受けて一部の海外投資家の間では日本株の先高観も改めて広がっているといい
、前日から下げる場面での相場の底堅さが目立っている。個別ではソフトバンクが売買を伴いながら年初来高
値を更新しているほか、ソニーも上昇しており、先物も含めた海外勢の買いが継続しているとの声が多い。
 東証株価指数(TOPIX)も上げに転じたが、日経平均に比べると上値が重く、日経平均主導の上昇となっている。
 10時現在の東証1部の売買代金は概算で5529億円、売買高は6億8859万株。東証1部の値上がり銘柄数は
730と、値下がり銘柄数(819)の方が多い。変わらずも200と多い。
 新日鉄住金が車向け鋼板の値上げ合意を受け、採算改善期待から高い。三井住友FG、マツダが一時上げ
に転じた。群栄化など一部の材料株が急伸。半面、東電、トヨタ、任天堂、三菱重が下落し、佐渡沖での石油埋
蔵が確認できなかったことへの失望から海洋掘削が安い。
 東証2部株価指数は小幅に上昇。Jトラスト、理経、不二サッシ、パルステックが上昇し、Oakが下落。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:AMdkp7Cf
東証大引け、続伸 朝安後に先物主導で上げる、ソフトバンク急伸
2013/07/23 15:12 日経速報ニュース 863文字
 23日の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。終値は前日比120円47銭(0.82%)高の1万4778円51銭だっ
た。前場中ごろ過ぎから株価指数先物にまとまった買いが入ったのをきっかけに、売り方による買い戻しも巻き込
み上げ幅を拡大。後場も先物に断続的な大口買いが入り、そのたびに日経平均は強含んだ。参院選における与
党勝利を受けて改めて先高観を強めた一部の海外の短期資金が、仕掛け的な買いを入れたとの見方が聞かれ
た。中国株が上昇したのも買い安心感を誘ったという。ソフトバンクが大口買いで5%高と急伸し、年初来高値を
更新した。
 日経平均への影響度が高い銘柄に買いが集まり、ソフトバンク1銘柄で日経平均を40円近く押し上げた。前日
の米ダウ工業株30種平均は小動きで、円相場は1ドル=99円台前半から半ばでの推移と外部環境の好材料は
少なく、朝方の日経平均は100円あまり下落する場面があった。市場では「主要企業の決算内容への期待感は
強く、株価の過度な下振れ懸念は乏しいが、きょうに限れば債券相場が強含み、円相場が高止まりしている中で
株式相場だけが上がった印象」(証券ジャパンの大谷正之調査情報部長)と、需給主導の上昇との見方が多い。
 東証株価指数(TOPIX)も続伸したが、上昇率は日経平均に比べ小さかった。
 東証1部の売買代金は概算で2兆864億円、売買高は23億6155万株。東証1部の値上がり銘柄数は1041、値下
がり銘柄数は573、変わらずは139だった。
 ソニーが売買を伴って上昇し、トヨタと車用鋼板の値上げで合意したと伝わった新日鉄住金が高い。三井住友
FG、野村、マツダ、ファストリが買われ、群栄化が大幅高。半面、東電が下落し、トヨタ、三菱UFJ、みずほFGが
小幅に下落するなど主力株には下げも目立った。佐渡沖での石油埋蔵が確認できなかったとの発表を受け、海
洋掘削が大幅に下落した。
 東証2部株価指数は続伸した。Jトラスト、理経、不二サッシ、パルステックが上昇し、Oakが下落した。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:AMdkp7Cf
長期金利、「都銀に買い余力」でレンジ下放れ 残高積み増しの思惑
2013/07/23 14:43 日経速報ニュース 810文字
 参院選後の債券市場で長期金利が低下基調を強めている。23日は指標となる新発10年物国債の利回りが一
時0.770%と2カ月ぶりの水準に低下し、5月下旬から続いてきた0.8〜0.9%のレンジを完全に下放れしてきた。重
要日程を波乱なく通過し、投資家が債券の保有残高を積み増し始めたとの見方が多い。
 都市銀行に買い余力が大きいのではないか――。日本証券業協会が22日発表した6月の公社債投資家別売
買動向によると、都銀は短期証券を除いたベースで3カ月連続で売り越した。本来なら債券投資を敬遠していると
受け止められかねない材料だが、日銀の量的・質的金融緩和で余剰資金があふれる一方、貸し出しが大きく伸び
る状況にないとあって、市場では「債券残高を積み上げられていない」(地方金融機関)といった見方が広がってい
る。
 日銀が新発国債の7割に相当する毎月7兆円強の買い入れを続けているため、債券の需給は引き締まっている
。一方、参院選が与党の圧勝に終わり、衆院の多数派が異なる「ねじれ国会」が解消。迅速に国会運営が進み、
消費増税など財政健全化に向けた取り組みが実現していけば、国債格下げといったリスクも低減する。
 「財政再建も極めて重要で、マーケットはみている」。安倍晋三首相は消費増税について「秋口に判断する」との
慎重な発言を繰り返す一方、21日夜のテレビ番組では債券市場への配慮を忘れなかった。
 日銀が22日に実施した国債買い入れオペ(公開市場操作)で応札倍率が低下し、市場は改めて債券を手放した
くない参加者が多いことを確認した格好だ。
 急上昇したボラティリティー(変動率)も落ち着き、債券を買いやすい環境が整ってきた。長期金利が0.8%を割り
込んでも過熱感の指摘は乏しく、むしろ0.8%が上限になるとの声が増えている。都銀の「買い遅れ」観測を背景
に、当面は低下余地を探る展開が続きそうだ。〔日経QUICKニュース(NQN) 片岡奈美〕

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:AMdkp7Cf
株、今後のキーワードは「消費」 増税、減速懸念…相場夏枯れの予感
2013/07/23 12:11 日経速報ニュース 1305文字
 23日午前の東京株式市場で日経平均株価は株価指数先物などへの断続的な買いを受け112円高と続伸した
が、朝方は円高進行を嫌気して下げ幅が100円を超える場面もあるなど不安定な展開だった。参院選を想定通
り与党の勝利で通過し、政策遂行という点で「スピードが上がる」といった思惑が先物買いを誘ったとみられるが
、今後はむしろ困難な課題を抱えて停滞感が強まるとの懸念も少なくない。市場では、今後の相場動向を占う
キーワードとして「消費」を挙げる声が増えている。
 今秋にかけ関心を集める可能性が高いのが、2014年4月から予定する消費税増税に関する論議だ。8月12日
発表の4〜6月期の国内総生産(GDP)などを確認した上で、国内景気の回復という裏付けがあれば「(予定通り
の消費増税も)景気や株価の深刻な落ち込みは避けられそう」(第一生命経済研究所の嶌峰義清首席エコノミス
ト)との声が聞かれる。ただ、97年に消費税率を3%から5%に引き上げた時の国内景気はあっさりと後退に転じ
、国内の金融システム不安なども響き、日経平均はそれまでの2万円前後から98年10月には1万2000円台まで
下落した経緯があることは気掛かりだ。
 増税見送りの場合の懸念はより強いようだ。嶌峰氏は「安倍晋三首相が国際公約とする財政再建が遅れると
の見方から、海外投資家の信頼を失って日本株売りが加速する公算が大きい」と指摘する。いずれにしても、消
費増税を巡っては株価には良くて中立、悪ければマイナスの「いばらの道」が待ち構えている可能性が高い。
 国内消費は、今後減速に注意する必要もある。安倍首相は参院選で「全国津々浦々まで景気回復の実感を」
と訴えたが、地方公務員の大幅な賃下げなど所得がいっこうに上向かないなか、「アベノミクス」による円安を背
景に一般消費者は「全国津々浦々までの値上げラッシュを実感」となりかねない。みずほ証券の上野泰也チーフ
マーケットエコノミストは消費の先行きについて「5つの反動」を懸念する。1つは「アベノミクス」期待による心理
高揚の反動、2つ目は株高による資産効果の反動、3つ目は高級ブランド品が値上がりする前の駆け込み購入
の反動、4つ目は早い梅雨明けと猛暑による特需の反動、そして最後は消費税増税を控えた駆け込み需要の
反動だ。
 米マクドナルドが前日発表した4〜6月期決算では欧州やアジアの売り上げ減が示された。インテルやマイク
ロソフトの決算もパソコン需要の不振が鮮明になっており、海外経済をみても消費の先行きには不透明感が強い。
 消費税論議やそれとも関連する消費動向を見定める必要がある以上、ここから株価が一本調子で上がり続け
るというシナリオは描きにくい。きょうは今後の景気やマーケットの停滞を見越してか、債券市場では先物中心限
月が約2カ月ぶりの高値を、新発10年物国債利回りは約2カ月ぶりの低水準(価格は高水準)を付けた。株式相
場と対照的に債券や為替相場は冷静さが目立つ。先物主導で折に触れて上値を試す動きが続く株価だが、今
後は次第に「夏枯れ」の様相が強まってくることも考えられる。〔日経QUICKニュース(NQN) 古門成年〕

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:AMdkp7Cf
・[6月の米中古住宅販売、前月比1.2%減
  販売価格は、前年同月比13.5%上昇]
 ・・早くしないと値が騰がっちゃう⇒もう無理・・か?

・[長期金利2カ月ぶり0.8%割れ 生保の運用、国債に傾斜]
 ・・最近の流れは、円高・株高・債権高ですねぇ

・[11都道府県で最低賃金で働いた場合の収入が生活保護を下回る現象]
 ・・ま、一旦落ちた人は、どー考えてもそのままでしょうねぇ

・[麻生財務相、9月上旬にも消費増税の方向性示す
  G20首脳会議での提示も]
 ・・ま、国民がソレを選択したんだから仕方ないね

・[中国で「世界一高いビル」着工、838メートル 4月完成予定]
 ・・ドバイもそうだが、コレを計画した時がピークなのだ。
  にしても、
 [ATMから「偽札」が出てくる中国の現実]
 ・・どこまでいいかげんなんだ・・
  でもって、
 [中国・甘粛省地震の死者89人に、家屋倒壊で重傷者も500人超
  2万1000棟が激しく損壊した]
 ・・って時に、
 [中国軍艦、オホーツク海に初進出 日本一周し実力誇示]
 [沖ノ鳥島EEZに中国船 今月2回目、海保警戒]
 [尖閣周辺に7日連続中国監視船]
 [中国軍部隊、インド側支配地域侵入…5日で3回
  中国軍の相次ぐ侵入行為にインド政府は不信感]
 ・・こうなのです( `ハ´)

・[東電、汚染水の海への流出認める 「湾内にとどまる」]
 ・・驚きはしないけど、選挙終了と同時に発表ですか・・
  で、次は「湾内にとどまる」だと!
  こいつらは、重力ってのを知らないのか??
 [東電は海に近い土中に薬剤を注入して固め、壁のようにするなど
  漏出防止対策を進める]
 ・・原子炉とタービン建屋の防水をしない限り、不可能だと思う。
   にしても、東電の発表頼りで、相変わらず国の関与が
  見られないのが残念でならない。

・[ロイヤルベビー、歓喜の渦 英国、宮殿前にお触れ] 
 ・・いつ生まれるか・・報道で、いささかうんざりだったので、
  喜ばしいニュースである

・[シャープ、LGから液晶パネル受注 工場稼働率向上を優先
  今年3月に資本提携した韓国・サムスンからも、32型を受注]
 ・・ついに、韓国の下請け企業ですか・・

 ・・とか、いろいろあるけど、週末の鈴鹿8耐の生中継を 
  スカパーでやらないと知って愕然(;-_-) =3
   もうわたしには現地観戦をする気力も体力も無いのだ( ̄^; ̄).

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:AMdkp7Cf
新日鉄住金、カゴメ(銘柄ピックアップ)
2013/07/23 日本経済新聞 夕刊 4ページ 197文字 書誌情報
新日鉄住金(5401)
△上昇 トヨタ自動車との間で2013年度上期の鋼板価格引き上げで合意したと伝わり、買われた。円安などに
よるコスト上昇分の価格転嫁が進み、収益が改善するとの期待が浮上した。約2カ月ぶりに年初来高値を更新
した。
カゴメ(2811)
▲続落 前日の取引終了後に発表した2013年4〜6月期連結決算は、トマトジュースの販売減やコスト増で減
収減益だった。収益悪化を受け売り優勢となった。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:AMdkp7Cf
みずほ好配当日本株オープン――配当重視で銘柄を発掘(投信ウオッチ)
2013/07/23 日本経済新聞 夕刊 5ページ 769文字 書誌情報
 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメントの「みずほ好配当日本株オープン」は、配当利回りの高い株が投資
対象だ。基準価格(分配金控除後)は昨年末から3割強上昇。純資産残高も約2割増えた。
 配当利回りに焦点を当てたファンドのため、分配金の支払いは手厚い。決算日は年4回。1、7月は株式売却益
を、4、10月は配当収入をそれぞれ原資に分配金を支払う。7月の実績は25円だった。2005年6月にファンドを
設定してからの分配金の累計は7月時点で5265円に達した。
 実際の組み入れ銘柄数は70〜80ほど。相対的に割安な銘柄を探し毎月入れ替えている。投資対象とするの
は日本株700銘柄。配当割引モデルを使って理論株価を算出し、実際の株価が理論株価を下回っている銘柄を
「割安」と判断する。
 組み入れ候補は予想配当利回りが高い順に300銘柄ほどに絞って、さらに財務面などの安全性も考慮して銘
柄を選び出して投資する。
 株式運用部の狩野泰宏シニアインベストメントマネージャーは「全体の運用資産が東証株価指数(TOPIX)の
予想配当利回りに比べ1%ほど高い水準になるようにしている」と説明する。
 バリュエーション(投資尺度)を基準とした投資方針のため、組み入れ銘柄の業種の傾向は景気変動の局面ご
とに大きく変わる。設定当初は海運や電力が上位を占めていたが、現在は通信や商社、金融がトップ10に入って
いる。
 09年2月からはインターネットを通じた販売も開始した。購入時の手数料を無料にし、資産拡大を狙った。だが
「新規資金の流入はまだ少ない」(狩野氏)という。配当収入を特徴としたファンドは相場が軟調な時にこそ実力を
発揮する。相場全体が上昇基調にあるなかで中長期の資産運用を好む投資家にどれだけアピールできるかが
資金をさらに集めるカギとなる。
(日経QUICKニュース)

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:94pFEJy4
下落か本格上昇か 日本株占う「割高プット」 スクランブル
2013/07/23 20:27 日経速報ニュース 1545文字
 23日の東京市場では日経平均株価が続伸し、心理的節目の1万5000円まであと200円強に迫った
ただ、商いの盛り上がりはいまひとつで、東証1部の売買代金は連日で2兆円強と低水準。個別銘柄
の売買代金をみても東京電力株など値動きの軽い銘柄がにぎわう一方、トヨタ自動車など好業績期待
が強い主力株はやや伸び悩む。「相場上昇の持続力には疑問がある」(ミョウジョウ・アセット・マネジメ
ントの菊池真代表)と思案顔の投資家は意外と多い。
 上昇相場を確信しきれない投資家の間では、オプション市場で生じている「気になるサイン」が話題に
なっている。
 オプション市場の売買の主体となっている複数の証券会社によると、日経平均オプションのプット(売
る権利)がコール(買う権利)に対し割高になると上昇する「ボラティリティー・スキュー」という指数が足
元で上昇基調を強め、5月下旬の相場急落局面以来の高水準に達したという。
 スキュー指数を元に世界の主要市場を見渡すと、どうも日本が独歩高になっているようだ。先高観が
根強い米国や、一時の金融市場の混乱が落ち着いてきた欧州・中国といった主要市場ではスキュー指
数が軒並み低下傾向を示している。
 本来、今回のような上げ局面では先高観からコールの需要が高まるので、スキュー指数は低下しや
すい。しかし、日経平均は6月13日の直近安値から足元までに2333円(19%)高と急ピッチで上昇。振
り返れば、5月下旬の急落時もそれまでの上げ幅が大きかった。2カ月前の急落の記憶が鮮やかなだ
けに株式市場でも「再度、相場が急落しかねないとの疑念を抱く投資家も多い」(BNPパリバ証券の岡
沢恭弥株式・派生商品統括本部長)という。つまり、今回のスキュー指数の上昇を素直に読み解くと「先
安不安からプット需要が旺盛」ということになる。
 だが、別の解釈もある。ゴールドマン・サックス証券の宇根尚秀エクイティデリバティブトレーディング部
長は「日本株買いの中心が短期運用主体のヘッジファンドから、中長期運用の投資家に移ってきた証
左だ」と分析している。
 順を追ってみてみよう。
 5月下旬までの相場上昇をけん引したのは欧米のヘッジファンドに代表される短期マネーだった。株価
指数先物を大量に購入して相場を一気に押し上げる手口が目立った。ところが5月下旬の相場急落でこ
の流れは暗転する。急落で痛手を被ったファンドもあり、こうした短期筋の買いは足元では鳴りを潜めてし
まった。代わりに勢力を増しているのが、欧米の年金や投資信託といった中長期で投資判断を下す資金
の存在だ。業績拡大期待が高まり、先高観が強い輸出関連の主力株などを「じわじわと買い進めている」
(宇根氏)という。
 こうした投資家の買いがスキュー指数の上昇につながるのは次のような構図があるためだ。中長期運
用の投資家は現物株を買い持ちしているので、先高観のある相場への備えとしてコールを買う必要性は
薄い。半面、相場下落時のダメージを和らげるため、プットの需要は根強い。こうしたプット需要の積み上
がりの結果、プットが相対的に割高になりやすいという。
 実際、5月下旬に相場が急落して以降、中長期の投資資金は日本株をじわりと買い増している。米キ
ャピタル・リサーチは6月時点でソフトバンク株を13.56%、任天堂株を8.9%まで買い増した。23日に提出
された大量保有報告書によると、米ラザード・アセット・マネージメントがLIXILグループ株の保有比率を従
来の6.12%から7.13%に引き上げたことも明らかになった。
 静かに広がる海外勢の買いが底流にあるとすれば、今回のスキュー指数上昇が指し示すのは、先安
観ではなく、むしろ力強い相場上昇という可能性が広がるのかもしれない。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:gxKDuJHP
米国株、ダウ最高値更新 好決算のユナイテッド・テクノロジーズが高い
2013/07/24 05:40 日経速報ニュース 315文字
【NQNニューヨーク=古江敦子】23日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に続伸し、3営業日
ぶりに過去最高値を更新した。終値は前日比22ドル19セント高の1万5567ドル74セント(速報値)。朝
方に増収増益の4〜6月期決算を発表した航空機・機械のユナイテッド・テクノロジーズが大幅に上昇し
、指数を押し上げた。
 ただ株式相場が最高値圏にあることから一段と買い進む投資家は少なく、上値はやや重かった。この
日夕刻発表のアップルを含め、有力企業の四半期決算の内容を見極めたいとのムードも買い手控えに
つながった。
 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反落し、前日比21.12ポイント安の3579.27(速報
値)で終えた。

NY円17時(終値)1ドル=99円35〜45銭 25銭円高・ドル安  
2013/07/24 06:06 日経速報ニュース 38文字

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:gxKDuJHP
設備投資、増加の兆し、7月月例「自律的回復」、機械受注上向きに、外需は減速懸念。
2013/07/24 日本経済新聞 朝刊 5ページ 1192文字 書誌情報
 政府は7月の月例経済報告で、景気は設備投資の一部が持ち直し、雇用や所得に波及する「自律的
回復」に向けて動き出したと評価した。円安・株高と政府の経済対策が押し上げた景気に持続力が付き
つつあるとの考えだ。ただ、設備投資は先行指標こそ明るいものの、実績はまだ前年を下回る。政府が
判断を引き上げたのは、7月11日に景気を「回復」と表現した日銀に背中を押された面もある。
 政府の7月の判断は「景気は着実に持ち直しており、自律的回復に向けた動きもみられる」。3カ月連
続の上方修正で、2012年9月以来、10カ月ぶりに「回復」の表現を盛り込んだ。設備投資と生産、企業
の業況判断、住宅建設の4項目で判断を引き上げた。物価動向は「デフレ状況は緩和しつつある」とした。
 安倍晋三政権が重視するのは、国内の設備投資が回復すること。製造業などの空洞化に歯止めをか
ければ雇用も回復し、多くの工場が立地する地方経済に恩恵が及ぶ。
 設備投資の先行きには明るい指標が増えている。3カ月から6カ月先の設備投資を映すとされる機械受
注の民需(船舶・電力を除く)は5月に前月比10・5%増えた。日銀短観や民間機関によるアンケートでも
企業が設備投資の計画を上方修正し始めている。
 しかし、設備投資が増えた実績はまだ確認できていない。財務省の法人企業統計で全産業の設備投資
額は1〜3月期に前年同期比3・9%減。4〜6月の実績は内閣府が8月12日に公表する4〜6月期の国
内総生産(GDP)速報値の推計まではっきりしない。
 金融緩和に伴う円安・株高や景気対策で浮き上がった景気が持続的に回復するには、海外需要が大崩
れせず企業が投資を増やすことが前提。その外需は主要輸出先である中国の経済に減速リスクが浮上し
ている。
 それでも内閣府が景気判断を引き上げたのは、先に景気は「回復」と判断した日銀を意識した可能性が
ある。
 「政府が景気を『回復』と判断する基準は日銀よりも厳しいよ」。11日に日銀が景気を「緩やかに回復し
つつある」と判断した後、内閣府ではこんな声が漏れた。足元の景気を見る月例報告では、設備投資の
判断は法人企業統計の結果を待つのが基本方針だからだ。
 ただ、安倍政権は政府・日銀が一体となってデフレ脱却を目指す姿勢を強調してきただけに、日銀と景
気認識にずれがあると見られるのは避けたい。企業心理の改善で設備投資に上向きの動きがあるのも
事実。心理を押し上げた株高・円安の流れが続けば、個人消費に続いて設備投資の拡大も期待できる。
結局、「自律的回復への動き」という表現に落ち着いた。
 23日の記者会見。甘利明経済財政・再生相は景気を巡る日銀との表現の違いを問われ、こう答えた。
「結論的には同じ」。しかし「回復」の結論にたどりつくまでの政府内の迷いは、景気が本当に自律的な回
復に向かうかどうかの難しい局面にあることを示唆している。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:gxKDuJHP
株、個人の買い意欲鈍る、決算見極め、信用買い残、頭打ち(Forecast)
2013/07/24 日本経済新聞 朝刊 17ページ 981文字 書誌情報
 株式市場で個人投資家の買い意欲が鈍る一方、海外勢が相場を下支えする構図が強まっている。23
日発表の信用買い残は4週続けて3兆円を下回った。4〜6月期決算発表を控え、これまで下落局面で
信用買いを入れてきた個人の勢いが一服。成長銘柄などを選んで投資する海外の長期マネーが厚みを
増すかどうかが相場上昇のカギを握る。
 東京証券取引所が23日発表した19日申し込み時点の信用取引の買い残高(東京・名古屋2市場、制
度信用と一般信用の合計)は2兆9241億円。前週(東京・旧大阪・名古屋の3市場合計)の2兆9124
億円とほぼ同じだった。
 この週の日経平均株価は83円(0・58%)上昇した。株価が下がると押し目買いし、上がると利益確定
売りする「逆張り」姿勢の個人は、野村ホールディングスやサントリー食品インターナショナルなどそれまで
上昇していた銘柄を手じまい売り。その一方で、新規の信用買いには消極的だったもようだ。
 決算発表を控えて「業績改善が確認できるまで積極的に上値を追いづらい」(立花証券の平野憲一顧問
)状況にあるためだ。参院選で圧勝した安倍晋三政権が新たな経済政策を打ち出すのを見極めようとする
投資家も多い。今月に入って日経平均はすでに1000円以上上げており、短期的な過熱感が意識され始
めた面もあるという。
 現物株の売買動向でみても、7月第2週時点で個人は4週連続の売り越し。この間の累計売越額は1兆
円以上に達した。7月第2週には投資信託も約3カ月ぶりの売り越しに転じた。
 こうした中で下支え役となっているのが海外勢だ。日経平均が120円高で終えた23日は、海外勢とみ
られる資金が株価指数先物に流入し、現物株相場を押し上げた。参院選を経て政権が安定するとの見方
から、「日本株市場に流れる海外マネーの量は全体としてやや膨らんだ」(ソシエテジェネラル証券の小原
章弘ディレクター)。寄り付き前の外国証券経由の注文動向(市場推計、株数ベース)は買い越し基調が
続く。
 また最近の大量保有報告書からは、中長期の資金も日本株に向かっていることが読み取れる。米ラザ
ード・アセット・マネージメントなどは、LIXILグループの保有割合を前回の6・12%から7・13%に増やし
た。英GLGパートナーズも三井化学の保有株を増やしたり、ロームを新たに大量保有したりしたことが判
明している。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:uGI16t5E
東証前引け、反落 下げ幅一時140円超、中国PMI悪化に反応薄
2013/07/24 11:46 日経速報ニュース 980文字
 24日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落。前引けは前日比85円68銭(0.58%)安の1万4692円83銭
だった。前日の日経平均が1万5000円の心理的な節目まで200円程度に迫るなど、短期的な相場の過熱感を背
景に目先の利益を確定する目的の売りが優勢になった。7月のHSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)
速報値の発表を控えて下げ幅を140円超まで広げる場面があったが、発表後の中国市場で上海総合指数の値
動きが限られたため前引けにかけて下げ幅を縮小した。
 朝方の取引は売りが先行した。前日のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の日経平均先物9月物の清算値
(円建て)が大証の日中終値を65円下回ったのを受け、指数先物に売りが出た。ファストリやファナックなど指数
への影響が大きい値がさ株が売られた。「欧州のPMI速報値や米主要企業の4〜6月期決算を見極めようと様子
見姿勢も強い」(東洋証券の大塚竜太ストラテジスト)との指摘も出ていた。
 一方、下値を売り込む動きも限られた。前日の大引け後に2014年3月期の純利益予想を上方修正した日電産
が大幅高になるなど、個別に買い材料が出た銘柄が買われた。米アップルが発表した4〜6月期決算で、主力
のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売台数が市場予想を上回ったことなどを受け、アップルと取引の
ある太陽誘電やアルプスも買われ、指数を下支えした。
 東証株価指数(TOPIX)も反落。業種別TOPIXは全33業種中26業種が値下がりした。「海運業」や「医薬品」の
下落が目立った。
 前引け時点の東証1部の売買代金は1兆140億円、売買高は11億806万株、東証1部の値下がり銘柄数は1027
、値上がり銘柄数は581、変わらずは145だった。
 円相場が1ドル=99円台半ばで膠着しているのを受けトヨタやホンダ、日産自など自動車株が安い。三井住友F
Gや三菱UFJなど銀行株もさえない。東電や関西電など電力株にも値下がりが目立つ。前日に大幅高となった
ソフトバンクも小幅安で午前の取引を終えた。一方、ロームや村田製が堅調。任天堂やKDDI、三井物が上げた。
 東証2部株価指数は3営業日ぶりに反落。Oak、理経、NDソフトが下げた。半面、Jトラスト、ダイハツデ、M2J
が上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:uGI16t5E
三井住友銀行、フランス大手銀の日本法人買収へ

 三井住友銀行は24日、フランスの金融大手ソシエテ・ジェネラルグループの日本法人ソシエテジェネラル信託
銀行を買収する方針を決めた。
 同日午後にも発表する。同信託銀が強みを持つ富裕層向け資産運用事業の強化を図る。
 三井住友銀は、高収益が期待できる富裕層向け部門を拡大しており、買収後は、資産運用に加えて、遺産相続
ビジネスなども強化する。
 ソシエテジェネラル信託銀行は、2002年に設立された外資系信託銀行。東京と大阪に拠点を持ち、富裕層向け
の資産運用や管理を行ってきた。国内での預かり資産は5000億円程度と見られる。ソシエテ・ジェネラルグルー
プは、欧州危機で打撃を受けて以降、資産の圧縮を急いでおり、今回の信託部門売却もリストラの一環とみられる。

(2013年7月24日15時59分 読売新聞)

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:uGI16t5E
みずほ証券誤発注、二審も賠償107億円、東証に命じる、東京高裁判決。
2013/07/24 日本経済新聞 夕刊 1ページ 447文字 書誌情報
 みずほ証券が2005年にジェイコム(現ジェイコムホールディングス)株を誤発注した問題で、東京証券取引所
のシステム不備で損失が拡大したとして、東証に約415億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高
裁(加藤新太郎裁判長)は24日、東証に一審と同じく約107億1200万円の支払いを命じるとともに、利息に当た
る遅延損害金の利率は一審判決より低くした。
 みずほ証券は05年12月、ジェイコム株の売り注文を顧客から受け、「61万円で1株」とすべきところを「1円で6
1万株」と株数と売値を取り違えて発注。取り消そうとしたが、東証のシステム不備で受け付けられず400億円超
の損失が出た。
 09年12月の一審・東京地裁判決は、損害額を約150億円と算定。そのうえで「発行済み株式数の3倍を超える
売買が成立した時点で、東証は売買停止を検討すべきだった」として、東証の過失を認める一方、みずほ証券の
過失も認め、東証とみずほ証券の過失割合を7対3として賠償額を算定した。双方が判決内容を不服として控訴
した。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:uGI16t5E
・[ユーロ圏:7月消費者信頼感、マイナス17.4−予想以上の改善
  改善は8カ月連続]
 ・・ボトムは打ちましたかね?

・[1〜6月の貿易赤字4兆8438億円、前年同期比66%増、過去最大]
 ・・円安効果はやっぱり赤字拡大ですねぇ
 [菅官房長官は「円安で輸入の支払いが増加している。
  燃料価格の動向に注意する必要がある」]
 ・・注意する必要??・・対策する必要じゃない?
 [菅官房長官は「いずれは、赤字解消、赤字縮小に
  向かっていくと期待しております」]
 ・・期待・・ですか・・

・[中国:HSBC製造業PMI、7月は一段と低下-減速感強まる]
 ・・減速は織り込み済み
  シャドーバンク問題は四半期ごとに訪れるでしょうから、
  次は9月末に向けて警戒・・ですね

・[スマホ・携帯2分でハッキングし、自在に遠隔操作
  「自分の携帯が該当するか確認する方法はない。
  ハッキングされた利用者は、月末に届く請求書を見て、
  初めて気付く」国連が警告]
 [スマホアプリ:3700万人情報流出か IT社長逮捕]
 ・・どうなることやら・・

・[菅元首相に離党勧告へ 海江田代表 拒めば除名検討]
 ・・もう、どーでもいいね

・[橋下氏、堺市長の選挙応援「大失敗だった。決着つける」]
 [野党再編、新党結成が望ましい…橋下氏]
 ・・すでに、国民の審判は出た。
  とりあえず、市長の仕事をしたらどうだ?

・[福島の除染:最大5兆円…国経費1兆円上回る 産総研試算]
 ・・また、選挙が終わって現実的な数字が・・
  にしても、屋根を布で拭いてる除染作業見てると、
  ドー見ても効果が上がるとは思えないけどね・・

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:BFemgJNG
政府は景気「回復」明言に二の足、日銀との一体感にずれ
[東京 24日 ロイター] - 足元景気の回復基調が鮮明になってきたにもかかわらず、政府が景気の
「回復」を明言することに二の足を踏んでいる。

明確な景気の好循環メカニズムがまだ見られないためだが、異次元緩和を続ける日銀は政府よりひと
足先に「回復」局面入りを宣言。安倍政権の発足以降、政策の一体感を常に強調してきた両者の間に
微妙なずれが生じている。

政府の景気に関する公式見解となる月例経済報告。23日に公表した7月分では、基調判断を「着実に
持ち直しており、自律的回復に向けた動きもみられる」として、3カ月連続で上方修正した。月例の基調
判断に「回復」の文言が入るのは10カ月ぶり。昨年9月に「世界景気の減速等を背景として、回復の動
きに足踏みがみられる」と表現して以来だ。

政府が基調判断に「回復」を復活させたのは、国内景気に「支出・生産・所得の好循環の芽が出てき
た」(甘利明経済再生担当相)ことが理由だ。輸出の持ち直しに加え、消費・公共投資など内需の好調
を背景に、生産が緩やかに増加し、企業の収益環境も次第に改善。さらに、遅れていた設備投資の一
部に動きが出てきたことで、景気の循環メカニズムが少しずつ起動し始めたととらえた。

しかし、政府内では依然として「回復」局面入りの判断には慎重論が大勢で、今回の表現変更後も「回
復しているとは言ってない」(内閣府幹部)と及び腰。一部で動き始めたが広がりに欠ける設備投資や、
安倍晋三首相の意向を受けて経済界が対応を始めた賃上げの後も、賃金・所得の上昇が持続的となる
かが、今後の「回復」を左右する鍵になるという。

一方、日銀は今月11日の金融政策決定会合で、景気判断を「緩やかに回復しつつある」として、2年半
ぶりに「回復」局面入りを宣言済み。政府の月例では「緩やかに回復しつつある」との表現は、昨年8月
を最後に消えたままだ。

政府関係者は「ニュアンスの違いだけ。基本的な判断は同じ」と説明するが、安倍政権の発足後、共同
文書までまとめて一体感を演出した政府・日銀の間にずれが生じるのは珍しい。今後、両者の認識の
ずれが次第に広がれば、秋の消費税引き上げや今後のデフレ脱却をめぐる判断などにも微妙な影を落
としかねない。

(ロイターニュース 基太村真司:編集 石田仁志)

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:BFemgJNG
米国株、ダウ反落25ドル安 キャタピラー安い ナスダックは反発
2013/07/25 06:24 日経速報ニュース 897文字
【NQNニューヨーク=増永裕樹】24日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落し、前
日比25ドル50セント(0.2%)安の1万5542ドル24セントで終えた。建設機械のキャタピラーが発表した四
半期決算が低調な内容となった。世界経済のけん引役である中国の景況感指標の低下も投資家心理を
やや悪化させ、幅広い銘柄に利益確定売りが広がった。
 キャタピラーの4〜6月期は純利益が前年同期から43%減少した。資源価格が低迷する中、鉱山開発
会社が設備投資を抑制したため鉱山向け重機の販売が低迷した。世界経済が減速しているとの懸念が
高まり、株式市場では運用リスクを回避する動きにつながった。
 英金融大手HSBCが24日発表した7月の中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は、11カ
月ぶりの低水準となった。中国での販売を収益源とする米企業は多く、非鉄のアルコアなど関連銘柄へ
売りが広がった。
 午前発表の6月の米新築住宅販売件数は約5年ぶりの高水準となったが、相場の反応は限られた。
 ハイテク関連株の比率が高いナスダック総合株価指数は小反発した。時価総額の大きいアップルなどの
上昇が寄与し、前日比0.33ポイント(0.0%)高の3579.60で終えた。
 業種別S&P500種株価指数は全10業種のうち9業種が下落した。「公益事業」や「エネルギー」、「素
材」の値下がりが目立つ。「IT(情報技術)」は上昇した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約
6億8000万株(速報値)、ナスダック市場は約17億2000万株(同)だった。
 キャタピラーの下げが目立ち、値下がり率はダウ平均を構成する銘柄で最大だった。増益決算を発表し
た航空機のボーイングも下落。大手銀のバンク・オブ・アメリカや、通信のAT&Tが売りに押された。24日
の東京市場の取引終了後に収益予想を下方修正したキヤノンの米預託証券(ADR)は大幅安だった。
 一方、増益決算を発表した自動車のフォードが上昇。ITのIBMやヒューレット・パッカード(HP)が上げ、
クレジットカードのアメリカン・エキスプレスにも買いが優勢だった。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:BFemgJNG
NY円、反落 1ドル=100円25〜35銭 対ユーロ2カ月ぶり安値
2013/07/25 06:29 日経速報ニュース 751文字
【NQNニューヨーク=川内資子】24日のニューヨーク外国為替市場で円相場は3営業日ぶりに反落し、前
日比90銭円安・ドル高の1ドル=100円25〜35銭で取引を終えた。米長期金利の上昇を受け、日米の金
利差が拡大するとの見方から円売り・ドル買いが優勢となった。
 金融情報会社マークイットがまとめた7月の米製造業の購買担当者景気指数(PMI)速報値が4カ月ぶ
りの水準に上昇した。6月の米新築住宅販売件数も市場予想以上に増えた。米景気の回復観測を背景
に米10年物国債の利回りが上昇(価格は下落)。このところ対主要通貨で軟調に推移していたドルを買い
戻す動きが優勢となった。
 円の安値は100円45銭、高値は100円03銭だった。
 円は対ユーロで続落し、前日比85銭円安・ユーロ高の1ユーロ=132円30〜40銭で取引を終えた。一時
132円74銭まで下落し、5月23日以来約2カ月ぶりの安値を付けた。マークイットまとめの7月のユーロ圏
PMI速報値で製造業と非製造業を合算した総合指数が市場予想以上に改善し、好不況の境目とされる
50を1年半ぶりに上回った。ユーロ圏の景気が回復に向かうとの見方から、円売り・ユーロ買いが優勢だ
った。
 ユーロはドルに対して4営業日ぶりに反落した。前日終値の1ユーロ=1.32ドル台前半から、1.32ドル
ちょうど前後に水準を下げた。米長期金利の上昇を受けてユーロ売り・ドル買いが優勢となった。「主要格
付け会社がドイツ国債の格付けを引き下げる」との出所不明のうわさがユーロ売りを促したとの指摘もあ
った。ユーロは一時1.3177ドルまで下げた。
 ただ、ユーロ圏のPMIを手掛かりにユーロ買いが膨らむ場面もあった。ユーロは一時1.3256ドルまで上
昇し、6月20日以来の高値を付けた。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:BFemgJNG
三井住友銀、ソシエテ信託の買収発表。
2013/07/25 日本経済新聞 朝刊 5ページ 144文字 書誌情報
 ■三井住友銀 三井住友銀行は24日、フランス金融大手ソシエテ・ジェネラルの子会社であるソシエテ
ジェネラル信託銀行(東京・港)を買収すると正式に発表した。買収額は100億円超とみられる。4000億
円を超える富裕層の預かり資産を引き継ぎ、プライベートバンキング(富裕層向け事業)を強化する。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:h2PiJqhr
・[ガソリン店頭価格157円、1年3カ月ぶり高値]
 ・・民主党の暫定税率廃止の廃止で見直し論すら
  なくなってしまいましたね。  

・[220キロでカーブへ…スペイン脱線77人死亡
  このカーブの走行速度は時速80キロに制限されていた]
 ・・中国ばりの事故
  写真で見ると、結構なカーブですもんね

・[中国、南沙で比とのトラブル激増 海洋進出鮮明に]
 [中国軍機、沖縄本島・宮古島間を越え初めて太平洋に]
 ・・いやはや困ったもんです

・[「漁業者への裏切り」東電に抗議 汚染水海洋流出で]
 [田中規制委員長「東電だけでは解決不能」]
 ・・分かってるならなんとかしなさいよ!
  
・[東京大分子細胞生物学研究所:論文に多数の不正 
  調査委、43本「撤回が妥当」
  16年間にわたってこれほど多くの不正を重ねたのは極めて異例。
  今後、研究費返還や博士号など学位取り消しに発展]
 [東大政策ビジョン研究センターに所属する教授、
  研究費など数千万円詐取か 東京地検が捜査]
 ・・こういう人達が、第三者委員会とか有識者会議の
  メンバーなんですよねぇ

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:aASYY68n
日経平均大引け、続落 2週ぶり安値 円相場一時上昇で売り
2013/07/25 15:07 日経速報ニュース 258文字

 25日の東京株式市場で日経平均株価は続落した。終値は前日比168円35銭(1.14%)安の1万4562円
93銭だった。12日以来およそ2週間ぶりの安値水準となる。円相場が一時1ドル=99円台後半と上昇
に転じ、トヨタなど輸出株に売りが広がった。前日のキヤノンの2013年12月期業績見通しの下方修正に
続き、きょうの取引時間中に信越化が発表した2014年3月期業績見通しが市場予想に届かなかったこと
も売りを誘った。
 東証1部の売買代金は概算で2兆0673億円(速報ベース)だった。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:aASYY68n
株診断 キヤノン、利益下振れの構造はニコンなどにも共通なのか
2013/07/25 16:14 日経速報ニュース 1044文字
 24日に2013年12月期決算予想の下方修正を発表したキヤノン(7751)が売られている。午前中の取引
で一時、前日比240円(7.0%)安い3190円に下落した。市場では「今期予想の下振れはサプライズだった
」との声が多い。キヤノンの業績見通しへの警戒感が広がったことから、先々に決算発表を控えるリコー(
7752)やニコン(7731)にも売り圧力が強くなった。
 キヤノンの業績低迷は、ハイテク機器製造業に共通する構造的な問題なのか。主力のデジタル一眼レ
フカメラの売れ行きが鈍い理由は、ハイテク機器各社に共通する。欧州や中国の景気減速による市場冷
え込みというマクロ要因が背景となっているためだ。企業の個別努力だけではマイナス要因の払拭に限
界があるとの見方もある。UBS証券は24日付のリポートでキヤノンの目標株価を3000円から2800円に
引き下げた。担当の桂竜輔アナリストはリポートで「下期のマクロ経済の先行きが楽観的である」と指摘。
「デジタル一眼でのダウンサイドリスクが残る」(桂氏)と指摘した。ダウンサイドシナリオでは株価は2400
円までの下落もあるとみる。
 もっとも、「キヤノンは売上高に占める国内比率が2割程度で、リコーの4割半と比べて低い。世界経済
の先行きが企業業績に与える影響は企業ごとに異なる」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の小宮知
希アナリスト)との指摘もある。クレディ・スイス証券の吉田優アナリストは「ハイテク機器各社の業績は一
眼レフカメラは共通するものの、それ以外の事務機などでは会社別の販売力でハイテク機器株に強弱が
出る」と分析する。
 キヤノンは複写機やレーザープリンターなどの事務機が日米といった先進国市場で好調だ。下方修正し
たとはいえ、13年12月期の2ケタの増益見通しを支えるのは事務機の強さによる。「事務機は販売チャネ
ルの強さが業績に響く。キヤノンは競合他社に比べて米国などの販売力の強さから、株価が下押しされ
る場面があっても限定的ではないか」(吉田氏)という。
 バリュエーション(投資尺度)でみてもキヤノンの配当利回りは4%を超えており、リコーの2.8%、ニコン
の1.9%と比べて高い。「リコーやニコンは決算が控えるため思惑で売られやすくなるが、キヤノンはいった
ん材料も出た。配当利回りの高さからもこれ以上売りを出す投資家は限られるだろう」(岩井コスモ証券の
有沢正一投資調査部副部長)といった声が聞かれた。〔日経QUICKニュース(NQN) 江村英哲〕

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:aASYY68n
株、海外投資家が7週連続買い越し 2513億円と前週からは縮小・7月第3週 
2013/07/25 16:48 日経速報ニュース 362文字
 東京証券取引所が25日発表した2013年7月第3週(16〜19日)の投資部門別株式売買動向(東京・名
古屋2市場、1.2部と新興企業向け市場合計)によると、海外投資家(外国人)は7週連続で買い越し、買
越額は2513億円だった。前の週の3321億円からは減少した。今回から東証と大阪証券取引所が現物株
市場を統合して初の統計となる。
 この週の日経平均株価は週間で83円(0.6%)上昇した。米国株高を受けて買いが優勢だった。参院選
挙を控えた週末は高値警戒感から売りに押される展開となったものの、円相場の下落を支えに海外投資
家が日本株に買いを入れたとみられる。
 一方、個人投資家は5週連続で売り越した。売越額は3244億円だった。投資信託は2週連続で売り越
した。金融機関も3週連続で売り越した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:RmdiHrZx
米国株、ダウ小反発13ドル高 金融緩和の長期化観測が強まり  
2013/07/26 06:18 日経速報ニュース 768文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】25日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅ながら反発し、前日
比13ドル37セント(0.1%)高の1万5555ドル61セントで終えた。米連邦準備理事会(FRB)が緩和的な
金融政策を長期間続けるとの見方が強まり、取引終了にかけて買いの勢いが強まった。
 ウォール・ストリート・ジャーナル紙(電子版)が午後、FRBが事実上のゼロ金利政策継続の目安とする
失業率の水準などの議論を30〜31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で深めると報じた。利上げの
ハードルを高める可能性が意識され、金融緩和が長期化するとの見方につながった。
 ただ、相場は売りに押される場面が目立った。朝方発表の週間の米新規失業保険申請件数が増加。
6月の米耐久財受注額は大きく伸びたが、変動が大きい運輸関連を除くと横ばいにとどまった。景気の
先行き不透明感につながり、利益確定売りを呼び込む要因になった。
 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、前日比25.59ポイント(0.7%)高の3605.19
で終えた。好決算を発表した交流サイト(SNS)大手フェイスブックが大幅高となり、指数を押し上げた。
 業種別S&P500種株価指数(全10業種)では、「素材」や「公益事業」など9業種が上昇、「一般資本
財・サービス」が小幅に下落した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約6億8000万株(速報)
、ナスダック市場は約20億6000万株(同)だった。
 増益決算を発表した工業製品・事務用品のスリーエム(3M)や、化学のダウ・ケミカルが上昇。収益見
通しを引き上げた半導体のクアルコムも上げた。
 減益決算を発表したゼネラル・モーターズ(GM)は下落。決算が大幅な減益となった住宅のDRホー
トンが下げ、住宅株全般に売りが波及した。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:RmdiHrZx
NY円、反発 1ドル=99円25〜35銭で終了、一時2週ぶり高値
2013/07/26 06:36 日経速報ニュース 867文字
【NQNニューヨーク=川内資子】25日のニューヨーク外国為替市場で円相場は反発し、前日比1円円高
・ドル安の1ドル=99円25〜35銭で取引を終えた。一時98円87銭まで上昇し、12日以来、約2週ぶりの
高値をつけた。米連邦準備理事会(FRB)が緩和的な金融政策を長期間続けるとの見方が強まり、円買
い・ドル売りが広がった。
 米ウォール・ストリート・ジャーナル紙(電子版)が午後、「FRBは、事実上のゼロ金利政策の継続の目
安とする失業率やインフレ率の水準などの議論を7月30〜31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で
深める」と報じた。利上げのハードルを高める可能性が意識され、米国の金融緩和が長期化するとの見
方につながった。
 朝方発表の6月の米耐久財受注額は大幅増となったが、変動が大きい輸送関連を除くと横ばいにとど
まった。週間の新規失業保険申請件数が増加したこともあり、米景気の回復ペースが緩やかとして円買
い・ドル売りを促した。
 円の安値は1ドル=100円00銭だった。
 円は対ユーロで3日ぶりに反発し、前日比60銭円高・ユーロ安の1ユーロ=131円70〜80銭で取引を終
えた。対ドルでの上昇が波及し、円買い・ユーロ売りが優勢になった。
 ユーロはドルに対して反発し、前日終値の1ユーロ=1.32ドルちょうど前後から同台後半に水準を切り上
げた。一時1.3296ドルまで上昇し、6月20日以来、約1カ月ぶりの高値をつけた。独Ifo経済研究所が発表
した7月の企業景況感指数が上昇。欧州景気が回復するとの期待からユーロ買いが優勢となった。米国
で緩和的な金融政策が長期化するとの見方も対ドルでの上昇を促した。安値は1.3191ドルだった。
 英ポンドは対ドルで上昇した。前日夕の1.53ドル台前半から同台後半に水準を切り上げた。米金融緩和
政策が長期化するとの見方からポンド買い・ドル売りが優勢となった。
 ただ、ポンドは安く推移する場面もあった。英国の4〜6月期の実質国内総生産(GDP)速報値が市場
の一部予想を下回り、ポンド売りが出た。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:RmdiHrZx
3大銀、国債2割圧縮、4〜6月、日銀買い入れ強化で。
2013/07/26 日本経済新聞 朝刊 1ページ 565文字 書誌情報
 三菱UFJフィナンシャル・グループなど3メガ銀行が国債の保有残高を大幅に減らしたことがわかった。
6月末の残高は合計で約90兆円と3月末から2割圧縮した。大規模な金融緩和を進める日銀の国債買
い入れに積極的に応じたことが背景にある。3メガ銀とも2013年4〜6月期は増益になったが、国内融
資による収益回復は鈍い。(関連記事5面に)
 三菱UFJは4〜6月に国債の保有額を約8兆円削減。三井住友フィナンシャルグループは6兆円以上、
みずほフィナンシャルグループも5兆円規模で圧縮した。4月初旬までは市場で売却する動きも目立った
が、同月4日の「量的・質的金融緩和」以降は日銀が国債買い入れを強化したのに応じて残高を減らした。
 3社合計の国債残高はリーマン・ショック後に急増。収益の国債依存度は高く、13年3月期は連結最終
利益の合計2・2兆円に対し、国債売買益が3割強を占めた。
 各行は国債残高を減らしながら償還までの平均残存年数を短くしており、利回りを確保しにくくなってい
る。このため「国債頼みの収益構造は限界」との声もある。
 国債残高を減らした分の資金の大半は日銀の当座預金に振り替わっており、外国債券や株式への資
産シフトは進んでいない。国内融資は昨年後半から増加基調にあるが、国債の減少分を穴埋めするほど
資金需要の裾野は広がっていない。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:RmdiHrZx
3大銀、2割強の増益、4〜6月、投信や海外が好調。
2013/07/26 日本経済新聞 朝刊 5ページ 360文字 書誌情報
 3メガ銀行の2013年4〜6月期の連結最終利益は合計で6000億円程度と前年同期から2割強増え
たようだ。株価上昇で保有株式の減損処理が減ったほか、投資信託の販売手数料が伸びた。グループ
の証券子会社も収益をけん引。円安の進展で海外部門は円換算の収益が増えた。(1面参照)
 4〜6月期は3社とも2000億円台の最終利益を確保したもよう。
 一方、市場部門では明暗が分かれた。三井住友フィナンシャルグループは国債やETF(上場投資信託)
の売買で収益を押し上げたのに対し、三菱UFJフィナンシャル・グループやみずほフィナンシャルグループ
は市場部門が減益だったとみられる。
 国内融資は伸びているが、貸出金利の低下で収益回復に時間がかかっている。投信販売などは株式
相場次第の面もあり、7〜9月期以降も好業績を維持できるかは不透明だ。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:RpltZJdm
東証大引け、大幅続落 円高・業績警戒で売り、3週間ぶり安値
2013/07/26 15:34 日経速報ニュース 1080文字
 26日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に3日続落。終値は前日比432円95銭(2.97%)安の1万
4129円98銭だった。7月8日以来、約3週間ぶりの安値を付けた。円相場の上昇を受け、輸出主力株に売
りが出た。投資家の期待に対してさえない決算発表が相次ぐなか、企業業績への警戒も浮上。決算発表
を前に三菱UFJなど時価総額上位の一角には持ち高を減らす売りもかさんだ。下落幅は6月13日(843円
)以来、約1カ月半ぶりで、今年7番目の大きさだった。
 米国で緩和的な金融政策が当面維持されるとの観測が強まり、外国為替市場で円相場が上昇。一時
1ドル=98円台まで上昇し、輸出関連株や株価指数先物に売りがかさんだ。日経平均は25日移動平均(
1万4110円)付近まで下落。週間ベースでは459円(3.15%)安となり、6週ぶりの下落となった。
 発表が本格化している企業の2013年4〜6月期決算発表は、円安効果が収益を押し上げる一方で、販
売数量が想定や前年実績を下回る例が相次いでいる。中国や欧州経済の先行き不透明感から業績が会
社計画比で上振れることへの期待が後退。手掛かり難の中で買いが細り、売りに押されやすかったことも
下げに拍車を掛けた。市場では「企業は上期や通期の業績予想は据え置き、保守的な姿勢が目立つ。
投資家は企業収益よりも政府の成長戦略の具体策を待っている」(BNPパリバ証券のダグラス・ブッチャ
ー株式営業部長)との声があった。
 寄り付き前に発表された6月の消費者物価指数(CPI)は14カ月ぶりに前年同月比で上昇したが、市場
予想(0.3%)とほぼ同水準だったため、買い材料視する動きは限られた。
 東証株価指数(TOPIX)は大幅に3日続落。下落率は2.9%だった。東証1部の売買代金は概算で2兆
3712億円、売買高は27億1432万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は全体の9割超の1597、値上が
りは126で、横ばいは32だった。
 JFEは取引時間中に発表した2014年3月期の経常利益見通しが市場予想に届かず、一時11%安まで
売り込まれる場面があった。ソフトバンク、トヨタが下落し、東電、みずほFG、野村が下落。キヤノンも続落
した。前日に13年4〜6月期の連結決算を発表した日産自も一時3%近く下げる場面があった。半面、G
MOが上昇。富士電機、シャープが買われ、荏原、オリンパスも堅調だった。
 東証2部株価指数は5営業日ぶりに反落。Oak、M2J、高木が下落。一方でJトラスト、キャリアデザ、
不二サッシが上昇した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:RpltZJdm
内需株、年初来高値相次ぐ――マネー、外需株からシフト(株式ウオッチ)
2013/07/26 日本経済新聞 夕刊 5ページ 1027文字 書誌情報
 株式市場で内需関連銘柄の年初来高値更新が相次いでいる。安倍晋三首相の経済政策、アベノミクス
で国内景気の回復期待が一段と高まっていることが背景にある。欧州や中国景気の不透明感から投資
マネーが外需関連銘柄からシフトしている面もあるようだ。
 日経平均株価は6月13日に1万2445円の直近安値を付けて以降、25日までに17%上昇。同期間
の業種別日経平均で上昇率の首位は「通信」で27%高となった。けん引役は米通信大手スプリント・ネ
クステルの買収手続きが7月11日に完了したソフトバンク。5月20日に高値(6100円)を付けて以降、
6月7日の直近安値(4850円)まで約2割下落したが、4割あまり値を戻し、25日には年初来高値(70
10円)を付けた。
 内需関連では「小売業」や「サービス業」も20%前後上昇。政府が23日、7月の月例経済報告で景気
判断を3カ月連続で引き上げるなど、アベノミクスによる景気刺激効果で個人消費を中心に国内景気の回
復期待が高まっている。ローソンやニトリホールディングスは24日に年初来高値を更新。「高級品だけで
なく、個人消費への期待は日用品にも広がりつつある」(ネット証券)という。
 一方、外需関連株は春先に付けた年初来高値を抜けない銘柄が多い。特に上値が重いのが中国関連
銘柄だ。業種別日経平均の「機械」や「商社」は戻りが10%前後にとどまる。英HSBCが24日発表した
中国の7月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は3カ月連続で好不況の節目の50を下回るなど、景
気減速懸念がくすぶる。
 決算を手掛かりに外需から内需へと投資資金が一段とシフトすることも考えられる。キヤノンは円安効果
の下支えを受けながらも欧州などでのデジタルカメラ販売不振で2013年12月期の連結業績見通しを下
方修正。25日に7%安まで売られ、4月の年初来安値に接近した。一方、3〜5月期の連結経常利益が
過去最高となったJ・フロントリテイリングは年初来の高値圏で推移する。
 ただ、外需株の中でも強弱感がある。米市場で販売好調が伝わる富士重工業は年初来の高値圏で推
移。23日に車やエアコン向け一般モーターが堅調で、14年3月期の連結業績見通しを上方修正した日
本電産は年初来高値を更新した。市場では「外需株は円安効果だけでなく、地域や製品ごとの需要動向
を見極める必要がある」(ちばぎんアセットマネジメントの奥村義弘調査部長)との指摘も出ている。
(日経QUICKニュース)

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:RpltZJdm
・[ドルが下落、弱い経済指標を嫌気]
 ・・弱い経済指標⇒緩和継続⇒$余り⇒円買い・・ですね

・[6月の全国消費者物価指数、前年同月比+0.4%、14カ月ぶりに上昇]
 ・・景気向上⇒インフレ・・といきたいところでしょうけど、
  これは円安⇒輸入価格上昇のインフレなのです

・[民主執行部 参院選造反の菅直人元首相の除名断念
  党員資格停止を提案へ]
 [みんな、党内対立が泥沼化 渡辺、江田両氏が応酬]
 ・・ホントに、投票者を裏切るねぇ

・[社民党、福島党首が辞任を正式表明]
 [獲得議席ゼロの生活、小沢代表が続投]
 ・・どーでもいいけど、もう※※党ってのやめたら?

・[ギリシャの無人島、13億円で買いませんか?不況で競売に]
 ・・おぉ、マジで売ってきたねぇ

・[退職女性の職場復帰で「経済効果6兆円以上」 電通総研が試算
  全員が希望する就業形態で就職した場合]
 ・・新卒が余ってるのに、希望する場所で働けるわけ無いのにね

・[汚染水流出:東電、公表2日前に把握 復興本社にメール
  東電は原子力規制庁に18日、海洋流出の判断につながった
  データを提供したが、公表が22日]
 ・・原発推進でメシを食ってる人達は皆、選挙後に公表で一致か
 [東電、汚染水問題で社長ら減給 「リスク管理に甘さ」]
 [原子力規制委:下北沖「活断層の可能性」]
 [島崎氏は「(安全を守るとの)魂がこもってないといけないが、
  必ずしもそうでない部分もある]
 ・・とりあえず、再稼動審査はおいといて、規制委は全員で
  汚染水対策したらどうだ?

・[官房長官が猪木氏訪朝に不快感「渡航自粛が政府の立場」]
 ・・何言っても、ヤツは猪木なのだ!

・[捜査資料:暴力団組員に渡した巡査部長逮捕 警視庁]
 ・・またですか・・
  暴対法以前の問題ですね

・[日本ヘビー級、新王者に藤本 プロボクシング56年ぶり]
 ・・萎えた亀の試合より、コッチが見たかった

 ・・今週末は、男女サッカーの韓国戦!
  気合と根性だけで勝てることは無いが、
  ソレがなければ勝負にもならない。
   とにかく、がんばれニッポンo(^o^o)(o^o^)o

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:3iq/3ykj
日本株ADR26日、全面安 アドテストが大幅安 野村も下落
2013/07/27 07:00 日経速報ニュース 164文字
【NQNニューヨーク=川内資子】26日の米国株式市場で日本株の米預託証券(ADR)はほぼ全面安だった。
同日の東京株式市場で日経平均株価が大幅安となった影響を受けた。アドテストが8%の大幅安となり、NT
T、三井住友FGも下げた。26日の東京市場の大引け後に発表した4〜6月期の連結決算(米国会計基準)で
大幅増益となった野村も安い。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:3iq/3ykj
米国株、ダウ続伸3ドル高 景気期待で、ナスダック12年ぶり高値
2013/07/27 06:24 日経速報ニュース 905文字
【NQNニューヨーク=川内資子】26日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅ながら続伸した。前日比3ドル
22セント(0.0%)高の1万5558ドル83セントで終えた。米景気や企業業績の回復期待を背景に、買いが優勢となっ
た。
 前日夕に四半期決算と同時に利益見通しの上方修正を発表したコーヒーチェーンのスターバックスが急伸した。
決算を受けて、アナリストによる目標株価の引き上げが相次いだインターネット小売り大手のアマゾン・ドット・コム
も上昇。米景気回復を背景に米企業の良好な業績が続くとの期待が広がった。
 米連邦準備理事会(FRB)が緩和的な金融政策を長期間続けるとの根強い観測も相場を支えた。引けにかけて
米投資信託などからの大口の買いが入り、相場を押し上げたとの指摘もあった。
 ただ、相場は売りに押される場面が目立った。日本や中国、欧州の株式相場が総じて下落したことが嫌気された。

 来週は米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれるほか、4〜6月期の実質国内総生産(GDP)速報値、7月の
米雇用統計など重要指標の発表も多い。ダウ平均は最高値圏で推移しており、重要日程を前に目先の利益を確
定する動きが出た。ダウ平均の下げ幅は一時150ドルに達した。
 一方、ナスダック総合株価指数は3日続伸し、同7.97ポイント(0.2%)高の3613.16と、2000年9月29日以来、約12
年10カ月ぶりの高値で終えた。
 業種別S&P500種株価指数では全10種のうち「ヘルスケア」や「電気通信サービス」など5業種が上昇。一方で
「素材」などが下げた。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約6億株(速報値)、ナスダック市場(同)は約17億4000万株だった

 アナリストが投資判断を引き上げた電気自動車(EV)のテスラ・モーターズは大幅高。自社株買いを発表した資
源開発大手ハリバートンも高い。保険のトラベラーズや半導体のインテルも買われた。
 一方、4〜6月期に1日当たりの利用者数が大幅に減少したオンラインゲーム大手のジンガが急落。航空機のボ
ーイングやIT(情報技術)のヒューレット・パッカード(HP)も下げた。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:3SeM0VjW
韓国サムスン・GALAXYシリーズの不具合の多さにドコモ社員も悲鳴!! サムスン「嘘乙!あり得ません」 現実逃避わろたwww
http://crx7601.com/archives/30906917.html

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:HwvGl2Rm
 

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:acHuy9Zp
・[米新築住宅販売:7月は約3年ぶり大幅減−前月も下方修正]
 ・・さすがに息切れですね
  でもって、
 [米セントルイス連銀総裁:緩和縮小の決定は「急ぐ必要ない」]
 ・・緩和縮小への懸念和らいで、株高
  ホントにこんなんでいいのかなぁ??

・[シリア化学兵器問題 米国防長官、軍事行動に出る可能性も示唆]
 [米、シリアの空爆標的見直し 巡航ミサイル攻撃を想定]
 ・・戦争大好きアメリカは、
  原爆は落とすが、化学兵器は許さない?
 [「中東は火の海になる」 米軍事介入をシリア情報相が警告]
 ・・ま、そう言うでしょうねぇ
 [ロシア、米のシリア攻撃に反対 「過去の過ち繰り返すな」]
 ・・ここは、ロシアに一票!

・[上海最大の保険仲介会社のボスが、金を持ち逃げ]
 [80億円を持って海外逃亡した美人支配人、
  フィジーで身柄を確保―中国]
 ・・凄いぞ中国人( `ハ´)

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:lYKruDZC
・[米製造業耐久財受注:7月は7.3%減、12年8月来で最大の下げ]
 [米小売り大手、収益伸び悩み 給与減税打ち切り響く]
 ・・堅調だった米指標も最近は萎えてきた

・[中国:7月の工業利益、前年同月比12%増加と 
  伸び加速-景気安定化の兆候また増える]
 ・・怪しい指標を信じるか、現実の詐欺保険市場を信じるか・・

・[ケリー米国務長官「シリアで化学兵器使用」と断定]
 ・・コレで米株はマイナス転した様ですが、
 [シリア化学兵器疑惑、国連調査 欧米は軍事介入視野
  国連安保理決議なしでも軍事介入実行も]
 ・・国連安保理なんて意味ないって事!
  とにかく、戦争したくてウズウズしてる国が多すぎる

・[高校授業料無償化、年収910万円未満で合意]
 ・・年収500万の世帯が、お金が無いことを理由に
  子供を高校へ進学させないって事あるか?
 [財務省、国債費14%増の25.3兆円要求 14年度概算要求]
 ・・政府は本気で財政再建させる気があるのだろうか?

・[消費増税:ヒアリング始まる 初日は7人から賛否両論]
 ・・賛否両論?・・
  否定派は一人だったじゃん
  こんな大掛かりな出来レースやるよりも、
  「ここまでムダ使いを減らしましたが・・」って実行し、
  納得感を出して欲しい

・[福島第1原発汚染水漏えい 東電、汚染水・タンク対策本部を設置]
 [汚染水対策で予備費投入に理解 麻生財務相「東電1社では対応できない」]
 ・・2年半経って、やっと分かったんですかねぇ??

・[国立大名誉教授が妻に殴られ死亡 殺人未遂で妻を逮捕 神奈川]
 ・・名誉教授は、きわめて不名誉な死に方でした

・[イプシロン打ち上げ中止…発射直前に自動停止]
 ・・生中継見てて、5・4・3・2・1 (・艸・)
  ・・・・・・・・・・・・・(・_・?)
  ・・・・・・・・・・・・・(#+_+)
  でした(^.^;

 ・・なんだか昨夜から一気に涼しくなって秋が直ぐそこに(´∀`)♪

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:AtQDA46Q
東証10時、1万3200円台後半で推移 売り一巡後はやや下げ渋り
2013/08/28 10:19 日経速報ニュース 797文字
 28日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は1万3200円台後半で推移している。内戦の続く
シリアに米国が軍事介入するとの観測を受けた運用リスクを回避する動きが広がり、朝方に1万3210
円と取引時間中としてはほぼ2カ月ぶりの水準に下落した。その後は値ごろ感に着目した買いが主力
株の一角に入り、やや下げ渋っている。円相場が1ドル=97円台前半に伸び悩んだこともあって、一時
1万3300円台まで下げ幅を縮小した。もっとも、シリア情勢や原油価格の動向などを見極めたいとの声
は多い。押し目を拾う動きは広がりにくく、安値圏でのもみあいが続いている。
 朝方から売りが先行した。前日のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の日経平均先物9月物の清算
値が、大証の日中取引の終値を340円下回ったのを意識した売りが先物に出た。外国為替市場で円相
場が一時1ドル=96円台後半と2週間ぶりの円高・ドル安水準を付け、輸出関連株が売られたのも下げ
幅拡大につながった。
 東証株価指数(TOPIX)も安値圏で推移している。業種別TOPIXは全33業種中32業種が下げ、「その
他金融」や「電気・ガス業」、「証券商品先物」などの下落が目立っている。
 10時現在の東証1部の売買代金は概算で4506億円、売買高は5億6778万株。東証1部の値下がり
銘柄数は1606と9割を超えた。値上がり銘柄数は83、変わらずは46。
 富士重やトヨタ、ホンダなど自動車株が安値圏で推移している。三菱UFJや三井住友FGなど銀行株
も安い。野村や大和など証券株の下げも目立っている。前日に軒並み上昇した電力株も軟調。一方、
GSユアサが大幅に上昇。東京計器や石川製など防衛関連銘柄の一角も買われている。
 東証2部株価指数は続落。不二サッシ、アトム、仁丹が安い。半面、Jトラスト、キーウェア、富フロン
テクが高い。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:SZm562WO
・[米住宅価格指数:6月は前年比12.1%上昇、伸び率が頭打ち]
 [米消費者信頼感指数:8月は81.5に上昇、期待が改善−現況低下]
 [ドイツ:8月のIfo景況感、107.5に上昇−4カ月連続の改善]
 ・・などの指標に関係なく、
 [西側諸国、数日以内にシリア攻撃する可能性を反政府派に通達]
 [オランド仏大統領、罰を与える用意がある]
 ・・ってことで、
 [米国株:S&P500種は6月以来の大幅安]
 [米国債:4日続伸]
 [NY金、大幅反発 3カ月半ぶり高値]
 [NY原油109ドル台に急伸 一時3%高
  ドバイ原油、6カ月ぶり高値]
 ・・お金の流れは一気に変わりました。

・[化学兵器使用「証拠ない」露は反発 対シリア、介入阻止へ徹底抗戦]
 ・・にしても、(アラブの春)以降、裏で操る勢力争いのおかげで
  アラブ諸国はグチャグチャになってますねぇ
   とりあえず、(日本人で良かった)

・[増税分は社会保障充実に 消費税点検会合第3回]
 ・・と、議論を重ねていると見せて、
 [外務省概算要求、ODA11%増 途上国支援で存在感示す]
 [概算要求、経産省22%増の1.7兆円 エネルギーに手厚く]
 [沖縄振興に3400億円 内閣府が概算要求]
 [ブータンなど6カ国に大使館新設へ 外務省概算要求]
 [農林水産省 2兆6093億円と前年の当初予算に比べ13%増
  農業農村整備事業は3197億円と21%増額]
 [厚労予算過去最大へ 14年度概算要求、30兆円超
  特別枠「新しい日本のための優先課題推進枠」に1617億円]
 [国交省、公共事業17%増の5兆1986億円]
 ・・こんな状況なのである。
   社会保障に・・とか、次世代へツケ送りしない為に・・
  どころか、こんなんじゃ誰がどー見ても(お先真っ暗)
  じゃないですか??
  [入るを量りて出ずるを為す]・・個人も、企業も、国も、
  コレが基本じゃないんですかねぇ

 ・・ま、国民投票の結果で決まる事ですから仕方ないですが・・

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:zQ3OqfjV
東証大引け、続落 シリア緊迫で2カ月ぶり安値、下値では買いも
2013/08/28 15:38 日経速報ニュース 1073文字
 28日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落し、終値は前日比203円91銭(1.5%)安の1万3338円46銭
と6月27日以来、約2カ月ぶりの安値となった。内戦が続くシリアに米国が軍事介入するとの観測から運用リ
スクを回避する動きが広がり、幅広い銘柄に売りが出た。外国為替市場で円相場が一時1ドル=96円台後半
と、2週間ぶりの円高・ドル安水準となったのも投資家心理を悪化させた。ただ、安値圏では値ごろ感から先物
にまとまった買いが入ったほか、円相場が97円台半ばまで伸び悩んだこともあり、大引けにかけて下げ幅を
縮小した。
 朝方は売りが先行した。シリア情勢への懸念から前日の米ダウ工業株30種平均が約2カ月ぶりの安値となっ
たうえ、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の日経平均先物9月物の清算値が大証の日中取引の終値を34
0円下回ったのを意識した売りが先物に出て、現物株にも売りが膨らんだ。フィリピンやインドネシアなどアジア
の株式相場が軟調に推移したことも重荷になり、日経平均の下げ幅は一時350円超まで拡大。1万3188円まで
下げる場面があった。
 もっとも下値では買いも目立った。円相場が伸び悩むと先物への断続的なまとまった買いが入り、ファストリ
やソフトバンクなど値がさ株が下げ幅を縮小した。前週も日経平均が1万3200円台まで下げる場面では下げ
渋っており、値ごろ感を意識した買いが入ったとの指摘もあった。市場では「月末に向けドレッシング(お化粧)買
いへの期待も根強い」(国内証券の株式情報担当者)との声も出ていた。
 東証株価指数(TOPIX)も3日続落し、約2カ月ぶりの安値で取引を終えた。業種別TOPIXは全33業種中「
鉱業」を除く32業種が下落した。「電気・ガス業」や「その他金融業」の下落が目立った。
 東証1部の売買代金は概算で1兆6454億円と13日連続で2兆円を下回った。売買高は19億7950万株だった。
値下がり銘柄数は1565と全体の9割に迫った。値上がり銘柄数は137、変わらずは44だった。
 トヨタやマツダや富士重など自動車株が軒並み下げた。三井住友FGやみずほFGなど銀行株にも売りが優
勢だった。前日にそろって上昇した東電など電力株も売られた。一方、パナソニックが上げに転じて取引を終え
たほか、GSユアサも買われた。原油価格の上昇を受け国際石開帝石が逆行高となった。
 東証2部株価指数は続落した。Jトラスト、不二サッシ、トーエルが下げた。半面、キーウェア、富フロンテク、
アスモが上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:+BdwOCyu
(2013年8月11日 Forbes.com)

 現代史を振り返っても「日本経済は1990年代初頭に燃え尽きた」という説ほど疑いようのない「事実」
として定着しているものは少ない。この説は他国の政治家を大いに惑わしてきた。これから述べるとお
り、米国はその最たる例だ。

オフィスビルを歩くビジネスマンたち。「失われた20年」は虚像だったのか=ロイター
 日本の「失われた20年」というのは、単なる作り話どころではない。英語メディアがこれまで広めてきた
中でも、とびきり不合理で、あからさまなでっちあげの一つである。私の話が信じられないのであれば
、『インターナショナル・エコノミー』誌最新号に掲載されたウィリアム・R・クライン氏の記事を読んでいた
だきたい。今年に入ってポール・クルーグマン米プリンストン大教授も同じような主張をしているが、一見
低迷しているような日本経済は、それは経済的根拠とは無縁の、人口の変化に基づく幻影であるとクラ
イン氏は指摘している。

■日本の1人あたり労働者生産は伸びている

 「日本という錯覚:“失われた20年”説のまやかし」と題する記事で、クライン氏は1991年から2012年に
かけて米国の労働人口が23%増加したのに対し、日本ではわずか0.6%しか増加しなかったことに言
及している。つまり労働者1人あたりで見ると、日本の生産量はかなり伸びたことになる。日本の成長率
は、現在経済的に成功している国の代表例とされるドイツより相当速い(日本の労働人口は約10年前
に減少に転じたが、これは長年の政策の結果である。中国と同じように日本も病的なまでに食糧安全
保障を憂慮し、中国よりも早くから人口削減策を実施してきた。1948年の優生保護法※ 制定がその始
まりである。そのうえ人口削減計画の補強策として、世界でもまれに見る厳しい移民制限を実施してい
る)。

 米ワシントンDCのピーターソン国際経済研究所のシニアフェローであるクライン氏は、重大な問題とさ
れている日本のデフレも実は嘆くような話ではないとしている。むしろその逆で、過去20年を振り返ると
日本経済は物価が下落しているときのほうが、上昇しているときよりも好調だったというのだ。そして米
国の人々が、日本の穏やかなデフレと1930年代初頭に米国を悩ませた極めて破壊的なデフレとの間
に多少なりとも共通点があると考えているのは、とんでもない誤解だと説く。現実には、日本のデフレは
1880年から1900年にかけて建国間もない米国で見られた「良いデフレ」と似ている。このとき米国では
労働生産性が急激に上昇した結果、消費者物価が一貫して下落し、当時としては奇跡的な経済発展
を遂げた。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:+BdwOCyu
語られ始めた「日本の失われた20年はウソ」という真実

■円が上昇しても貿易面で成功

 クライン氏は世間の誤った認識を正すのに貢献をしたが、まだ十分とは言えない。例えば貿易面では
、米国の悲惨な状況を尻目に、日本がすばらしい成功を続けてきたことに触れていない。1989年以降
、主要先進国の中で経常黒字を拡大したのは日本とドイツだけだ。対照的に、米国は言うに及ばず、英
国、フランス、イタリアの赤字は近年とみに拡大している。この間、円が上昇してきたことを考えると、日
本の貿易面の成功はなおさら驚異的といえる。日本に関する報道を見ていると、円は当然下落している
と思われがちだが、実際には下落どころか、国際為替市場で円は相対的に上昇してきた(「失われた2
0年」が始まったとされる1990年代初頭以降、円は約49%上昇している)。

 またクライン氏は日本の政府債務は問題だと主張しているが、その深刻さを軽減する重要な事実に触
れていない。日本の政府債務の大部分は、米国をはじめとする海外の政府債の購入に充てられてきた
。実質的に日本の預金者は、米国など海外の赤字国を支えているのであり、日本政府は単に銀行の役
目を果たしているに過ぎない。

 本当に債務問題を抱えているのは日本ではなく、米国だ。日本政府が史上まれに見る低金利、それ
も時にはスイス銀行すら下回る低金利で借り入れをしている事実からも、それは明らかだ。プロの投資
家が本当に日本の財政の健全性を懸念しているなら、そうしたリスクに見合う高い金利を求めるはずだ。

■株価に反映していない企業パフォーマンス

 日本に関する通説を子細に検証していけば、「弱体化した経済」という見方は実態とはかけ離れたもの
であることがわかるはずだ。確かに東京株式市場は暴落し、1989年に記録した異常な最高値に戻るこ
とはなかった(当時の高値を“異常”と言い切れるのは、私が暴落を予測したわずかな――本当にわず
かな――市場ウオッチャーの1人だったからだ)。

 とはいえ日本の株価は、その基礎をなす日本企業のパフォーマンスをまったくと言ってよいほど反映
してはいない。円が上昇しつづけたにも関わらず、日本企業はほぼ例外なく収益を拡大し、雇用を維持
してきた。

 例えば日本の自動車産業はケタ外れの利益をあげてきた。トヨタ自動車は2011年度に2595億ドルの
売上高があったが、これは1989年の841億ドルの3倍以上だ。しかもこの年には、東日本大震災によっ
て大幅な生産縮小を余儀なくされたにも関わらず、である。この年には日産自動車も1190億ドルと、19
89年の3倍以上の売り上げを達成している。日本の自動車産業のほかの企業も、同じようにますます
力をつけている。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:+BdwOCyu
 一方、米デトロイトの状況はまったく違う。フォードの2011年の売上高は1333億ドルと、1989年の924
億ドルから44%しか増えていない。ゼネラル・モーターズの売り上げは1503億ドルと、1989年の1211億
ドルからわずか24%しか増えていない。米国勢は国内市場で日本勢に押されているだけではない。欧
州市場でもプジョー・シトロエン、ボルボ、ジャガー、ルノーなどの現地企業と同じように、米国メーカーの
子会社は日本勢にシェアを奪われている。

■実体経済の崩壊は起こらなかった

 そもそもなぜ「弱い日本経済」という説が広がったのだろうか。最初にこれを広めたのは、1980年代後
半の日本株式があまりにも過大評価されすぎていたことに気づかなかったウブな米国人だ。彼らは株
価の暴落を、来るべき実体経済崩壊の前兆と思い込んでしまった。だが実際には、実体経済の崩壊は
ついぞ起こらなかった。

 一方、日本政府の高官は、弱い日本経済というイメージが、日本市場の閉鎖性に対する米国政府の
懸念を和らげるのにきわめて効果的であることに気がついた。勘の良い彼らは以来、日本経済が不可
解な病を患っているフリを続けてきた。例えば宮沢喜一蔵相(当時)はある時、明白な根拠もなく「日本
は破滅的状況に近い」と発言した。

 日本企業の著名な経営者も、こうした不安をあおった。1998年4月には、ソニーの大賀典雄会長(当
時)が「日本経済は崩壊寸前にある」と発言し、世界中のメディアが取り上げた。その数カ月後には、ト
ヨタ自動車の奥田碩社長(当時)が日本の問題は「世界的な金融危機を引き起こす可能性がある」と警
鐘を鳴らした。トップがこのような発言をする企業は、苦境に陥っていると思われがちだが、実際には19
98年当時、ソニーもトヨタも国内外で絶好調だった。1989年と比べて1998年のトヨタの利益は56%増、
ソニーは131%増だった。

 おそらく最も驚くべき点は、実体経済のデータは悲観主義者の言説と明白に矛盾するものであったこ
とだろう。例えば電力生産だ。世界銀行と国際通貨基金(IMF)が、政府が経済成長率を操作していな
いか確かめるために使う指標である。日本の人口1人あたりの電力生産は1990年代を通じて、米国の
2倍のペースで伸び続けた。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:+BdwOCyu
だが米国政府に対しては、「弱い日本経済」という説は魔法のような威力を発揮してきた。高貴なる米国
は、倒れた相手を蹴るようなまねはしない。その結果、自動車、自動車部品、金融サービス、コメといった
1980年代に米国政府が大いに騒ぎ立てた懸案は、今日に至っても1つも解決していない。

■中国に影響した「弱い日本経済」説

 そのうえ「弱い日本」説は、東アジアのすべての国にプラスに働いている。中国がその最たる例だ。ま
ず、この説によって米国政府には、中国が経済のあり方を変えない限り、米国にとって真の脅威となるこ
とはないだろうという認識が生まれた(中国は日本モデルに従っていたので、日本が壁にぶつかったの
と同じように、いずれ中国も同じ運命をたどるだろう。さもなければ米国式の自由市場主義を採用するし
かない、というのが米国の認識だった)。この結果、中国が1990年代末に世界貿易機関(WTO)への加
盟交渉をした際には、米国から市場開放に真摯に取り組むように強く迫られることはなかった。

 公言こそしないものの、米国と日本のどちらの経済モデルが優れているか、中国の認識ははっきりして
いる。その貿易の実態を見れば、一目瞭然だ。中国では長年、日本からの輸入が米国からの輸入を大
幅に(直近の数字では約40%)上回ってきた。日本の労働人口が米国の3分の1強であるにも関わらず

、この結果である。しかも中国が日本から輸入するのは、ほとんどがハイテク製品である。具体的には中
国の工場が世界に消費財を供給するための先端材料、部品、生産設備などである。

 一方、中国が米国から輸入するのは基本的なコモディティで、特に多いのがコモディティの中のコモデ
ィティともいえる金属スクラップや古紙だ。中国が「紙クズ超大国」など目指していないのは当然だろう。

 日本の「失われた20年」がどれほどばかげたまやかしか、さらに詳しい説明に関心のある読者には、
私が昨年、ニューヨーク・タイムズ・サンデーレビューに書いた記事を読んでいただきたい。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:WNmHzikv
日経平均先物、夜間取引で1万3500円台に上昇 円安や欧州株高で
2013/08/29 16:32 日経速報ニュース 240文字
 29日夕の大証夜間取引(イブニング・セッション)で日経平均先物9月物が一時、日中取引の終値(1万3460円)
に比べ70円高い1万3530円まで買われ、日中取引で付けた高値である1万3480円を上回った。外国為替市場で
円相場が1ドル=98円台前半に下げ幅を拡大したうえ、ドイツや英国、フランス、イタリアなど欧州の主要な株価
指数が上昇して始まった。投資家が運用リスク回避する姿勢を緩めるとの思惑を背景に、日経平均先物にも買
いが優勢になっている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:WNmHzikv
・[近くシリア攻撃、米大統領が示唆
  安保理協議 ロシアと中国の反対で物別れ]
 ・・でも、
 [米英:国連承認なくても対シリア軍事行動の用意]
 ・・アメリカ「安保理決議?国連承認?・・
  そんなの関係ねぇよ0o。(ー。ー)y―~~」ってか?

・[消費増税点検会合、3日目は増税容認論が大勢]
 ・・じゃなくて、もともと増税容認者が大半なんだから当たり前!
 [科技予算が最大の4兆円(16%増)14年度概算要求]
 ・・すでに増税分以上は使い道が決まってる?
 [総人口は4年連続減、1億2639万3679人
  15〜64歳の生産年齢人口が8000万人を割る一方、
  65歳以上が3000万人]
 ・・コノ数字に合わせた予算を組むのが筋だと思うが・・
 [岩田日銀副総裁、物価2%超えて上昇なら国債買わないと明言]
 ・・ってか、ホントに物価+2%&増税+5%で可処分所得7%減はキツイ

・[イプシロンは大陸間弾道ミサイル? 
  韓国紙 突出した反日報道 国内からも疑問の声]
 ・・わたしは、原子力政策&ロケット開発ってのは、
  基本に軍事目的があると思ってますけどね・・

・[難病女児支援で1千万円募金詐欺、韓国籍の朴岩雄に実刑
  支援を装う特定非営利活動(NPO)法人を設立]
 ・・こういうNPO法人とかって全部キナ臭い

・[生活保護費受給しパチンコの女、懲役3年求刑
  同11月〜12年8月、現金計約427万円の交付
  医療扶助名目で計約132万円分の診察なども受けた]
 ・・はいいけど、
  (申請者の申告に委ねられている生活保護制度)ってのを
  根本的に見直さなきゃ無くならないでしょ。
  だって、生活保護を許可した人達は一銭も損しないんだから・・

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:mS7Zq/4c
公募増資銘柄 底堅く 買い手、長期投資家にシフト
2013/08/30 02:00 日経速報ニュース 1060文字
 企業が公募増資で新株を発行しても株価が急落することが減り、底堅く推移する例が目立ってきた。新株の
主な買い手が短期売買で利益を狙うヘッジファンドから、年金マネーなど長期志向の機関投資家に変わってき
たのが背景だ。増資する企業の株式の空売りに対する規制を、金融庁が2011年に導入した効果も出ている。
 公募増資で7月に1126億円を調達したオリンパスは、新株の発行により発行済み株式数が12%も増えた。株
数が増えることで1株当たりの価値が目減りするため、経営陣もある程度の株価下落は覚悟していた。しかし、
7月8日に増資を発表した後、新株の発行価格を決めた18日までの株価の下落率は約4%にとどまった。
 過去には、増資を発表した企業の株価は、株式数の増加率(希薄化率)を超える下落率となるケースが相次
いだ。株式相場が長期に低迷し買い手が少ないなか、海外のヘッジファンドが新株の多くを引き受けたためだ。
ファンドは空売りも組み合わせて新株を短期で手放し、株価の下落に拍車をかけた面があった。
 オリンパスは今回、調達資金の大半を好調な医療機器事業に充てる計画を投資家に説明。発行予定の約4倍
の新株の購入需要を集めた。既存株主のほか投資信託や年金基金など中長期の投資家に新株を割り当てた
結果、短期で株式を売る動きも限られた。
 安倍政権の経済政策「アベノミクス」を背景に昨秋以降、日本株への注目度が高まったことも追い風だ。「海外
の長期投資家の需要が旺盛で、ヘッジファンドを頼りにしなくても新株を発行できる環境に変わった」(米系証券
会社)という。
 空売り規制の効果も見逃せない。金融庁は11年12月、通称「日本版レギュレーションM」というルールを導入し
た。米国と同様、増資の公表日から一定期間は、増資で引き受ける新株を絡めた空売りを禁じた。
 日本証券業協会の調べによると、空売り規制を導入した後は、増資の発表に伴う空売りの規模が小さくなった。
東証株価指数(TOPIX)と比較した公募増資銘柄の株価の相対騰落率は平均で、規制前は発表日から条件決
定日までの期間で16%近く下落していたのに対し、導入後は10%の下げにとどまった。
 市場では「増資銘柄は売り」という単純な図式が薄れ、増資をする企業にとって環境は好転している。ただ、増
資で調達した資金で成長を実現しなければ、最終的には株価には下落圧力がかかる。BNPパリバ証券の岡沢
恭弥株式・派生商品統括本部長は「増資した企業が株主に十分なリターンをもたらすかどうかを市場は注視して
いる」と話す。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:mS7Zq/4c
投資マネー 商品に回帰 シリア情勢緊迫、原油・金、値上がり
2013/08/29 23:24 日経速報ニュース 1192文字
 原油や金、銅などの国際価格が上昇している。夏以降、中国や欧州景気の悪化懸念が和らいだところに、シリ
ア情勢の緊迫が重なり、市況を押し上げた。株価と比べての出遅れ感もあって投資マネーの一部が商品市場に
回帰し、原油や金にはファンドの買いが入っている。商品市況全体の値動きを示す日経国際商品指数は28日、
198.207とおよそ2カ月半ぶりの高水準となった。
 国際商品指数は8月上旬に約2年10カ月ぶりの低水準をつけたが、その後、約5%上昇。日米の株価指数が8
月以降調整しているのに比べ商品市況の堅調ぶりが目立つ。
 「中国景気の悲観論がやや後退した」(アストマックス投信投資顧問の江守哲シニアファンドマネージャー)。6
月まで商品は主に中国経済の成長鈍化で売られてきたが、夏以降に同国の経済統計が相次ぎ改善。7月の貿
易統計で原油輸入が単月として過去最高水準を記録、銅輸入も前年比12%増加の約41万トンと2カ月連続で増
加した。
 銅は中国の加工品メーカーなどが調達を増やしているとされ、ロンドン金属取引所では29日の時間外取引で1
トン7240ドル前後と6月末から7%高く推移した。
 この状況で中東の地政学リスクが再燃。もともとエジプトの政情不安などがくすぶっていたが、シリアでの軍事
行動懸念で供給不安が高まった。
 ロンドン先物市場では北海ブレント原油が1バレル115ドル前後と約半年ぶりの高値を記録。ファンドの買い越し
幅も20日時点で17万枚(1枚1000バレル)強と、4月末から10万枚近く増加した。「もともと商品市場に投資資金が
入っていなかっただけに、供給不安で一部が回帰してきている」(野村証券の大越龍文シニアエコノミスト)。
 金もニューヨーク先物市場で、ファンドの買い越し幅が約6万枚(1枚100トロイオンス)と、6月初旬以来の高水
準を回復した。欧州債務問題の一服で、ユーロが対ドルで上昇。ドルの価値が目減りしたことで、ドルの代替とし
て金を物色するムードが復活している。中東情勢の緊張に伴う「有事の金買い」や、中国の需要拡大も相まって
金価格を押し上げている。
 一方で、コーヒーや砂糖などの農産物は低迷しコーヒーは6月末から約5%下落した。ブラジルなど新興国が
主産地だが、新興国通貨安が弱材料視されている。「新興国経済をけん引するほど米中景気がまだ力強くない
」(T&Dアセットマネジメントの神谷尚志チーフ・エコノミスト)。輸出の増加観測が上値を抑えている。
 足元で反発した原油や金といった品目の上昇が今後も続くかは不透明だ。ある程度想定されているとはいえ、
9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和の縮小が確定した場合「投資マネーが縮小し、商品は金を
中心に価格調整をする可能性が高い」(野村の大越氏)との見方が多い。当面シリア情勢や米金融政策をにらみ
神経質な展開になりそうだ。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:mS7Zq/4c
株式投資、「9月相場」を乗り切る銘柄は スクランブル
2013/08/29 20:13 日経速報ニュース 1783文字
 東京株式市場で医療関連銘柄に資金が流入している。最近注目を集めているのは、ど真ん中の武田薬品工
業などではなく、医師が検査や治療を効率良く行うのに役立つ機器やサービスを提供する企業群だ。米連邦準
備理事会(FRB)による量的緩和策の縮小観測、消費税引き上げを巡る議論、シリア情勢など、9月は「相場が
大きく動くかも」という材料が目白押し。仮にリスクオフの嵐が到来した場合、長期保有に堪えられそうなのはど
んな銘柄か。金融機関で、医療関連を候補と考え、調べる運用担当者が増えている。
 「7対1って何のこと?」
 海外金融機関からの唐突な照会に、研究者は驚いた。日本で病院経営に携わる人以外には無縁の、極めて
オタクな質問に思えたからだ。
 これは最近の看護師不足の一因とされているルール。政府が医療の質を高める狙いで2006年に導入し、入院
患者7人に1人の看護師を配置すれば病院の診療報酬を高くすると決めた。看護師の数が病院の収入に影響
することになり、病院間で看護師の争奪戦が起きた。厚生労働省が2010年にまとめた見通しによると、看護師の
供給不足は15年まで続く。
 人手不足が原因で、病院での採血検査にミスが起こっては大変。こんな悩みを解決するのは、テクノメディカ
が提供する採血管準備装置。病院内で採血検査をまとめて行う代わりに、取り違えに伴う事故や誤診を防ぎ、
検査の効率を改善する。時価総額が200億円弱と小さいが、米投資信託運用会社などが持ち高を増やしている。
 東京市場で株式相場が足踏みしていた8月中旬。医療機器メーカーの日本光電には米投信大手、フィデリティ
が買いを入れた。7月初旬には米運用会社、マサチューセッツ・ファイナンシャル・サービシーズの持ち株比率が
5%を上回ったことも判明した。株価は昨年末比で4割上昇しており、同じ期間の日経平均株価(3割)や業種別日
経平均の医薬(2割)の上昇率を上回る。
 集中治療室などで患者の容体をチェックする生体モニター装置を手がけており、看護師が忙しくても患者の病
状の微妙な変化を見逃さないよう、現場を支える。最近は新興国が相次いで医療インフラを整備しており、インド
や中東で製品が売れている。今月には安倍晋三首相の中東歴訪に、経営陣が同行した。
 医薬品や症例に関する最新の情報を医師に提供し、業績を伸ばしているのがエムスリーだ。最近は病院の医
師採用なども支援しており、大株主のソニーは医療を、苦戦するエレクトロニクスを補う事業に育てる目標を掲げ
ている。12年にエムスリーの大株主に浮上した米投信運用会社、ハーディング・レーブナーは直近の運用報告
書でエムスリーを「運用成績の向上に最も貢献した銘柄の1つ」と紹介。このところの株価上昇局面で持ち高の
一部を売却したものの、「製薬会社の医薬品開発に必要な臨床試験に参加する医師探しをネットで支援する業
務などが成長を支えるだろう」と指摘した。株価は昨年末に比べ9割上がった。
 これらの銘柄に共通するのは、新たな規制で発生した関係者の悩み事を独自性の強い製品やサービスで解
決しようとしていることだ。医療機器の場合は病院の人手不足、エムスリーは医薬品メーカーによる医師に対す
る接待制限を収益機会と捉えた。
 診断装置や検査装置の場合、機器を病院に納入した後、検査薬などの消耗品や保守サービスを提供し続け
ることも、利益率を押し上げる一因になっている。キヤノンが事務機器を販売した後、消耗品や保守で稼ぐ方式
に似ている。大量保有報告書ベースで、海外投資家による保有が明らかになった医療関連6社(表参照)のうち
全社の2013年度の経常利益は最高となる見通し。財務内容も比較的良好だ。ただ、中小型株が多く、年金基金
など大手機関投資家が買い増したくても限度がある。
 東芝、日立製作所など医療を次の成長分野と位置づける企業は多い。デジタルカメラの普及で、主力事業(
フィルムを現像する処理機)の市場が縮小したノーリツ鋼機は3月、オリンパスの医療関連事業を買収を決めた
と発表。人間ドックなどの際に、血液検査で脳梗塞や心筋梗塞のリスクを計測するサービスも始めた。海外の
割安株投資ファンドなどが医療部門の収益計画に注目している。
 高齢化に伴う医療費抑制が重要な政策課題となるなか、次の医療関連銘柄を探す動きが始まっている。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:Y+BfJdiT
てst

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:bRfRUqRW
米国株続伸、ダウ平均16ドル高 GDPやシリア緊張緩和を好感
2013/08/30 06:17 日経速報ニュース 886文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】29日の米株式相場は続伸し、ダウ工業株30種平均は前日比16ドル44セント
(0.1%)高の1万4840ドル95セントで終えた。4〜6月期の米実質国内総生産(GDP)が上方修正されたのに
加え、シリア情勢を巡る緊張がひとまず和らいだとの見方が買いを誘った。
 朝方発表されたGDP改定値が前期比年率で2.5%増と、前月発表の速報値(1.7%増)から上方修正された。
米景気の順調な回復が続いていることを好感した買いが入った。
 オバマ米大統領が前日のテレビインタビューで、シリアに軍事介入する時期について「まだ決定を下していな
い」と語った。米国が近日中に武力行使に踏み切るとの警戒感が後退。株式市場で幅広い銘柄に買いを誘った。
 相場は取引終了にかけて伸び悩んだ。米英などはいずれシリアに対して何らかの軍事的措置をとるとの見方
が多い。積極的に運用リスクを取って株を買い進む投資家は目立たず、目先の利益を確定する目的の売りが
出た。
 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は前日比26.95ポイント(0.7%)高の3620.30だった。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約5億5000万株(速報)、ナスダック市場は約13億株(同)と、引
き続き薄商いだった。
 業種別S&P500種株価指数(全10業種)は「電気通信サービス」や「IT(情報技術)」など8業種が上昇。「エネ
ルギー」と「公益事業」の2業種が下げた。
 通信のベライゾン・コミュニケーションズが上げ、ダウ平均の採用銘柄で上昇率最大となった。英ボーダフォン
との合弁会社ベライゾン・ワイヤレスを完全子会社化する方向でボーダフォンとの協議を再開したと報じられた。
ボーダフォンの米預託証券(ADR)も大幅高だった。
 メキシコで電子書籍事業を始めたと発表したインターネット小売り大手アマゾン・ドット・コムも上昇した。
 一方、朝方発表した四半期決算が最終赤字となった食品大手キャンベル・スープが安い。原油先物相場の反
落を受け、ダウ平均採用銘柄の石油大手エクソンモービルやシェブロンが下げた。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:YVj85cN4
東証後場寄り、下げ渋る アジア株の落ち着きなどが支えに
2013/08/30 12:49 日経速報ニュース 691文字
 30日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は下げ渋っている。前日比10円程度安い1万340
0円台半ばと、前引け(90円安)から下げ幅を縮小している。取引が始まったアジア株式相場が総じて落
ち着いて推移していることも支えに、下値では値ごろ感の買いが入った。シリア情勢など先行き不透明
感は根強いものの、一部の短期資金はなお強気姿勢を継続しているとみられ、株価指数先物に散発的
ながら買いがみられることも下支え要因という。
 一方、外国為替市場で円相場は1ドル=98円台前半と、きょうの高値圏で推移している。上値を積極
的に追うほどの好材料は乏しく、週末要因もあって多くの投資家は見送り姿勢を続けているようだ。業種
別では任天堂の下げが響いているとみられる「その他製品」のほか、鉱業や非鉄金属など資源株の下
げが目立つ。
 東証株価指数(TOPIX)は引き続き安い。
 前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引
」は約128億円が成立した。市場では「売り買い注文は均衡していた」(国内証券)との声が聞かれる。
 12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆492億円、売買高は12億7389万株。東証1部の値
下がり銘柄数は1224、値上がり銘柄数は399、変わらずは130となっている。
 トヨタ、ソフトバンク、三井住友FG、サントリBFが引き続き安い。東電は朝高後急速に伸び悩み、前日
終値近辺で推移している。三菱UFJ、みずほFGも小動き。半面、パナソニックが引き続き買いを集めて
いるほか、キヤノンがしっかり。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:5RzlKUC1
・[4−6月の米GDP:2.5%増に上方修正−純輸出と在庫が寄与]
 [米失業保険申請:33.1万件に減少、4週平均は7週ぶりに増加]
 ・・久しぶりに指数が良いのに株価上昇
  QE3の行く末は織り込んできたか?

・[消費者物価指数、0.7%上昇 4年8か月ぶりの上昇幅
  円安によるガソリン価格や電気代の上昇が背景]
 ・・需給改善じゃなく、やむなくの物価上昇です
 [新設住宅着工、7月12%増 11カ月連続プラス ]
 ・・ただ、増税前の駆け込み需要があるのは事実
 [雇用情勢の持ち直し続く、7月の完全失業率3.8%に改善
  4年9カ月ぶり]
 ・・やっぱ、景気は良くなってる??
 [消費増税見送り、財政再建先送りと取られかねず=財務相]
 ・・財政再建したいなら支出を減らさないとね

・[英政府、国連安保理の決議がなくても、
  限定的な軍事介入であれば法的に正当]
 [シリア:英が化学兵器使用の根拠を発表]
 1、反体制派にはこれほど大規模な化学兵器攻撃を実行する能力がない
 ・・その証拠は?
 2、アサド政権は過去に小規模なレベルで少なくとも14回、化学兵器を使用した
 ・・その証拠は?
 3、秘密情報筋から政権が実行したことをうかがわせる情報があった
 ・・全部、根拠とは言えないんじゃない?
  化学兵器どころじゃない原爆投下した米&それに賛同した英・・
  どうやって正当性を主張するか?
  
 [ロシア 10隻の艦船を常時展開 新たに地中海に艦船2隻派遣へ 
  アメリカをけん制]
 [シリア 米英反撃へ「カミカゼ・パイロット用意」]
 [イスラエルが予備役召集、ガスマスク配給 シリア情勢受け]
 ・・第三次世界大戦か?
  怖いもの見たさに(面白くなってきた( ̄∇ ̄;))って感覚。
  世界平和を願ってる皆様、ゴメンなさいm(_ _)m
 [安倍首相、関係国との連携指示=シリア情勢で閣僚会議]
 ・・親分が「黒い物を白」と言えば子分は「はい、白です」という世界?
  少なくとも、日本が今口出しする立場じゃないのでは?

・[中国「理財商品」残高が急増 大手銀の経営に重荷
  昨年末比28%増]
 ・・今はシリアか?

・[尖閣諸島に関する初調査 「日本が有効支配」の認知度は5割]
 ・・そんなもんか???平和ボケニッポン人丸出し!

・[韓国の戦時徴用で賠償命令確定なら政府、国際司法裁への提訴検討]
 ・・ほっときゃいいじゃん・・って思ってたけど、
  区切りをつけるにはコレもアリだね。
  
・[三重の遺体、中3女子と確認…殺人事件で捜査
  遺体は衣服をほぼ身に着けていない状態で
  あおむけに倒れており、死後数日が経過]
 ・・こんな死に方(発見のされ方)したくない。
  その為には、日頃から警戒を怠ってはならないのだ!

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:SGmU+mc4
米国株、ダウ30ドル安で反落 低調な米経済指標や地政学リスクで
2013/08/31 06:32 日経速報ニュース 823文字
【NQNニューヨーク=大石祥代】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日ぶりに反落した。終値は前日比
30ドル64セント(0.2%)安の1万4810ドル31セントだった。低調な米個人消費関連の経済指標を受け住宅株に売り
が優勢になった。シリア情勢を巡る緊張も相場の重荷になった。ダウ平均は週間ベースで4週連続の下落となった
。4週連続は2012年10〜11月以来、約10カ月ぶり。月間ベースの下落幅は2012月5月以来、1年3カ月ぶりの大き
さだった。
 7月の米個人消費支出の伸びが市場予想を下回った。米個人消費の伸びが鈍れば住宅市場にとっても重荷に
なるとして、レナーやトール・ブラザーズなどの住宅株に売りが広がった。
 ケリー米国務長官が午後の記者会見でシリアに対する軍事介入を検討していることを改めて示すと地政学リス
クが意識され下げ幅を拡大する場面があった。ただ、同長官は改めて地上部隊の投入を否定し攻撃が限定的に
なるとの見方を示すと買い戻された。
 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も3日ぶりに反落。前日比30.43ポイント(0.8%)安の3589.87で
終えた。
 業種別S&P500種株価指数は全10業種のうち8業種が下落。「一般消費財・サービス」「IT(情報技術)」などが
下げた。一方、「生活必需品」「公益事業」が上げた。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約7億7000万株(速報値)、ナスダック市場は約12億5000万株(同
)だった。
 非鉄のアルコアや航空機・機械のユナイテッド・テクノロジーズ、航空機のボーイングが下げた。
 一方、企業向けクラウドサービス大手のセールスフォース・ドットコムが急伸。前日に発表した四半期決算で最
終損益が黒字になったのを好感した。ゼネラル・エレクトリック(GE)が小幅高。30日付の米ウォール・ストリート・
ジャーナル紙が「個人向け金融サービス部門の分離を検討」と伝え材料視された。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/01(日) 07:11:01.40 ID:nLT0WVec
株式―海外情勢にらみ神経質(市場アウトルック)
2013/09/01 日本経済新聞 朝刊

 今週(2〜6日)は海外情勢をにらみ、神経質な展開か。米中の経済指標の内容や中東のシリア情勢によって
投資家心理が大きく左右される状況は続きそう。海外発の材料や為替の動向をにらみながら、値動きが荒くなる
場面もありそうだ。
 前週の日経平均株価は週間で271円(1.99%)安だった。米金融政策をめぐる重要日程などを控えて売買が
盛り上がりを欠いていたところへ、シリア情勢の緊迫化を嫌気した売りが出て、金融や自動車など主力株が軒並
み下落した。
 目先の焦点は中東情勢。「シリア情勢の悪化がイスラエルやイランなど周辺諸国に波及すれば、世界の投資家
のリスク回避姿勢が一気に強まりかねない」(第一生命経済研究所の桂畑誠治主任エコノミスト)。
 企業業績などを支えに日本株の下値は限られるとの見方はなお強いが、週末にかけては8月の米雇用統計の
発表や2020年夏季五輪の開催地決定が予定されている。週後半には様子見ムードが強まり、積極的な買いが
手控えられる可能性もありそうだ。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/02(月) 15:51:30.08 ID:bU/wGDov
・[法人企業統計 設備投資4〜6月、3期ぶりプラス]
 [法人企業統計を反映して、GDP大幅上方修正の公算大]
 ・・と、インパクトは大きいが、
 [0.016%増]
 ・・って、横ばいじゃんね

・[中国の8月PMIは昨年4月以来の高水準、製造業に安定化の兆し]
 ・・ぼちぼちか

・[ポルトガル財政再建に懐疑的見方強まる
  憲法裁判所が公務員の解雇を可能にする法案に違憲判断]
 [ポルトガル国債利回り急上昇、緊縮策めぐる不透明感広がる]
 ・・ポルトガルねたには飽き気味か?

・[シリア攻撃へオバマ米政権、議会説得を本格化]
 ・・戦争したくてウズウズしてるねぇ・・けど、
 [英政府の参加見送りに続き、カナダ、ドイツ両政府が
  30日までに軍事行動への不参加を表明]
 ・・と、見方の反応は薄く、
 [中国、米の軍事介入強くけん制…露に同調へ]
 [ロシアが新型対空ミサイル公開 シリアに輸出か] 
 ・・反発勢力はあまりに大きい
  すでに、シリア内戦ではなく、世界代理戦争なのだ。

・[五輪招致「東京が本命、マドリード対抗」AP通信]
 ・・敗れたら、下落トレンド確定!ですね

・[消費税率「集中点検会合」7割超「予定通り消費増税」]
 ・・会合の結果、7割超になったのではない。
  7割超の有識者?を集めたのだから当然である。
 [消費者物価、約5年ぶり大幅上昇 家計には負担増か]
 [9月から値上げラッシュ 食料品中心、家計圧迫]
 ・・これから大変だぞ!
  パンツの紐を引き締めて(`・ω・´)節約せねば

・[福島第一原発の汚染水漏れ、4カ所で高線量を観測]
 ・・構造が同じなんだから当然!
  車の燃料タンクが溶接されてなくて燃料漏れが発生したら
  リコールして全面回収なのです。
 [原発事故時の避難計画作りが各自治体で進んでいないため、国が調整へ]
 ・・原発の地元自治体は、(金欲しさに稼動賛成)だが、
  危機管理意識は薄く、(何か)が起きたときには
  (金欲しさに国へ保障を請求)する。

   沖縄の普天間基地問題で、基地があるのが分かってて
  学校や病院を後から建て、「危ない危ないヽ(。´□`)ノ」と
  騒いでいるのと同じ匂いがする。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/02(月) 15:57:13.14 ID:bU/wGDov
円、下げ幅拡大 欧州勢が売り 東京の流れ引き継ぐ
2013/09/02 15:51 日経速報ニュース 350文字
 2日夕方の東京外国為替市場で円は対ドルで下げ幅を拡大。15時40分すぎに一時1ドル=98円79銭近辺
と前週末17時時点に比べ74銭の円安・ドル高水準を付けた。新規の材料は出ていないが、市場予想を上回っ
た中国の経済指標や日経平均株価の上昇などを手掛かりに、円安・ドル高が優勢だった週明けの東京市場
の流れを朝方の欧州市場も引き継いでいる。「リスク許容度が高まった欧州の投資家が円を売ってドルを買う
動きを強めている」(国内銀行)との見方が聞かれた。
 対ユーロでも下げ幅拡大。15時40分すぎに一時1ユーロ=130円63銭近辺と同85銭の円安・ユーロ高水準
を付けた。
 16時時点では円は対ドルで98円58〜61銭近辺、対ユーロで130円25〜28銭近辺で推移していた。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/02(月) 15:58:24.62 ID:bU/wGDov
株、今週は1万3200〜3800円で推移・田中氏 SQまでは先物主導に 
2013/09/02 15:47 日経速報ニュース 511文字
 田中空見子・カブドットコム証券投資アドバイザー きょうの日経平均株価は明確な支援材料がないなか、先物
主導で大きく上昇した。4〜5日の日銀政策決定会合で政策変更が見込まれていないことに加え、米国によるシ
リアの軍事介入の可能性が9日以降になったため、相場を方向付ける材料が足元では乏しい。今週の日経平均
は1万3200円〜3800円での推移を見込んでいる。株価指数先物主導で相場が振らされる場面もありそうだ。
 今週末6日の大引け後には8月の米雇用統計、2020年の五輪開催地決定などの重要イベントを控える。来週以
降の日経平均の一段高を期待するには、今週は1万3500円を超える水準で6日の取引を終える必要があるとみ
ている。今週は売る材料がない一方で、「三角持ち合い」を続けていた円相場(対ドル)がやや円安方向に振れる
などの支援材料が出ている。
 先物主導の相場展開は株価指数先物・オプション9月物の清算日である「メジャーSQ」の来週13日まで続くだ
ろう。前回6月のメジャーSQの後、5月23日以降続いていた日経平均の下げ基調が一服した。メジャーSQ通過
で先物相場が落ち着くことを期待している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/03(火) 10:57:03.91 ID:CVIlBwmK
東証10時、大幅続伸 上げ幅一時370円超 シリア小康、円安で買い戻し
2013/09/03 10:27 日経速報ニュース 760文字
 3日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は続伸。じりじりと株価水準を切り上げる展開で、
前日比の上げ幅は一時370円を超え、1万3900円台半ばと取引時間中では8月15日以来ほぼ半月
ぶりの高値を付けた。米国によるシリア軍事介入の判断が先送りとなったことで、事前にリスク回避
に動いていた海外勢が日本株を買い戻している。円相場が1ドル=99円台半ばと、約1カ月ぶりの
円安・ドル高水準を付けたことも投資家心理の改善につながった。トヨタやホンダ、マツダなど輸出関
連の自動車株が軒並み上昇。1ドル=100円の節目に接近して「業績改善への期待感が一段と高
まった」(国内大手証券の投資情報担当者)との声が市場で聞かれた。
 断続的な買いが入って先物が先行して上げたことから、裁定取引に伴う現物株への買いが入って
おり、日経平均への寄与度が大きいファストリやソフトバンク、ファナックも高い。
 東証株価指数(TOPIX)も大幅続伸。業種別TOPIXは全33業種すべてが上昇している。「証券商品
先物」と「ゴム製品」、「銀行業」が上昇率上位に並ぶ。10時現在の東証1部の売買代金は概算で585
4億円、売買高は7億8847万株。東証1部の値上がり銘柄数は1590、値下がり銘柄数は90、変わら
ずは66だった。
 前日大引け後に2014年1月期の業績見通しを上方修正したピジョンが急伸。大飯原子力発電所(
福井県)敷地内の断層を巡り、原子力規制委員会が有識者会合で「活断層ではない」との見解で一
致したと伝わった関西電も大幅高。三井不や菱地所など大手不動産株の上げも目立つ。一方、GSユ
アサや大平金は逆行安となった。
 東証2部株価指数は3日続伸。Jトラストや田淵電が買われた一方、キーウェアや不二サッシが売ら
れた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/03(火) 11:06:56.83 ID:CVIlBwmK
<東証>三菱UFJなど大手銀が大幅高 「海外勢の買い戻し」の声
2013/09/03 10:03 日経速報ニュース 306文字
(10時、コード8306)三菱UFJなど大手銀が大幅高。三菱UFJは一時、前日比28円(4.8%)高の606円
まで上昇した。三井住友FG(8316)やみずほFG(8411)も堅調に推移している。業種別株価指数(33業
種)では「銀行業」が上昇率の上位に入っている。証券ジャパンの野坂晃一調査情報部次長は「7月の
全国の消費者物価指数(CPI)が2カ月連続で上昇するなど脱デフレへの期待が高まっているほか、20
20年のオリンピック東京開催が決まれば景気浮揚につながり、『アベノミクス』の側面支援になるとの期
待が高まっている」と指摘。「海外勢の買い戻しが入っているようだ」とみていた。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/03(火) 11:20:11.81 ID:CVIlBwmK
成長戦略第2弾・市場の焦点は 法人減税実現なら資金流入後押し・高橋氏
2013/09/03 11:12 日経速報ニュース 660文字
 政府は2日に産業競争力会議(議長・安倍晋三首相)を開いた。同会議の開催は6月以来、2カ月半
ぶりで、成長戦略第2弾のとりまとめに向けて動き始めた。会議では「農業」「医療・介護」「雇用・人材」
と、成長戦略の実行状況を点検する「フォローアップ」の4つの分科会を設置する。株式市場からみた議
論の焦点について、市場関係者に聞いた。

 高橋卓也・大和証券シニアストラテジスト 政府は設備投資減税について成長戦略の第2弾に盛り込
む方針だ。投資余力がある手持ちのキャッシュ(現金)が潤沢な企業に注目が集まる可能性はある。た
だ、設備投資関連銘柄の株価には、世界的な景況感や米国の緩和縮小の動きといった外部要因の影
響が大きくなりそうだ。設備投資減税が実現しても、これを材料とした銘柄物色の動きは限定的となる
だろう。
 日本株投資をためらっている海外の年金など、海外からの中長期資金の流入を促すには、やはり法人
減税に関する議論の進展が必要となる。安倍首相は消費増税にやや慎重な姿勢も見せているようだ。
消費増税の経済への影響を軽減するために法人減税も併せて実施するようなら、相場に好影響を与え
るだろう。
 4つの分科会の議論を軸にした今後の産業競争力会議では、6月にまとめた成長戦略を粛々と進め
るための方策の検討が中心になりそうだ。各分野ごとに規制緩和を進めていけば、関連する銘柄には
再度物色が向かいそうだが、これまでの戦略の延長線という印象で、全体としては株式相場全体の水
準を押し上げる効果は乏しいとみている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/03(火) 11:21:06.00 ID:CVIlBwmK
成長戦略第2弾・市場の焦点は ベンチャー投資やM&Aの促進に期待も・伊井氏  
2013/09/03 11:12 日経速報ニュース 445文字
 伊井哲郎・コモンズ投信社長 産業競争力会議で取り上げる3分野は既に伝わっている内容で目新
しさはないが、日本経済の拡大のためにはいずれも重要なテーマだ。アベノミクス(安倍首相の進める
経済政策)の「第三の矢」である成長戦略の中核は日本経済の構造改革だ。既得権の切り崩しには時
間がかかるため、第1弾に引き続いて着実に検討を進めることが欠かせない。改革を一段と進める道
筋を示せれば、政府がリーダーシップを発揮できていることの確認にもなるため、海外からの日本の再
評価につながるだろう。
 併せて、ベンチャー投資やM&A(合併・買収)の促進など、産業再編や民間活力を引き出すのため
の議論が進めば、さらに日本株全体への追い風になる。
 構造改革と減税政策の両方で企業活動の活性化を後押しする必要がある。消費増税を実施する際
には、法人減税や設備投資減税、省エネ化を促す減税など、企業の投資意欲をそがないよう、産業界
に投資を動機付けするような税制も併せて導入する必要がある。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/03(火) 15:51:28.37 ID:1jdvtwEu
・[オバマ大統領、対シリア軍事行動の意向 議会に承認求める]
 ・・先送りでもって、速攻軍事行動で株価下げを狙った売り方さんが
  一気に買い戻した展開ですかね?

・[証券口座に9兆円待機 個人、投資機会うかがう]
 ・・TVでは穴リストが、コレによって株高期待と言っていたが、
  (投資機会うかがう)よりも、(退避したまま)だもんね。

・[福島原発の汚染水対策に国費500億円投入]
 ・・国費=我々国民の血税なのですが、ココは賛成・・
  ってか、遅過ぎましたね。
  
・[カネボウ「白斑」問題 自主回収決定後も発表まで出荷継続]
 ・・昨夜のNHK(クローズアップ現代)でもやってましたが、
  思ったより深刻な問題⇒花王株価暴落⇒拾う・・
  って注視してましたが全然下げず(#+_+)

・[中国の人民日報が、「尖閣諸島(沖縄県石垣市)だけではなく
  沖縄も日本の領土ではない」とする論評記事を掲載]
 ・・( `ハ´)

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/03(火) 16:10:26.28 ID:1jdvtwEu
商品15時30分 原油は上げ幅拡大、日本株が一段上昇 白金は続伸
2013/09/03 15:53 日経速報ニュース 657文字
 3日午後の東京商品取引所で原油は上げ幅を拡大。午後に入り、日経平均株価が一段と上昇したの
を受け、投資家のリスク選好が強くなった。リスク性資産とされる原油を買う動きが広がり、取引の中心
の2014年2月物は15時15分すぎに前日の清算値に比べて1170円高い1キロリットル6万5660円まで上
昇した。「中国の株式相場も堅調に推移しており、リスクオン(リスク資産の選好)の姿勢が広がっている
」(第一商品)との見方があった。
 朝方から買いが先行。東京外国為替市場で円安・ドル高が進み、割安感から円建て原油に買いが広
がった。
 白金は続伸。朝方から買いが膨らみ、中心限月の14年8月物は一時1グラム4915円と約1週間ぶりの
高値を付けた。午前の取引でいったん伸び悩んだが、午後には再び買いが優勢となり4900円台まで上
昇した。「中国景気の持ち直し期待から需要が増えるとの観測が広がっている」(オーバルネクスト)との
指摘があった。

 以下は主な商品(期先)の清算値。
・金        4457円  35円高
・白金       4904円  35円高
・ガソリン   7万7750円 1050円高
・原油     6万5620円 1130円高
・ゴム       284.3円  5.8円高
・トウモロコシ 2万6210円  350円高
・一般大豆   5万4930円 1260円高
※単位は金と白金が1グラム、ガソリンと原油が1キロリットル、ゴムが1キログラム、トウモロコシと一般
大豆が1トン。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/04(水) 03:12:04.56 ID:PmnmctYS
米国株、ダウ平均が一時下げに転じる シリア問題巡る発言で
2013/09/04 02:44 日経速報ニュース 281文字
【NQNニューヨーク=古江敦子】3日午後の米株式市場でダウ工業株30種平均が前週末比で一時下落に転じた。
米東部時間午後1時25分(日本時間4日午前2時25分)現在は前週末比17ドル75セント安の1万4792ドル56セント
で推移している。米共和党のベイナー下院議長がシリア問題を巡り、オバマ大統領の軍事介入の方針を支持する
姿勢を示したと伝わった。9日以降とされる議会審議・採決を前に、介入の実現性が高まったと受け止められ、投
資家が運用リスクを回避する姿勢をやや強めた。
 午前のダウ平均はシリア情勢への警戒感の後退などを背景に120ドル余り上げる場面があった。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/04(水) 04:17:58.81 ID:oSlmjZ77
キヤノン、自社株買い上限500億円 手元資金で株価下支え
2013/09/03 23:19 日経速報ニュース 636文字
 キヤノンは3日、500億円を上限に自社株買いを実施すると発表した。自社株買いをするのは昨年8月以来
、約1年ぶりとなる。カメラ市況の悪化で株価が軟調に推移していることを受け、手元資金を活用し株価の下支
えを図る。
 買い入れ期間は9月4日から11月1日まで。発行済み株式数の1.6%にあたる1800万株を上限に買い入れる。
キヤノンはこれまでも、株価が下がっている局面では機動的に自社株買いを実施してきた。
 株価は2日に年初来安値(2913円)をつけるなど、軟調な展開が続いていた。コンパクトデジタルカメラの販売
が減速しており、海外投資家の売りが続いている。「TOPIXコア30」に採用される主要30銘柄のうち、株価が昨
年末の水準を下回っているのはキヤノンだけだ。
 ただ、2013年12月期の連結純利益は前期比16%増の2600億円と増益を確保する見通しだ。会社側は年間配
当の予想を公表していないが、前期と同水準とすれば配当利回りは4.2%と東証1部の平均(1.9%)を上回る。
キヤノンは自社の株価が割安な水準にあると判断したようだ。
 6月末時点の手元資金は約7000億円にのぼる。投資案件も考慮しつつ積極的に株主に利益を分配していく方
針だ。自社株買いと配当を合わせた今期の株主への配分額は、2000億円程度となる見通しだ。純利益の8割
近くが株主に回る計算となる。
 2012年は自社株買いを計1500億円実施しており、株価水準によっては、追加の自社株買いを検討する可能性
もある。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/04(水) 15:47:45.43 ID:cMf7VJZ8
・[8月米ISM製造業景気指数は55.7となり、
  前月の55.4から上昇、11年6月以来の高水準、新規受注好調]
 [米建設支出:7月は前月比0.6%増加し、4年ぶり高水準に]
 ・・と、指数好調・・でも、
 [米国でデフォルト危機再燃 債務上限問題で与野党対立]
 ・・政治は、またもやいつか見た材料を繰り返す。
  そして、
 [米銀がサブプライム向け自動車ローンを拡大、延滞率低下で]
 ・・金融機関もしかりである。

・[イスラエルが米国の協力を得て地中海でミサイル実験]
 [シリア攻撃「最大90日」 米上院外交委、地上部隊派遣認めず]
 ・・遠くの国で知らない人が死んでもわたしにゃ関係ないが、
  (米が軍施設のみ空爆)⇒(政府側が米空爆で一般市民死亡)
  の報道は絶対アリですね。

・[栃木・矢板市で竜巻とみられる突風 10棟以上の建物に被害]
 ・・流行ですかね?
 [官房長官、竜巻対策強化を指示へ]
 ・・は、いいけどさ、
  毎日の様に発表される(なんたら注意報・警報)見ても
  オオカミ少年状態で、危機感も警戒感も沸かないのですよ。
  それより、
 [汚染土15万t野ざらし、一時保管場確保37%]
 ・・目の前にある(臭い物)に蓋をする事を最優先したらどうか?

 ・・ちなみに、竜巻・・
  もっと大規模でグチャグチャだったら、ボランティアの腕章巻いて
  宝探しに出掛けてもいいかな・・
  などと思ってしまう不謹慎なわたしですm(_ _)m

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/04(水) 16:01:43.50 ID:6Oly9MQm
東証大引け、3日続伸 1万4000円乗せ、先物に買い戻し 売買は低調
2013/09/04 15:29 日経速報ニュース 1057文字
 4日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸。終値は前日比75円43銭(0.54%)高の1万4053円
87銭だった。8月14日以来、3週ぶりに終値で1万4000円を回復した。朝方は前日に急伸した反動から
利益確定売りが優勢となった。ただ、後場に入ると外国為替市場での円相場の伸び悩みや日本株の底
堅さを受け、日経平均先物への買い戻しが増え、指数は上昇に転じた。
 日経平均は先物買いが主導して前日までの2日間で589円上昇した。短期的な過熱感から朝方は先
物への売りが出て反落して始まった。午前9時20分ごろに東北・関東地方で地震が発生すると、リスクを
回避するための先物売りが膨らみ、日経平均の下落幅は一時130円を超えた。
 後場に入り状況は変化。外国為替市場で円相場が1ドル=99円台後半と伸び悩む動きとなり、日経平
均も下げ幅を縮小した。その後上げに転じると、「1万4000円の節目に迫ったことで、日経平均先物の売
り方のストップロス(損失限定)の買い戻しが入った」(国内証券のトレーダー)という。
 証券ジャパンの大谷正之調査情報部長は「週足チャートで5月と7月の高値を結んだ延長線上の値(約
1万4170円)や、一目均衡表の転換線(約1万4073円)を上抜けてくるかが、今後の戻り基調を維持でき
るかの焦点になる」とみていた。週末発表予定の米8月の雇用統計など重要日程が控えているため、売
買は低調だった。東証1部の売買代金は概算で1兆7881億円と、18営業日連続で2兆円を割り込んだ。

 東証株価指数(TOPIX)は3日続伸。東証の業種別株価指数(33業種)は全27業種が上昇した。「海運
」や「証券商品先物」、「不動産」や「鉄鋼」の上昇が目立った。
 東証1部の売買高は22億6824万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は6割近い1019、値下がりは
589で、横ばいは145だった。
 アイフル、ソフトバンクが上昇。三菱UFJや三井住友FGなど大手銀行株の一角が大引けにかけ一段
高となった。トヨタやホンダも後場に円相場が伸び悩むにつれ持ち直した。前日に国内「ユニクロ」の既存
店売上高を発表したファストリが大引けにかけ下げ渋り、変わらずで引けた。半面、東電が下落。巨額
の損失隠しを巡って英捜査当局から訴追されると伝わったオリンパスが大幅安となった。JT、日立、NTT
ドコモが安い。
 東証2部株価指数は4日続伸。Jトラスト、キーウェア、イマジカロボが上昇した。半面、不二サッシ、アト
ムが下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/04(水) 16:04:11.54 ID:6Oly9MQm
シリア、読めない米軍事介入に身構える金融市場 遠のく「アラブの春」
2013/09/04 14:45 日経速報ニュース 1583文字
 内戦状態にあるシリアに対する米国の動きに金融市場が身構えている。前日にはイスラエルと米国が
地中海で合同のミサイル迎撃の実験を行った。米下院指導部は共和、民主両党ともにシリアへの軍事
介入を支持する姿勢を示し、一部にはアサド政権の打倒やシリアへの陸上展開に言及する議員もいる。
米国の強硬姿勢は原油買いや円買いの手掛かりになっており、シリア情勢への警戒感は根強い。
 米国では3連休明けとなった3日。上院外交委員会が公聴会を開催。同日夜にはシリアへの軍事介入
を認める決議案に合意した。決議案ではアサド政権に対する軍事介入を60日間まで認め、条件付きで30
日間の延長ができるとしている。来週早々にも採決する見通しだ。米上下両院の決議の可否はなお流動
的だが、米国が軍事介入を決めれば原油や為替、株式など各市場への影響は大きい。
 「数日間の軍事攻撃によって、ブレント原油が1バレル120〜130ドルに急騰するシナリオは十分にあり
得る」。バンクオブアメリカ・メリルリンチは8月28日付のリポートでこう指摘した。足元の水準から5〜15ド
ル上がるという見立てだ。ブレント原油のオプション市場ではコールオプション(買う権利)の価格が織り込
む予想変動率(インプライド・ボラティリティー)が徐々に上昇。相場急変に備える動きもあるという。
 シリアは中東諸国の中でも原油生産量が少なく、原油市場に与える影響は小さい。ただ、民族・宗教
の構成や周辺国との関係を考えると、シリア情勢の悪化が及ぼす影響は読み切れない。
 米中央情報局(CIA)のホームページによると、シリアの人口は約2200万人。民族では9割がアラブ人
。クルド人やアルメニア人などの少数派がいる。宗教ではイスラム教スンニ派が74%の多数派だが、実
権を握るアサド大統領は十数%程度のアラウィ派に属している。
 アラウィ派はイスラム教の中でも異端とされてきたが、シーア派と親密な関係にある。シーア派を中心
としたイランはシリアのアサド政権と友好関係にある上、レバノンの民兵組織ヒズボラを支援している。イ
ランとヒズボラはシリアが攻撃された際には報復措置を検討すると欧米を早くもけん制している。
 「軍事介入が必ずしもシリアの混乱を解決するには至らないリスクがある」。野村証券の吉本元シニア
エコノミストはこう指摘する。米国は軍事介入による政権打倒を意図していないうえ、戦火が周辺国に広
がる可能性があるためだ。シリアの難民はすでに200万人規模に達している。アサド政権が崩壊したとし
ても、同国内の治安が確保される保証はない。
 米国がシリアに強硬姿勢を示す一方、ロシアや中国は極めて慎重なスタンス。5〜6日にはロシアで
開く主要20カ国・地域(G20)首脳会議では各国首脳が集まり、シリア問題も議題の1つになる見通しだ。
「米ロ首脳が意見交換し、対応策を協議する可能性もある」(吉本氏)という。
 「中東では約10年の周期で大きな動乱が起きている」。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の中沢剛
シニア債券ストラテジストはこう指摘する。1979年のイラン革命やソ連によるアフガニスタン侵攻、1991年
の湾岸戦争、2003年のイラク戦争。この周期は米国の中期的な景気循環とほぼ一致しており、世界経済
の動きと無縁ではない。
 そして2010年12月。チュニジアの青年が焼身自殺をしたことをきっかけに中東・北アフリカ地域に広が
った「アラブの春」。中沢氏は「イラク戦争終結後の世界経済のバブル的な拡大の矛盾が爆発したと捉え
るべきだ」とみる。エジプトではモルシ大統領が軍事クーデターで失脚。カダフィ政権が倒れた後のリビ
アではテロリストの活動が活発化している。「アラブの春」は終わるどころか、まだ始まっていないのかも
しれない。〔日経QUICKニュース(NQN) 三輪恭久〕

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/05(木) 15:44:15.15 ID:BcDk3DMV
・[7月米貿易赤字:13%増の391億ドル、輸出減と輸入増が響く]
 ・・けど、エネルギーを輸入しなくていいってのは良いよね
 [米経済、大半の地域で控えめから緩やかなペースで拡大
  =地区連銀報告]
 ・・そう、その(穏やかな)ってのが一番です
 [ユーロ圏:4〜6月GDP改定0.3%増、輸出好調で景気持ち直す]
 ・・欧州も穏やかで結構なことです
 [景気「緩やかに回復している」 日銀、判断を上方修正
  金融政策は維持]
 ・・そして、肝心の日本も穏やかで、なお結構

・[G20首脳会合が今夜ロシアで開幕 シリア問題も議題に
  会合での経済面での最重要テーマは新興国経済
  米国の量的金融緩和政策の縮小で、新興国からの資金引き揚が
  活発になっており、新興国の通貨大幅下落やインフレの懸念]
 ・・今回のG20は久々に注目!
  でも、阿部さんは速攻で五輪選考会場へ向かうのだ

・[各省概算要求、過去最大の99兆2500億円 14年度]
 [中央省庁の定員要求、1363人の純増 14年度]
 ・・政府は、財政再建する気無し?

・[韓国与党「日本水産品の全面輸入禁止を」 汚染水流出で
  日本が汚染水対策を後回しにして、2020年夏季五輪の
  東京招致に熱を上げていると非難]
 ・・言ってる事は理解できるが・・
 [「日本に反省促す」韓国国会の訪中団が全人代と合意]
 ・・とりあえず反日・・で、いいかげんウンザリ

・[列島大荒れ…名古屋も大雨、関東ではまた竜巻]
 ・・水不足⇒洪水・竜巻・・いやはや凄いですねぇ
  とにかく、何があっても驚かない様に備えるしかないのだ!

・[ホンダが「フィット」一新 燃費36.4キロのHVなど]
 ・・所有している小さい方の車がそろそろ10万キロ(^.^;
  やっと購入対象となりえる車登場!

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/05(木) 20:53:34.95 ID:GdephY0f
証券税制の崖にらみ動く富裕層 スクランブル
2013/09/05 19:50 日経速報ニュース 1506文字
 老後の資産形成に備えて株式投資を始めたある20代の個人投資家は、保有株式を売却するか迷っている。
給料やボーナスを元手に積み立てた株式投資はアベノミクスの追い風を受け、含み益は一時100万円を超えた。
5月の株高時には「長期保有だから」と売却しなかったものの「正直、売っておけば良かったかも」とも考えている。
NISA(少額投資非課税制度=日本版ISA)に興味を持ちながらも、保有株をNISA口座に移管することはできな
い。「税率が20%になる前に一度利益確定をしたほうが良いのだろうか」と決めかねている。
 5月の高値を抜けない日本株市場。年明けからは株式などの証券や配当にかかる税率が10%から20%に引
き上げられる。金融緩和の縮小が注目される米連邦公開市場委員会(FOMC)や消費増税など大きな材料を
控え動きにくい個人投資家。週末に決定されるオリンピックの東京招致に期待が集まるが、「招致を逃すと、目先
材料が乏しい」(大手証券幹部)との声もあがる。「もし、こうした悲観シナリオをたどると税率引き上げは重荷に
なり年内は個人の売りが膨らんでくる可能性もある」とこの幹部は指摘する。
 大口の富裕層では税率改定を見据えた対応が進みつつある。目下、簿価を切り替える「クロス取引」の引き合
いが強い。含み益状態の株式を証券会社との相対取引の形で市場外で1泊2日かけて一度譲渡し同額で買い戻
し利益を確定させる取引だ。
 例えば、取得価格2000円の株式を1万株保有していたとする。時価が6000円になっていれば、税率が10%の年
内に一度益を確定させ、4千万円の益に対し税金を400万円納める。簿価は6000円に切り上がり来年以降、株価
がさらに上昇し9000円になっていた時に売却するとそこでは3千万円の益に対し、20%課税され600万円の税金
がかかる。クロス取引を実行していない場合、来年9000円の時に売却すると7000万円の益に対して20%分の税
金がかかるので1400万円を納めることになり、クロス取引を実行していたほうが400万円手元に多く残ることになる。
 ただし、このケースでは来年以降の売却時価が4000円未満、つまり新たな取得価格を大きく下回り損失が発生
する場合はクロス取引を実行しない方が有利になる。今のところクロスセル取引が活発ということは現在の保有時
価を下回らないと考えている投資家が一定数いるということだ。
 クロスセルは同額で売り買いするので株価には影響が出ない。「問題はこれを機に売却しても即座に買いが入
ってこないケース」とカブドットコム証券の斎藤正勝社長は懸念する。都内の大手証券の支店長は、「税制を気に
して売却するということはそれなりに含み益がある証拠。営業員には次の投資機会をしっかり提供できるように発
破をかけている」と明かす。
 証券口座内の現金を運用するMRF(マネー・リザーブ・ファンド)には8.8兆円(7月末)が滞留。大和証券グルー
プ本社では大和ネクスト銀行の残高も増加傾向だといい、「証券優遇税制切れをにらんだ換金売りも影響してい
る」という。
 定期預金などに流れずに証券業界にマネーがとどまっている状態なので裏を返せば「上昇基調が明確になれ
ば、もう一相場起こる可能性は高い」と富裕層向けのプライベートバンキング業務を手掛ける幹部は話す。「特に
この春の上昇相場に乗り切れなかった層は買い場を探している。流れができてくれば税率を気にせず、厚い資金
が一気に投資商品に流れ込んでくる」と予想している。税制の崖は杞憂(きゆう)に終わるか、個人の軽減税率を
狙った売りに押されるか今月は重要な局面を迎えている。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/05(木) 20:55:58.39 ID:GdephY0f
黒田総裁、消費増税「決断」迫る 国債急落、日銀が恐れる最大のリスク
2013/09/05 18:55 日経速報ニュース 1315文字
 日銀は5日まで開いた金融政策決定会合で金融政策の現状維持を決めた。公表文では国内景気を「緩やかに
回復している」とし、リーマン・ショック後では初めて「回復」を宣言した。会合後に記者会見した黒田東彦総裁は、
景気動向への自信とは対照的に、消費増税を巡る政府の動きにいらだちをにじませた。日本国債を121兆円持つ
最大の保有者として、予定通りの消費増税で財政への信認を保つよう訴えた。
 「家計でも雇用・所得環境の改善が見られる中で、前向きな(景気の)循環メカニズムがしっかり働きつつある」。
黒田総裁は記者会見の冒頭で、景気判断を前進させた背景をこう説明した。
 個人消費は株高・円安によるマインドの改善や所得効果が大きく寄与する局面を終え、実質所得の増加という
実体が伴い始めた。設備投資も非製造業を中心に持ち直しの動きがある。家計と企業で「所得から支出へ」の循
環が働くという「回復の条件」を満たした格好だ。
 黒田総裁は先行きも「前向きなメカニズムが働き、海外経済が全体としては徐々に改善していく中では持続でき
るのではないか」と指摘。4月にまとめた「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で描いた景気シナリオの「想定
通り」になっていることに満足げな様子だった。
 もっとも、先行きには多くのリスク要因があるのは事実。例えば、内戦状態にあるシリアの混乱は金融市場のリ
スク回避ムードを高めている。黒田総裁は「新興国を含め、国際金融資本市場の動向を引き続き注意深く見る必
要がある」と述べ、軽視していない姿勢を示した。むしろ、いまの日銀にとっては、政府が2014年4月の消費税引き
上げを見送ることが「最大のリスク要因」と映っているようだ。
 「財政運営に対する市場の信認が失われると、国として極めて困難な状況に陥ることになりかねない」。消費増
税を見送ったときの影響を問われ、黒田総裁はこう答えた。増税の先送りや増税幅の圧縮が債券や株式など市場
に与える影響は見通せない。ただ、「財政への信認が傷つき、国債価格が下がれば財政拡張はできない。金融政
策での対応も困難になる」と指摘。増税先送りで国債相場の急落につながる可能性が小さくても、いったん顕在化
すればお手上げになるとの考えを示した。
 日銀は消費増税の影響を織り込んだ上で量的・質的金融緩和を実施している。その黒田総裁は「共同声明にも
ある通り、持続可能な財政構造の確立への取り組みを着実に進めることを強く期待している」と、自らの任命者で
ある安倍首相に「決断」を求めた。物価安定目標を達成するために大量の国債を買い入れ「日本国債の最大保
有者」になった日銀としては、当然の要求といえる。もし国債相場が急落すれば、保有債券の含み損急増という日
銀にとって隠れた最大のリスクが表面化する可能性がある。
 「日本経済は幸い、世界経済の中でも最近は順調に回復している」。リーマン・ショックからまもなく5年。世界経
済に「不確実性が残っている」なかにあって、日本はデフレ脱却の入り口がようやく見えてきた。その道を阻みか
ねない増税先送りは避けて欲しいというのが黒田総裁の本音だろう。〔日経QUICKニュース(NQN) 三輪恭久〕

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/05(木) 20:58:20.93 ID:GdephY0f
株、再び円1ドル=100円台で業績期待も 輸出企業想定レート一覧
2013/09/05 16:57 日経速報ニュース 2005文字
 5日夕の外国為替市場で円相場は一段安。対ドルで1カ月半ぶりに1ドル=100円台に下落した。対ユーロでの
円相場は1ユーロ=131円台後半で推移している。主な輸出企業の2014年3月期通期業績予想の前提となる為
替レートは1ドル=90〜95円、1ユーロ=120〜125円。現状よりも円高水準を前提とする企業が多く、足元の円安
は輸出企業の利益上乗せ要因となる。株式市場で業績期待が一段と強まることも考えられる。
 一方で、過度の円安は食料品や原材料、エネルギーの輸入コストの上昇につながり、経済全体への悪影響を
及ぼすことへの懸念もある。

【主な輸出企業の14年3月期の想定為替レート】
(上段:対ドル、下段:対ユーロ。感応度は原則として1円の変動による通期営業損益への影響額)

【電気機器】      今期想定       感応度
 日立(6501)※      95円       43億円
              125円       9億円
 東芝(6502)       90円       非公表
              115円       非公表
 三菱電(6503)※     95円       50億円
              120円       20億円
 ソニー(6758)    100円前後      ▲30億円
            130円前後       70億円
 パナソニック(6752)   85円       10億円
              110円       17億円
 キヤノン(7751)※    95円       35億円
              125円       23億円
 リコー(7752)※     95円       13億円
              125円       15億円
 京セラ(6971)※     96円       13.2億円
              124円       8.4億円
 富士電機(6504)※    90円       0.6億円
              115円       0.4億円
 日電産(6594)      95円       57億円
              125円       7.5億円
 シャープ(6753)     95円       ゼロ
              125円       4億円
 任天堂(7974)      90円       非公表
              120円       非公表
【機械】
 コマツ(6301)※     95円       53億円
              123円       4億円
             15.3円 0.1円動くと3.5億円
 日立建機(6305)※    94円       12億円
              123円       2.5億円
             15.2円 0.1円動くと2.5億円

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/05(木) 20:59:08.66 ID:GdephY0f
【輸送用機器】
 トヨタ(7203)      92円      400億円程度
              122円      40億円程度
 ホンダ(7267)      96円       140億円
              126円       5億円
 日産自(7201)      95円       150億円
              122円       ほぼゼロ
 マツダ(7261)      90円       25億円
              120円       15億円
 ダイハツ(7262)     93円       12〜14億円
              ― 
 ブリヂストン(5108)※  95円       42億円
              124円       7億円
 浜ゴム(5101)※     95円       2億円
              125円       2億円
 三菱重(7011)      95円       非公表
              120円       非公表
 川重(7012)       95円       17億円
              120円       2億円

※日立、富士電機、日立建機は13年7月〜14年3月期の想定レートと感応度。
※リコーは想定レートが13年7月〜14年3月期、感応度は通期。
※三菱電の感応度は売上高への影響。
※三菱重の想定レートは13年7月〜14年3月期。
※キヤノンは7〜12月期の想定レートと感応度。
※コマツ、日立建機の3段目は人民元の想定レートと感応度。
※京セラの感応度は税引き前利益への影響額。
※浜ゴム、ブリヂストンは13年12月期の想定レートと感応度。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 04:30:18.35 ID:JBvOV4qE
ロンドン株5日 続伸、57.70ポイント高で終了
2013/09/06 01:36 日経速報ニュース 387文字
 【ロンドン=欧州総局】5日のロンドン株式相場は続伸。FTSE100種総合株価指数は前日終値に比べ57.70
ポイント高の6532.44で引けた。構成銘柄の8割近くが上昇した。
 スタンダード・チャータードなどなど銀行株が全面高。ロイズ・バンキングはアナリストによる株価目標引き
上げが好感され約3%高。
 保険株も軒並み買われた。プルーデンシャルとアヴィヴァの上げが目立った。
 HSBCが投資評価を引き上げた小売りのマークス・アンド・スペンサー(M&S)も上昇。
 前日に売られた航空のインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)とイージージェットはともに上がった。
 メディアのITVと小売りのキングフィッシャーも堅調だった。
 半面、医薬品のグラクソスミスクラインとアストラゼネカは下落。
 製糖のテート・アンド・ライルと特殊化学のクローダ・インターナショナルも売られた。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 04:31:16.17 ID:JBvOV4qE
13年度主要企業、経常益37%増に 大和証券見通し
2013/09/05 23:10 日経速報ニュース 296文字
 大和証券は5日、2013年度の企業業績の見通しを発表した。金融を除く主要上場企業200社の経常利益は
12年度に比べ37%増加すると予想した。想定為替レートは1ドル=100円、1ユーロ=130円。4〜6月期の業
績が「想定通りの大幅増益」(守田誠ストラテジスト)だったとして、前回予想(6月)予想から変更しなかった。
 売上高は11%の増加を見込む。自動車や機械で円安効果が出ることに加え、住宅関連や百貨店など国内
消費が好調に推移する。
 14年度は今期並みの為替レートが前提。自動車や電機でコスト削減効果が出る。経常利益は今期比11%
増え、07年度以来7期ぶりに経常利益の最高を更新するとした。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 06:53:18.35 ID:jf3Kf9wE
米国株、3日続伸 ダウ6ドル高、上値重いも経済指標の改善で
2013/09/06 06:38 日経速報ニュース 733文字
【NQNニューヨーク=大石祥代】5日の米株式相場は3日続伸し、ダウ工業株30種平均は前日比6ドル61セント
(0.0%)高の1万4937ドル48セントで終えた。良好な米経済指標が相次ぎ、運用リスクをとる動きがやや強まった。
6日発表の8月の米雇用統計を見極めたいとして上値は重かったが、買いが優勢だった。
 8月の米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業景況感指数が大幅に上昇し、週間の新規失業保険申請件
数が減少した。米景気が勢いを増しているとの見方につながり、投資家心理の改善に寄与した。
 ただ、積極的に上値を追うほどの勢いはなかった。米債券市場で10年物国債の利回りが心理的な節目である
3%に接近。実体経済への悪影響を懸念する雰囲気が広がり、相場の重荷になった。
 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は前日比9.74ポイント(0.3%)高の3658.78で終えた。
 業種別S&P500種株価指数は全10業種のうち7業種が上昇。「資本財・サービス」や「素材」、「エネルギー」の
値上がりが目立ち、「電気通信サービス」「公益事業」、「生活必需品」が下げた。ニューヨーク証券取引所(NY
SE)の売買高は約6億3000万株(速報値)、ナスダック市場は約15億株(同)だった。
 クーポン共同購入サイト最大手のグルーポンが上昇。金融機関の投資判断引き上げが買いを呼び込むきっか
けになった。8月の販売が好調だったウォルグリーンも上げた。航空機・機械のユナイテッド・テクノロジーズや、
クレジットカードのアメリカン・エキスプレスが小高く終えた。
 一方、通信のベライゾン・コミュニケーションズが下落。社債発行を検討しているとの報道を受け、財務体質悪
化を警戒した売りが出た。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 06:55:27.21 ID:jf3Kf9wE
アジア6ヵ国「買いたいブランド」―デジカメ、キヤノン、テレビ、ソニー1位。
2013/09/06 日本経済新聞 朝刊 1ページ 809文字 書誌情報
 日本経済新聞社はアジア主要6カ国で12の製品・サービスについて「買いたいブランド」を調査した。日本はデ
ジタルカメラとテレビの2品目でキヤノンとソニーが首位となった。ただスマートフォン(スマホ)など最新のデジタ
ル家電は米アップルなどが強く自動車はドイツが優勢だ。日本はブランド知名度では4品目で首位と善戦。デザ
インなどの魅力を高める工夫がカギとなりそうだ。(関連記事9面に)
 調査は中国、インド、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナムの6カ国で各100人、合計600人を対象にインタ
ーネットを使って実施した。世界175ブランド(異なる製品分野での重複含む)について名前を知っているか、その
ブランドの製品・サービスを購入・利用したいかなどを聞いた。
 デジカメではキヤノン、ニコン、ソニーの日本の3ブランドが上位を独占した。プロカメラマンが使う高級一眼レ
フカメラのイメージが定着し存在感を発揮した。ソニーもテレビで1位。高精細の「4Kテレビ」などへの取り組み
が高級品のイメージにつながっているようだ。スマホとタブレット(高機能携帯端末)ではそれぞれアップルが強さ
を見せた。急速に成長する分野だが日本ブランドの影は薄い。
 自動車はBMWとメルセデス・ベンツのドイツ勢が1位と2位を占めた。日本勢はブランド知名度でトヨタ自動車
、ホンダが1位と2位になったが、買いたいブランドとしてはドイツ車が支持を集めた。加速やデザインに優れたド
イツ車はアジアの消費者の憧れの対象となっている。
 ネット関連サービスではグーグルなど米国勢が上位を独占するなか、日本発のチャットアプリ・無料通話の
LINEが7位に入った。スマホ人口が急速に伸びるインドネシアやタイなどで人気が広がる。
 小売りではセブンイレブンが「利用したい店」で2位となった。日本流の品ぞろえやサービスへの評価が高い。
アパレルではユニクロが中国で買いたいブランド1位に選ばれた。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 06:58:05.97 ID:jf3Kf9wE
消費増税判断、慎重な手続き、首相、成長派にらみ演出(真相深層)
2013/09/06 日本経済新聞 朝刊 2ページ 1644文字 書誌情報
 消費税率を予定通り来年4月に現行5%から8%に引き上げるかどうか、安倍晋三首相は10月初めに最終判
断する。有識者60人から意見を聞く会合を開いて増税の影響を検証させるなどの手続きを踏みながら、胸の内
は誰にも明かさない。増税判断のプロセスに慎重を期すのはなぜか。
脱デフレに執念
 「デフレ脱却と増税を両立させるのは難しいんだ。だから知恵を借りないといけない」。8月中旬。有識者会合の
開催が決まり、増税見直しの可能性を感じ取った政府関係者から狙いを聞かれると首相はこう答えた。
 有識者会合を主導したのは首相自身だ。当初、盟友の麻生太郎副総理・財務・金融相は「増税反対の意見ば
かり集まったら、これまでの経済財政諮問会議は何だったのかとなる」と難色を示していた。諮問会議は首相が
議長を務め、経済閣僚と有識者が加わり経済財政運営の基本方針を話し合う場。首相は「幅広く意見を聞いた
うえで判断したい」と説き、最後は麻生氏が折れた。
 有識者の人選にあたり首相は「賛成派と反対派の意見をぶつけてほしい」と政府関係者に指示した。予定通り
の消費税率引き上げに賛成論が多い一方、税率の上げ幅変更や中止・延期を求める慎重論も出る結果はシナ
リオ通りだった。
 デフレ脱却への思いはひときわ強い。「消費税を上げて景気が失速したら元も子もない。日本は二度とデフレ
から脱却できなくなる」。参院選直後の7月下旬、首相は周囲にこう語った。「自分が失敗したら今後10年、20
年は消費税を上げられなくなる」。危機感と使命感が入り交じる。
 首相の経済政策の基本理念は「成長なくして財政再建なし」という成長重視路線だ。自民党が野党だった昨年
6月、当時の自民党の谷垣禎一総裁が民主、公明両党との消費増税の3党合意に向かう動きと首相は距離を置
いていた。「自民党支持の中小企業の経営者は消費増税をやってほしくないんだよ」。財政規律派への不満を聞
いた自民党関係者は少なくない。
 それから1年。衆院選と参院選に圧勝し「自民1強」の足場を築いた首相にとって最大の課題が消費増税の判
断になった。最近、経済閣僚の一人に「3党合意の時と経済状況は全く違う。合意内容通りに上げるにしても、自
分が決めることになるんだ」と漏らした。
 第1次安倍政権は「上げ潮派」とも呼ばれた中川秀直元幹事長や塩崎恭久元官房長官が主導権を握った。経
済成長による税収増で財政再建をめざす主張のもとで消費税問題を先送りした。昨年末、安倍氏を再登板に押
し上げたのも成長重視派が中核だった。世論調査では「消費増税の時期や上げ幅は柔軟に考えるべきだ」との
意見が多い。首相が最終的に増税決定に踏み切るとしても、慎重な手続きをみせる配慮が必要との判断がある。
法人減税探る
 霞が関の通説をうのみにしたくないとの意識も強い。7月下旬、首相周辺からひそかに経済産業省幹部に指示
が下りた。「増税判断に対するマーケットやエコノミストの生の声や経済予測をまとめて持ってきてくれ」
 重用したのは「民」だ。金融政策では日銀の伝統的な理論にとらわれず、経済ブレーンとして内閣官房参与に
任命した浜田宏一米エール大学名誉教授や本田悦朗静岡県立大学教授らが説く大胆な金融緩和に賛同した。
首相の経済政策「アベノミクス」の第1の矢である金融緩和の理論的支柱は民間人が担った。
 首相には忘れられない記憶がある。1997年度に消費税率を3%から5%に上げた翌98年度から日本はマイ
ナス成長に陥り、デフレの長いトンネルに入った。長期政権を実現するには「官」との協調は必要だが、官僚への
警戒感も垣間見え、微妙な間合いを取る。
 財務省との駆け引きものぞく。首相は消費増税を決断した場合の景気腰折れを懸念し、法人税の実効税率引
き下げや所得減税を探るが、財務省は慎重だ。一方で消費増税の実現こそが財務省の悲願。首相に近い自民
党議員は手続きに時間をかける首相の姿勢を「財務省から追加の経済対策を引き出すための戦術」と解説する。
(佐藤賢)

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 07:01:16.74 ID:jf3Kf9wE
カンボジア2行、みずほ銀が提携、日系企業の進出支援。
2013/09/06 日本経済新聞 朝刊 5ページ 258文字 書誌情報
 【ハノイ=伊藤学】みずほ銀行はカンボジアに拠点を持つ2行と業務提携する。現地企業ネットワークを持つ
同国2位の商業銀行カナディア銀行と、東南アジアに広範な拠点網を持つマレーシア最大手銀メイバンクの
現地法人と提携。カンボジアを含むメコン地域への日系企業の進出を支援する。
 6日にカンボジアの首都プノンペンで2行と業務提携の覚書を結ぶ。カナディア銀行はカンボジア国内で42
店舗を展開する。現地の優良企業を多く顧客に持ち、日系企業への現地パートナーの紹介などが可能となる。
 メイバンクはカンボジア国内で12店舗を展開する。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 09:52:28.74 ID:jf3Kf9wE
東証寄り付き、買い先行も下げに転じる 1万4000円割れ、持ち高調整で
2013/09/06 09:26 日経速報ニュース 688文字
 6日前場寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は続伸して始まったが、ほどなく下げに転じた。
取引時間中では前日に続いて1万4000円を下回り、前日比の下げ幅は100円を超えた。前日の欧米株
高や外国為替市場で円相場が1ドル=100円台前半に下落したのを受け、自動車など主力の輸出関連
株に買いが先行したが勢いは続かなかった。8月の米雇用統計発表や2020年夏季五輪開催都市の決
定を控え、持ち高を調整するための売りが出ている。
 6日付の日本経済新聞朝刊などが「NTTドコモがアップルのスマートフォン『iPhone(アイフォーン)』の
新モデルを販売する」と報じたのを受け、競合するソフトバンクやKDDIが下落。両銘柄で日経平均を25
円前後押し下げる場面があった。
 前日のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の日経平均先物9月物の清算値は1万4100円と、前日
の大証の日中取引の終値を100円上回った。この水準を意識した買いが先物に先行し、指数への影響
が大きいファストリなどに裁定取引に絡んだ買いが入った。その後は、先物に売りが優勢になり、現物
株にも売りが波及した。
 東証株価指数(TOPIX)も朝高後に下げに転じている。
 住友不や菱地所、三井不など不動産株が安い。福島第1原子力発電所の敷地内で汚染水が地下水
に到達した可能性があると発表した東電も売られている。三菱UFJや三井住友FGなど銀行株の一角
も下げている。半面、2014年1月期の連結純利益が過去最高になる見通しだと発表した積ハウスに買
いが先行。川崎汽や商船三井など海運株も上げている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 10:43:40.71 ID:B9fqzB+V
東証10時、下げ幅200円超に拡大 イベント控え利益確定売り
2013/09/06 10:17 日経速報ニュース 863文字
 6日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は1万3800円台後半ときょうの安値圏で推移して
いる。前日比の下げ幅は200円を超える場面があった。前日までの4日続伸で日経平均が5%あまり
上昇した週末とあって利益確定目的の売りが優勢になっている。8月の米雇用統計の発表や2020年
夏季五輪の開催都市決定を控えて様子見姿勢も強い。円相場が1ドル=99円台後半に反発し、自動
車など主力の輸出関連株が下げに転じた。五輪開催都市について「マドリードに勢いが出ている」との
報道を受け、不動産や建設など関連銘柄として買われていた銘柄が売られたことも相場を押し下げて
いる。
 朝方の買いは続かなかった。前日のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の日経平均先物9月物の
清算値が、大証の日中取引の終値を100円上回ったのを意識した買いが先物に入ったが追随する動き
は限られた。6日付の日本経済新聞朝刊などが「NTTドコモがアップルのスマートフォン『iPhone(アイ
フォーン)』の新モデルを販売する」と報じたのを受け、競合するソフトバンクが下落したことも日経平均
の重荷になった。
 東証株価指数(TOPIX)も安値圏で推移している。業種別TOPIXは全33業種中32業種が下げ、「不
動産業」や「パルプ・紙」が2%あまり下げている。
 10時現在の東証1部の売買代金は概算で5201億円、売買高は6億9861万株。東証1部の値下が
り銘柄数は1251と7割を超えた。値上がり銘柄数は342、変わらずは149。
 トヨタ、マツダ、富士重などが朝高後に下げに転じた。住友不や三井不、菱地所など不動産株も安い。
三菱UFJや三井住友FG、みずほFGなどメガバンクもそろって下げている。NTTドコモは買い先行で
始まった後は下げる場面があった。半面、ホンダが小幅高で推移しているほか、オリンパスやTDKが
上げている。
 東証2部株価指数は反落。不二サッシが売り気配で、Jトラスト、理経が安い。半面、キーウェア、M2
J、ベネ・ワンが高い。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 15:36:37.80 ID:DDX6WLOu
<東証>明治HDが一段安 「飲むヨーグルト100万本回収」報道で
2013/09/06 14:09 日経速報ニュース 362文字
(14時5分、コード2269)後場に一段安となっている。前日比170円(3.2%)安の5120円まで下げる場面もあった。
共同通信などが「『明治ヨーグルトR―1』と『明治プロビオヨーグルトLG21』のドリンクタイプの3商品に生産機械
のゴムパッキンが摩耗して混入したとして、5日夕から商品の回収を始めたことが6日わかった」と伝えたことが
売りを誘っている。回収本数は約100万本に上るという。これまでに健康被害などの情報は寄せられていないと
いう。
 R―1は使っている乳酸菌が免疫力を高める効果が強みの商品で、人気を集めている。昨年はヨーグルトが
一時的に店頭で品薄状態になるなど人気化した経緯もあり、関連商品の回収報道に個人投資家などが敏感
に反応したようだ。売り一巡後はやや下げ幅を縮小している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 15:45:20.32 ID:DDX6WLOu
・[米失業保険申請:32.3万件に減少−4週平均も減る]
 [ドイツ、2013年経常黒字は過去最高水準更新の見通し=IFO]
 ・・欧米はボチボチ堅調

・[消費増税先送りで国債下落なら「対応困難」 日銀総裁が発言]
 ・・わたし的には、支出を減らさないと「対応困難」・・ですが・・
  消費増税は国民からの富の奪取⇒再分配なので、
  循環はするが、国益ではない。
・[財務省 8月上中旬の貿易収支、8274億円の赤字 23カ月連続]
 ・・無理やり円安に振ってる政策はホントに良いのか?
  稼げる国にして、国益を増やす事こそ政府の役目なのだと思う。

・[中国の土地入札で高値更新が相次ぐ、規制強化の観測も]
 ・・山高ければ谷深し・・どこまで登るのか?
 [中国保険大手、支払い力低下 株安で財務力悪化]
 ・・そして、降りのきっかけは、いつも金融機関が作り出す

・[G20首脳会議 安倍首相、会場で中国・韓国首脳と言葉交わす] 
 [菅官房長官「日中首脳が初めて言葉を交わした意義大きい」]
 ・・コッチから媚び諂う必要は無い!
  どーでもいいね

・[韓国、東北など8県水産物の輸入全面禁止 汚染水の懸念拡大理由に]
 ・・一部の反日議員の提案だと思ったら決定しやがった!
 [韓国の水産物輸入禁止に「科学的根拠に基づく対応求める」菅長官]
 ・・とは言っても、
 [汚染水漏えい問題 東電、汚染水が地下水に流入の可能性認める]
 ・・コレじゃ、当たり前ですかね。
  小学生でも、(水は地面に染み込み、低い方へ流れる)のは知ってる。
 [東電のずさんな情報発信に「怒り」…規制委員長]
 ・・わたしゃ、今でも東電の情報管理を信じようとしている
  アンタ達に「怒り」…ですけどね。
・[“隠し子”発覚の山本太郎の“隠ぺい体質”に大ブーイング]
 ・・すでに東電や原発を責める資格も無い?

・[米、イラン制裁再強化の動き 核開発疑惑進展せず ]
 ・・米って国は、世界中を思い通りにしないと気が済まないか?
  ま、基本的にはヤクザやマフィアの縄張り争いと一緒ですけどね。

・[「援デリ」で女子中生に売春させ、1400万円売り上げ…
  金払わず逃げた男が通報し発覚]
 ・・ここに参加している人達は、
  ・女子中学生に売春させた人
  ・女子中学生を斡旋した人
  ・売春した女子中学生
  ・1万5千円の料金を払わずに逃げた男性
 ・・ですか・・どーでもいいけど、一言・・
  「どいつもこいつも(-_-#)」・・とだけ言わせて貰います

 ・・さぁ五輪の行方はどーなるか??

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 15:53:36.78 ID:ptmqcvog
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130906/ecn1309060745000-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130906/ecn1309060745000-n2.htm

「シリア危機」が伝えられると、世界の投資家は「比較的安全資産だとみられる日本国債」に
「質への投資」が進んでいる(日経新聞朝刊8月29日付)。
おやおや、日経、朝日新聞など全国紙は、日本の政府債務は世界最悪水準で、予定通り
消費増税しなければ国債は暴落する恐れがある、と盛んに喧伝してきたのに、いったいどっちが
本当なんだい?

日経に代わって、拙論が答えよう。
日本国債は暴落不安などない。財務省やそのお先棒を担ぐメディアにだまされないのが、
マーケットなのだ。

財務省が国民をだます常套(じょうとう)手段が、「国の借金」なるもので、その残高が
6月末時点で国民1人当たり792万円の借金を背負っていることになる、と発表している。
国債の大部分の保有者は日本の金融機関であり、そこに資金を預けているのは国民である。
つまり、債権者のはずの国民を債務者にすり替え、しかも、増税を受け入れてもっと税金を
払ってこの借金を返しなさいと言うのだから、悪質な詐欺行為である(詳しくは拙著
「財務省オオカミ少年論」参照)。

とはいえ、きまじめな日本人である。政府債務の絶対額が経済規模に比べて大きいのは
間違いないから、やはり不安だと感じる向きは多い。だが、ちょっと待てよ。

現代の市場経済制度では、資産と負債を対照して信用度を計る。
つまり、債務から資産を差し引いた純債務が問題なのだ。
そこで、日米両国政府の純債務をみると、2011年度末で日本は473兆円、GDP比97%、
米国は14兆8000億ドルで同95%である。日米の債務水準はほぼ同じなのだ=グラフ。
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/images/20130906/ecn1309060745000-p1.jpg
日本国債が「やばい」なら米国債は大丈夫なのか。実は、米国債の方が日本国債よりも
不安いっぱいだ。

まず、日本国債の90%以上は日本国民の貯蓄で賄われている。
そのうえ、「異次元緩和」の日銀が買い増しするゆとりが十分ある。
米国の場合、国債の3分の1は外国勢に依存している。
外国勢の最大の勢力は中国共産党の支配下にある中国通貨当局や政府系投資ファンドである。
北京が米国債を対米戦略のてこに使う恐れをワシントンも強く抱いている。

米連邦準備制度理事会(FRB)による国債買い入れも限度に来ている。
外国の投資家はそれをよく知っており、米国債よりも日本国債を安全な資産として買い続けるので
円高を引き起こしやすい。

日本がデフレを進行させる消費増税に踏み切れば、税収は減り続け、増税→デフレ→財政悪化の
悪循環から抜け出られなくなる。日本の国と若者の将来をなくし、究極的には日本売りを呼び込む
だろう。

これまでのようにデフレ日本の国内で使われない貯蓄は、米国に流れて、米国債市場安定に
貢献する。ワシントンは日本の増税にニンマリし、国際通貨基金(IMF)を使って、盛んに
消費増税を催促している。(産経新聞特別記者・田村秀男)

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 16:09:00.67 ID:gpqKF6oS
東京電力福島第一原発の事故処理で、汚染水問題が騒がれている。このコラムで私は問題を考えるための図を2つ示し、以下の結論を示したい。

「現在の海洋汚染は深刻なものではない。放射性物質の海水の濃度は、1960年代の核実験が繰り返された時期より少なく、
飲料水の放射性物質の基準値より低いところが大半だ。警戒はするべきだが、健康を懸念して騒ぐ必要はない」

汚染水が社会にリスクを与えるとしたら、海洋の放射性物質による汚染、それによる海洋生物の汚染、
それを食べることによる健康被害という順番による影響が考えられるだろう。それ以外のリスクは想定できない。

しかし、そうした経緯で病気になる可能性は現時点で極小だ。

この問題で「いつものように」、放射能への恐怖を強調して騒ぐ「ノイジーマイノリティ」がいる。
そうした無駄なことはやめた方がよい。東京が候補になっている2020年のオリンピック招致活動で、
汚染水が話題になっているという。こうした騒ぎが「こだま」のように、世界へ広がってしまったのだろう。とても残念だ。

東京オリンピックの実現を願うものとして、騒ぐ人には黙ってほしい。

http://livedoor.blogimg.jp/ikedanobuo/imgs/a/5/a5b357c3.jpg
この数値を見れば、この水を取り込むことによる人間への健康被害の可能性は極小である。
飲料水の放射性物質の基準は10Bq/Lだ。現在の海水はそれ以下になっている。

今の福島沖の海水の核物質の濃度は、1970年代と同じ程度だ。この時期に海産物、また海の利用によって、
ガンなどの健康被害が広がったという報告はない。だから汚染水問題で健康被害が起こる可能性は極小であると私は考えている。

人工核物質の放出量は、ほぼ推定できる。福島原発事故で太平洋に流れ出た核物質は、太平洋全体に占めるそれの1〜2%にすぎない。
残りは核保有国が北半球で行った核実験やチェルノブイリ原発事故、規制前の1960年代に行った放射性物質の海洋投棄によるものだ。
他国が日本の事故を非難できる立場にはない。
http://agora-web.jp/archives/1557091.html

もちろん汚染水問題では、核物質の自然への流失はできるだけ避けなければならないし、また海産物への影響も注視しなければならない。

調査結果は割愛するが、2013年時点で、福島沖の海産物の放射線量は事故前よりやや高い。
しかし食品の放射性物質基準(1キロ当たり100Bq)を下回り、食べても安全という。ただし出荷はまだ制限されている。
水産物を食べ、ガンなどの放射能が影響した病気が増えることはないだろう。

これらの事実を考えると、汚染水問題で健康被害が起こる可能性は極小である。
そのために騒ぐ必要はないと私は考える。それなのに汚染水を完全遮断しようという計画が出ている。

国は遮水壁などの対策費に470億円も支出する。また除去に使った水をタンクにため、
大量のタンクから水が漏れているという。そのタンクの建て替えも検討している。

こうした巨額の対策費用の支出はばかばかしい。水を海に流したとしても健康被害は起きないはずだ。

2011年3月でさえ福島の海は危機的な状況にはならなかった。管理した形で少しずつ汚染水を海に排出すれば
海洋汚染は人体に影響のない程度にとどまるだろう。

今は原則として汚染水をすべて溜め込んだり、地下水をすべて遮断しようとしたりしているから、問題解決が難しくなっているのだ。

福島県によれば、県内漁港の水揚げ高は2010年に約100億円だ。海を汚すことは心情的、倫理的には許されない。
しかしカネだけで考えれば、水を流して補償をした方が、総対策費用は安くすむ。

こうした負担は東電が国営化している以上、国民全員の負担になってしまう。政治の決断が必要なのだ。

原発事故対策では、世論の恐怖感に押されて、過重な支出が行われることだらけだ。
こうした無駄な支出を並べ、科学的事実を検証した上で、冷静に問題を考えることが必要であるはずだ。

今回の汚染水問題も、そうするべきであると、私は考えている。感情に流されてはいけない。(抜粋)

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 17:50:50.30 ID:zH0RXQcb
外為17時 円、反発し99円台半ば 五輪開催地の決定前に売り解消
2013/09/06 17:27 日経速報ニュース 971文字
 6日の東京外国為替市場で円相場は反発。17時時点では1ドル=99円51〜53銭近辺と、前日の同時点と比べ
45銭の円高・ドル安で推移している。8月の米雇用統計や2020年夏季の五輪開催地の発表など重要日程を控え
、夕方にかけて円売り・ドル買いの持ち高を解消する動きが広がった。円は17時ごろに一時99円53銭近辺まで上
げ幅を広げた。
 朝方は円売り・ドル買いが先行した。米企業の景況感が改善し、米連邦準備理事会(FRB)が今月にも米量的
金融緩和の縮小に着手するとの観測が一段と強まった。早朝に一時100円24銭近辺と、7月25日以来1カ月半
ぶりの円安・ドル高水準を付けた。
 もっとも100円台では国内の輸出企業が円買い・ドル売りに動いたため、下値は堅くなった。東京株式市場で
日経平均株価が下落すると、投資家のリスク回避姿勢が強まり、安全資産とされる円が買い戻され、9時30分
ごろに円は上げに転じた。
 五輪開催都市の候補として東京が優位との見方が揺らいでいることもリスク回避を目的とした円買いの要因。
市場では「東京が五輪開催地に選ばれなかった場合、週明けに株安・円高が進むのを警戒して円が買われた
面があった」(メガバンク)との指摘があった。
 その後は米長期金利が一段と上昇し、10年物国債利回りが節目の3%を上回ったことを受け、日米金利差の
拡大観測から円が伸び悩む場面もあった。
 9〜17時の高値は99円53銭近辺、安値は100円12銭近辺で、値幅は59銭程度だった。
 円は対ユーロでも反発。17時時点では1ユーロ=130円59〜63銭と同1円14銭の円高・ユーロ安で推移してい
る。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁による緩和縮小に消極的な「ハト派」的な発言を手掛かりに、朝方から円
買い・ユーロ売りが優勢だった。夕方に円高・ドル安が進むと、円は対ユーロでも一段と買われ、17時ごろに一時
130円60銭近辺の高値を付けた。
 ユーロは対ドルで反落。17時時点では1ユーロ=1.3120〜24ドル近辺と同0.0058ドルのユーロ安・ドル高で推移
している。ドラギ総裁が利下げに含みを持たせた発言でユーロ安・ドル高が優勢だった前日の海外市場の流れ
を引き継いだ。もっとも、東京市場では方向感に乏しく安値圏でもみ合った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/07(土) 03:04:31.40 ID:bDcQmCXI
米国株、ダウ平均上げに転じる 地政学リスクがやや後退
2013/09/07 00:45 日経速報ニュース 260文字
【NQNニューヨーク=川内資子】6日午前の米株式相場は乱高下の末、上げに転じた。オバマ米大統領が
記者会見で、シリアへの軍事介入について限定的な実施にとどめるとの姿勢を改めて示した。地政学リスク
に対する警戒感がやや後退し、押し目買いにつながった。
 朝方発表された8月の雇用統計では非農業部門雇用者数の伸びが市場予想に届かなかった。緩和的な
金融政策が続くとの期待感につながり、株式相場を支える面もあった。
 ダウ工業株30種平均は午前11時45分現在、前日比28ドル63セント高の1万4966ドル11セントで推移している。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/07(土) 06:30:16.41 ID:8CVnDItr
米国株ダウ反落 14ドル安 中東情勢を警戒 雇用統計の影響薄れ
2013/09/07 06:13 日経速報ニュース 838文字
【NQNニューヨーク=古江敦子】6日の米株式相場は4営業日ぶりに小反落し、ダウ工業株30種平均は前日比
14ドル98セント(0.1%)安の1万4922ドル50セントで終えた。米国によるシリアへの軍事介入の議論を巡り、ロシ
アが米国をけん制する発言をしたと伝わった。中東情勢が緊迫するとの警戒感が広がり、取引終了にかけて投
資家が運用リスクを回避する姿勢を強めた。
 ロシアのプーチン大統領が20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)後の記者会見で、米国が軍事介入した場合
でもロシアはシリアへの支援を継続すると語ったと伝わった。米国とロシアの対立が浮き彫りになったと受け止
められ、中東情勢の緊迫化に対する警戒感が改めて強まった。ダウ平均は一時、前日比で150ドル近く下げる場
面があった。
 ただ、ダウ平均は上げる場面もあった。朝方発表の8月の米雇用統計で、非農業部門の雇用者数が市場予想
ほど伸びなかった。雇用の回復ペースが鈍いと受け止められ、米連邦準備理事会(FRB)にとっては現行の緩
和的な金融政策の早期の正常化が難しくなったとの見方があった。当面は金融緩和を通じた余剰資金が株式市
場に流入するとの期待が相場を支えた。
 ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は4日続伸し、1.23ポイント(0.0%)高の3660.01で終了した。
 業種別S&P500種株価指数(全10業種)は「一般消費財・サービス」や「素材」など5業種が下落した。「公益」
や「生活必需品」が上げた。
 売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約6億7000万株(速報値)、ナスダック市場は約16億9000万株(
同)だった。
 化学のデュポンや通信のベライゾン・コミュニケーションズ、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスなどが下
落した。
 一方、IT(情報技術)大手のヒューレット・パッカード(HP)や米銀のJPモルガン・チェースが上昇。交流サイト(
SNS)最大手のフェイスブックは過去最高値を更新した。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/07(土) 06:33:30.03 ID:8CVnDItr
成長分野に融資促す、金融庁新検査方針、危機対応から転換、銀行の自己査定尊重、他。
2013/09/07 日本経済新聞 朝刊 5ページ 1418文字 書誌情報
 金融庁は今事務年度(2013年7月〜14年6月)の監督・検査方針を正式に発表した。融資先の中小企業が
健全かどうかの判断を銀行の自己査定に委ね、金融危機への対応を理由に不良債権処理を迫ってきた路線か
らの転換を明確にした。成長分野への新規融資を促す狙いがある。地域金融機関の再編をにらんだ規定も盛り
込んだ。14年3月期から適用する。
 新たな検査では銀行の判断を尊重する。銀行全体のリスク管理は引き続き多角的に調べる半面、経営への影
響が比較的小さい中小企業への貸し出しは銀行が自由に判断できるようにする。個々の銀行の戦略が、中小向
け貸し出しの態度の差となって表れやすくなる。
 銀行は貸出先が返済できなくなるリスクに応じて、債務者を分類する。直近の決算で赤字を計上している企業
などを「その他要注意先」としてきたが、銀行の判断が甘いかどうかは金融庁検査の焦点になりやすかった。不
良債権にあたる「要管理先」や「破綻懸念先」に区分を変えるよう求められることも多かった。
 厳しい区分に変えれば、銀行は貸し倒れに備えた引当金を積まなければならず、自己資本が細る要因にもな
る。一方で日本の金融機関は1990年代のバブル崩壊や08年以降のリーマン・ショックを経て直近の決算では
高収益を稼いでいる。
 金融庁は危機対応の段階が過ぎたと判断。足元の業績は赤字でも技術力のあるベンチャー企業などがお金を
借りやすくなる環境整備を重視する。新方針には小口融資の資産査定に関して「(金融機関の)判断を極力尊重
する」と明記した。
 メガバンクの検査の手法も見直す。個別行ごとに実施してきた総合検査から、海外の同種の金融機関などを
参考にする比較型検査に軸足を移す。グループの経営管理などで世界的な金融機関の達成度も意識する。背
景にはメガバンクが国際競争を勝ち抜くうえで、日本国内で通じる最低基準を点検するだけでは不十分との判断
がある。
 地域金融機関には5〜10年後を見据えた経営戦略を求めた。中小・零細規模を含む企業への経営改善の支援
や財務基盤の強化を課題と指摘。本業の収益が縮小する地方銀行や信用金庫、信用組合は経営の選択肢に再
編が浮上しそうだ。
 金融庁は各地域金融機関のビジネスモデルの持続性も検証し「必要に応じ経営陣と議論する」とした。一部地銀
の幹部は「5年、10年先は単独で生き残れるか分からない」と語る。
 金融庁が集計した地域銀行の決算によると、業務粗利益は2期連続で減少。単独での生き残りを目指す地域金
融機関は、金融庁に明確な収益拡大策を示す必要がありそうだ。
 不良債権処理を軸にした02年当時の小泉純一郎首相と竹中平蔵金融相の路線には金融界の抵抗が強かっ
た。民主党政権下の09年には亀井静香金融相は中小企業の返済猶予を重視する方針を表明。金融行政の対
応が経済環境により揺れてきた面もある。
 金融機関が金融庁の検査マニュアルなどを踏まえて作った自主ルールに基づき、貸出債権の中身を調べるこ
と。バブルの崩壊で不良債権が膨らんだ金融機関に問題の在りかを明確に認めさせて、不良債権の必要な処理
を促す目的から1998年3月期に始まった。
 貸出先の財務内容や返済状況に応じて「正常」「要管理」「破綻懸念」などに分け、それぞれの区分で貸し倒れ
の可能性に応じて一定の引当金を積む。健全度が低い債権を抱えるほど引当金を多く積まなければならず、金
融機関の損失を膨らませる要因になる。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/08(日) 04:44:58.28 ID:oDQ/JmUO
 

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/09(月) 07:19:43.49 ID:0hyO5DzA
日経平均先物、1万4200円台で推移 日本時間9日早朝のシカゴ市場
2013/09/09 07:14 日経速報ニュース 199文字
 日本時間9日早朝の米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のGLOBEX(先物取引システム)で
、日経平均先物9月物(円建て)が前週末の大証の日中取引終値(1万3850円)を350円程度上回
る1万4200円台で推移している。
 6日のシカゴ市場の清算値は1万3850円だった。日本時間8日早朝に2020年夏季五輪の東京開
催が決定し、好感する買いが入っているようだ。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/09(月) 07:22:55.09 ID:0hyO5DzA
円、99円60〜70銭で推移 ウェリントン市場
2013/09/09 07:12 日経速報ニュース 253文字
 【シドニー=沢木祐二】週明け9日のウェリントン外国為替市場の円相場は円買い・ドル売りが優勢
となり、1ドル=99円60〜70銭で推移している。米国の8月非農業部門雇用者数統計が予想を下回
り、ドルが売られた。ユーロ円相場は1ユーロ=131円15〜25銭の水準。
 オーストラリア(豪)ドルは、1豪ドル=0.9200〜0.9210ドルで推移。対円では1豪ドル=91円00〜
10銭で推移している。
 ニュージーランド(NZ)ドルは、1NZドル=0.8000〜0.8010ドル。対円では1NZドル=79円70〜80銭。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/09(月) 13:33:25.02 ID:UdJgwZf5
東京五輪、アベノミクスに強い援軍 市場は「矢」の数より中身重視へ
2013/09/09 12:48 日経速報ニュース 931文字
 7日の国際オリンピック委員会(IOC)総会で2020年の五輪・パラリンピックの開催都市が東京に
決まった。安倍晋三首相の掲げる経済政策である「アベノミクス」には強力な援軍。甘利明経済財政
担当相は「第4の矢」とも評した。もっとも、五輪は2週間ほどの国際的なスポーツイベントにすぎない。
歓迎ムードにわくなかで市場からは早くも注文が付いている。
 東京がオリンピック招致に向けて訴えたコンセプトの1つが「コンパクトで環境負荷が少ない大会」。
都心部にある既存の施設を活用するうえ、東京都が蓄えてきた基金を中心に財源を捻出する見通し
だ。いまのところ、国の財政に与える影響は小さいとの見方が多い。
 みずほ証券の末広徹マーケットエコノミストは東京五輪の計画を「ローリスク・ローリターン」とみる。
過去に五輪を開催した国の事例では終了後に景気が大きく落ち込むケースが多いが、東京五輪の計
画では事前の投資は規模が抑えられそう。「五輪開催までの景気押し上げ効果を過大に見積もれな
い半面、その後の落ち込みをあまり悲観することもない」と話す。
 「五輪開催をきっかけに民間需要をどこまで高められるかがカギを握る」。JPモルガン証券の山脇貴
史チーフ債券ストラテジストはこう話す。例えば、海外観光客の増加に向けた取り組みや特区構想な
どは日本経済の拡大に継続的に寄与する可能性がある。やはり、アベノミクスが掲げる成長戦略や
規制改革などの「第3の矢」の着実な実行が欠かせないというわけだ。
 1964年の東京五輪開催が決まったのは59年。当時の首相は、安倍首相の祖父に当たる岸信介氏。
60年にその後を継いだ池田勇人氏は「所得倍増計画」をまとめた。今回も五輪開催を機に経済政策と
の相乗効果が発揮されるのかに注目が集まる。
 ただ、日本が人口減や潜在成長率の低下という構造的な課題に直面するという点で、前回と環境は
明確に異なる。財政再建という重い課題も抱えている。2020年度には国と地方の基礎的財政収支(プ
ライマリーバランス)の黒字化方針を示しているが、すでに達成は不可能とみられる。市場はアベノミク
スの「矢」の数を増やすより、中身の充実を求めるのではないか。〔日経QUICKニュース(NQN) 
三輪恭久〕

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/09(月) 15:49:58.84 ID:C2U/0SIh
・[8月米雇用:予想下回る17万人増−労働人口減で失業率7.3%]
 [イラン、イラク民兵に対米報復準備命令…米紙]
 ・・など、ドーでもいい感じで、

・[2020年夏季五輪は東京開催が決定、56年ぶり]
 ・・なんと言っても、今日はコレでしょう。
  個人的に、それほど大きな期待はしてなかったのですが、
  決まってみると結構嬉しかったのでしたo(^o^o)(o^o^)o
 [マドリード決選投票に進むことなく落選 落選の瞬間ため息]
 ・・なんとも、メディアの事前予想ほどあてにならないものは無いですね
 [東京五輪、レスリング存続 野球・ソフト・スカッシュは落選]
 ・・レスリングが落ちて、スカッシュが入ったら驚くけどね。

・[4〜6月GDP 年率+3.8%に、速報段階から1.2ポイント上方修正]
 ・・消費増税へ一歩前進・・にしても、こんな違って
  速報を出す意味あるか?
 [8月の消費者態度指数、前月比0.6ポイント低下の43.0
  内閣府は「改善のテンポが緩やかになっている」から
  「改善に足踏みがみられる」に変更]
 ・・コレも五輪効果で好転必至か?

・[日本は米国に敗れ準優勝 野球の18UW杯]
 ・・惜しかったねぇ
  けど、納得の準優勝でした( ^^)ノ
  先日の
 [リトルリーグ世界大会・日本チームが2連覇]
 ・・といい、近頃の小僧どもは凄いのです( ´∀`)つ
  ソレに比べ、
 [日本男子、韓国に敗れ本大会出場逃す/バレー]
 ・・よりによって韓国に負けるとは(-_-#)

・[福島原発に川の痕跡 汚染水問題、
  「地形を考慮せずに建設したことが立地上の欠陥となり、
  今の汚染水のそもそもの原因」]
 ・・コレには驚いたね!
  ここに作ろうと計画した東電・誘致した地元自治体・許可した政府
  全体の責任問題なのです。
 [原発汚染水問題:首相「港湾内でブロック」強調]
 ・・どんどん入り込んでるのにブロックできてる訳が無い!
  けど、頑張ってもらうしかないね。

・[中国軍爆撃機、沖縄本島・宮古島間通過 防衛省]
 [沖縄近くの公海上、中国機2機と軍艦2隻を確認]
 ・・いよいよ軍関連が出張ってきたか( `ハ´)

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/09(月) 16:04:11.94 ID:cYCjpUUx
株、五輪で長期上昇トレンド入りも・伊藤氏 海外から国内に目向く
2013/09/09 15:51 日経速報ニュース 681文字
 伊藤嘉洋・岡三オンライン証券チーフストラテジスト 9日の東京株式市場では2020年夏季五輪の東京開催
決定を受けて日経平均株価が大幅反発した。前回1964年(昭和39)の東京オリンピック開催が決定したときも
同じように日本経済の先行き期待から投資家心理が明るくなった。当時は国内投信の買いが盛り上がり、建設
株や不動産株が大幅上昇し、決定から約3年は「五輪相場」が続いた。
 今回は安倍晋三政権による一連の政策「アベノミクス」が加わることで、海外投資家が日本株に見直し買いを
入れ、より長期的な上昇トレンドが期待できそうだ。今後は五輪開催が実際に業績へ寄与すると見込める銘柄
に選別が進むとみている。
 一方、今回は海外情勢に不安が多いことが目先の上値を抑える要因になりそう。直近ではシリア情勢の先行
き不透明感が警戒されている。また、米連邦準備理事会(FRB)は今月にも量的緩和の第3弾(QE3)縮小に着
手するとみられている。前週末発表の8月の米雇用統計が景気の強い回復を示す内容ではなかったことで、緩
和縮小は小幅にとどまりそうなものの、新興国からのリスクマネー流出の影響は日本にも波及しそうだ。
 それでも、9日発表の4〜6月期の国内総生産(GDP)改定値は速報値から上方修正されるなど国内の経済は
好調だ。政府は来月1日発表の日銀の全国企業短期経済観測調査(短観)を踏まえ、消費増税を判断するとみ
られる。安倍首相は景気対策として成長戦略などを打ち出していく方針で、海外要因よりも日本経済の足元を見
極めようとする投資家が次第に増えるだろう。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/09(月) 16:06:37.37 ID:cYCjpUUx
東証大引け、大幅反発で1万4200円回復 五輪を好感 売買代金
2013/09/09 15:25 日経速報ニュース 995文字
 9日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反発した。終値は前週末比344円42銭(2.48%)高の1万4205円
23銭と、1万4200円台を回復。8月6日以来およそ1カ月ぶりの高値水準を付けた。2020年夏季五輪の東京開
催が決定し、インフラ投資など中長期的な経済効果を期待した買いが広がった。半面、シリアへの米国の軍事
介入に対する警戒感もあり、上値を追う動きは乏しく、午後の取引では高値圏でのもみ合いが続いた。
 五輪開催で恩恵を受けそうな銘柄への物色が活発だった。東証1部の売買代金2位となった大成建は大幅高
となり、年初来高値を更新した。清水建、鹿島などもそろって高値を更新した。前週末の8月の米雇用統計で非
農業者部門増加幅が市場予想を下回るなど、外部環境への不透明感が残り、トヨタなど大手輸出株は上値の
重さが目立った。
 取引開始前に発表された4〜6月期の国内総生産(GDP)改定値は前期比年率3.8%増と、速報値(2.6%増)
から上方修正された。14年4月の消費増税の実現性が高まったとして、好感する向きもあった。13時すぎに「甘
利明経済財政・再生相が都内の講演で『来年4月の消費増税について安倍晋三首相は10月1日に判断する』
と述べた」と伝わったが、相場への影響は限定的だった。

 東証株価指数(TOPIX)は大幅反発した。業種別TOPIXは33業種中、「その他製品」を除く、32が値上がりした。
「不動産業」、「建設業」の上昇が目立った。東証REIT指数は8月15日以来およそ3週ぶりの高値を付けた。
 東証1部の売買代金は概算で2兆1007億円と1カ月ぶりに2兆円を上回った。売買高は29億3756万株と、7月
19日以来の高水準だった。東証1部の値上がり銘柄数は全体の9割を超える1624、値下がり銘柄数は94、変わ
らずは35だった。
 五輪関連では三井不が6%高、菱地所が4%高と、大手不動産株が軒並み高となった。ALSOK、ミズノ、デ

サントは一時制限値幅の上限(ストップ高水準)まで上昇した。半面、前週末に13年12月期の業績見通しを下方
修正したSUMCOは一時制限値幅の下限(ストップ安水準)まで売られた。任天堂、信越化、日本取引所も下
げた。
 東証2部株価指数も大幅反発した。キーウェア、Jトラスト、神鋼環境が上昇した半面、不二サッシ、仁丹が下
げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/09(月) 19:59:01.15 ID:BuVh8uG0
東京五輪「ご祝儀後」に問われる銘柄選別 スクランブル
2013/09/09 19:01 日経速報ニュース
 2020年の東京での夏季五輪開催の決定を受けた9日の株式相場は東証1部の9割を超える銘柄が上昇する
全面高で反応した。日経平均株価は前週末比344円高い1万4205円と8月6日以来の高値を回復した。だが、
きょうのところは期待やお祝いムードで十把ひとからげに買い進まれた印象がぬぐえない。投資家がえり分け
る銘柄は何か。経済的波及効果と特需を取り込める個別の成長戦略がマネーの流入持続を占うことになりそ
うだ。
 その兆候がすでにみられる業種がある。観光・レジャー関連銘柄だ。訪日外国人需要や海外市場への取り
組み姿勢によって株価に格差が生じつつある。
 代表的な銘柄の9日終値を、東京都が国際オリンピック委員会(IOC)に開催計画書を出した直前の営業日
である1月4日の終値と比べてみた。
 旅行会社ではエイチ・アイ・エスが77%上昇したのに比べ、KNT―CTホールディングスは24%にとどまる。
HISも足元の主力は日本発の海外旅行だ。だがタイなどで訪日旅客や現地発の海外旅行の需要取り込みを
目指し、積極的に営業拠点を開設。8月下旬にはタイに設けた国際チャーター便子会社が就航した。さらには
外国人の集客が好調なハウステンボス(長崎県佐世保市)も抱える。野村証券の室谷水奈アナリストも「HIS
は海外からの訪日旅客など東南アジア事業の拡大に取り組んでいる」と評価する。
 テーマパークでもサンリオは2倍弱に上昇した。先行して上げていたとはいえ、東京ディズニーリゾート(TD
R、千葉県浦安市)開業30周年で業績好調なオリエンタルランドを上回る。TDR入場者のうち外国人の割合は
約3%で、主眼はあくまでも国内のリピート客。一方、サンリオは2014年3月期にサンリオピューロランド(東京
都多摩市)の外国人入場者を前期比5倍の10万人に伸ばす計画で、外国人比率は1割になる計算だ。今期
は初めてテーマパーク事業が黒字転換する見通しで、来期には中国で初めて海外での本格的なテーマパ
ークを開く。
 空運では14年に国際線参入を目指すスカイマークに比べ、日本航空(JAL)やANAホールディングスの株
価は堅調。JALとANAHDはそれぞれ海外33都市に就航しているうえに、海外の航空会社とも提携しており、
訪日旅客の取り込み余地があるといえる。
 日本政府観光局(JNTO)によると、7月の訪日外国人客は100万3000人で、初めて100万人の大台にのせた。
円安や各種キャンペーンもあり、政府が目標とする13年の1000万人達成に向けた効果が徐々に出てきた形だ。
観光庁の調査では訪日外国人が835万8000人だった12年の訪日外国人の消費額は1兆円超。東京五輪が開
かれれば、各社ともさらなる効果拡大も見込める。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘・投資情報部
長は「内需関連では訪日外国人の需要をいかに取り込めるかが利益成長につながる」とみる。
 9日の株式市場は観光・レジャー関連以外に、建設や不動産も上げた。ちばぎんアセットマネジメントの奥村
義弘・調査部長は「株価が高値圏にある企業について、市場には警戒感もある」と指摘。大和住銀投信投資顧
問の窪田真之シニア・ファンドマネージャーは「五輪開催に関わらず、東北復興と東京再開発は日本の重要な
テーマだった」とする。そのうえで開催決定をトリガーとした政府の規制緩和や成長戦略に注目する。日本が
一丸となって勝ち取った2度目の東京五輪。ご祝儀相場の一服後、中長期の投資家が問うのは空港や高速
道路といった都市インフラの再開発を含め、関連需要を本当に取り込める企業の力だろう。(証券部 中尾良平)

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/10(火) 02:34:25.90 ID:6R8o5wgO
米国株、ダウ1万5000ドル台 一時107ドル高 キャタピラー高い
2013/09/09 23:28 日経速報ニュース 267文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】9日午前の米株式市場でダウ工業株30種平均は上げ幅を拡大し、1万5000ドル
台に乗せている。前週末比の上げ幅は一時100ドルを上回り、107ドルに達した。取引時間中にダウ平均が1万50
00ドルを上回るのは8月26日以来、2週間ぶり。
 世界経済のけん引役である中国景気が勢いを取り戻しているとの期待から、恩恵を受けやすい建機大手キャタ
ピラーや非鉄大手アルコアなどを中心に買いが入っている。
 午前10時20分現在のダウ平均は前日比84ドル98セント高の1万5007ドル48セントで推移している。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/10(火) 07:31:05.44 ID:11OX8Qjv
シリア攻撃問題で「サマーズ議長」消える? 米議会巡り思惑交錯
2013/09/10 07:02 日経速報ニュース 1292文字
【NQNニューヨーク=森安圭一郎】シリアへの軍事介入問題のあおりで「サマーズ米連邦準備理事会
(FRB)議長」誕生の目が消える? 米株式市場でこんな読み筋が浮上してきた。夏休み期間を終え
た米議会は再開初日の9日からシリア問題への対応で大わらわ。その陰で、本来なら今議会の中心
議題になるはずだった多くの内政問題が先送りになりそうな雲行き。FRB議長の後任問題もその例に
漏れないというわけだ。
 「シリア攻撃問題が、財政などの重要審議に『ゆすり』をかける」。9日付のウォール・ストリート・ジャ
ーナル(WSJ)紙の1面の報道が、首都ワシントンのムードをよく伝える。
 米上院は今週からシリアへの限定的な軍事攻撃の承認に関する決議案の本格審議に入る。まず議
事妨害などを封じる手続きとなる動議を11日にも採決。そのうえで週内の決議案採決を探る見通しだ。
一方、野党・共和党が多数の下院は、上院の採決を待って動く構え。上下院とも少なくとも今週いっぱ
いはシリア対応で手いっぱいになるとみられる。
 シリア問題が割り込んでくることで「財政問題や移民法改正などの審議が遅れそう」とWSJ紙は議会
関係者の話として伝える。本来ならこの時期は、10月半ばにも法定上限を超える連邦政府債務の問題
や、政府機関の窓口閉鎖を避けるための手立てを議論するはずだった。オバマ大統領が重視する医療
保険改革関連の審議も例外ではない。
 上院の承認が必要なFRB議長人事への影響も避けられないとの見方が出ている。先読みが好きな
米株式市場のトレーダーの間で出回る「うがったシナリオ」はこうだ。シリア攻撃の決議案は共和党など
の反対で否決される。介入論を推進したオバマ大統領の指導力に疑問符が付き、議会との交渉力も
低下。自信を失った大統領は、議会の反発が強いサマーズ元財務長官をバーナンキFRB議長の後釜
に据える構想をごり押ししようとしなくなる――。
 オバマ大統領の支持率は40%台前半に低迷し政権の勢いは弱い。あらゆる政策で主張を通そうと
すれば力が分散して「あぶはち取らず」の結果に終わりかねない。どの分野で戦うか、オバマ大統領
重点領域を絞るのではないか。米CNBCテレビはこんな見方を示す。FRB議長人事が議会対策の駆
け引き材料に使われる可能性もあるというわけだ。
 もちろん市場には「シリア問題がFRB人事に与える影響は限定的」との声もある。ゴールドマン・サ
ックスのアレック・フィリップス氏は先週のリポートで「大統領による後任議長の指名時期はなお不透
明だが、17〜18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後の9月後半ではないか」と指摘する。
 議長レースの対抗馬であるイエレンFRB副議長に比べて量的緩和の効果に懐疑的とされるサマー
ズ氏。もし指名の確率が下がったのだとすれば、株式・債券市場は「プラス材料」と受け止める可能性
がある。現時点でシリアと議長人事を巡る言説は「風が吹けば桶(おけ)屋がもうかる」式の思惑にすぎ
ない。だが地政学リスクがくすぶる中で9日の米株式相場が大幅高となった点をみると、単純に臆測
と切り捨てられない面がある。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/10(火) 08:36:13.22 ID:11OX8Qjv
株、米国株高受け続伸か・河合氏 1万4400円程度を試す展開も
2013/09/10 08:21 日経速報ニュース 570文字
 河合達憲・カブドットコム証券チーフストラテジスト きょうの日経平均株価は、前日の米国市場でダウ
工業株30種平均が1万5000ドルを回復したことや円相場が1ドル=99円台後半と円安傾向にあること
を受けて続伸して始まりそうだ。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で日経平均先物9月物の清算値
は1万4325円と、前日の大証大引けを105円上回っており、同水準にさや寄せする形で買いが入りやす
くなるだろう。きょうの日経平均は1万4400円程度を試す展開もあるとみている。
 前日は2020年夏季五輪の東京開催決定を受けて日経平均は大幅に反発した。建設や不動産などの
五輪関連銘柄はインフラ需要の高まりを背景に長期的に注目されていくだろう。資材の高騰を受けて利
益率が低下するとの懸念も出ているが、今後どう対応していくかが業績を左右する焦点となるだろう。
 内戦が続くシリアへの米国の軍事介入については、米国務長官がすべての化学兵器の放棄を条件に
軍事攻撃を回避する可能性に言及し、緊張が高まっていた先週に比べるとやや落ち着きをみせている。
市場は軍事介入が長期化して事態の泥沼化することを最も恐れており、もし軍事介入しても短期で収束
する見通しが強まるのであれば市場への影響は最小限にとどまる可能性も出てくるのではないか。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/10(火) 08:37:41.87 ID:11OX8Qjv
株、SQ予想 40万株程度の売り越しか、バークレイズなど売り 9日時点推計  
2013/09/10 08:03 日経速報ニュース 1279文字
 株価指数先物とオプションの9月物は13日、特別清算指数(SQ)算出を迎える。SQ算出に関連した
13日寄り付きの現物株式の売買注文は、「日経平均株価」の裁定取引関連で採用1銘柄あたり概算
で売りが490万株、買いは450万程度と見込まれる。差し引きでは40万株前後の売り越しとなりそうだ。
6日時点の建玉と9日の手口をもとに主要証券会社の現物株の売買を推計した。
 SQ算出日の寄り付きに現物株の売りが目立つとみられる証券会社はバークレイズ(101万株)、ソシ
エテ・ジェネラル(80万株)、三菱UFJモルガン・スタンレー(66万株)、メリルリンチ日本(55万株)など。
一方、買いが想定されるのは、ゴールドマン・サックス(139万株)、BNPパリバ(105万株)、JPモルガ
ン(83万株)、RBS(50万株)などの証券会社だ。
 大阪証券取引所が開示している証券会社別の建玉と売買手口をもとに、先物のポジションやオプショ
ンのデルタ(先物に対する感応度、プラスの1単位が先物1枚の買いにあたり、マイナスは売りを示す)
を計算した。
 先物の売建てやそれに相当するオプションのポジションは「先物売り・現物株買い」の裁定取引になっ
ていると想定。この場合、SQ算出時には先物などが清算され、現物株には売りが出るとした。逆に先
物の買建ては現物株買いにつながるとした。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
主な証券会社のポジション(推計)
日経平均先物9月物
ゴールドマン・サックス        37351
BNPパリバ             28179
JPモルガン             19996
RBS                11605
大和                 10850
野村                  4250
ニューエッジ            ▲ 9609
ソシエテ・ジェネラル        ▲ 10518
三菱UFJモルガン・スタンレー   ▲ 15952
ABNアムロ            ▲ 18685
バークレイズ            ▲ 29007

ミニ日経平均先物9月物(通常の日経平均先物に換算した枚数)
ABNアムロ             11299
ニューエッジ              5357
野村                  2293
BNPパリバ            ▲ 2813
大和                ▲ 8703
ソシエテ・ジェネラル        ▲ 10204

日経平均オプション9月物のデルタ(先物に対する感応度)
UBS                 3612
バークレイズ              3061
シティグループ             2605
クレディ・スイス          ▲ 2168
ゴールドマン・サックス       ▲ 3920
モルガン・スタンレーMUFG    ▲ 4311
(▲は売り越しまたはマイナス)
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/10(火) 15:48:03.37 ID:C0VKGTej
・[ロシア、シリアに化学兵器の国際管理受け入れ要請]
 [シリアがロシア提案を歓迎]
 [米オバマ大統領「前向きの展開」と評価]
 ・・大きな懸念のひとつが、先送り⇒とりあえず消滅?

・[中国:8月の工業生産、前年比10.4%増−市場予想を上回る]
 ・・でもって、中国株も続伸で、3カ月ぶり高値。
  大きな懸念のもひとつも、先送り
  ただ、理財商品は四半期決済の関係で今月末に向けて注意。

  ってことで、日本株は、五輪効果&懸念払拭でいい感じ。
  でもって、15000を抜いてくると、三角持合は上向きとなる?

・[7月ギリシャ鉱工業生産は前年比8.1%減、CPIも引き続き低下]
 ・・稼げない国は、どんなに節約してもダメなのだ

・[汚染水、安倍首相の「完全にブロックしている」発言が東電発表と食い違い]
 [「全部の水、ストップではない」 汚染水問題で官房長官]
 ・・そう、ブロックできてる訳が無いのは皆知ってる。
  IOC委員は見事に阿部さんに騙された?訳だが、
  (信じる者は騙される)のが、世の常である。
 [韓国大統領、ベトナムに原発売り込み]
 ・・わたしは、自分のケツも拭けないうちは、海外輸出は反対派・・
  なのだが、韓国製を購入するくらいなら、賛成派になる!

・[「マジェスタ」全面改良、全車HVに
  1リットル当たりの走行距離を18・2キロと旧型の2倍以上]
 ・・あんなデカいのが??
  日本の技術ってホントに凄い!

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/10(火) 15:55:12.00 ID:Dfc2aBrC
株、年末に1万5500円まで上昇か・阿部氏 決算と年金動向に注目
2013/09/10 15:49 日経速報ニュース 458文字
 阿部健児・シティグループ証券チーフ日本株ストラテジスト 日経平均株価は年末に1万5500円まで上昇
しそうだ。景気回復に伴う米金利の上昇で、日米金利差が拡大し、円安・ドル高が進みやすくなる。企業業
績の上振れ期待から日本株に投資資金が流入するだろう。
 株価が強含むタイミングになりそうなのが、10月末から本格化する4〜9月期の決算発表だ。円安で輸出
企業は採算が改善しており、業績を上方修正する可能性が高い。政府は公的年金の運用改革に関する提
言を秋までにまとめるとしており、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が国内株の資産構成割合を
引き上げることとなれば、日本株の上昇が見込まれる。
 足元では建設、不動産など東京の五輪開催で恩恵を受けそうな銘柄の物色が目立っている。ただ、こうい
った銘柄は年初から買われていた銘柄も目立ち、目先は利益確定売りが出やすくなりそうだ。今後、14年4
月の消費増税が決まるとみられるが、増税決定と同時に経済対策も打ち出されなければ、株価が調整しそ
うだ。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/10(火) 16:24:46.55 ID:C0VKGTej
【招致“Cool Tokyo”アンバサダー・滝川クリステル】

 東京は皆様をユニークにお迎えします。日本語ではそれを「おもてなし」という一語で表現できます。

 それは見返りを求めないホスピタリティの精神、それは先祖代々受け継がれながら、日本の超現代的な
文化にも深く根付いています。「おもてなし」という言葉は、なぜ日本人が互いに助け合い、お迎えするお客
さまのことを大切にするかを示しています。

 ひとつ簡単な例をご紹介しましょう。もし皆様が東京で何かをなくしたならば、ほぼ確実にそれは戻ってき
ます。例え現金でも。実際に昨年、現金3000万ドル以上が、落し物として、東京の警察署に届けられまし
た。世界を旅する7万5000人の旅行者を対象としておこなった最近の調査によると、東京は世界で最も安
全な都市です。

 この調査ではまた、東京は次の項目においても第1位の評価を受けました。公共交通機関。街中の清潔
さ。そして、タクシーの運転手の親切さにおいてもです。あらゆる界隈(かいわい)で、これらの資産を目に
するでしょう。東洋の伝統的な文化。そして最高級の西洋的なショッピングやレストランが、世界で最もミシ
ュランの星が多い街にあり、全てが、未来的な都市の景観に組み込まれています。

 私が働いているお台場は、史上初の“ダウンタウン”ゲームズを目指すわれわれのビジョンの中心地で
もあります。それは都心に完全に融合し、文化、生活、スポーツがユニークに一体化します。ファントレイ
ル、ライブサイト、チケットを必要としないイベントが、共有スペースにおいて多くの競技会場を結び、素晴
らしい雰囲気を創り出します。

 来訪者全てに生涯忘れ得ぬ思い出をお約束します。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/10(火) 19:32:06.18 ID:QvsyauSj
みずほFG、五輪需要で貸し出し予想を1兆円上方修正
2013.9.10 19:10
 みずほフィナンシャルグループ(FG)が2015年度までの国内貸出金増加額の見通しを従来計画から約1兆
円引き上げて、最大4兆円としたことが10日、分かった。安倍政権の経済政策「アベノミクス」や2020年夏季
五輪の東京開催による経済効果で資金需要が増えると見込んだ。
 同日、東京都内で開かれた投資家向け情報提供(IR)説明会で、みずほFGの佐藤康博社長が説明資料で
示した。
 みずほがことし2月発表した中期経営計画では、15年度までの貸出金の増加額を約2兆〜3兆円と予想して
いた。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/11(水) 06:09:51.90 ID:1LMn5S/Z
NY円17時(終値)1ドル=100円35〜45銭 85銭円安・ドル高

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/11(水) 06:10:31.92 ID:1LMn5S/Z
米国株 ダウ平均が大幅続伸、1カ月ぶり高値 シリア懸念の後退
2013/09/11 05:10 日経速報ニュース 256文字
【NQNニューヨーク=岩切清司】10日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅続伸した。終値は前日比
127ドル94セント高の1万5191ドル06セント(速報値)となり、この日の高値圏で取引を終えた。8月14日以来、
約1カ月ぶりの高値を付けた。シリアに対する軍事介入の懸念が和らいだことを好感。中国の経済指標が改
善したことも追い風になった。
 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は6営業日続伸。同22.84ポイント高の3729.02(速報値)と
なり、2000年9月以来、約13年ぶりの高水準に上昇した。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/11(水) 16:02:24.69 ID:G7DA+30K
・[米、化学兵器管理の安保理協議に同意]
 ・・米国内の世論も反対基調ですし、この件は一件落着か?
 [7月の米求人件数は全般的に減少、雇用増ペース鈍化を示唆]
 ・・イマイチの指数に、緩和縮小したとしても
  小幅にしか出来ないと予想か?

・[国内企業物価8月2.4%上昇 4年9カ月ぶり上げ幅]
 [ガソリン店頭価格161.4円 4年11カ月ぶり高水準]
 ・・いやはや困ったもんです・・が、
 [大企業景況判断指数12.0、過去最高に 7〜9月]
 ・・増税へ向けての指数固めは整ったか?

・[スペイン、初の50年国債発行を検討]
 ・・この借金を検討している人達は、その現役時代に返す事は無い。

・[中国のシャドーバンキング、再び急増-
  8月に前月比でほぼ倍増 成長回復のリスク大きく]
 ・・なんたらショックの大半は、金融機関が引き金を引く

・[ベトナム訪問の朴大統領 過去の戦争の歴史で謝罪せず
  韓国は1960〜70年代のベトナム戦争で米軍支援のため
  延べ30万人以上の部隊を派兵し、部分的に“住民虐殺事件”した。
  2001年、金大中は不本意ながらベトナム国民に苦痛を
  与えたことを申し訳なく思う」と“謝罪”]
 ・・日本⇒韓国、韓国⇒ベトナムと全く一緒

・[汚染水対策の組織乱立 政府が2チーム新設、運用混乱も]
 ・・組織は多いほど混乱する。
  まず、責任者の任命をし、そこからピラミッド型の組織を作るべし!

・[福知山花火大会事故 「責任は露天商にある」
  と言い切った商工会議所の他人事‐
 ・・そりゃ責任は露天商でしょうけど、それで済ませたらイカんでしょ
 [セクハラ民間人校長更迭、でも研修したら
  別の学校に校長として現場復帰へ 大阪市
  市教委 任期3年間の校長職として採用したため他の職務に
  就かせることができないため]
 ・・で、その校長が復帰する学校の生徒はどう思う?
 [西鉄観光バスアルコール検査すり抜け 新たに68件の不正行為
  ストローをチューブで二股に細工したものを、3〜4年前から使用]
 ・・あへ
  決め事は、守ってこそ効果アリなのだ。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/11(水) 19:58:10.34 ID:0AsB6BUf
10年債利回り、0.730%に低下 翌日物金利は0.075%(11日)
2013/09/11 18:07 日経速報ニュース 237文字
 11日の債券市場で、長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは0.730%と前日と比べ0.005%低下
(価格は上昇)した。良好な需給環境が続くとの見方が相場を支えた。
 シリアに対する米軍事介入観測が後退し、朝方は安全資産とされる日本国債に売りが出る場面があった。
日銀の石田浩二審議委員が青森市で講演、記者会見したが、目立った反応はなかった。
 短期金融市場の無担保コール翌日物金利(加重平均、速報)は0.022%低い0.075%だった。〔日経QUIC
Kニュース(NQN)〕

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/11(水) 21:08:20.19 ID:wB3RC3kk
 

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/12(木) 13:55:11.89 ID:sqK4k3sS
株、「五輪祭り」後に警戒 来週から「消費」を巡る動向が焦点に
2013/09/12 12:14 日経速報ニュース 1536文字
 12日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落した。前日の米ダウ工業株30種平均が100ドル
超上昇したものの、円相場が1ドル=99円台に上昇したことが響き、当面の利益を確定する目的の
売りが優勢だった。2020年東京五輪の決定をはやして関連銘柄が軒並み急伸した「五輪祭り」も、
前日まででひとまず一服。投資心理が冷静さを取り戻し始めた中、市場では「今後は消費税増税と
個人消費の動向に注目する必要がある」との声が聞かれる。
 消費税増税を巡る情勢は、来年4月から8%に引き上げる方向で着地しそうな雰囲気だ。12日付
読売新聞朝刊は「安倍晋三首相は(増税の)意向を固めた」と報じた。10月上旬に最終判断が下さ
れるとみられる。政府は増税にあわせ、5兆円規模の経済対策を打ち出す方針で、設備投資減税
や低所得者層に1人あたり1万円を支給する案などが浮上している。
 財政再建への強い意志を国際的に示すためにも、消費税増税は避けて通れない道との声は多い
。ただ、増税直後の景気減速も避けられそうにないことは見据えておく必要があろう。みずほ証券の
上野泰也チーフマーケットエコノミストは「6月ごろから消費関連の経済指標は総じて下向きとなって
いる。そこに増税が加わると景気全体には明らかにマイナスで、経済対策の効果も限定的だろう」と
指摘。株価についても、短期的には海外投資家などが増税を好感するとの声はあるが、その後は
「景気の実態を反映して次第に上値が重くなる」と上野氏はみる。
 東京五輪決定に市場が沸いた9日。その陰で同日に発表された8月の景気ウオッチャー調査(街
角景気)で、足元の景気実感を示す現状判断指数は5カ月連続で悪化した。電気料金の急激な上昇、
生活必需品の値上げラッシュに加え、消費税増税に身構えて財布のひもが締まっているという。9日
時点のレギュラーガソリン店頭価格(全国平均)は1リットル160円台と約5年ぶりの高水準を付けた
ほか、最近では「物価の優等生」といわれた乳酸菌飲料「ヤクルト」の約22年ぶりの値上げが発表
された。消費者への逆風は、ここにきて確実に強まっている。
 賞与や残業代を除いた基本給など所定内給与は、7月まで14カ月連続で減少している。政府・日銀
による事実上の円安誘導などを背景にした物価上昇は、賃金の伸びを上回るペースだ。もし新年度入
りの来春に所定内給与の引き上げが相次いだとしても「物価上昇や消費税増税に打ち消され、実質
的な負担は増す可能性が高い」(上野氏)。消費者心理の悪化が続けば、経済指標や内閣支持率の
低下にも跳ね返り、いずれ株価の逆風ともなりかねないだろう。
 五輪決定によるインフラ整備や心理的な高揚は、確かに景気や株価の追い風になるとの声は多い
。きょうは関連銘柄の代表格とされる大成建に「五輪関連工事が本格化する2016年3月期をメドに1
割超の増収を目指す」との社長インタビューが伝わった。ただ、市場では「大成建でもその程度か」と
の受け止め方も少なくないようだ。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘投資情報部長は「
資材や労賃の高騰もあって、公共事業は利益に直結しない可能性もある」と指摘。今後は五輪関連
銘柄の中でも、本当に恩恵があるかないかを精査したうえで、冷静な選別が進むとみていた。
 きょうの日経平均の底堅さは、指数への影響度が高いファストリがけん引したことが示すように、あす
の株価指数先物・オプション9月物の特別清算指数(SQ)算出を控えた「思惑的な買い」(藤戸氏)が
支えになった面も大きいとみられる。五輪にSQ要因で今週までは堅調としても、来週以降の「祭りの
あと」は警戒しておくべきだろう。〔日経QUICKニュース(NQN) 古門成年〕

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/12(木) 18:25:04.38 ID:/Kpg6jfe
・[米週間住宅ローン申請指数、4年10カ月ぶりの低水準
  緩和縮小の観測に伴う金利が上昇で]
 ・・景気は後退と見るか、やっと緩和バブルの懸念も後退と見るか?

・[7月機械受注、2カ月連続減 内閣府「水準は低くない」]
 ・・取り立てて話題にするほどじゃない

・[消費増税 予定通り2014年4月に8%に
  増税する3%のうち、2%分にあたる5兆円規模の経済対策も]
 ・・財政再建の為の増税じゃないのか?
  入った分、使ってしまえば意味が無い。
  よーするに、たくさん使って権限を使いたいだけなのです。

・[三菱自動車は一時8%超、シャープは6%超安
  公募増資報道の2社が株価急落]
 ・・ちょっと相場が良くなると、ゾロゾロ出てくる
  (株主であることを後悔させる)行為ですね。

・[米CIA、シリア反体制派に武器供与 米紙報道]
 [ロシア、米国がシリア攻撃なら対イラン武器輸出拡大の公算]
 ・・シリア国民不在の代理戦争です。

・[地下水のトリチウム濃度急上昇 漏えいタンク付近、汚染拡大か]
 ・・小学生にも予想できた結果ですが、
  これで、「地下水バイパス」計画は破綻!
 [「凍土壁」などの事業者募集 経産省、汚染水対策で]
 ・・ホントに「凍土壁」・・でいいの??
  建屋周辺を樹脂でガチガチに固めるのは無理なのかな・・

・[みのもんた氏次男・日テレ社員逮捕 
  酔っ払いのカード盗み現金窃盗未遂容疑]
 ・・セコ! 父親が大金持ちなのに・・
  ま、先日も父親が
 [生放送中に みのもんた が女子アナの腰や尻を触るセクハラ]
 ・・もあったことだし、
 [「親父はセクハラ、息子は泥棒」みのもんた、番組降板の危機!]
 ・・少なくとも報道系はもう無理でしょ。
  土曜の朝ズバだけは録画で見てたけど、もうやめるし(-_-#)

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/13(金) 13:16:56.61 ID:xC8rJ94u
海外勢、増税判断を見極め・ハルペニー氏 アベノミクス進めば個人マネーは海外へ
2013/09/13 11:45 日経速報ニュース 1374文字
 安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」への期待を背景とした円売りは、足元でやや足踏みしてい
る。一時は1ドル=103円台への円急落を引っ張った海外投資家は、日本の現状をどうみているのか。
三菱東京UFJ銀行のグローバル市場調査部門の欧州責任者であるデレク・ハルペニー氏(在ロンドン
)は「アベノミクスが信認を保つかどうかは消費税率の引き上げや労働市場改革、環太平洋経済連携
協定(TPP)がカギだ」と指摘した。

――海外の投資家はアベノミクスをどう見ているのか。
 「アベノミクスは大胆な金融緩和と機動的な財政政策、成長戦略の『3本の矢』から構成されるが、海
外投資家からすると、日銀による大規模緩和1本の印象が強い。政策への信認のカギを握る成長戦略
が成功するかどうかまだ判断できず、円を積極的に取引する意欲を失っている」
 「取引を手控えていると言っても、投機筋やヘッジファンドの関心はなお高い。アベノミクスがここから
どう進展するか注視している状況だ」

――安倍晋三首相は消費税率引き上げの可否を近く決断する予定だ。
 「計画通り2014年4月に5%から8%に引き上げられれば、前向きな動きだ。消費増税は日銀の追加
緩和とリンクしている。日銀の黒田東彦総裁は増税で景気に下押し圧力がかかれば追加の緩和策を取
ると話しており、市場では金融緩和への期待も高まる」
 「企業や消費者の景況感が悪化すれば、政府も財政面から景気刺激策を求められよう。その場合、政
策のバランスを取る上で金融緩和策の必要性が薄れることも考えられる」

――増税が延期された場合の影響は。
 「消費税率の引き上げは法律で決まったことで、延期されれば説明責任や延期に伴う様々な調整が
必要になる。増税に変わる改革も求められるだろう。アベノミクスの勢いに疑問が生じる」
 「増税の延期が決まれば、海外勢は円を買い戻すだろう。ただ、それがどれほどになるかは米景気の
回復程度にもよる。安倍首相は10月1日に最終判断する運びのようだが、直後の10月4日には9月の
米雇用統計の発表がある。米雇用情勢が着実に回復していれば、(増税延期としても)円高・ドル安は
限られるだろう」

――消費増税のほかに海外投資家は日本のどこに注目しているのか。
 「労働市場の改革は急務だ。日本では1998年以降、名目賃金が15%減った。一方、米国では同じ期
間に57%増えた。賃金が増えれば物価の上昇を促す。家計所得が増えれば、日本から海外への投資
が増えることになる。安倍首相は人材育成の強化や雇用制度の見直しなどを通じて日本国内の名目賃
金は増えていくと、海外投資家に信じさせることが必要だ」
 「TPPへも注目度も高い。長い議論の最中ですぐに結論が出るものでないことは承知しているが、海
外勢も日本市場の開放は重要だとみている」
 「アベノミクスが目指すものはインフレを喚起して実質的な政府債務を減らすことだ。インフレ期待が上
昇すれば、実質金利は低下する。理論上は、国内の実質金利が低下すれば、国民はより利回りの高い
海外の資産に財産を移す。海外勢が注目するのは、この動きが本当に出てくるかということだ。今後、
持続的な対外投資が出てくれば、アベノミクスへの信認は高まるだろう。結果的に円安をもたらすとみ
ている」
〔日経QUICKニュース(NQN) 森田理恵〕

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/13(金) 13:19:30.99 ID:xC8rJ94u
市場回復、増資呼ぶ、今年の資金調達、3年ぶり高水準、リストラ推進力に。
2013/09/13 日本経済新聞 朝刊 3ページ 1301文字

 国内企業による株式市場からの資金調達が急増している。オリンパスなどが1000億円を超える大
型の増資を実施したほか、三菱自動車やシャープも大型増資に踏み切る見通し。上場企業による今
年の資金調達額は3年ぶりの高水準に膨らみそうだ。昨秋以降の株高基調を受けて、投資家の資金
を企業に仲介する場としての市場の機能が回復してきた。
 オリンパスや三菱自、シャープなどに共通するのは、市場の力で財務のリストラを加速させようという
動きだ。
経営再建を前進
 自己資本の拡充が急務だったオリンパスは海外投資家向けの公募増資で1126億円を調達した。
「市場環境がよく、早期に実施すべきだと判断した」(竹内康雄専務)。自己資本比率は19%から27
%程度に上昇した。三菱自は公募増資で調達する2000億円規模の資金の過半を優先株の買い入
れ消却に充て、経営再建を前進させる。
 トムソン・ロイターによると、今年に入り直近までに日本企業が実施した公募増資や新株予約権付社
債(転換社債=CB)の発行、新規上場などの額は前年同期の2・3倍の約3兆6000億円にのぼり、
すでに昨年の年間(約2兆円)を上回った。年間でも3年ぶりの高水準になりそうだ。
 背景には市場環境の改善がある。昨秋以降、日経平均株価は7割近く上昇。投資家の心理も改善し
、リストラを急ぎたい企業にとって資金調達がしやすくなった。内視鏡事業が好調なオリンパスでは、投
資家の応募が計画の約4倍にのぼった。
 公募増資と第三者割当増資で合わせて1700億円前後の増資を検討するシャープも今春以降、公
募増資のタイミングを慎重に探ってきた。年前半は株価が乱高下する場面もあったが、最近は株価が
落ち着いてきたことで、投資家の資金を集められると判断した。
投資目的増える
 前回、増資が盛り上がっていた2009〜10年ごろは、リーマン・ショック後で「傷ついた資本を回復し
ようという企業が多かった」(市場関係者)。今回はリストラに加え、積極投資のための資金調達も増え
てきた。
 7月に新規上場したサントリー食品インターナショナルは、上場時に実施した公募増資で約2800億
円を調達した。今月9日には英製薬大手グラクソ・スミスクラインの飲料事業を約2100億円で買収す
ると発表。調達資金の一部を将来の成長投資に振り向けた。
 投資家の関心も高まってきた。国内運用会社のファンドマネジャーは「競争力の高い企業の増資は
前向きの投資機会として買いを入れている」と話す。海外投資家の日本株に対する関心も引き続き高
いことから、市場では「今秋以降も市場からの資金調達は高水準で推移する」(大手証券会社)との見
方が多い。
 企業が増資をすると、1株当たりの価値が薄まって株価の下落を招くケースも多い。12日の東京株
式市場でも三菱自株が8%、シャープ株が6%それぞれ下落した。増資が増えれば株式相場に重荷
との見方も一部にはあるが、一方で「4月の日銀による異次元緩和以降は売買代金や投資家層の厚
みが増し、企業の資金調達を支えられるところまで市場の『正常化』が進んだ」(野村証券の田村浩道
チーフ・ストラテジスト)との声もある。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/13(金) 13:25:33.80 ID:xC8rJ94u
「5兆円」・法人税、財務省に圧力、首相、脱デフレへ強気。
2013/09/13 日本経済新聞 朝刊

 消費税率を来年4月に予定通り8%へ引き上げるシナリオを前提に、税率2%分にあたる5兆円超
という経済対策の規模や、対策の目玉となる法人税の実効税率引き下げの議論を主導するのは安
倍晋三首相だ。財務省に圧力をかけ続け、意中の政策実現へ強気の姿勢だ。(1面参照)
 「景気を腰折れさせてはならない。十分な対策が必要だ」。消費増税に備え、首相が麻生太郎副
総理・財務相と甘利明経済財政・再生相らに号令をかけたのは10日。実は麻生、甘利両氏は前日
からやり合っていた。
 「一時的な歳出抑制で成長を犠牲にしてはダメだ」。政府関係者によると、消費増税に合わせた大
規模な対策を甘利氏が主張したが、麻生氏はこれまで規模の明示に慎重姿勢を崩していなかった。
 麻生氏の主張は財政当局を率いる閣僚としてのものだ。財務省幹部は「5兆円の補正なら新規の
国債発行は避けられない。そもそも多くの項目を強引に積み上げないと5兆円に届かない」とクギを刺
す。政府内では、最終的には5兆円を上回るのではないかとの見方すらささやかれている。
 首相が意欲を示す法人税の実効税率引き下げをめぐっても財務省は慎重だ。1%の実効税率下
げは国と地方で3000億〜4000億円の減収になる。さらに、中小企業などに恩恵が及びにくく効果
が限定的というのが財務省の言い分だ。
 一方、首相や甘利氏は成長戦略として海外投資を呼び込む起爆剤にもなるとみる。首相は自民党
幹部に党内議論を進めるよう指示するなど、実効税率下げにこだわりをみせてきた。ここにきて財務省
も14年度からの引き下げも含めて容認する方向に傾いている。
 首相には「財政至上主義」とみる財務省への不信感がある。首相を支える菅義偉官房長官も同省に
にらみをきかせる。
 「簡単な補正予算で済ませようというのはいかがなものか」。12日昼、首相が議長を務める経済財
政諮問会議の民間議員、伊藤元重東大教授や高橋進日本総合研究所理事長を前に、財務省への
不満を隠さなかった。「経済対策は財政出動でなく法人減税中心でやる」とまで話した。
 麻生氏は法人税の実効税率引き下げより設備投資減税の方が効果が高いと強調してきた。一方で
最近の麻生氏は「安倍内閣の一員として首相の意向で動き始めている」(閣僚の一人)。
 麻生氏の周辺は「麻生氏が首相周辺に『俺のメンツを立てることも考えてほしい』と伝えた」と明かす。
「財務官僚への説明がつけば、最後は大規模な経済対策に動く」との見立てだ。
 「財務省の予定稿で行くほど甘くない。真剣味が足りない」。首相サイドは消費増税の見直しをちら
つかせ、財務省への揺さぶりを強めている。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/13(金) 13:28:50.68 ID:xC8rJ94u
「5兆円」・法人税、財務省に圧力――需要減抑制へ即効策、現金給付の対象を拡大。
2013/09/13 日本経済新聞 朝刊 3

 政府が5兆円を超える経済対策を検討するのは最優先課題に掲げるデフレ脱却に向け、消費増税
後の景気を下支えするのが狙いだ。低所得層向けに検討してきた現金給付は対象者を広げる方針。
公共投資などと合わせ、来年4月の増税直後は効果がすぐに表れる施策で景気を支え、中期的な成
長は減税で後押しする。
 2014年は日本経済がデフレから抜け出せるかどうかの分岐点になる。経済の需要と供給の関
係を示し、物価動向を左右する「需給ギャップ」が足元の景気回復を受けて来春にもプラスに転じる
可能性があるためだ。
 内閣府は12日、4〜6月期の日本経済は国内総生産(GDP)比で1・5%の供給過剰との試算を
発表した。景気回復を受け、1〜3月期に0・8ポイント、4〜6月期に0・7ポイント改善した。この勢
いが続けば、消費増税前の14年1〜3月期に需給ギャップは解消、むしろ需要超過になり、物価が
上がりやすくなる。
 だが消費税を上げると一時的に消費が落ち込み、需給ギャップは再び悪化する。政府が経済対策
でまず狙うのが、この悪化を抑えることだ。
 1人当たり1万円を軸に検討している現金給付は消費増税の負担感が強い低所得層に配慮した
措置。政府は住民税非課税世帯だけでなく、より幅広い層を給付の対象とする方向で、消費の落ち
込みを抑える効果を狙う。
 さらに中長期的な成長力を底上げする対策も欠かせない。内閣府による最新の試算では、日本
経済の「巡航速度」にあたる潜在成長率は0・7%にとどまる。潜在成長率を上げて経済を伸ばさな
ければ、デフレから脱却できない。成長を後押しするため、生産性の高い設備に投資する企業向け
の投資減税や、賃上げを促す企業への法人税の優遇を盛り込む方針だ。
 財政面の課題もある。補正予算は単年度の措置だが、減税は複数年にわたる税収減となりうる。
減税の規模が膨らむほど財政再建目標の達成は難しくなる。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/13(金) 18:04:01.22 ID:FHVHrKGq
・[オバマ米大統領 FRB議長、サマーズ氏指名へ最終調整]
 ・・サマーズになると円安になる?
 [シリア大統領:化学兵器「引き渡す」…国連に書簡送付へ]
 ・・と言って、手の内を真面目にさらし出すことは
  ありえないと思うが、表向きはOK

・[米失業保険申請:29万件に減少 2006年4月以来の低水準]
 ・・と、凄く良く見えるが、
 [2州がコンピューターシステムを更新し、その影響で報告された
  申請件数が通常より少なくなった]
 ・・なんのこっちゃ・・である
  ま、指数などはこんなもんですけどね

・[ギリシャ失業率:過去最悪の27.9%、
  若者(15−24歳)の失業率は58.8%
   4−6月期の国内総生産(GDP)は年率3.8%減と、
  過去3年で最も低い減少率]
 ・・これで成長したら逆に驚くけどね
 [イタリア国債入札で利回り上昇、3年債は約1年ぶり高水準]
 ・・やっと落ち着いてきたユーロ危機ですけど、
  (違う国が同一通貨)の根本問題は、
  通貨供給では解決できないんですよね。

・[景気判断、2カ月ぶり上方修正 月例経済報告
  「緩やかに回復」]
 [安倍政権:法人実効税率引き下げを検討−消費増税時の対策で
  日本の法人実効税率が約38%に対し、
  韓国は24.20%、シンガポールが17.00%]
 ・・国際競争力を考えると仕方ないとも思えるが・・
 [政府は4月消費税3%引き上げ方針固める、2%分の経済対策も]
 ・・今よりも税収不足になるのは明らかか?
 [総務省 1秒で映画3本受信 五輪にらみスマホ高速通信]
 ・・こんなんが必要とされるのか?
  ってか、政府が主導する問題じゃない
  ってか、それよりやる事がある!
 [中国発のサイバー攻撃「14日にも本格化」の予測]
 ・・こういうのね

・[東電幹部、汚染水「制御できてない」 民主会合で ]
 ・・そんな事は分かっている。
  けど、なんで、民主の会合でそんなこと言うのかが分からない。
  東電の(国側の混乱)を狙った自爆テロか?

・[みのもんた、報道番組「出演自粛」次男逮捕で「深く責任感じ」]
 ・・やっぱりね。

・[無言で夫に合図、痴漢撃退…電車内で夫婦連係]
 ・・は、どーでもいいけど、
 [戸嶋容疑者は大手システム開発会社(日立ソリューションズ)の担当部長
  「好みだったので、同じ女性を狙って数回やった」]
 ・・コツコツ積み上げた人生・・もったいなさすぎるぞ!
  けど、人間とはそういう愚かな生物だと言う事である。
  (分かっちゃいるけど止められない(;´Д`)ハァ)のですね(^.^;

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/15(日) 04:10:26.64 ID:jedjG1f2
リーマン危機5年 世界の株価2割上昇、中銀の資産2倍に
2013/09/15 02:00 日経速報ニュース 859文字
 2008年9月のリーマン・ショックから15日で5年。世界全体の株価動向を示すMSCI世界株指数(ドル建て)は
11日に約5年3カ月ぶりの高値をつけ、金融危機直前を約2割上回る水準となった。米国経済が再生に向かい
、日本株も自民党への政権交代を機に上昇に転じた。ただ、新興国には変調の兆しがある。主要中央銀行の
資産規模は5年で2倍に膨らんでおり、中銀依存からの「出口」が焦点だ。
 MSCI指数は金融危機後に4割超下げたが、米国の量的緩和策導入や、中国の4兆元規模の大型景気対策
で回復傾向に転じた。10年11月に危機前の水準を上回った同指数は、欧州債務危機で伸び悩んだが、欧州不
安の沈静化に伴いリスクマネーが株式市場に流れ込むようになった。
 ただ、5年間の株価回復力をみると格差も目立つ。住宅市場が底入れしシェール革命も進行する米国のほか
ドイツ、韓国の上昇率も危機前から3割を超えた。
 一方、大型財政出動が過剰設備投資につながり、成長が鈍化している中国はさえない。ブラジルなど他の新
興国も緩和マネー縮小への警戒感から株価は低調だ。危機後に世界経済を支えた新興国だが、けん引役は
再び先進国に戻りつつある。
 日経平均株価はリーマン前を18%上回る水準だが、主要国より戻りは鈍い。東京証券取引所第1部で危機前
の水準に回復したのは約6割にとどまる。海外企業買収で先行した企業の躍進が目立ち、ソフトバンクの時価
総額はトヨタ自動車、三菱UFJフィナンシャル・グループに次ぐ3位に急浮上した。他方、スマホ時代に出遅れ
たパナソニック、ソニーは上位20社から外れた。
 金融危機からの脱却を支えた日米英欧の4中銀の資産規模はこの5年で2.2倍の約9.4兆ドルに膨れあがった。
民間から債券などを買い取る代わりに、市場にお金を供給する量的緩和策をこぞって採用したためだ。
 危機の起点となった米国は先進国の中銀の先頭を切って、量的緩和の縮小を探るが、緩和マネーの流出で新
興国の通貨や・金融市場が動揺しており、金融正常化への「出口」は不透明感が強い。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/15(日) 04:12:12.00 ID:jedjG1f2
ダウ平均「2004年組」の浮沈 銘柄入れ替え、スマホ革命見通す
2013/09/14 13:30 日経速報ニュース 1107文字
【NQNニューヨーク=森安圭一郎】13日の米株式相場は反発した。シリア情勢の緊張緩和を好感する流れが
続き、ダウ工業株30種平均の週間上昇率(3.0%)は8カ月ぶりの大きさになった。
 今週、2つの企業が注目を集めた。一見何の関係もなさそうな両社だが、実は浅からぬ因縁がある。
 「米国の需要減が主因だ」(ジョン・ファラシ最高経営責任者)。製紙最大手のインターナショナル・ペーパー
(IP)は11日、アラバマ州にある国内最大の工場を来年初めに閉鎖すると発表した。同社の生産能力の3分の
1と従業員1100人を削減する苦渋の決断。背景には社会のデジタル化でコピー用紙や封筒の使用が急減して
いることがある。
 同じ日、通信大手ベライゾン・コミュニケーションズの経営陣は笑いが止まらなかったはずだ。発行した過去
最大規模(総額490億ドル)の社債が大人気となり、発行額の2倍もの買い注文が投資家から舞い込んだ。同
社は調達資金で携帯事業会社を完全買収。スマートフォン(スマホ)を中心に伸びる同事業の基盤を固める。
 両者の接点は2004年4月にさかのぼる。IPがダウ平均構成銘柄から外れるのと入れ替わりに採用されたの
がベライゾンだったのだ。
 算出開始から117年、常に時代を代表する銘柄を組み入れてきたダウ平均は米経済の鏡だ。9年前の入れ
替えは、インターネットやスマホ革命がもたらす産業構造の変化を見通していた。
 04年の入れ替えでは、両社以外にも出入りがあった。新規採用がファイザーとアメリカン・インターナショナル
・グループ(AIG)。除外はイーストマン・コダックとAT&Tだった。製薬のファイザーは今もダウの中核銘柄だが
残る3社はいずれも数奇な運命をたどった。
 保険のAIGは08年のリーマン・ショック後に破綻寸前まで追い込まれ、在籍わずか4年半でダウから脱落。
写真フィルムが主力のコダックは12年に破産法の適用を申請。デジタル化の波に乗れなかった点ではIPと似
ている。
 通信のAT&Tは現在ダウ銘柄に名があるが、04年に除外されたのとは違う会社だ。05年に旧AT&Tが別の
通信大手に買収された際、名前だけ引き継がれた、法人としては消滅した。
 浮沈の物語は続く。ダウ平均の算出元は今月10日、04年以来となる大幅な銘柄入れ替えを発表した。なか
でも目を引くのがクレジットカード大手ビザの採用と、パソコン大手ヒューレット・パッカード(HP)の除外だ。
 当局の規制が厳しくなった銀行に代わって、個人向け金融事業を急拡大しているビザ。モバイル対応で出
遅れ、苦戦する巨人HP。それぞれの事情は、米経済の現在と未来を読み解くヒントに富んでいる。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/15(日) 04:15:50.71 ID:jedjG1f2
法人税率下げ「優先」―経財相、成長を重視、諮問会議、財源の確保課題に。
2013/09/14 日本経済新聞 朝刊

 政府の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)は13日、消費増税に向けた経済対策を議論した。成長を
重視する甘利明経済財政・再生相は終了後の会見で「法人減税は所得減税より優先度が高い」と述べた。民
間議員も会議で来年4月に予定通り増税するなら、法人減税で景気を支えるべきだと主張した。ただ、実現す
るには財源確保が課題で、政府・与党内でも意見が分かれている。(1面参照)
 「法人税率の引き下げは、消費税率を上げることによって広がったスペースを利用してできるのではないか」。
甘利経財相によると、13日の会議で民間議員の一人がこう発言した。消費増税で財政に余力が生まれるの
を機に、法人税を下げて企業活動を後押しする。企業収益を上げて所得増につなげ、デフレからの脱却を目
指す。
 甘利経財相は政府と経営者、労働者らによる会議を来週に立ち上げることも正式に表明。賃上げに向けた
環境づくりにも意欲を示す。
 政府・与党は新たな設備投資などにかかわる「投資減税」を経済対策に盛り込む方針だ。政府はさらに踏み
込み、すべての法人を対象とする法人実効税率を2014年度にも引き下げることを検討している。
米も減税の方針
 世界ではもともと法人税率が低い新興国をにらみ、オバマ米大統領も法人税率を下げる方針を発表。日本
の政府内でも国内企業の国際競争力を高め、海外企業を日本に呼び込むには、世界的に見て高止まりして
いる法人税率の引き下げは避けられないとの見方が強い。
 東日本大震災からの復興に必要な財源を確保するため、14年度まで上乗せしている法人税を1年前倒しで
廃止するとの案が浮上するのも、このためだ。安倍首相も法人税率の引き下げには意欲的とされる。
 ただ、政府・与党の幹部には異論がある。
 「消費税を上げて企業の法人税を下げることが、世間で通るのか」。麻生太郎副総理・財務相は13日午前の
記者会見でこう述べた。復興増税分の見直しは「俺のセンスではない」と冷ややか。自民党の野田毅税制調査
会長も「今秋の税制改正では検討していない」と述べ、現段階では議論していないとの認識を示した。
判断まで2週間
 背景には財源確保の問題がある。法人税は1%分下げると4000億円の税収減だ。ドイツなどでは法人税率
の引き下げは政策減税の縮小などで課税対象を増やす改革と並行して進められた。日本でも12年度からの
法人税率下げに伴う減収は、半分程度を課税対象を広げることで補った。
 今回は財源の議論が煮詰まっていない。消費増税分は社会保障費に使うことが法律で定められており、法人
減税の直接の財源にはできない。
 安倍首相は13日の会議で消費増税について「10月上旬には私が判断したい」と改めて述べた。経済対策づ
くりに残されたのはあと2週間。急ごしらえの対策をとりまとめる調整が進む中、法人税率の引き下げを巡る議
論には時間がかかる可能性がある。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/15(日) 06:24:19.68 ID:cm/r0r8o
投資マネー、株に戻るか―マイケル・ハートネット氏、大場昭義氏(創論)
2013/09/15 日本経済新聞 朝刊
 リーマン危機から5年を経た米国で、株式への投資マネー回帰説が浮上している。日本でも株に資金が戻る
のか。株への資金シフト「グレート・ローテーション(大転換)」を提唱する米国のマイケル・ハートネット氏と、投
資家の立場で市場のあり方を長年論じてきた大場昭義氏に聞いた。(聞き手は編集委員 梶原誠、ニューヨー
ク=川上穣)
 ――米国では株式が堅調な一方で、債券相場には陰りが出ています。
 「バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が量的緩和の縮小に言及した5月から米長期金利は上昇(債券
価格は下落)し、節目の3%前後に達した。米国で30年にわたって続いた(金利低下による)債券の強気相場
は終わりを迎えた可能性が高い。昨年にまず住宅市場が本格的に底入れした。米景気の正常化が進むなかで
、金利が上昇に向かうのは自然な流れともいえる」
 ――投資マネーも債券から株式に本格的にシフトするのでしょうか。
 「米国では2000年以降で約1兆ドルの資金が債券運用の投資信託に流入する一方、4千億〜5千億ドルが
株式投信から流出した。その逆の現象であるグレート・ローテーションも長い時間をかけて進んでいくとみるべ
きだろう。7月には米国の株式投信への資金流入が過去最高を更新したが、野球に例えればまだ1回や2回と
いったところだ」
 「FRBの量的緩和の縮小が年内に始まるのは間違いない。これまでの金利上昇が急ピッチだったこともあり、
緩和縮小が決まった直後は材料出尽くしで債券が一時的に買われるかもしれない。ただ長い目で見ると、米景
気の回復に伴って金利は上昇し、投資マネーが株式市場に向かう可能性は高い」
 ――グレート・ローテーションは世界に広がりますか。
 「米国や日本など先進国を中心とした現象なのではないか。新興国には気がかりな点が多い。特にブラジル
やインド、インドネシアといった経常赤字国は最近、大量の海外マネーの流出に直面した。株式や債券もそうだ
が、特に痛手が大きかったのは為替相場(の急落)だ。これからも折に触れて、巨額の経常赤字を抱える新興
国に投資家の懸念が強まる可能性がある」
 ――日本株については。
 「3つのPに注目している。一つ目は投資のポジショニング(positioning=配分)だ。バブル崩壊後の長期低
迷で、海外投資家は日本株の配分を極端に減らしてきた。それが(安倍晋三政権の経済政策『アベノミクス』と
いう)イベントをきっかけに一気に資金を回帰する動きが広がった」
 「2つ目はポリシー(policy=政策)。日銀による世界に類を見ない大規模な金融緩和が海外勢の日本に対す
る見方を根本から変えた。3つ目はプロフィット(profit=利益)だ。今後も日本経済の回復の流れが途切れず、
日本企業の収益を押し上げることができるかがカギを握る」
 「20年も失望させられてきた海外投資家には日本への懐疑も残る。日本の変化という意味では、海外勢は住
宅市場への関心が高い。地価が本格回復に向かえば、(デフレ脱却は)本物と受け止められるだろう。海外勢の
さらなる資金を呼び込み、日本株も大幅に水準を切り上げるはずだ」
 ――安倍政権には何が求められるのでしょうか。
 「リーマン・ショックから5年。この間に各国の政策当局者に問われたのは政策対応の速さだった。次の5年の
勝敗を分けるのは構造改革への取り組みになるだろう。安倍政権には労働市場の改革を通じた生産性の向上
とともに、消費税の引き上げによる財政再建への対応を期待したい。これがうまくいけば、日本株が2倍になって
も驚かない」
 ――日本の投資家はどう動くべきですか。
 「金融資産の90%はフトン(布団)の下に忍ばせ、残り10%を株式に振り向けるというのが日本の典型的な
姿。新興国の債券など目まぐるしく投資対象が変わり、長期投資が根付かないのはもったいない。短期的なも
うけを重視するのではなく、預金するような感覚で株式に長期の資金を預ける。そうした株式文化が日本でも定
着してほしい」
 Michael Hartnett 先進国から新興国市場まで幅広く網羅。90年代にメリルリンチのエコノミストとして日本
にも居住。46歳。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/15(日) 06:25:35.19 ID:cm/r0r8o
 ――米国でグレート・ローテーションは起きますか。
 「起きる兆しが見え始めた。株式市場が成長する条件が整ってきたからだ。企業は持ち前のベンチャー精神
を発揮している。大企業だけを見てもIBMなどの伝統的企業が健在なのに加え、グーグルやフェイスブックなど
の若い企業も成長している」
 「シェール革命のようなイノベーション(技術革新)も起きた。リーマン危機の教訓を生かして資本市場が円滑
に動くための規制も進め、経済が中長期的に成長軌道に乗る環境がそろってきた」
 ――日本の株式相場は5月末以降、調整気味です。
 「今のままだと資金は債券などにとどまり、株への流入は足踏みが続く。グレート・ローテーションが起きるか
どうかではなく、どうやって起こすのかが日本の焦点だ」
 「長期的に投資家が報われる市場にならないと、投資マネーを引き付けることはできない。バブル崩壊から20
年以上、投資家は報われてこなかった。だからマネーも寄りつかずに市場が低迷した」
 「投資家が報われるためには、企業の成長が最も重要だ。世界的に、最近の株式市場は、政府や中央銀行の
政策で大きく動いている。だが株式市場は、長期的には個別企業の成長を評価する場であることを忘れてはな
らない」
 ――企業がやるべきことは多そうです。
 「空前の規模に積み上がった手元資金を使って設備投資、企業買収、研究開発などの成長策に投じてほしい。
ただ、日本企業は投資を始めると競合相手との横並び意識から、過剰投資になる恐れもある。それが後々深刻
な負担になることは、『失われた20年』で経験したばかりだ」
 「企業には横並びでなく、独創的な発想が必要だ。日経平均株価が史上最高値をつけた1989年以来、相場
全体が低迷する中で投資家にリターンをもたらした企業は東京証券取引所の第1部で約150社ある。オーナー
系企業が多く、独自のビジネスモデルで成功した企業も目立つ。独自の商品やサービスを提供できて初めて、
価格支配力が確保でき収益性が高まる」
 「投資家に報いるという視点では、自己資本利益率(ROE)を高める必要性も長らく言われてきた。過去10年
の平均を見ると、主要国は2桁台を確保しているのに対し日本企業は6〜7%。日本の経営者は雇用を比較的
重視しているためだ。その姿勢自体は必要だが、ROEを高める努力をあきらめてはならない」
 ――投資家の課題は。
 「経営者との対話を深める努力が足りない。特に株価指数に運用成果を連動させるインデックスファンドは投資
対象の株を無条件に買う性格上、個別企業への関心が薄れがちだ。中長期的な視点で企業価値を高めるため
にどうすればいいのかについて、経営者と共に質が高く建設的な議論をしていく姿勢が必要だ」
 「投資家は必ずしも経営者の監視役ではない。企業が価値を高めて投資家も報われる『ウィン・ウィン』の関係
をどう築くのかは、経営者も投資家も取り組むべき課題だ。経済産業省も7月、企業と投資家の望ましい関係を
テーマとする研究会を立ち上げた」
 ――政府に望むことは。
 「高い法人税率や厳しい労働規制など企業の『6重苦』を緩和し、競争条件を外国並みにしてほしい。日本は
まだ、善くも悪くも特殊な国と思われている。安倍政権は、企業の活性化を後押しする期待を背景に支持を高
めた。この姿勢を堅持してほしい」
 「最後は企業が自立して成長策に踏み切れるかどうかにかかっている。そうすれば雇用も所得も増え、税収の
増加を通じて財政再建にもつながる。株高が持続的になれば年金財政も好転するだろう。失われた20年を脱す
る数少ない機会を逃してはならない」
 おおば・あきよし みずほ信託銀行などを経て09年から現職。日本証券アナリスト協会の会長に今年就任。
62歳。
社外取締役、どう広げる

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/15(日) 06:26:34.83 ID:cm/r0r8o
読者と考える―投資マネー、株に戻るか、電子版アンケートから(創論)
2013/09/15 日本経済新聞 朝刊 9ページ 336文字 書誌情報
 日本経済新聞電子版の読者に、日本の株式市場に投資マネーが入ってくると思うか尋ねたところ、「入って
くる」と答えた人が82%に上った。「円高が是正され日本企業に明るさが見えている」といった意見のほか、20
20年の東京五輪開催決定を好材料ととらえる声も多かった。
 一方で「あまり入ってこない」は16%、「逆に出ていく」は3%だった。「一時的に盛り上がっても、一気に出て
いくのでは」といった疑問の声があった。
 日本の株式市場が投資マネーを引き付ける条件については「政府の成長戦略の具体化」と答えた人が47%
に上った。「成長戦略の早期実行と、そのための規制撤廃が不可欠」と踏み込んだ規制緩和を求める声があ
った。以下、「企業収益の拡大」が17%、「成長に向けた企業の投資」が14%。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/15(日) 06:32:11.85 ID:cm/r0r8o
株式―神経質な展開か(市場アウトルック)
2013/09/15 日本経済新聞 朝刊 12ページ 449文字 書誌情報
 今週(17〜20日)は米連邦公開市場委員会(FOMC)をにらみ、神経質な展開か。米連邦準備理事会
(FRB)が量的緩和第3弾(QE3)の縮小に踏み切る可能性があり、結果が出るまで積極的な売買は手控
えられやすい。シリア情勢の進展は一定のプラス材料になりそうだ。
 前週の日経平均株価は543円高と2カ月ぶりの上げ幅だった。2020年夏季五輪の東京開催決定や20
13年4〜6月期の国内総生産(GDP)改定値が好感されたが、週後半には買いが一巡し、上げ幅を縮小した。
 最大の注目点は17〜18日に開かれるFOMCだ。毎月850億ドルの証券を買い入れているQE3は「9月
に縮小が始まる」(第一生命経済研究所)との声が多い。決まった内容が小幅な縮小を見込む市場の想定を
上回り、米長期金利の急上昇を誘発すると波乱要因になる可能性がある。
 米国とロシアはシリアの化学兵器を国際管理に移すことで合意した。米国によるシリアへの武力行使は回
避される可能性が高まるとみられ、株式市場でも下支え要因として受け止められそうだ。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/16(月) 09:05:13.68 ID:vsUSAedn
米大統領、サマーズFRB議長指名断念 本人が辞退
2013/9/16 8:27 記事保存

 【ワシントン=藤井彰夫】オバマ大統領は15日、来年1月に任期切れを迎えるバーナンキ米連邦準備理事会
(FRB)議長の後任にサマーズ元米財務長官を指名することを断念することを明らかにした。与党・民主党内
からもサマーズ氏指名に反対論が強まるなかで、サマーズ氏自身が同日、大統領に選考候補からの辞退を
申し入れ、大統領もこれを受け入れた。

 オバマ大統領はサマーズ氏を次期議長に起用する方向で最終調整に入っていたが、米議会上院で人事
承認のカギを握る民主党の中道派議員の間でも、サマーズ氏の起用に反対論が浮上、指名しても議会承認
の難航が避けられない見通しになった。

 サマーズ氏は同日、大統領宛に送付した書簡のなかで「私の議会承認手続きは厳しいものになり、FRB,
政府そして究極的には米国の経済再生のためにならないと、不本意ながら決断した」と辞退の理由を説明した。
サマーズ氏の辞退で、オバマ大統領は次期議長選びの再調整を迫られる。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/17(火) 02:02:01.42 ID:bKaxutYQ
米国株、大幅上昇 ダウ一時170ドル超高 緩和長期化の観測
2013/09/17 00:48 日経速報ニュース 456文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】16日午前の米株式相場は大幅上昇し、ダウ工業株30種平均の前週末比の
上げ幅が一時170ドルを超えた。サマーズ元米財務長官が米連邦準備理事会(FRB)の次期議長への指名
を辞退したのを受け、米国の緩和的な金融政策が長期化するとの見方が強まった。住宅株や金融株など景
気敏感株を中心に買いが先行している。
 サマーズ氏は15日、オバマ大統領に指名辞退を申し入れ、大統領も受け入れた。サマーズ氏はイエレンF
RB副議長などほかの後任議長候補と比べて量的緩和の効果に懐疑的とされる。市場は同氏が議長になれ
ば超低金利政策の正常化を前向きに進めるとみていた。
 16日の市場では米長短金利の低下も市場参加者のリスク資産投資を後押しし、株の買いを支えているという。
 個別銘柄ではホームセンター大手のホーム・デポや、住宅建設のDRホートン、KBホームなどが買われてい
る。米金利低下を受けて住宅ローン金利も下がれば、住宅市場が再び勢いを取り戻すとの期待があるようだ。
金融大手のJPモルガン・チェースも高い。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/17(火) 15:47:11.49 ID:jWJ/G1Qu
・[サマーズ氏、米FRB次期議長候補から降りる]
 ・・でもって、緩和継続⇒円高・・でも、
 [株と債券が上昇、サマーズ氏のFRB議長候補辞退で]
 [米連邦準備理事会(FRB)が17―18日のFOMC]
 ・・にしても、基軸通貨の政策だけに、世界中が右往左往

・[福島第1汚染水漏れ、17万ベクレルの濃度のトリチウム ] 
 ・・もう、感覚がマヒし始めたが、
 [福島第1原発 東電は、タンク周辺のせきに雨水などがたまった場合は、
  いったん別のタンクに回収したあと、放射性物質を検査し、
  基準を下回った段階で排水するマニュアルをまとめていたが、
  マニュアル通りの手順を踏まず、原子力規制庁の了解を得ないまま
  地上タンク周辺のせきの雨水排水]
 ・・何の為のマニュアルか?
  国が管理するんじゃないのか?
 [福島汚染水:各国から厳しい指摘 IAEA説明会
  「汚染水問題は原発事故直後から予想できた。なぜ2年以上も
  たった今まで持続的な解決策を見いだせなかったのか」
  経産省「法的な責任は東京電力にあり、我々はサポーターの立場。
  東電には資金もアイデアもなく、2年間も良くない状況が続いてしまった」]
 ・・役人は、今すぐに現場常駐組みを組織し、実効管理しろ!
 [韓国禁輸、水産庁幹部「非科学的」と撤回要請]
 ・・わたしもフクシマ周辺の水産物は買いませんが・・
  水産庁も文句言われないように現場で指揮を取れ!

・[北朝鮮入り試みた男性、韓国軍が射殺 日本を強制退去後?
  韓国軍兵士が男性に口頭で南側に戻るよう警告したが、逃走したため射殺]
 ・・不審者が進入する場合にはありえるが、逃げる人を射殺ってどうよ?

・[ミサイル迎撃3段構えに 防衛省、北朝鮮念頭に検討]
 ・・これに予算追加はOK

・[台風18号、列島縦断 3人死亡5人不明 初の特別警報]
 ・・いやはや凄かった(@o@;)
   しかし、今度は前回ベランダのサンダルが飛ばされた被害を  
  反省して収納した為、被害ゼロ(b^ー°)
   TVでは、被害にあった人々が、
  「まさか、自分の所がこんなになるなんて・・」と口をそろえる。
   そう、災害とはそういうものなのです。
  (100年に一回の金融危機は3年に一回やってくる)
  (数十年に一度の気象異常は、あちこちで発生する)
  (災害は、いつでもどこでもやってくる)
  ってことで、(備えあれば憂いなし)で生き抜くのだ(`・ω・´)

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/17(火) 15:50:39.56 ID:jWJ/G1Qu
みずほ
小じっかり。佐藤社長はCNBCテレビとのインタビューで、リスク管理の一環で日本国債の保有を減らしている
と語った、と報じられている。また、今年5000億円の利益を目指しているとし、目標達成なら増配を優先課題に
、自社株買い戻しやM&Aも検討していると伝えている。《TM》【株式会社フィスコ】

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/17(火) 23:47:45.87 ID:ZcaXTK83
米国株、小幅高で始まる ダウ39ドル高 IT高い、FOMC見極め
2013/09/17 23:15 日経速報ニュース 519文字
【NQNニューヨーク=大石祥代】17日の米株式相場は小幅高で始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株
30種平均は前日比39ドル34セント高の1万5534ドル12セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価
指数は8.54ポイント高の3726.39で推移している。大幅な増配と自社株買いを発表したマイクロソフトなどIT(情
報技術)株の一角に買いが先行している。一方、17〜18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和
縮小の決定があるかどうかなどを見極めたいとして買いを手控える雰囲気も強い。
 個別銘柄では、証券会社の投資判断引き上げが伝わった航空のUSエアウェイズが高い。航空機のボーイ
ングも上げている。IT株は半導体のインテルが買われ、アップルも堅調。
 一方、香水のコティに売りが先行。四半期決算で赤字幅が縮小したものの好感した買いは乏しい。一部事業
の7〜9月期の販売見通しを引き下げた肥料のモザイクが安い。
 電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モーターズが下げている。自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)
が価格3万ドル(約300万円)程度のEVを開発中と米紙が報じ、競合が強まるとの観測につながった。GM株
は小高い。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/17(火) 23:53:27.15 ID:ZcaXTK83
株、FRB議長選定「仕切り直し」が示すリスク スクランブル
2013/09/17 21:23 日経速報ニュース 1718文字
 米連邦準備理事会(FRB)の次期議長に有力とみられてきたサマーズ元米財務長官が15日、指名を辞退
するとオバマ大統領に申し入れた。大統領も起用を断念し、次期FRB議長の選考レースの行方は混沌とし
てきた。「ハト派」候補への期待感から外国為替相場は円高・ドル安に動き、17日の日経平均株価は前週末
比93円安と反落。日本株安や円高は一時的との見方が大勢だが、FRB議長人事の「仕切り直し」による楽
観論には距離を置く声もある。
 サマーズ氏指名辞退の報道を受けた16日、欧米株式市場は「買い」で反応した。米ダウ工業株30種平均は
約1カ月ぶりの高値を付け、ドイツの代表的な株価指数DAXは過去最高値を更新した。サマーズ氏の指名辞
退によって「(対抗候補で、バーナンキ議長と政策姿勢が近いとされる)イエレン副議長の昇格シナリオが浮上
し、米量的緩和の縮小を市場が混乱なく受け止める可能性が高まった」(みずほ銀行の唐鎌大輔マーケット・
エコノミスト)。
米金融政策を巡る不透明感が後退し、いったん株式などのリスク資産を買う動きが広がったとの見方だ。

 連休明け17日の日本株はこのニュースで「米量的緩和の縮小ペースが緩やかになる」との思惑が広がり、
円高・ドル安にやや押されて下落したが、市場関係者の反応は、ひとまず前向きなようだ。BNPパリバ証券
の丸山俊日本株チーフストラテジストは、イエレン氏をはじめ、ハト派の候補が次期議長に就き「米景気の持
ち直しを重視する姿勢を打ち出せば、長い目でみればむしろドル高を生み、日本株にとって追い風になる」と
話す。
 サマーズ氏が議長に就けば、緩和縮小のペースが速まるとみていた市場関係者は多かった。指名される
可能性が消えたことで、短期的に相場が安定するとの見方がある。大和住銀投信投資顧問の門司総一郎
経済調査部長は緩和縮小のペースがより緩やかになるなら、「新興国からのマネー流出懸念が和らぎ、円安
・ドル高が目先遠のいたとしても総合すれば日本株にプラスに働く」と指摘する。
 ある国内投資顧問の運用担当者は「これで量的緩和縮小が決まっても冷静に受け止める余裕が少し持てる
」と打ち明ける。FRBが17〜18日に開く米連邦公開市場委員会(FOMC)では、月850億ドルの資産購入の段
階的縮小を決めるとの予想が有力だ。QUICKが外為関係者に前週行った月次調査では、回答者の74%が
今回のFOMCで緩和縮小を決めるとの見方を示している。
 だが、注意したいのは「問題はむしろ複雑になった」との見方が増えてきたことだ。サマーズ氏の指名辞退
で短期的なショックは避けられたかもしれないが、より投資家の気持ちを重くしているのは、FRB議長人事を
巡る米政局の迷走が始まるのではないかとの懸念だ。現時点では、有力とされるイエレン副議長のほか、コ
ーン前FRB副議長など複数の候補の名前が挙がっている。
 最終的に誰が指名され、米上院に承認されるのか。市場関係者が意識する「悪いシナリオ」はオバマ大統領
の指導力に懸念を持つ投資家が増えることだ。今回の一件がシリアへの武力行使介入がロシア主導で棚上
げになったことに続き、大統領の痛手となりはしないか。そのリスクシナリオへの懸念が広がっているのだ。
 SMBC日興証券は17日付のリポートで「今回の出来事はオバマ米大統領の指導力や与党内掌握力の低さ
を露呈した」と評した。「金融緩和策が長期化することへの期待は、失望に変わるリスクがある」とも指摘。FRB
議長人事を巡って迷走ムードが漂えば「リスク回避の姿勢が強まり、円高・株安が進む可能性がある」(大手
銀行)。
 米国では秋にかけて連邦政府債務の上限引き上げ問題が控えており、オバマ政権にとっては重要な議会折
衝が山場を迎える。サマーズ氏の起用断念によって「火種」のうちにうまく消せればよいが、政権の実行力へ
の懸念が広がり、世界の金融市場を下支えしてきた「FRB議長人事が政争の具になりかねない」(独立系運用
会社のファンドマネジャー)。
 年末にかけて仕切り直しを迫られる次期FRB議長人事。趨勢を注意深く見守って、株式相場の下押しリスク
に備える必要があるかもしれない。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/18(水) 06:23:21.94 ID:iV025IYr
米国株、ダウ3日続伸34ドル高 1カ月半ぶり高値、IT株高い
2013/09/18 06:17 日経速報ニュース 850文字
【NQNニューヨーク=増永裕樹】17日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は3日続伸した。終値は前日比
34ドル95セント(0.2%)高の1万5529ドル73セントと、8月5日以来、約1カ月半ぶりの高値をつけた。米連邦公
開市場委員会(FOMC)の結果公表を18日に控えて模様眺めムードが強かったが、IT(情報技術)関連を中心
に見直し買いが優勢となった。
 IT関連株には、ヘルスケアや金融など他業種と比べて年初からの上昇率が低い銘柄が目立ち、相対的に出
遅れ感があるという。17日はアナリストが目標株価を引き上げた半導体のインテルが上昇。増配と自社株買い
を発表したマイクロソフトも堅調に推移し、株価指数を押し上げた。
 ただ、相場の上値は重かった。市場では、米連邦準備理事会(FRB)が18日まで開くFOMCで量的金融緩和
の縮小を決めるとの見方がくすぶっている。米当局の次の一手を見極めたいとの雰囲気が強く、寄り付き直後
に水準を切り上げた後は小幅な値動きにとどまった。
 ハイテク関連の比率が高いナスダック総合株価指数は大幅反発。前日比27.85ポイント(0.7%)高の3745.70
(同)で終え、2000年9月28日以来、約13年ぶりの高値をつけた。
 業種別S&P500種株価指数は、全10業種のうち9業種が上昇した。「IT」や「一般消費財・サービス」の値上
がりが目立ち、「素材」が下げた。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約5億8000万株(速報値)、ナ
スダック市場は約14億6000万株(同)と薄商いだった。
 非鉄のアルコアや、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスが上昇。新型電気自動車を開発していると伝
わったゼネラル・モーターズ(GM)が上げた。若年層向け衣料品店を展開するエアロポステールが急伸。有力
投資ファンドが株式の大量取得を発表し、利益の株主への配分が強まるとの思惑から買いが入った。
 一方、IBMが下落。日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が売りに押された。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/18(水) 06:24:43.65 ID:iV025IYr
建設資材に値上げの波、五輪でメーカー強気に
2013/09/18 02:00 日経速報ニュース 729文字
 鋼材やセメントなど建設資材の値上げも相次いでいる。震災の復興に加え、マンションやビル向け需要が
好調。東京五輪の開催決定で中期的にも底堅い需要が見込めるため、メーカー側は値上げ交渉で強気の
姿勢に転じている。資材価格や人件費の上昇はマンションやビルなどの建設単価を押し上げる。
 東京製鉄は17日、ビルの骨組みに使うH形鋼など鋼材12品種について10月の販売価格を引き上げると発
表した。H形鋼は1トンあたり2千円(約3%)引き上げ7万6千円にする。価格改定は7カ月ぶり。新日鉄住金
も10月生産分を3千円(約4%)上げると表明している。東京製鉄の今村清志常務は「インフラ整備などを含め
て需要が強い。値上げ局面にあり、全面的に価格を改定する」と説明する。
 コンクリート補強用の鉄筋に使う異形棒鋼は共英製鋼や東京鉄鋼が9月の販売価格を3〜5%引き上げた。
太平洋セメントや宇部三菱セメント、住友大阪セメントは10月から1トンあたり約1千円(約9%)の値上げを打
ち出している。
 東京五輪に向けて資材各社は強気。新日鉄住金は「五輪関連施設だけでなく、ホテルなど周辺の街づくりへ
の波及も想定される」(建材営業部)という。
 不動産経済研究所(東京・新宿)によると8月の首都圏の新築マンション価格は平均4796万円となり、6カ月
連続で前年同月を上回った。人手不足から建設現場の作業員の人件費が上がり、建設コストが1割程度上昇
。大手ゼネコン(総合建設会社)の資材調達担当者は「資材は値上がり基調が鮮明で、発注者からの安値受
注はこれ以上受けられない」と話す。
 不動産会社もマンションの値上げを探り始めている。「立地が良く競合の少ない物件では強気の価格設定を
する」(中堅不動産)という。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/18(水) 07:59:12.19 ID:n3GdboA2
【正論】
慶応大学教授・竹中平蔵 アベノリンピックで真の再生を
2013.9.18 03:23 [正論]

 2020年に東京でオリンピックとパラリンピックが開催されることになった。「アベノミクス」という経済
政策に、五輪という追い風が吹く。あえて、「アベノリンピック」効果と呼ぼう。

 ≪見込める3つの五輪効果≫

 東京都の試算では、経済効果は7年間で3兆円となっているが、適切に進めれば実際の効果はは
るかに大きいと考える。言うまでもなく五輪に期待するのは、スポーツを通した感動であり、経済効果
はあくまで一部だ。しかしこの追い風を最大限に活かし、本物の経済再生を実現する好機である。それ
には、(1)ハードの経済効果に加え、五輪がもたらす(2)ソフトパワー効果、新しいタイプの(3)「セーブ
フェイス」効果を、最大限活用することが求められる。

 20年は、財政健全化の目標年でもある。先の成長戦略で示されたKPI(キー・パフォーマンス・イン
ディケーター)の主要項目にも、20年を目標とするものが少なくない。ビジネス環境ランキングを15位か
ら3位に引き上げる、対内直接投資を2倍にする、など30項目が並ぶ。20年を目標に、日本社会全体として強い求心力が生まれることが期待される。

 先の東京都試算は、産業連関表のオーソドックスな手法によるもので、それなりに適切だ。インフラ
建設、訪問客増加、関連支出増などで約3兆円の生産誘発効果が生まれ、うち4割が首都圏以外に
も及ぶとされている。だが、7年間で3兆円というのは国内総生産(GDP)の0・6%、年に0・1%弱程度と控え目なものだ。現実の効果はそう限定的ではないと考えられる。以下の3要素を合計してはじく必要がある。

 第1は、ハードの経済効果であり、都の試算にも相応のものが含まれている。が、インフラ整備の詳細
はこれからだ。国の投資、都の投資、江東区や大田区が求める投資を合わせると、一気に規模が拡大
する可能性がある。財政制約を考えると、投資が全て実行されるとは考えられないし、それは適切でも
ない。しかし、今後ある程度投資規模が拡大し、ハードの効果の増大も考えられる。

 ≪NY追い抜いたロンドン≫

 第2の効果は、日本と東京のソフトパワーが高まることによる。五輪は世界最大級のコンテンツだ。
世界中で7割の人がテレビ観戦するという。開催地として適切な企画を進めれば、前後の数年にわたり
、日本と東京の国際的な露出度は一気に高まるだろう。

 興味深い事象がある。「世界の都市総合ランキング」(森記念財団)によると、一貫して1位を続けて
きたニューヨークが昨年、2位に転落した。代わって1位になったのは、昨年、五輪を開催したロンドンだ。
番付は経済・文化・生活など70の指標を総合的に組み合わせたものだが、特に文化・交流の部門で
ロンドンの上昇が目立った。五輪の前後で国際会議の開催が大幅に増え、ホテルなどの施設も拡充
された。五輪を契機にロンドンの魅力、つまりソフトパワーが一気に高まったためだ。五輪は、クール
ジャパン戦略の本格的な展開を手助けし得る。

 しかし、筆者は、ハードもソフトも超えた最大のものとして、第3の効果を指摘したい。

 日本では、世界では普通の経済改革に、既得権益層が奇妙な理屈をかざして反対してきた。羽田
空港の国際線拡大には隣県が反対、混合診療に一部の医療関係者が反対、農業への株式会社進
出に関係者が反対…である。しかし、世界に開かれた国を掲げて五輪を催すという大義名分下では、
偏狭な論理は振り回せなくなる。

 

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/18(水) 07:59:49.11 ID:n3GdboA2
≪セーブフェイスで改革進む≫

 「セーブフェイス」という表現がある。開催地として面子を保つ必要に迫られることだ。カリフォルニア
大学のローズ教授らの研究によれば、過去約半世紀の間に五輪を催した国では、その前後で貿易
が3割も増えている。国の面子を保とうと、貿易や為替の古い規制を撤廃したからだ。国内改革推進の
作用が日本で働けば、規制改革を一気に進められる。

 例えば、先の成長戦略で20年までに実現すべきKPIが全て達成され、経済財政の中期財政試算
のように成長力が高まり実質2%成長が達成されたとしよう。今の潜在成長力(1%弱)を考えると、
アベノリンピック効果で増大するGDPは数十兆円、一般にいわれる約10倍の規模となる。

 忘れてならないのは、五輪があるから経済がよくなるという単純なものではないことだ。セーブフェイ
ス効果の要諦は、それを機に世界に目を配り国内改革を進めることで経済が活性化する点にある。
改革努力抜きでアベノリンピック効果は生まれない。

 戦後最長の景気拡大は、小泉改革の時代の7年2カ月だった。今の景気の谷は昨年11月である。
小泉景気並みの長期に及べば、20年まで景気拡大を続けられる計算になり、安倍晋三内閣の長期
政権化も見えてくる。この際、そのくらいの強い意欲を持ち、強い政治指導力の下で、アベノリンピック
効果を実現してもらいたい。(たけなか へいぞう)

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/18(水) 16:46:58.64 ID:GSDIznse
・[米国債、政府の借り入れ法定上限を引き上げない場合、
  デフォルトの恐れも…米議会予算局長
  政府の借金は5月に既に法定上限である約16兆7000億ドル
  (約1650兆円)に達している]
 ・・また同じ話題の繰り返し・・
  政治家は問題の先送りは出来ても、解決することは出来ない?

・[米マイクロソフト、約4兆円の自社株買い計画発表−22%増配]
 ・・日本は公募増資ラッシュなのに、いいねぇ・・
  やっぱ、お金のある会社じゃないといかんね。

・[中国で影の銀行のリスク拡大−金利20%の委託融資も]
 ・・こちらも、同じ話題の繰り返し。
   ま、9/末償還に向けて、もっと早くバタバタすると思ってたので、
  ある意味落ち着いてると見るべきか?

・[民主党の海江田氏、2年前に遮水壁先送りを容認していた
  東電側から当時の官邸や経産省に「株主総会などを
  控えているので控えてほしい」と申し入れで]
 ・・まさに、政・財・官ぐるみでの問題先送り
  そして、責任を取るのは国民(血税からの出費)である

 [もんじゅ:台風18号の土砂崩れで孤立 データ送信42時間ぶり復旧]
 [「もんじゅ孤立」の県道は「ノーマーク」]
 ・・頼む!税金使って良いから、ココは閉鎖してくれ!

・[女性警官への偏見やめよ…警視庁、異例の指示]
 ・・よりも先に、
 [痴漢容疑:警視庁生活安全部参事官を書類送検
  多摩地区の警察署長や、痴漢などを捜査する生活安全部の
  生活安全特別捜査隊長、保安課長などを歴任]
 ・・こういうのなんとかしないとね。

・[東京・練馬の切りつけ、男を不起訴処分 心神喪失
  精神疾患の影響で責任能力を問える状態ではないと判断]
 ・・はいいけどさ、だからこそ野に放たないで欲しいね

・[領空侵入の無人機撃墜、政府が検討 対処方針策定に着手]
 ・・そりゃ、無人爆撃機かもしれないんだから当然です!

・[台風18号による豪雨 特別警報を周知せず 3市町、法律違反か]
 ・・法律違反でも
 [市町村長が「公衆等に周知させる措置を取らなければならない」と
  義務規定となっているが、罰則はない]
 ・・罰則が無けりゃ守らなくても大丈夫(b^ー°)・・ってか?
  やはり、自分の命は自分で守るのだ!

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/18(水) 17:02:21.86 ID:GSDIznse
米Microsoftは現地時間2013年9月17日、「Windows 8」の改良版となる「Windows 8.1」の
提供について詳細を発表した。Windows 8より古いOSを使用しているユーザーは、希望小売
価格119.99ドル(米国の場合)で購入できる。上位エディションの「Windows 8.1 Pro」は
希望小売価格199.99ドル(米国の場合)で入手可能。

Windows 8.1はニュージーランド時間の10月18日に、Windows 8および「Windows RT」の
全ユーザーを対象に、「Windows Store」を通じて無償提供を開始する予定となっている。

有償のWindows 8.1は、「Windows.com」からダウンロードするか、小売販売店でDVD
パッケージとして購入可能。Windowsの旧バージョンを使用していなくてもインストール
可能な完全版のソフトウエアで提供する。自分で最初からパソコンを構築したい人、仮想
マシン環境やパーティション分割したドライブにWindows 8.1を入れたい人など、「特定の
技術的事情のあるユーザーへの対応も広がる」としている。

「Windows 7」ユーザーは、Windows 8.1にアップグレードした場合、ファイルは維持され
るが「Microsoft Office」などのデスクトップアプリケーションは再インストールする必要が
ある。「Windows XP」「Windows Vista」ユーザーに対しては、Microsoftは「Windows
8.1はこれらOSを搭載したデバイス向けに設計されていない」とした上で、Windows 8.1に
アップグレードするのであれば、ダウンロードではなくDVDパッケージを購入し、DVDから
起動してインストールすることを勧めている。事前にファイルや設定、プログラムなどの
バックアップをとり、再インストールする必要がある。

また、今年Windows 8.1搭載端末を購入したユーザーには、Windows 8.1 Proにメディア
センター機能「Windows Media Center」を追加した「Windows 8.1 Pro Pack」を希望
小売価格99.99ドル(米国の場合)で提供する。

このほか同社は、ボリュームライセンスを含む企業向けエディション「Windows 8.1 Enter
prise」の製造段階(RTM:Release to Manufacturing)版を開発者向けサービス「MSDN」
とIT技術者支援サービス「TechNet」の加入者に同日公開したことを明らかにした。Windows
8.1、Windows 8.1 Pro、および「Windows Server 2012 R2」のRTM版は9月9日より開発者
およびIT技術者向けに配布している。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130918/505202/ph01.jpg

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130918/505202/

◎関連スレ
【PC】Windows XPのサポート期限切れ控え、PCメーカー各社が買い替え需要見込んで大幅増産体制に [09/15]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1379208463/

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/18(水) 17:10:51.69 ID:GSDIznse
日銀の当座預金、100兆円が射程に 「出口」は遠く 課題も積み増し
2013/09/18 16:59 日経速報ニュース 1466文字
 日銀の当座預金残高が100兆円の大台に近づいている。4月4日の「異次元」の金融緩和からまもなく半年。
早くも2013年末の見通しである107兆円が見えてきた。当預残高の増加は大量の国債を買い入れていること
の裏返しでもあり、金融緩和政策で日銀のバランスシート(貸借対照表)は膨らみ続けている。デフレ脱却に
まい進する日銀にとって100兆円も単なる通過点に過ぎないとは言え、未曽有の資産規模拡大に課題も浮か
びつつある。
 日銀の当座預金残高は17日時点で91兆2800億円だった。量的・質的金融緩和を導入する前の3月末時点
は約58兆円。残高は半年足らずでおよそ1.6倍になった。目先は国債の償還・利払いに伴い、20日は約5兆円
が金融機関の手元(当預)に入ってくる見通し。「当預残高は100兆円に近づきそう」(短資会社)という。三菱
UFJモルガン・スタンレー証券の六車治美シニア債券ストラテジストは「実質的な操作目標である当預残高を
着実に積み上げていくことは、金融政策への信頼という点で重要な意味がある」と指摘する。
 日銀は当預残高のうち、日銀に預けることが決められている法定準備預金(約8兆円)を超える超過準備預
金に付利(年0.1%)を支払っている。単純に計算すると、今後付利だけで100兆円の0.1%にあたる1000億円規
模の利子を民間の金融機関に支払うことになる。
 2012年度の日銀の決算によると、経常費用2665億円のうち付利の支払いを含む「その他の経常費用」は432
億円だった。職員への給与などの475億円に匹敵する大きさだ。白川方明前総裁の下で包括緩和策を始めた
10年度の243億円と比べると約2倍に増えている。
 日銀は14年末に当座預金残高を175兆円まで増やす計画だ。超過準備への利払いは一段と増える。日銀の
収益には重荷となる半面、国債保有が増えるため国債からの利息は増える。12年度の国債利息は6225億円
だった。費用が増えても利息収入で補うとの見方ができるわけだ。
 ただ、金融緩和からの出口を考える段になれば話は違ってくる。大和総研の久後翔太郎エコノミストは、長期
的なコストとして「日本銀行への信任に対する懸念」を挙げる。2%の物価上昇率目標が安定的に達成され、
インフレ率を抑えるため金融引き締めを行おうとすれば、大量に保有する国債を売却するか、付利を引き上げ
て短期金利を上げるかの選択になる。久後氏は「国債の売却はアナウンスしただけで『ドア(出口の扉)への
逃避』から長期金利が急騰しかねず、バランスシートの圧縮は容易ではない」とみる。一方で、付利を引き上げ
れば当然利払い費は増える。「低い金利で買い入れた国債の利息収入が一段と増えるとは見込みにくく、金利
が上昇した段階で国債を売却すれば売却損が出て、日銀は債務超過に陥る可能性も否定できない」(久後氏)。
 デフレ脱却の象徴として掲げる物価上昇率2%の達成を目指し、量的・質的金融緩和の実行に突き進む日銀。
「出口の議論は時期尚早」(黒田東彦日銀総裁)かもしれないが、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が
、5月に米量的金融緩和策の縮小に言及しただけで市場は大揺れになった。久後氏は「国による損失補てん
制度がないうえ、日銀は自身のバランスシートの健全性に責任を負っている。出口戦略は一層難しくなりそう」(
久後氏)と指摘する。
 くしくもFRBは出口への一歩を踏み出そうとしている。FRBの姿は日銀にどう映っているのだろうか。〔
日経QUICKニュース(NQN) 菊池亜矢〕

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/18(水) 20:42:33.00 ID:lq2ckSvH
ロンドン株10時 小反発、銀行株が高い
2013/09/18 18:21 日経速報ニュース 318文字
 【ロンドン=欧州総局】18日午前のロンドン株式相場は小反発。FTSE100種総合株価指数は午前10時現在
、前日終値に比べ6.08ポイント高の6576.25で推移している。ただ、構成銘柄の6割は下落している。
 自動車・航空部品のスミス・グループが堅調。通年の営業利益の増加と特別配当の発表が好感されている。
 銀行株も高い。スタンダードチャータードやロイズ・バンキング、HSBCホールディングスなどが買われている。
 一方、鉱業株は軟調。フレスニージョやリオ・ティントが安い。
 投資顧問のアバディーン・アセット・マネジメントも軟調。
 配当落ちで鉱業のアントファガスタとエネルギー関連のメルローズ、石油サービスのペトロファクも売られている。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/19(木) 07:20:19.69 ID:Uzof4P+e
NY株ハイライト ダウ最高値、FRBから驚きのギフト 効果短命か
2013/09/19 07:02 日経速報ニュース 977文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】18日の米株式相場は大幅上昇した。ダウ工業株30種平均は1万
5676ドルで終え、約1カ月半ぶりに過去最高値を更新した。この日までの米連邦公開市場委員会
(FOMC)で、米連邦準備理事会(FRB)は量的緩和第3弾(QE3)の縮小を見送った。FRBが緩和
に積極的な「ハト派」姿勢を強く打ち出したため、株式市場への資金流入が続くとの期待が相場を押
し上げた。
 金融市場で最大の関心事だった9月のFOMCは「かなりのサプライズ」(ラザード・キャピタルの
アート・ホーガン氏)となった。株も含めて金融市場ではFRBが証券購入の小幅な減額を決める一
方、「超低金利政策を長期にわたって続ける」との姿勢を強調するという予想が多かったからだ。
 フタを開けてみればFRBは予想を上回るハト派。FOMC前に軟調に推移していた株式相場は、
結果発表を受けて急速に水準を切り上げた。債券市場で米長期金利が急低下したこともあり、投
資家が運用リスクを取りやすくなる「リスクオン」のムードも一気に広がった。思いがけないギフトに
市場は沸いた。
 8月2日に付けた直近の高値を上回ったダウ平均。8月27日に2カ月ぶりの安値を付けてから、約
3週間で900ドル(6%)上昇するなど、一本調子の回復基調が続いている。FRBの景気配慮の姿
勢が際だったとして、この日は住宅関連や機械、素材など業績が景気に左右されやすい、いわゆる
景気敏感株への買いが膨らんだ。最も輝きを放ったのは決算が市場予想を上回り、5%上げた物
流大手フェデックスだ。
 足元の戻りをけん引してきたのも景気敏感株だ。8月27日から前日終値までをみると、ダウ平均
の採用銘柄では航空機大手ボーイングの上昇率が13%あまりと突出して高く、業種別S&P50
0種株価指数では「資本財・サービス」が首位で6%超上げた。中国や欧州の景気改善が続いた
ことが買い安心感につながった。
 景気敏感株が主導するかたちでのラリーは続くのか。市場では主な株価指数が歴史的な高値
圏に戻しているため、上値が重くなるとの予想が多い。ホーガン氏は「10月にかけて米連邦政府
の債務上限引き上げを巡る与野党の議論に焦点が移れば、市場心理が冷え込む」と警戒する。
この日の勢いとは対照的に、サプライズ・ギフトの相場押し上げ効果は意外に短命かもしれない。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/19(木) 07:21:58.41 ID:Uzof4P+e
NY円、急反発 1ドル=97円90銭〜98円00銭 3週ぶり高値
2013/09/19 06:49 日経速報ニュース 787文字
【NQNニューヨーク=大石祥代】18日のニューヨーク外国為替市場で円相場は大幅に反発し、前日
比1円20銭円高・ドル安の1ドル=97円90銭〜98円00銭で終えた。米連邦準備理事会(FRB)が
この日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的金融緩和の縮小を見送ったのを受け、
円買い・ドル売りが膨らんだ。一時は97円76銭と8月29日以来ほぼ3週間ぶりの円高・ドル安水準
を付けた。
 事前の市場ではFRBが証券購入を月100億〜150億ドル程度減額する形で量的緩和を縮小する
との予想が優勢だったため、縮小見送りは驚きを誘った。
 FOMCの声明は金融市場の引き締まりが米景気回復を遅らせる可能性に言及。市場では「FRB
は住宅ローン金利の上昇による住宅市場の回復鈍化や企業の景況感の悪化を警戒し、緩和を見送
った」との受け止めがあった。
 この日の円の安値は99円11銭だった。
 円は対ユーロで横ばいの1ユーロ=132円35〜45銭で終えた。早朝は円高・ユーロ安で始まった
ものの、FOMCを受けたユーロ買い・ドル売りの流れが波及。円は伸び悩んだ。
 ユーロは対ドルで大幅に3日続伸。前日終値の1ユーロ=1.33ドル台後半から、1.35ドル台前半に
水準を切り上げた。一時は1.3543ドルと2月7日以来約7カ月半ぶりの高値を付けた。FOMCの結
果を受け、対ユーロでもドル売りが膨らんだ。
 ユーロ安値は1.3338ドルだった。
 英ポンドは対ドルで急上昇し、前日終値の1ポンド=1.59ドル台前半から、1.61ドル台半ばに水準
を切り上げた。米量的緩和縮小の見送りを受けたドル売りが優勢だった。
 英中銀イングランド銀行が発表した今月開催の金融政策委員会の議事要旨などから、同中銀が
英国の景気先行きを楽観的にみているとの受け止めが広がったこともポンド買い・ドル売りを誘った。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/19(木) 16:15:07.89 ID:KgFnYVUr
・[米住宅着工件数:8月は0.9%増の年率89万戸、予想下回る
  着工許可件数は3.8%減]
 ・・と、ボチボチですが、
 [米国の量的緩和縮小、FRBが見送り 年内実施は改めて表明]
 ・・緩和縮小も織り込み始めていただけに、コレはサプライズ!
 [バーナンキ議長は2014年1月末に期限を迎えるが言及を避けた]
 ・・後任の人はやりにくいでしょうねぇ(^.^;

・[財務省 貿易赤字9603億円、8月として最大 14カ月連続赤字]
 ・・にしても、日本は相変わらず稼げないままである
 [消費税来春8%、首相が決断 法人減税決着  10月1日に表明
  5兆円規模の経済対策で景気の腰折れは回避できると判断]
 ・・ここまできたら、やらない方がサプライズであるが、
  財政再建の為には、金を使わず知恵を使って欲しいものである。
   とにかく、稼げる国にならなければ先は無いのです。

・[福島第1原発 震災時「ベント」を行った排気塔に8カ所の亀裂
  東電 周辺の線量が1万ミリシーベルト(mSv)と高く、対策を検討]
 ・・津波以前に、構造物はガタガタになってたんでしょうね
 [福島第1原発、首相が視察 汚染水の現状確認]
 ・・パフォーマンスより、具体的行動を!
  アンタに何かあった時のリスクの方が大きな損失である。

・[シャープ、公募増資で調達する最大1489億円を
  借金返済の原資にはせず、全て強気の全額投資]
 ・・わたしにゃ関係ないが、ホントに大丈夫か?

・[母子行方不明:3キロ下流の湖で所持品リュック発見 三重
  2人は16日朝、大阪市にあるテーマパークへ行くため自宅を出発。
  台風18号の影響で通行止めの高速道路を避け地方道で]
 ・・大型台風接近で、高速道路も通行止めなのに遊びに出かける・・
  気の毒だけど、コレって事故じゃなくて自殺行為じゃない?
   用心深くなければ生き残る事は出来ないのだ!

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/19(木) 18:08:42.17 ID:/Z3GjxFM
日経平均先物、大証夜間で1万4800円に上昇 日中終値比120円高 
2013/09/19 17:13 日経速報ニュース 232文字
 19日夕の大証夜間取引(ナイトセッション)で日経平均先物12月物が、日中終値と比べ120円高の1万4800円
まで上昇した。米連邦準備理事会(FRB)が量的金融緩和の縮小を見送ったことを受けて、投資家がリスク資
産を選好する姿勢を強めており、買いが優勢となっている。19日のアジア市場に続き、欧州の株式相場が軒並
み上昇して始まっている。「リスクオン」ムードの広がりで外国為替市場では円の対ユーロ相場が3年8カ月ぶり
の安値を付けた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/19(木) 20:44:49.53 ID:DKhzzrvH
インド株が年初来高値を更新 銀行株などけん引、2年10カ月ぶり水準に
2013/09/19 19:26 日経速報ニュース 545文字
【NQNシンガポール=近藤明日香】19日のインド株式相場は大幅に4日続伸した。主要指数SENSEXの
終値は前日比684.48ポイント(3.42%)高の2万0646.64。7月23日に付けた2万0302.13を大きく上回り、約2
カ月ぶりに年初来高値を更新。2010年11月10日以来、約2年10カ月ぶりの高値水準まで浮上した。1日の
上昇率としては今年2番目の大きさだった。
 米連邦準備理事会(FRB)が前日まで開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)で、市場予想に反して
量的金融緩和の縮小を見送ったのを受け、買い安心感が広がった。通貨ルピーが一時1米ドル=61.6ル
ピー台まで上昇し、約1カ月ぶり高値を回復したことも好感された。
 上昇が目立ったのは銀行株。FRBの緩和策継続により流動性の低下に対する懸念が和らぎ、インド準
備銀行(中央銀行)が明日開く金融政策決定会合で7月から導入してきた流動性引き締め策を一部解除
するとの期待感が浮上したことが追い風になった。最大手の国営インドステイト銀行は約8%高、民間大
手ICICIバンクも7%高で引けた。資源・素材関連、機械、通信、日用消費財なども軒並み上昇し、スズキ
子会社のマルチ・スズキは6%高、鉄鋼大手のタタ製鉄は7%高で取引を終えた。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/19(木) 20:45:53.54 ID:DKhzzrvH
FRB次期議長「イエレン氏有力」 来週にも発表か、報道相次ぐ
2013/09/19 17:40 日経速報ニュース 411文字
【NQNニューヨーク=森安圭一郎】来年1月末に任期切れを迎える米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ
議長の後任に、イエレン副議長の昇格が有力になったと米欧の主要メディアが18日(日本時間19日)、相次
いで報じた。サマーズ元財務長官が15日に指名を辞退したのを受け、オバマ大統領周辺も議会に支持者が
多く、もともと本命視されていたイエレン氏の指名に傾いているもようだ。指名は早ければ来週の可能性もあ
るという。
 ロイター通信はホワイトハウス高官の話として「イエレン氏が最有力」と報道。FRB議長就任には上院の承
認が必要だが、年内の議会日程が詰まっていることから、オバマ大統領は速やかに指名に動く見通しだと
している。
 ダウ・ジョーンズ通信は「指名の手続きについて政府高官と上院側が協議に入った」と伝えた。指名候補
の決定が近いことを示唆しているといい、複数の民主党関係者によればその協議の場でもイエレン氏の
名前があがっているという。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/20(金) 03:42:18.22 ID:NjwAIxDf
日本株、海外投資家が探す「本命」は スクランブル
2013/09/19 21:11 日経速報ニュース 2195文字
 世界の投資家の視線を釘付けにしていた米連邦準備理事会(FRB)は事前の大方の予想に反し、米連邦
公開市場委員会(FOMC)で現行の量的緩和政策の継続を決めた。FRBが巨額の証券購入を続けることは
、当面、日本を含めた主要国の株式相場を支えるだろう。ただ、緩和策の出口が遠のいたことで、米国の金融
政策が将来、正常化に向かう過程で起こるかもしれない波乱の芽は大きくなると警戒する声もある。東京株式
市場で、年金基金などがこれから中長期で保有するのに適した銘柄はどう探せば良いのだろうか。
 最近、大手金融機関の日本株セミナーなどに参加するため東京に来たある米投資家は、FOMC後の相場
を見据え、「高齢化」とそれに関連した「首都圏」をキーワードにした銘柄開拓を模索している。
 企業訪問の合間に、この投資家はこれまでの出張時とは違う場所への寄り道を続けた。大手百貨店の催
事場を覗いた後は、郊外に向かう私鉄に乗って沿線の広告を眺め、街の評判を聞き歩く。駅前のフィットネス
センターでは、流暢な日本語で入会案内を入手した。
 東京オリンピックが開催される2020年に、街がどんな姿になっているかを思い描くヒントにするのが目的と
いう。街歩きでチェックした場所に関連する上場企業は、アデランス、セブン&アイ・ホールディングス、東急
電鉄、ルネサンスや、これらのライバル会社だ。資本効率などの指標では社内規定を満たさない銘柄が含
まれているものの、高齢者に製品が売れていたり、これから関連サービスを拡充しようとしていたりする点が
共通している。
 この風変わりな寄り道は、日本の個人消費の動向を分析していた時に思いついた。今回の景気持ち直し
はアベノミクス(安倍政権の経済政策)への期待からか、日本でも珍しく、個人消費が先行した。統計を10年
単位でさかのぼって、どんな属性の人に何が売れていたのかを調べていくと、個人消費(名目)は過去10年
近く、ほとんど拡大していない。一方、長生きリスクに備えてお金を貯め続けるのではないかと思っていた
高齢者世帯の支出は、意外にも増える傾向にあることが分かった。
 「家計調査」を品目別にたどって作ったリストをもとに、東京滞在中にどこに行くか決めたという。人数の多
い団塊の世代が年金を受け取る年齢に到達し始めており、高齢者関連市場は大きくなる、と考えた。海外
投資家の持ち株比率が高いユニ・チャームで、国内の子供向けおむつの売上高が高齢者向けに抜かれた
、というニュースもあった。
 この投資家のアイデアにならい、高齢者市場の実相を調べてみた。家計調査のデータから浮かびあがる
最近の高齢者は、サプリメントや乳酸菌飲料、かつらを愛用して健康や見た目に気を配りながら、旅行やゴ
ルフを楽しむ姿だ。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/20(金) 03:42:51.63 ID:NjwAIxDf
 サプリメントなどを含む「健康保持用摂取品」への支出は、世帯主が65〜69歳の家計の支出額が2000年
1月の3倍。70歳以上の世帯でも同2.5倍と、総世帯(2000年1〜3月比で2倍強)を上回る。健康状態が影響
しているのか、高齢者のなかでも、年齢によって積極的に支出する品目やサービスには差がある。世帯主
65〜69歳ではかつらなど「理美容用品」の支出が伸びている一方、70歳以上の世帯ではパック旅行への
参加費やスポーツジム、家事代行サービスなどへの支払いの伸びの方が大きい。
 高齢化関連銘柄を探るもう1つのキーワード、「首都圏」は経済規模が大きい以外にも理由がある。高齢
化のスピードが、国内でもとりわけ速くなると予想されているのだ。
 国立社会保障・人口問題研究所の予測をもとに、他の地域(外国を含む)から引っ越してくる人を計算に
加えても、首都圏(1都3県)の人口は20年に向けてあまり増えない見込み。ただ65歳以上の人口の増加
率は約3割と、日本全体を上回る。政府は社会保障費の増大を抑える目的で、高齢者はできるだけ住み
慣れた自宅か、その周辺の地域で暮らし続けることができる環境作りを急いでいる。食事の宅配や電球の
取り替え、掃除などちょっとした手伝いのほか日曜大工などの家事支援、介護、病院などへの同行などの
需要が増える可能性がある。
 実際、東京急行電鉄が沿線住民を対象に家事支援サービスを始めているほか、京王電鉄は介護付き
有料老人ホームに参入した。フィットネス各社は、高齢者が加齢による身体の衰えをカバーできるような
運動プログラムの提供を始めている。コンビニエンスストアは弁当や商品の宅配、また健康に配慮した弁
当の開発に着手している。
 米投資家は考える。「高齢者向けの新規事業は連結業績に影響するような規模に育つのか」。カギを
握るとみられるのが信用力だ。高齢者が普段からよく知っていて、評判が悪くない会社なら、ついでに利
用してみようかという動機がわきやすいかもしれない。そこで、沿線の街歩きを試してみたという。
 金融緩和策の継続という、バーナンキFRB議長の「肩透かし」は、世界景気を引っ張る役割を期待され
ている米経済がまだデリケートな状態にあり、金融政策に頼り続けざるをえない構図を改めて示した。短
期でみれば新興国通貨や株式、先進国株式のいずれかに投資機会を見つけることは可能だろう。ただ、
長期でみた場合は構造変化、日本の場合は超高齢化による社会や消費の変化をタイミング良くとらえた
銘柄選択が重要になりそうだ。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/20(金) 06:37:05.36 ID:qVsf92DG
米国株、ダウ反落40ドル安 利益確定売りで、ナスダックは続伸
2013/09/20 06:17 日経速報ニュース 739文字
【NQNニューヨーク=岩切清司】19日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落し、前日比
40ドル39セント(0.3%)安の1万5636ドル55セントで終えた。前日の大幅上昇の反動で、目先の利益を確定する
目的の売りが出た。
 米連邦準備理事会(FRB)は18日、量的金融緩和に伴う証券購入の減額決定を見送った。大方の市場予想
に反する結果を受け、ダウ平均は前日に最高値を更新した。直近まで上昇基調を強めてきたこともあり、19日
の取引では利益確定の動きが優勢となった。
 ただ、下値も限られた。朝方発表の週間の米新規失業保険申請件数は増加も市場予想は下回った。8月の
中古住宅販売件数は約6年半ぶりの水準まで回復。19日発表の経済指標は軒並み米景気の回復基調を裏
付ける内容となり、相場を支える要因になった。
 ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は3日続伸した。前日比5.74ポイント(0.2%)高の3789.38で
終え、2000年9月22日以来ほぼ13年ぶりの高値をつけた。
 業種別S&P500種株価指数(全10業種)は、「金融」や「生活必需品」を中心に7業種が下落。「IT(情報技
術)」などが上げた。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約7億4000万株(速報値)、ナスダック市
場は約17億3000万株(同)だった。
 医療保険のユナイテッドヘルス・グループやITのヒューレット・パッカード(HP)、映画・娯楽のウォルト・ディ
ズニーが下げた。食品のコナグラ・フーズは大幅反落。同社が示した収益見通しが物足りないとして売りが
膨らんだ。
 一方、保険のトラベラーズやホームセンターのホーム・デポが上昇。好決算を発表したドラッグストアのライ
トエイドが買いを集めた。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/20(金) 08:32:42.39 ID:ab1i635S
円大幅反落、99円30〜40銭で始まる シドニー市場
2013/09/20 08:13 日経速報ニュース 518文字
 【シドニー=沢木祐二】20日のシドニー外国為替市場で円相場は大幅反落し、前日同時点(98円
20〜30銭)から1円10銭円安・ドル高の1ドル=99円30〜40銭で始まった。
 ユーロ円相場でも大幅に下落し、前日同時点(132円60〜70銭)から1円80銭円安・ユーロ高の1
ユーロ=134円40〜50銭で推移している。
 オーストラリア(豪)ドルは前日の急上昇から一服し、前日同時点(0.9495〜0.9505ドル)から反落
して1豪ドル=0.9440〜0.9450ドル。対円では、対ドルでの円安の流れが波及し、前日同時点(93
円25〜35銭)から55銭円安・豪ドル高の1豪ドル=93円80〜90銭。
 ニュージーランド(NZ)ドルは前日同時点(0.8330〜0.8340ドル)から小幅続伸の1NZドル=0.837
5〜0.8385ドル。4カ月ぶりの高値水準。「量的金融緩和策(QE)の縮小開始見送り決定を受け入れ
るため、投資家はとても静かな夜を送った」(バンク・オブ・ニュージーランド、マイク・ジョーンズ氏)。
対円では、円安の流れを受けて大幅続伸し、前日同時点(81円80〜90銭)から1円45銭円安・NZド
ル高の1NZドル=83円25〜35銭。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/20(金) 13:18:57.03 ID:j3AzSX6s
株、五輪関連の銘柄選別進む 大手建設に売り サービスに買い
2013/09/20 12:44 日経速報ニュース 1021文字
 2020年の東京五輪開催決定からおよそ2週間。株式市場では五輪関連銘柄の銘柄選別が進み
つつある。当初大きく買われた大手建設株に利益確定売りが出る一方、サービス関連株の一角に
は買いが継続している。開催決定直後の「ご祝儀相場」から、企業の収益環境を冷静に見極める動
きが広がっている。
 五輪関連の中核銘柄とされた大手建設株は上値が重くなってきた。7日の開催決定を受け、イン
フラ整備の拡大による受注増が期待できるとして、業種別日経平均「建設」は先週初に大幅高と
なった。その後は一転して伸び悩みが目立つ。
 前回の東京五輪のメーン会場である国立競技場を施工した大成建設は先週24%上昇した。10日
には535円と約7年5カ月ぶりの高値を付けたが、今週は19日時点で3%下落。足元は利益確定売
りが目立ち、高値から8%強下げた。先週13%上昇した鹿島も今週は19日時点で1%下げ、高値
から9%弱安い。
 五輪決定直後の相場の熱気は冷めつつある。背景には投資家が冷静に企業の収益を見極めよう
としていることがある。脱デフレを目指す安倍晋三政権の経済政策、アベノミクスの効果や東日本
大震災の復興需要などを支えに、大成建設、鹿島などは14年3月期に連結営業増益を見込む。
 五輪開催でインフラ需要が拡大するのは確かだが、労働者不足が深刻化する中、市場では「労務
費や資材価格が上昇すれば、将来的に収益性が悪化するリスクがある」(ちばぎんアセットマネジメ
ントの奥村義弘調査部長)との声が聞かれる。
 各社の予想PER(株価収益率)も20〜30倍台に達する。UBS証券は「株価に割安感が乏しい」と
して17日付で大成建設、鹿島の投資判断をそれぞれ引き下げた。
 一方、買いが続いている銘柄もある。代表例は電通やサンリオだ。先週はそれぞれ13%、7%上昇
、今週も19日時点でともに4%上昇している。サンリオ株は18日に6000円まで上昇し、約14年ぶりの
高値を付けた。
 五輪開催に伴う広告需要や外国人客の増加が買い材料だが、大手建設株に比べ先週の上げが
小幅にとどまり、出遅れ感が目立つほか、「アジアビジネスの拡大など本業の堅調さもあって株価
上昇の追い風になった」(松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリスト)という。今後は「実際
の業績動向を見極めながら、銘柄選別が進む」(河合達憲・カブドットコム証券チーフストラテジスト)
との見方が増えている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/20(金) 13:59:53.24 ID:j3AzSX6s
ポスト建設株は リード役に「電力改革」浮上 相場占うルーキー銘柄    
2013/09/20 13:48 日経速報ニュース 1876文字
 9月に入ってから日経平均株価は約1400円上昇し、1万5000円の心理的な節目に近づいてきた。
ドル換算の日経平均は19日、5月22日以来約4カ月ぶりに150ドル台を回復し、年初来高値まで、あ
と2ドルあまりに迫った。日本株は5月下旬から続いた調整局面を抜けだし、新たな上昇相場を迎える
のか。相場の行方を占うカギの一つは、新たなリード役が登場するかどうかにかかっている。
 昨年末以降のアベノミクス相場で「初押し」となった6月中旬の安値から直近までの東証1部上場全
銘柄の騰落率をみると、上昇率上位には鉄建や東急建、大成建など建設株がズラリと並ぶ。だが、こ
うした銘柄の多くは2020年の東京五輪開催という追い風が加わったこともあり、株価がこの間、5割以
上上昇した。高値警戒感から市場では、このまま建設株主導の展開を見込む声は少ない。
 今後の焦点となるのは、秋に第2弾の公表が予定されている成長戦略の行方。投資家が望む法人
減税は前進しているようだ。だが、個別株の選別という点で法人減税は、材料にはなりにくい。そこで
テーマの一つとして浮上しているのが電力システム改革だ。
 「成長戦略の最大のポイントは、いかに民間投資を前倒しさせるか。それには、社会はこっちに向か
うんだということを(政治が)示すことだ」。今週17日、東京大学(東京・文京)で開かれたシンポジウム
の基調講演で伊藤元重・東京大学教授はこう話し、電力システム改革などの重要性を挙げた。
 日経平均が急落した5月下旬。「日本は本当に成長戦略に取り組む意思があるのか」。あるエコノミ
ストは外国人投資家からこんな質問を受けたという。きっかけは、ソフトバンクが北海道電力への売電
申請が認められず北海道での大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設計画を見直す方針との一部
報道。当時、太陽電池製造装置を手掛けるアルバックなど関連銘柄が売られた経緯がある。
 ソフトバンクは実際には昨年中に認可を受け、「近々、事業化発表の見込み」(広報室)というが、この
時は、この報道を日本における新規参入障壁の高さと受け止める外国人投資家が少なくなかったようだ。
 政府が6月に発表した「日本再興戦略」では、医療・介護・保育の社会保障、農業、エネルギー産業
、公共事業の4つを成長可能な分野と指摘した。株式市場では、東京五輪招致もあり、まず公共事業
関連銘柄が大きく取り上げられ、相場全体を下支えした。さらに株高が進むためには、成長分野の広
がりが不可欠。その中でも、「電力システム改革が柱となるエネルギー産業は有望」(BNPパリバ証券
の丸山俊・日本株チーフストラテジスト)との声は多い。
 電力システム改革の目的は、発送電などの事業を分離することで新規参入をうながし、電力料金を下
げること。そのため、再興戦略では16年をメドとした電力小売りの完全自由化と次世代電力計(スマー
トメーター)の導入促進をうたった。
 最近、市場で注目を集めているルーキーがある。10月8日に東証マザーズに新規上場するエナリス
だ。同社は経済産業省が認定する節電支援サービス事業者「BEMSアグリゲーター」の1社だ。
 BEMSとはビルエネルギー管理システムの略で、エネルギーの効率利用を目的としたサービスを
提供する事業者のこと。いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員は、「電力システム改革
で成長が期待できる1社」と話す。商社、石油元売り、大手不動産、住宅メーカー、電機、機械……。
電力システム改革の恩恵を受けそうな企業のすそ野は広い。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/20(金) 14:00:25.64 ID:j3AzSX6s
 だが、電力システム改革が市場のテーマとして浮上することには懐疑的な声もある。地域独占や料
金規制の撤廃、さらに発電の全面自由化など具体的に解決すべき課題が多いためだ。「先の通常国
会で廃案になった電気事業法改正案が成立すれば、改革は前進する」(SMBC日興証券の宮前耕也
エコノミスト)との声がある一方で、別の市場関係者は「安倍政権の関心は法人税や国家戦略特区に
向いており、電力改革は後回しの印象」と漏らす。10月中旬召集の臨時国会の日程は約50日。「日程
がきつく、議論が進むとは考えにくい」(丸山氏)との声もある。
 電力システム改革は一例だが、政府は企業がリスクをとって事業を広げるために道筋をどう付けるの
か。日本株が一段高となるための大きな条件と言えるだろう。改革の行方に左右される電力関連ルー
キーの上場後の株価は、日本株全体の方向感を探るバロメーターにもなりそうだ。
〔日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一〕

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/20(金) 15:42:38.85 ID:esHFFYtX
・[第2四半期の米経常赤字は縮小、4年ぶり低水準]
 [8月米CB景気先行指数は予想上回る、底堅さ示す]
 [9月米フィラデルフィア連銀業況指数、2年半ぶり高水準]
 [8月米中古住宅販売は6年半ぶり高水準]
 ・・やっぱりバーナンキンキンは緩和継続すべきじゃなかった?
  ってか、今後の反動の方が怖いし

・[企業の現預金220兆円 6月末6.9%増、投資に向かわず
  リーマン・ショック直後の2008年12月末から19四半期連続で増加]
 ・・も凄いけど、
 [個人金融資産1590兆円=過去2番目の水準?6月末]
 ・・こっちも凄いね
  世界一の財政赤字でも円が暴落しないのは当然か?
 [企業減税まず1.4兆円 消費増税時の経済対策]
 ・・企業に投資をさせたいなら、増税である。
  「税金納めるくらいなら投資せよ」なのだ

・[ステルス機が丸見えになる技術開発へ…防衛省]
 ・・これは凄い事です。
   けど、「専守防衛」のニッポンとしては、見つけるだけじゃなく
  ソレを打ち落とす技術も平行して開発すべき。

・[本四高速料金「最大1.88倍に」 会計検査院が指摘
  、国土交通省は今年度で出資を打ち切る方針を決めた為]
 ・・打ち切るのは良い事だが、
 [国は、総事業費が約2兆8600億円の債務返済を支援するため、
  地元の10府県市とともに1998年度から毎年度800億円を出資してきた] 
  そもそも計画⇒着工した
  国土交通省や政治家は誰も責任を取らないのだ。

・[薬ネット販売、有人店舗を義務付け 週30時間営業]
 ・・この意味不明な規制ってなんなの?

・[福島第1原発全号機廃炉へ、首相が東電に指示]
 [5・6号機廃炉要請 料金転嫁、消費者負担に
  東電、巨額費用は分割処理]
 ・・お金のやりくりに関する裏技なんでしょうけど、とりあえず、
 [燃料貯蔵プールには5号機で946体、6号機で876体の燃料が保管]
 ・・コレを先に出す事を決めるべきじゃない?

・[「民主への失望感が波及」社民、参院選惨敗を総括]
 ・・どーでもいいけど、人のせいにするな!
 [社民、生活統一会派 10月上旬合意目指す
  山本太郎氏らにも呼びかけ]
 ・・ま、結局は自滅の運命をたどる?

・[愛知県警警部が暴力団に情報漏えいで逮捕
  金品などの便宜供与を受けていた疑いも]
 ・・出た! 警察+暴力団の日本最強軍団

・[スーパー、増税時の価格表示は税抜き(外税)で チェーン協方針]
 ・・いやぁコレが怖かった

・[レスリング世界選手権 吉田 沙保里11連覇、伊調 馨8度目の優勝]
 ・・スゲ・・としか、表現できないo(^o^o)(o^o^)o

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/20(金) 21:20:46.16 ID:TF+Txo3B
株、リスクオン続き来週1万5000円試す・伊藤氏 円安や経済対策が追い風
2013/09/20 16:57 日経速報ニュース 410文字
 伊藤嘉洋・岡三オンライン証券チーフストラテジスト きょうの日経平均株価は3連休を控えて持ち高を調整
する売りに押されたが、米連邦準備理事会(FRB)が量的金融緩和の縮小を見送ったことで投資家の「リス
クオン」ムードは当面続くだろう。景気敏感株とされる銀行や不動産の銘柄にも買い戻しが入りやすくなるとみ
ている。9月期末ということもあり、来週の前半は配当権利取りを期待した個人投資家の買いが入りやすいだろう。
 来週は24日に7月の米S&Pケース・シラー住宅価格指数や、26日に4〜6月期の米実質国内総生産
(GDP)確定値など、米国の重要な経済指標が発表になる。来週の日経平均は外国為替相場と米国株を
にらみながらの展開になろうが、円が1ドル=100円を超えれば1万5000円を試す場面もありそうだ。日本で
は政府が来年4月の消費増税に向けた経済対策の骨格が出てきたのも株価上昇への追い風となる。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/20(金) 23:04:15.10 ID:zwvNCulZ
米国株、小動きで始まる 緩和縮小の警戒で上値重く
2013/09/20 22:41 日経速報ニュース 463文字
【NQNニューヨーク=岩切清司】20日の米株式相場は小動きで始まった。ダウ工業株30種平均は午前9時
35分現在、前日比5ドル34セント高の1万5641ドル89セント。ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指
数は同4.59ポイント高の3793.97で推移している。一時は下げる場面もあるなど、前日終値を挟んで方向感
に乏しい値動き。
 セントルイス連銀のブラード総裁が量的金融緩和に伴う証券購入の減額について、経済指標の結果次第
としつつも10月にも開始することが可能との認識を示したと伝わった。緩和縮小に対する警戒感が高まると
上値を抑えた。直近まで上昇基調が強かっただけに週末を控え利益を確定する売りも優勢のようだ。
 復配を発表した新聞大手のニューヨーク・タイムズやタイヤ大手の米グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー
が上昇。半導体大手のテキサス・インスツルメンツも増配を発表したことが好感され買いが集まった。
 一方で7〜9月期見通しを下方修正した鉄鋼大手のAKスチールが急落した。マイクロソフトや建機大手
のキャタピラーも安い。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/21(土) 04:20:44.40 ID:D9xMlJLZ
 

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/21(土) 07:21:20.08 ID:c7XC6ZsB
日本株ADR20日、売り優勢 京セラ下落、キヤノンは上昇 
2013/09/21 07:00 日経速報ニュース 126文字
【NQNニューヨーク=大石祥代】20日の米株式市場で、日本株の米預託証券(ADR)は売りが優勢だった。
米株式相場がじり安の展開となった流れが波及し、日本株ADRは値下がり銘柄が多かった。京セラや野村
、ホンダが下落。一方、オリックスやキヤノンは上昇した。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/21(土) 07:22:51.50 ID:c7XC6ZsB
米国株、ダウ続落し185ドル安、金融政策巡る不透明感で 
2013/09/21 06:15 日経速報ニュース 1036文字
【NQNニューヨーク=川内資子】20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前日比185ドル46セント
(1.2%)安の1万5451ドル09セントで終えた。米金融政策を巡る不透明感が強く、投資家が持ち高を調整する目
的で株式を売る動きが優勢となった。
 セントルイス連銀のブラード総裁が量的金融緩和策による証券購入の減額について、10月にも始める可能性
があるとの認識を示したと伝わった。米連邦準備理事会(FRB)は18日に市場の大方の予想に反して量的緩和
の縮小見送りを決めたばかりなだけに、緩和縮小時期を巡る不透明感が意識された。連日の下落によって緩和
見送りを好感した上昇幅をかき消した格好となった。
 10月中旬が期限となる米政府の債務上限の引き上げを巡る与野党の対立姿勢が目立つことも、投資家心理
を冷やした。野党・共和党が多数となる米下院は20日、債務上限の引き上げに関して、医療保険改革(オバマケ
ア)に関連する歳出の削減を含む予算案を賛成多数で可決した。一方、与党・民主党はオバマケアに関する歳
出削減を認めない方針を示している。与野党の交渉が難航するとの警戒感が強まった。
 足元で相場の上昇基調が強かったこともあり、目先の利益を確定する目的の売りも出た。ダウ平均はじりじ
りと下げ幅を広げ、この日の安値圏で終えた。
 ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反落し、同14.65ポイント(0.4%)安の3774.
73で終えた。
 業種別S&P500種株価指数では全10種が下落した。「公益事業」や「電気通信サービス」、「資本財・サービ
ス」の下げが大きかった。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約20億1000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約23億800
0万株だった。株価指数先物・オプションなどの清算指数の算出に伴う取引の影響で売買が膨らんだ。
 6〜8月の機械の世界販売額が前年同期比10%減ったと発表した建設機械のキャタピラーは下落。7〜9月
期の1株損益見通しが市場予想に比べて振るわなかった鉄鋼のAKスチールは大幅安。
 6〜8月期決算の速報値と同時に、全従業員の約40%にあたる人員を削減すると発表したカナダのスマート
フォン(スマホ)大手ブラックベリーは大幅に下落した。この日にスマホ「iPhone(アイフォーン)」の新型機を日
米などで発売したアップルも下げた。
 一方、IT(情報技術)のオラクルや製薬のファイザーは上昇した。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/21(土) 07:57:10.95 ID:sFh0GwnH
武田、脂肪吸収抑える薬、国内で承認。
2013/09/21 日本経済新聞 朝刊

 武田薬品工業は20日、肥満症の治療薬「オブリーン(一般名セチリスタット)」の国内での製造販売の
承認を受けたと発表した。腸内で脂肪の吸収を抑えて体重を減らす。これまで肥満症治療薬は中枢神経
に作用して食欲を抑制するものが主流だったが、脂肪吸収を抑制するタイプは国内では初めてという。
 オブリーンは1日3回を経口投与する薬で、糖尿病や脂質異常症を持ち、体重(キログラム)を身長(メー
トル)で2回割ったBMIが25以上の人が対象。食事や運動療法でも体重が減らない人の体重と内臓脂肪
を減少させる効果がある。
 オブリーンの臨床試験では糖尿病の程度を示す数値やコレステロールも下がったという。日本で糖尿病
と脂質異常症を持つ肥満症の患者は約200万人いるとされ、肥満症を治すことでほかの病気の発症を防ぐ
ことにもつながる。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/21(土) 08:00:19.98 ID:sFh0GwnH
相場急落後で変動率最低に(チャート&データ)
2013/09/21 日本経済新聞 朝刊

 株価の先行き不透明感がやや和らいでいる。20日、日経平均株価の予想変動率を示す「日経平均
ボラティリティー・インデックス(日経平均VI)」が24・16に低下。約4カ月半ぶりの水準で、5月下旬の
相場急落後では最も低い。
 株式市場では米量的緩和の縮小が見送られたため、「当面の下値不安が後退した」(みずほ証券)と
の見方がある。米国株の予想変動率を示す米シカゴ・オプション取引所の「VIX指数」も19日に13・16
と、約1カ月ぶりの水準まで下がっており、「再び株式市場への資金流入が期待できそうだ」との声も出ている。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/21(土) 08:45:12.37 ID:dSiNJlVu
大手銀、中期債売り越し、8月、1年4ヵ月ぶり高水準、売却益を確保。
2013/09/21 日本経済新聞 朝刊

 国内の大手銀行が市場で国債の売却を続けている。特に保有が多い中期債(満期まで1〜5年程度)は、
8月の売越額が2012年4月以来、1年4カ月ぶりの高水準となった。中期債は利回りが低下傾向(価格は
上昇)にあり、売却益の確保が主な狙いだ。
 日本証券業協会が20日発表した国債投資家別売買高によると、大手銀行は8月に中期国債を2兆5924
億円売り越した。売越額は7月より1兆1522億円増えた。8月は新発2年物国債の流通利回りが0・120%
から一時0・105%に下がるなど、金利は軒並み低下していた。
 一方、米国では金融緩和の縮小観測を受けて同月の金利は軒並み上昇(国債価格は下落)。「邦銀は外
債で抱えた含み損を相殺するため、日本国債を売る必要があった」(外資系証券)
 銀行が国債売却で得た資金の一部は、財務省の国債入札で再び債券を購入するために使っている。銀行
を中心に証券会社以外の金融機関が国債を落札する額は増えており、8月は5年債入札で約1兆1500億
円、2年債入札で約5200億円にのぼった。
 足元では日銀が新規国債の7割に相当する月間7兆円強の国債を、オペ(公開市場操作)で買い入れてい
る。銀行はオペを活用し、入札で調達した国債を購入時よりも高い価格で売却し、利益を得ているとみられる。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/22(日) 04:43:50.70 ID:BS0kaiFs
企業の自社株買い、5年ぶり高水準に 1〜9月1.7兆円
2013/09/22 02:00 日経速報ニュース 779文字
 上場企業の自社株買いが活発になっている。円安や内需の回復で企業業績が改善。余裕の出てきた手元
資金で自社株を買って株主に還元、資本効率の向上へ動いている。1〜9月で1兆7095億円と既に昨年の年
間実績を超え、2008年以来の多さになる公算。自社株買いにとどまらず、設備投資や賃上げにも現金を使う
動きが広がるかが課題になってくる。
 年初から今月19日までの自社株買い総額を金融情報サービスのアイ・エヌ情報センターが集計した。前年
同期比7割増のペースで、11年の年間実績にほぼ並ぶ。これを抜けば、金融危機前で4兆円超だった08年
以来5年ぶりの多さになる。
 自社株買いは企業自らが余裕資金で市場から株式を吸い上げる動き。市場の需給が改善し、自己資本利
益率(ROE)も向上するとの期待から株価の下支えにつながる。
 キリンホールディングスは今年、8年ぶりに自社株買いを実施。9月までの半年近くで500億円購入した。
従来は海外M&A(合併・買収)などに積極的に取り組んできたが、方針を転換。事業売却で得た資金などを
自社株買いへ回した。
 キヤノンは今月18日までの2週間で、一気に500億円の自社株を購入した。13年12月期の連結純利益は
前期比16%増の2600億円を見込んでおり、株価の底上げが狙い。4年ぶりに自社株買いを実施した東日本
旅客鉄道(JR東日本)の場合は、債務負担が減り、自社株買いを含めた株主還元比率を高められるとの経
営判断が背景だ。
 日本たばこ産業(JT)は、政府が東日本大震災の復興財源のため市場に放出した自社株を約2500億円
取得した。
 3月期決算の上場企業の手元資金は3月末で過去最高の約66兆円。安倍政権は、企業に設備投資の
拡大や賃上げなどを促す施策にも取り組む構えだ。日本経済の活性化へ、企業が抱える潤沢な現金を
どう生かすかが重要になっている。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/22(日) 12:24:54.64 ID:/qYpshCo
バーナンキ流が抱える「透明性のジレンマ」 率直ゆえに揚げ足リスク
2013/09/21 13:50 日経速報ニュース 1265文字
【NQNニューヨーク=森安圭一郎】20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅続落し185ドル安で
終えた。「10月にも量的金融緩和の縮小は可能」とするブラード・セントルイス連銀総裁の発言がきっかけだ。
18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で縮小決定の予想を外された市場の動揺は2日たっても消えず、
当局の動きに疑心暗鬼が強まっている。
 グリーンスパン前米連邦準備理事会(FRB)議長の権勢が絶頂にあった1990年代末に「ブリーフケース・
インディケーター」という言葉があった。FOMCの開催当日、グリーンスパン氏が抱えるカバンの厚さから政
策変更の有無を読み取ろうという試みだ。「委員への説明資料が詰まっているみたいだから今日は利上げし
そう」という具合。テレビ局が出勤風景を中継する騒ぎだった。
 こんなささいなことが注目されたのは、ほかに金融政策を予測する手段が少なかったから。当時のFRB
は議長が記者会見せず、声明も簡素。それでいて政策決定の主導権はグリーンスパン氏が握っていたと
されるから、同氏の胸の内を探ることこそが大事だったわけだ。
 金融政策を属人的な謎解きから引っ張り出し、透明性を高めようとしたのがバーナンキ現議長だった。記
者会見を定例化し、FOMC委員による中長期の政策金利予想も公表し始めた。
 わかりやすい例がFOMC後の声明だ。2006年からのバーナンキ体制下でどんどん長くなり、9月分は
約800語。グリーンスパン時代末期のほぼ4倍だ。その間に世界金融危機が起きて複雑な政策対応が必
要になったことも大きい。ただ量的緩和第3弾(QE3)を導入した1年前の12年9月と比べても、今月の声明
は4割ほど語数が増えている。
 この丁寧さが、バーナンキ議長の悩みと表裏一体に思えてならない。政策判断の過程を率直に述べるほ
ど市場に揚げ足を取られる危険は高まる。それを防ごうと言葉を尽くせば文脈が込み入って意図が伝わり
にくくなる。
 5〜6月に当時の経済情勢分析に基づき量的緩和縮小の可能性に踏み込んで言及したのは結果的に市
場をミスリードしてしまったし、18日の声明はそれに対する難解な言い訳のようにも響く。「1年前に資産購入
策を始めて以降、米経済と労働市場には改善がみられ……しかしながら、改善が持続的なものだと示すよ
り多くの証拠を待つと決めた」。声明にはこの部分を含め、逆接を示す「but」と「however」が計6回も登場する。
 9月の緩和縮小見送りのあおりで、米国債の下落やドル高を見込んでいた投資家に損失が発生したと伝わ
っている。18日の会見で「FRBが市場を惑わせているのではないか」と問われた議長は「市場の予想に政策
を支配させるわけにはいかない」と答えた。勝手に誤解した方が悪いというわけだが、あえて市場に働き掛け
、寄り添わせようとしてきたのは議長自身ではなかったか。
 金融政策を1人の「独裁者」から解き放つ代わりに、貪欲な市場による干渉も許しやすくなる。バーナンキ流
の透明性はこんなジレンマを抱えているようにみえる。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/22(日) 12:32:36.01 ID:/qYpshCo
株式―上値の重い展開か(市場アウトルック)
2013/09/22 日本経済新聞 朝刊

 今週(24〜27日)の日経平均株価は上値の重い展開か。前週は米連邦公開市場委員会(FOMC)で
量的緩和の維持が決まり、緩和マネーの流入が続くとの見方から19日に約2カ月ぶりの高値を付けた。
ただ、20日に米セントルイス連銀総裁が10月にも量的緩和の縮小が始まる可能性があるとの見方を示し
、同日の米国株が大幅に下落。連休明けの日本株にとっても重荷となりそうだ。
 前週の日経平均は3週連続で上げ、3週間の上昇率は10%を超えた。東京五輪の開催決定、消費増税
などの政策進展への期待に加え、米量的緩和の縮小見送りが好感された。ただ「好材料は株価には相当
織り込まれた」(アムンディ・ジャパンの吉野晶雄チーフエコノミスト)面もある。米量的緩和縮小の時期を
巡って海外金融市場で動揺が続けば、日本株の上値を抑えそうだ。
 一方、企業業績への期待は相場の下支え要因となる。10月下旬から始まる2013年4〜9月期決算の
発表に関心は向かいつつあり「主力株にも上方修正を期待した買いが入るのでは」(国内証券)との指摘もある。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/22(日) 14:25:01.52 ID:9WAi7qup
海外勢が2週連続買い越し、個人は売り続く−9月2週日本株

 9月20日(ブルームバーグ):大幅続伸した9月第2週の日本株市場で、海外投資家が2週連続で買い越して
いたことが東京証券取引所の公表データで明らかになった。

東証が20日午後に発表した第2週(9−13日)の投資部門別売買動向(東証、名証の1・2部等合計)によると
、海外投資家 は561億円を買い越した。ただ、買越額は前の週の2075億円から縮小。

このほか、主な買い越し主体は証券会社の自己売買部門(金額2501億円)が2週連続、年金資金の動向を反
映する信託銀行(535億円)が3週連続など。半面、主な売り越しでは個人 (2687億円)や事業法人(322億円)
、生・損保(222億円)がそろって2週連続だった。第2週のTOPIX は、前の週に比べ3.3%高の1185.28と続伸した。

大和証券投資情報部の熊澤伸悟課長代理は、「世界的に株式市場にリスクオン(選好)の傾向がある中、日本
株はオリンピックの開催決定で、より海外の資金を呼び寄せた」と言う。実際、足元では米国での日本株ファンド
への資金流入が継続しているとし、海外勢は日本株に強気スタンスだと見ている。

第2週は、13日が株価指数先物・オプション9月限の特別清算値(SQ)算出日だった。通常は、SQに伴いトー
タルで先物売りが膨らみやすい週だったが、同週は海外勢が先物を買い越していたと熊沢氏は指摘。「週前
半は短期筋の海外勢の先物買いが入り、それが証券会社の自己売買部門の現物買いにつながった可能性
がある」としていた。

記事についての記者への問い合わせ先:東京 長谷川敏郎 thasegawa6@bloomberg.net

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/23(月) 06:33:11.21 ID:go6kHgx8
TPP、大筋合意表明へ、来月の首脳会合、関税、越年の公算。
2013/09/23 日本経済新聞 朝刊 1ページ 528文字 書誌情報
 【ワシントン=鈴木大祐】環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加する12カ国は10月の首脳
会合で、「交渉は大筋合意に達した」と表明する見通しになった。ただ、最大の焦点の関税交渉は
大幅に遅れており、実際の交渉妥結は越年する公算が大きい。(関連記事3面に)
 ワシントンでの12カ国による首席交渉官会合は21日閉幕。日本の鶴岡公二首席交渉官は記者
会見で「議論はだいぶ煮詰まっている。交渉を政治レベルにあげて進めるための基盤整備に成功
した」と強調。10月上旬にインドネシアで開くTPP首脳会合で「大筋合意」を打ち出す必要性を共有
できたと語った。
 関税交渉は大幅に遅れている。鶴岡氏は「10月の会合で関税交渉が決着するとは誰も思って
いない」と述べ、大筋合意の枠外になる可能性を示した。10月の首脳会合に先立つ閣僚会合で
はまず、1つの国が残りの11カ国から輸入する場合に同じ品目なら同じ輸入関税率を適用する
「共通関税表」をつくるか、同じ品目でも適用される関税率が11カ国ごとに異なるようにするかを
決める予定だ。
 各国はどの品目で関税をなくすかの具体的な交渉を10月以降に本格化する。関税分野は2国
間交渉を積み上げてから全体で議論するため妥結が越年するのはほぼ確実だ。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/23(月) 06:35:05.75 ID:go6kHgx8
ドル建て、融資広がる、生保・地銀、メガ銀を追い上げ、企業の海外進出増加受け。
2013/09/23 日本経済新聞 朝刊 5ページ 1315文字 書誌情報
 金融機関のドル建て融資が活発になっている。海外向け融資はメガバンクが先行してきたが、生命
保険会社や地方銀行の間で、国内の本店経由で実行する手法が広がってきた。海外の融資拠点が
少なくても取り組める利点がある。日本企業の海外展開が一段と増え、外貨への需要が高まっている
ことに対応する。地方や中堅・中小企業の海外展開にも弾みがつきそうだ。
 日本生命はこのほど、商社など数社に合計400億円超のドル建て融資を実施した。国内企業向け
のドル建て融資は日本生命では初めて。生保業界でも、ほとんど実施されていないという。
 日本生命は契約者から集めた円建ての保険料をドルに替えたうえで、企業に融資した。その際、利
払いや元本返済の時期に合わせて為替水準を固定するデリバティブ(金融派生商品)契約を結び、為
替の変動リスクを回避した。
 取引先企業の間でドル資金を使う機会が増え、金額も大きくなっている。日本生命の筒井義信社長
は「海外のM&A(合併・買収)に伴う資金需要が増えている」と指摘する。日本生命にとっては、為替
リスクを避けつつ、運用益を確保できる利点がある。
 リーマン・ショック後は企業に「円だけでなく、外貨の調達手段も多様にしておきたい」(三菱商事)と
いう意識が高まり、主取引銀行以外の金融機関にドルを求める動きも活発になっている。
 地銀の間でも、ドル建て融資を積極的に手がける動きが出ている。
 岩手銀が7月に発行した1億ドルの新株予約権付社債(転換社債=CB)を原資に、ドル建て融資を
始める。昨年度に国内での外貨建て融資が倍増した静岡銀や、既にドル建て融資に取り組む千葉銀
も、さらに融資額を増やす方針だ。
 地方企業でも海外進出が広がっており、地銀も企業の外貨需要に機動的に対応する必要性が高ま
っている。静岡銀は「浜松市の製造業を中心に外貨の引き合いが多い」と指摘している。
 これまで企業は大手銀行の海外支店から現地でドル建て融資を受けるほか、円資金を借りて自分で
ドルに替えたり、ドル建ての社債を自ら発行したりして、ドルを確保してきた。金融機関の国内本店から
調達できれば、機動的に外貨の資金計画を組めるほか調達コストも下がりやすくなる。
 金融機関にとっては公的な外貨供給の制度が整い、国内で融資の原資となるドルを調達しやすくな
ったことも大きい。
 日銀は昨年春、成長分野に外貨建てで投融資する金融機関に対し、ドル資金を供給する制度をつく
った。国際協力銀行も2011年9月から、企業のM&A(合併・買収)を支援する目的で、金融機関に
低利でドルやユーロを供給し始めた。総額は8月末時点で約86億ドルに達した。
 銀行の海外業務はメガバンクが先行している。大手銀行の海外融資は12年度の平均残高で53兆
円と全体の2割に達する一方、地銀は1・5%にとどまる。国内本店による外貨建て融資は統計上、
海外向けに含まれない、いわば「影の海外融資」。メガバンクも積極的に手がけているが、海外拠点
が少ない地銀にとっても伸ばす余地は大きい。
 国内では企業の資金需要の回復がなお鈍く、余剰資金の大半を国債で運用している。ドル建て融
資が伸びれば、本業の収益向上につながる。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/23(月) 06:36:03.53 ID:go6kHgx8
ベトナム大手と提携、芙蓉リース、出資も検討。
2013/09/23 日本経済新聞 朝刊 5ページ 311文字 書誌情報
 芙蓉総合リースはベトナムのリース大手、ベトコンリースと業務提携する。ベトナムはリース業への
新規参入が難しいため、芙蓉リースが日系企業などの顧客をベトコンリースに紹介する。企業はベト
コンリースと契約し、芙蓉リースがノウハウを提供する。提携に合わせて、出資に向けた協議もする。
 日本のリース大手がベトナムで実質的にリース事業に参入するのは初めてという。ベトナムには自
動車や電機関連など日系のメーカーが多数進出しており、芙蓉リースはリースへの需要が高まると
みている。当初は年間数億円の売上高を見込んでいる。
 ベトコンリースは大手銀行、ベトコンバンクの子会社。ベトコンバンクにはみずほフィナンシャルグル
ープが15%出資している。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/24(火) 07:36:33.65 ID:febZTto1
今日の株価材料(新聞など・21〜24日)米ダウ続落、景気回復の鈍さ意識
2013/09/24 07:28 日経速報ニュース 2202文字
▽米国株、ダウ続落49ドル安 景気回復の鈍さ意識、財政問題も重荷
▽NY円、続伸 1ドル=98円80〜90銭で終了、FOMC委員発言で
▽新型iPhone、3日で販売900万台超 米アップル株は大幅高
▽ブラックベリー、身売りで基本合意 カナダ金融会社に47億ドルで
▽米クライスラー、株式上場を申請

▽景気「増税後も改善」4割 現状は「拡大」が9割、社長100人アンケート(日経)
▽メルケル独首相3選へ 最大野党に大連立呼び掛け(各紙)
▽セブン&アイ(3382)傘下のセブンイレブン、宅配売上高3年で5倍に 全店に電動自転車(日経)
▽シリア追加支援60億円 首相、国連総会で表明へ(各紙)
▽ネット配信、海外発にも消費税 政府税調で議論再開へ(日経)
▽首相、復興予算は維持 特別法人税の前倒し廃止でも(各紙)
▽LNG指標価格公表へ 経産省、下落狙い短期売買促す(日経)
▽中国、エコカー補助延長 2015年末まで、燃料電池車も優遇(日経)
▽丸紅(8002)、世界で熱電併給 ベルギー社と提携、欧州・アジアに合弁会社(日経)
▽清水建(1803)、道路などの除染で効果2倍に リンゴ酸を活用した技術開発(日経)
▽第一三共(4568)などのがん新薬、スパコン「京」で開発費減(日経)
▽長谷工(1808)、25億円所得隠し 国税指摘、決算またぎ「利益調整」(読売、以上24日付)

▽イプシロンで外国衛星打ち上げ まずベトナム、NEC(6701)受注の見通し(日経)
▽TPP、10月に大筋合意表明へ 関税は越年の公算(各紙)
▽ドイツ総選挙、保守系与党が第1党に(各紙)
▽ファストフード、新型店続々 吉野家HD(9861)が1人鍋専門店(日経)
▽豊田通商(8015)、水素スタンド参入 仏社と燃料電池車向け(日経)
▽東芝(6502)、50型4Kテレビ投入 画面小さく割安に(日経)
▽カネボウ、化粧水など3種併用で白斑発症率3.6倍に(各紙、以上23日付)
▽特殊陶、13年4〜9月期純利益を143億円に上方修正 円安で

▽アマゾン、来月にも薬ネット販売 4000品目超を即日配送(日経)
▽企業の自社株買い活発 1〜9月1.7兆円、5年ぶり水準(日経)
▽日本とミャンマー、特区開発へ官民事業体 来月100億円出資で、工業団地など整備(日経)
▽電子書籍・音楽、関税ゼロ TPPで合意へ、ネット産業を育成(日経)
▽羽田、国内・国際線をトンネル接続 国交省、五輪までに(日経)
▽カーナビ大手、医療参入 クラリオン(6796)やパイオニア(6773)、スマホ台頭で競争激化(日経)
▽アマダ(6113)、福島に新工場 来秋、自動化装置を増産(日経)
▽ホンダ(7267)、高級車「アキュラ」など40万台リコール(日経)
▽カナダシェールガス輸入へ 19年にも年4000万トン(読売、以上22日付)

▽日本郵政、「かんぽの宿」売却へ 逓信病院も検討、株式上場へ改革加速(日経)
▽東電(9501)、柏崎原発の再稼働申請へ 月内にも、経営再建急ぐ(日経)
▽研究開発費、増やすほど税控除 政府・与党 最大3割、投資促す(日経)
▽政労使会議、脱デフレへ賃上げ訴え 首相「好循環実現を」(各紙)
▽インド、2年ぶりに利上げ インフレ抑制へ転換(各紙)
▽関西電(9503)が首都圏参入 電力小売、越境競争が本格化(各紙)
▽薬のネット販売、例外品の扱い月内決定 厚労省、新ルール大筋合意(各紙)
▽インドネシア、賃上げ攻防再び火種 インフレ・通貨安なお、投資縮小に懸念(日経)
▽米金融株、存在感戻る 時価総額、ITに接近(日経)
▽地熱、15年ぶり新規稼働 採算向上で開発始動、出光興産(5019)などは福島で調査(日経)
▽米ファンド、ソニー(6758)株を自社名義に 株主提案見据え(日経)
▽ハイデ日高(7611)、バイトにも賞与 最大10万円超、年2回(日経)
▽新iPhone出足そろり 割安機に予約低調の声、高級機は在庫不足(各紙)
▽英の原発事業者、東芝(6502)が買収交渉 英紙報道(各紙)

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/24(火) 07:38:48.19 ID:febZTto1
▽中国電(9504)、中間配当25円 期末は「未定」(日経)
▽日産自(7201)、小型車「サニー」年1万台 ミャンマーで現地生産、大手初、15年から(各紙)
▽カゴメ(2811)、米種苗会社買収 海外でトマト生産強化(日経)
▽武田(4502)が脂肪吸収抑える薬 国内で承認(日経)
▽8月の小売り販売明暗 百貨店、高額品伸びプラス コンビニ、客足減り1.4%減少(各紙)
▽新規上場、株価が好調 調達総額13年ぶり高水準、年内さらに30社予定(日経)
▽日本オラクル(4716)の13年6〜8月期、4%減益 単独税引き、ライセンス低調(日経)
▽セガサミー(6460)の13年4〜9月期、経常益51%増に下方修正 一部製品の販売ずれ込みで(日経)
▽イオン系のMV東海(8198)など5社、13年3〜8月期経常益下方修正 価格競争が激化(日経)
▽カナモト(9678)が増資 最大79億円調達、レンタル用建機向け資金(日経)
▽西尾レント(9699)の13年9月期、純利益50億円に 年配当30円に上積み(日経)
▽NECフィル(2322)の13年4〜9月期、純利益56%減(日経)
▽ホトニクス(6965)、記念配4円 年配当50円に(日経、以上21日付)
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/24(火) 07:40:11.06 ID:febZTto1
景気「増税後も改善」4割、消費税8%、設備投資けん引(社長100人アンケート)
2013/09/24 日本経済新聞 朝刊

 日本経済新聞社が23日まとめた「社長100人アンケート」で、2014年4月からの消費増税を前提に
1年後の国内景気を聞いたところ、現在より上向くとの回答が41・1%に達した。設備投資が増え個人
消費も底堅いとみており、増税前の駆け込み需要の反動による影響は限定的との見方が多い。経営者
が景気先行きに強気であることが浮き彫りになった。(関連記事9面、詳細を24日付日経産業新聞に)
 社長100人アンケートは国内主要企業の社長(会長、頭取などを含む)を対象に、四半期ごとに実施。
今回は9月5日から20日までに、146社から回答を得た。
 足元の国内景気については93・8%が「拡大している」と答え、前回調査(6月)より3・3ポイント上昇
した。安倍晋三首相は10月1日に発表される日銀の全国企業短期経済観測調査(短観)の結果を見た
上で、消費税率を8%に引き上げることを正式表明する見通しだ。
 1年後(14年9月ごろ)の国内景気は、現在と比べて「よくなっている」が21・2%、「改善の兆しが出て
いる」が19・9%。「悪化の兆しが出ている」は13・0%、「悪くなっている」は4・8%だった。景気が上向
く要因は「設備投資の回復」(55・0%)が最も多く、「個人消費の回復」(48・3%)が続いた。
 消費増税前の駆け込み需要による影響も尋ねた。13年度の売上高が「5%未満」の範囲で上振れ
するとの回答が54・4%に上った。一方、反動減が見込まれる14年度売上高は「下振れはしない」が
37・7%で、「5%未満の下振れ」は21・9%だった。
 「14年度の実質経済成長率1%」という政府見通しの達成は、「十分可能」との声が39・0%に上り、
「0%超、1%未満のプラスにとどまる」(23・3%)を上回った。「マイナス成長に転じる」は1・4%だった。
 現在の世界景気については「拡大」が75・3%で、前回調査(63・4%)より上昇。米国景気がけん引
し、欧州景気も「拡大」との回答が17・8%と前回調査(3・4%)を大幅に上回った。中国景気は「拡大」
が41・8%だった。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/24(火) 10:18:07.65 ID:febZTto1
<東証>NECが続伸 7月30日以来の高値 「衛星の製造受注」を好感
2013/09/24 09:22 日経速報ニュース 328文字
(9時20分、コード6701)続伸。横ばいで始まった後、一時前週末比5円(2.2%)高い232円に上昇。
7月30日以来の高値に並んだ。23日付の日本経済新聞朝刊は、政府は新型ロケット「イプシロン」
で2017年から外国の衛星を打ち上げると伝えた。第1号としてベトナムの観測衛星を打ち上げる交
渉をしており、NECが製造を受注する見通しとなった。寄り付き後に下落する場面があったものの、
新しいビジネスを好感する買いが入って切り返した。
 もっとも、市場では慎重な見方もある。「商業衛星の需要は拡大するとみられるが、衛星の製造
がNECの業績にどれほど寄与するかは未知数」(岡三証券の石黒英之日本株式戦略グループ長)
との声があった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/24(火) 16:00:42.45 ID:EiyIDsR9
・[9月米製造業PMI速報値は低下、新規受注と雇用が鈍化
  雇用指数は51.4と前月の53.1から低下し、3カ月ぶりの低水準]
 ・・指数が悪いと緩和継続・・相場には良いのか悪いのか?
 [9月ユーロ圏PMI速報値は予想上回る、2年3カ月ぶり高水準]
 [ドイツ:メルケル氏 首相3選確実に 「大連立」協議 ]
 ・・とりあえず、ユーロ危機は遠のいたか

・[レール異常97カ所、本線も放置 高さも基準満たさず JR北海道]
 [9兆円もの建設費をJR東海が単独で負担]
 ・・やっぱり、企業は黒字でないと正常に機能しない
 [「あいた口がふさがらない」国交省、根本的改善を指摘]
 ・・今までの事故で何度も監査に入ってて、指摘はするが、
  指導⇒改善できない役所に、わたしは[「あいた口がふさがらない」

・[米原子力規制委員会の前NRC委員長 汚染水問題について、
 「だれもが予想できていたのに、これまで放置されてきたことに驚いた」]
 ・・はい、小学生でも予想できました
 [東電、月内にも柏崎刈羽原発の再稼働申請 経営再建急ぐ]
 ・・今の東電はJR北海道と一緒である。
 
・[韓国に水産物輸入規制強化の撤回要請 民主訪韓団]
 ・・いらないと言ってるヤツには売らなくてよろしい。
  需給理論の分からない民主党は余分な事するな!

・[ケニアのモール襲撃死者68人に、軍「建物の大半を制圧」
  ソマリアのアルカイダ系イスラム過激派組織アルシャバーブは、
  ソマリアに進攻したケニア軍の撤退を要求]
 [自爆テロの死者81人に パキスタンのキリスト教会]
 ・・日本に生まれて良かった(^^)

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/25(水) 06:44:54.77 ID:VLVWGfzL
米国株、ダウ続落66ドル安 財政金融に不透明感 アプライド急伸
2013/09/25 06:36 日経速報ニュース 846文字
【NQNニューヨーク=川内資子】24日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続落し、前日比
66ドル79セント(0.4%)安の1万5334ドル59セントで終えた。米国の財政問題や金融政策を巡る不
透明感が強く、売りが優勢となった。
 新年度予算や連邦債務の上限問題を巡る米与野党の交渉が難航するとの警戒感が根強い。米
量的金融緩和策の縮小時期を巡る不透明感も強く、投資家が運用リスクを避ける動きが続いた。
 前日からダウ平均に加わった金融のゴールドマン・サックスやクレジットカードのビザがともに続落。
ダウ平均を合計で約33ドル押し下げた。
 相場の短期的な戻りを期待した買いが入り、ダウ平均は前日終値を上回って推移する場面もあ
ったが続かなかった。取引終了にかけてダウ平均は下げに転じ、この日の安値圏で終えた。
 一方、ナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに小反発し、前日比2.96ポイント(0.1%)高の376
8.25で終えた。半導体製造装置の東京エレクトロンとの経営統合を発表した同業の米アプライドマ
テリアルズが収益拡大期待から急伸。IT(情報技術)株の一角に買いが波及した。
 業種別S&P500種株価指数は全10種のうち「電気通信サービス」や「生活必需品」、「金融」など
7種が下落。一方「資本財・サービス」や「一般消費財・サービス」などが上昇した。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約6億7000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は
約17億5000万株だった。
 四半期決算が大幅減益となったクルーズ船運営のカーニバルは大幅に下落。前日に大幅高と
なったアップルは小安く終えた。金融のJPモルガン・チェースや通信サービスのベライゾン・コミュ
ニケーションズも下げた。
 一方、決算と同時に強気な業況見通しを示した住宅建設のレナーやKBホームが大幅に上昇。
ホームセンターのホーム・デポも買われた。アナリストが投資判断を引き上げた交流サイト(SNS)
のフェイスブックは上場来高値を更新した。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/25(水) 06:47:33.06 ID:VLVWGfzL
柏崎再稼働へ地ならし、東電社長・新潟知事きょう再会談、安全策折り合い探る。
2013/09/25 日本経済新聞 朝刊 2ページ 949文字 書誌情報
 東京電力の広瀬直己社長と新潟県の泉田裕彦知事が25日午後、県庁内で再会談する。柏崎
刈羽原子力発電所6、7号機の安全審査の申請を巡り、いったん物別れに終わった両者が会うの
は約2カ月半ぶり。安全対策や工事の進め方で合意点を探る見通しだ。柏崎刈羽原発の再稼働
に向けた地ならしが進みそうだ。
 会談は県と東電が24日発表した。広瀬社長は災害や過酷事故の安全対策を改めて説明し、原
子力規制委員会への申請に理解を求める考えだ。
 最大の焦点は放射性物質の放出を抑えるフィルター付きベント(排気)装置だ。事故時に格納容
器の圧力を下げるため、新しい規制基準で義務付けられたが、泉田知事は設置について東電との
安全協定に基づく県の「事前了解事項」と主張。現状の設計では安全を確保できないとして、設計
の見直しを求めてきた。
 泉田知事は24日夕、県庁内で「前回の広瀬社長との会談で一番問題になったのは安全協定を
守るかどうかという点。今回、協定を守るという話をもらったので、話を聞くということ」と語った。7月
初めに会った際、広瀬社長に「嘘をつくのか」と詰問した険しい表情は薄らいでいた。
 広瀬社長が再会談を望んでも、知事側が応じない膠着状態が動く節目になったのは今月20日だ。
東電は安全協定を「順守する」と記した知事あての文書を提出。21日には「県の了解前に申請する
考えはない」との見解を発表した。県は知事のコメントとして「立地地域と十分なコミュニケーションを
とるという明確な立場の表明があったものと評価する」と強調。県幹部は「風向きが変わった」と認め
た。
 再会談が決まっても予断を許さない面は残る。県側は事故時の避難態勢の整備など、東電だけ
で応じきれない問題への対策も求めていた。国が関与を強めていることへの評価や、原発の再稼働
の前に知事が県民に説明できる材料が東電から具体的に出るかも注目点だ。
 衆院経済産業委員会は24日、理事懇談会を開き、福島第1原発の汚染水問題について27、30
両日に閉会中審査を開くことで合意した。27日に東電の広瀬直己社長が参考人として出席し、現状
と対策を説明。30日には茂木敏充経産相や原子力規制委員会の田中俊一委員長が出る見通しだ。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/25(水) 17:36:12.94 ID:5msaqJGS
・[米住宅価格指数:7月は前年比12.4%上昇、前月比は伸び鈍化]
 ・・やっぱ、せっかく織り込んでた緩和は縮小すべきだった?

・[量的緩和縮小見送りで情報漏れか FRBが報道機関調査]
 ・・[FOMC後の上げ消す]・・といった、材料出尽くしと
  表現される値動きは、ほとんどそうじゃない?
   わたしが事前に情報を知る立場なら、どうやったら捕まらずに  
  儲けるか必死に考えると思う。

・[暮らし「悪くなる」8カ月ぶり上昇 日本リサーチ総研調査
  賃金があまり増えないなかで輸入品や燃料の価格が
  大幅に上がり、消費者に不安]
 [増税と値上げで年収300万円世帯の負担は年間40〜60万円増
  住宅ローンなどが払えなくなる世帯が増えることも]
 [30〜40代の年金給付額 現在と比較し2〜3割減るとの予測も]
 ・・政府がどんなに(賃金UP)を目指そうと、グローバル企業は
  世界のどこで作るのが一番儲かるかを計算してる。
   エネルギー費UP+日本の賃金UP⇒海外生産は戻せない?
  ってことは、生活は苦しくなる一方なのだ。
  ※消費増税分5%+インフレ2%=7%の利回りでペイなのだ

・[JR北海道レール異常放置問題 新たに170カ所判明、計267カ所に
  旧国鉄の28年前から誤認か]
 [JR北海道、エンジン付近から白煙、ブレーキの不具合などトラブルが続出]
 ・・記者会見中に起きて、アタフタ(@o@;)してるのは笑えた
 [国交省「JR北は坂道を転がる没落ぶりで、基本さえできていなかった」]
 ・・と、怒るのは当然だが、
 [国交省や北海道運輸局は再三指導しながら、ずさんな管理を見抜けなかった]
 ・・と、管理指導係として、血税を喰らってる連中はどう責任を取る?

・[韓国の大学教授「風水で日本を制圧だ!」朝鮮日報に寄稿]
 ・・韓国<丶`∀´>がガタガタ言っても何も怖くは無いが、
 [中国の無人機を「撃墜すれば戦闘行動」、
  「(東シナ海を飛行する中国軍の無人機を撃墜すれば)この領空に
  侵入してきた日本の航空機などを全て撃ち落とす」
  日本の無人機対策を警戒 中国軍]
 ・・コッチ( `ハ´)は本気でヤバいぞ

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/25(水) 17:53:04.28 ID:5msaqJGS
新興株、決算発表前に利益確定売り・福永氏 学会シーズンでバイオ関連は注目
2013/09/25 17:03 日経速報ニュース 424文字
 福永博之・インベストラスト代表取締役 10月下旬から4〜9月期決算の発表が本格化する前に
、10月前半はひとまず利益を確定する売りが出やすいだろう。政府は10月1日に消費増税を正式
に表明する方針。内需関連株の多い新興企業株市場では、増税後の消費の反動減を懸念した
売りも出やすいとみている。
 10月はノーベル賞の発表など学会シーズンでもある。昨年は京大の山中伸弥教授がiPS細胞の
研究でノーベル賞を受賞した。今年も話題が出てくればバイオ関連株の追い風になるだろう。もっ
とも、業績で選別投資する傾向は強まっており、関連銘柄が幅広く買われる展開は考えにくい。
 新興企業株市場ではこれまで外国人投資家の買い越しが続いている。12月に決算期末を控え
る海外のヘッジファンドは例年、10月後半から11月にかけて思惑的な売買を仕掛ける傾向がみら
れる。相場が下落基調になり始めると利益確定の売りが増える可能性もあり、警戒が必要だ
。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/25(水) 17:54:52.15 ID:5msaqJGS
日経平均大引け、3日続落 下げ幅100円超える 米株安受け 
2013/09/25 15:05 日経速報ニュース 301文字
 25日の東京株式市場で日経平均株価は続落。終値は前日比112円08銭(0.76%)安の1万4620円
53銭と安値引けとなった。米国の財政や金融政策の先行き不透明感から前日の米国市場でダウ工業
株30種平均が下落したことを受けて、朝方から売りが先行した。下値では押し目買いも入って上げに
転じる場面もあったが、買いは続かなかった。政府が10月1日に消費増税やそれに伴う経済対策を
打ち出す見通しであることから、様子見ムードが根強かった。大引けにかけて手じまい売りが増えて
、日経平均の下げ幅は100円を超えた。東証1部の売買代金は概算で2兆2281億円(速報ベース)
だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/25(水) 18:00:09.55 ID:5msaqJGS
株式――みずほ総合研究所シニアエコノミスト武内浩二氏(先読みEYE)
2013/09/25 日本経済新聞 夕刊

来月末までに1万5000円台も
 みずほ総合研究所シニアエコノミスト 武内浩二氏
 日経平均株価は10月末までに1万5000円台を回復するとみている。米国のシリア攻撃
見送りに加え、9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で市場予想に反して量的緩和の縮小
がなく、市場の不安要素が減ったためだ。
 2020年夏季五輪の東京開催も決定した。政府が来年4月の消費増税を正式に決め、補正
予算や法人税減税といった景気対策を打ち出せば、株価は上昇するだろう。10月1日に日銀
が発表する全国企業短期経済観測調査(短観)も改善が予想される。
 ただ海外経済には懸念が残る。米国は新年度予算や連邦債務上限の引き上げを巡り与野
党の対立が目立つ。米財務省は10月半ばまでに上限引き上げができないと米国債の債務
不履行(デフォルト)リスクがあるとしている。中国景気にも不安がある。日経平均が1万5000
円を超えてからは上値が重くなりそうだ。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/25(水) 20:58:14.50 ID:gRZI+vHl
円、上値重く 日銀の巨額緩和が主因 市場関係者の見方
2013/09/25 18:56 日経速報ニュース 713文字
 25日の東京外国為替市場では円相場の上値の重さが目立った。日銀が大規模な金融緩和を進め、円売り
・ドル買いを持続的に促している。市場関係者に円相場の見通しやポイントを聞いた。

◎嶋野徹・岡三証券シニアエコノミスト
 日銀が強力な金融緩和を粛々と続けている。デフレ脱却や期待インフレ率の上昇の動きが表れるなど金融
緩和の効果は出始めており、それが円高方向に進むことを抑えている。
 米量的金融緩和の縮小は12月に始まるとの見方が市場では多い。縮小が決まった直後は市場がやや混乱
する可能性があり、一時的にリスクオフ(リスク資産の売り)が強まりそうだ。日米の株価が下げれば、円相場
はいったん上昇に向かいやすい。その後は日米金利差の拡大などを材料に円売りが優勢となり、年明けには
100円を下回ることもあるだろう。

◎植野大作・三菱UFJモルガン・スタンレー証券チーフ為替ストラテジスト
 円高が進まない背景は2つある。安倍晋三首相は最終的に予定通り消費税率の引き上げを決め、景気を
腰折れさせないよう経済対策を実施するだろう。景気が失速するようであれば日銀にも追加の金融緩和で
協力するよう求め、経済政策『アベノミクス』が一段と強化されるとの期待が強いためだ。財政と金融の両面
で円安方向が意識されやすい。
 もう1点は日本の貿易収支の赤字定着だ。金融政策の流れとは無関係に国内の輸入企業による円売り
・ドル買いが一定量出ることになり、円を下押しする。
 米量的緩和について、市場が12月の縮小開始を織り込むようになれば、日米の金融緩和を巡る方向感
の違いなどから円相場は10〜12月期に103円50銭近辺まで下落しそうだ。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/26(木) 15:26:35.24 ID:TAwpL7WV
日経平均大引け、反発 経済対策期待の買い広がる、2カ月強ぶりの高値
2013/09/26 15:07 日経速報ニュース 368文字
 26日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反発。終値は前日比178円59銭(1.22%)高
の1万4799円12銭だった。7月18日以来、2カ月強ぶりの高値を付けた。政策期待が相場を下支えし、
買いが徐々に広がった。海運株や保険株、建設株などへの見直し買いが入った。
 朝方は米財政を巡る先行き懸念や9月末の権利落ちに伴う換金売りが先行し、小幅安で始まったもの
の、11時すぎに消費増税に備えた経済対策に関連し、法人税引き下げについて「早期に検討を開始する
」方針を明記するとの報道を受けて先物買いが増え、裁定取引を通じて現物株を押し上げた。仕組み債
に関連する買い需要への連想から大引けにかけ先物買いが加速し、日経平均は高値引けした。
 東証1部の売買代金は概算で2兆1534億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/26(木) 15:49:10.29 ID:CbX6r9Hp
・[米政府、10月17日までに借り入れ手段枯渇=ルー財務長官
  債務上限引き上げをめぐり2011年のような瀬戸際戦術を
  繰り返せば、足元の景気にいっそうの打撃が及ぶと警告、
  「政府が最終的に支払義務を全く履行できない事態に陥れば、
  影響は壊滅的となる恐れがある」]
 ・・いつか見た話題再燃
  でもって、米株は軟調なのですが、
 [安倍首相、米ニューヨーク証券取引所での講演で、
  日本への投資呼びかけ アベノミクスは「買い」]
 ・・でもって外人さんが買ってくれた?
  ってほど甘くは無いでしょうけど、本日の以外高は、
 [法人税下げ「早急に検討」 政府、経済対策に明記へ]
 ・・コレなんでしょうかねぇ

・[安倍首相、2014年4月からの消費増税を10月1日に閣議決定へ]
 ・・いよいよですね
  ま、サプライズは無いでしょう
 [中国の日本の防衛費の伸びが中国の10分の1以下であることを
  指摘し、右翼批判に「呼びたいならどうぞ」 
  安倍首相、NYで演説、逆批判]
 ・・いいねぇ
  ちょっと前までは、石破さんに2〜3年やってもらってから
  安倍さんに長期政権を・・って思っていましたが、
  このまま長期政権でいいぞ!( ^^)ノ

・[避難者28万6千人 震災2年半で18万人減 復興庁発表]
 ・・まだそんなにいたのかぁ
 [復興庁は「避難生活が長期化しており、住宅再建を加速するとともに、
  仮設住宅の巡回活動や避難者の心のケアなども重要になる」]
 ・・子や孫が後を継ぐなら別だが、
  そろそろお迎えが来そうなお年寄りが住宅再建するか?
  少なくとも自分がその立場なら「まぁこのままでいいや」である。
   などと思ってたら、
 [経産キャリア:ブログに暴言、炎上
  「復興は不要だ、と正論を言わない政治家は死ねばいいのに」
  政治は「綺麗ごとばかり」などと書き込み]
 ・・官僚嫌いなわたしでも、だよねぇ・・感はある
  自分あるいは、世の中が必要とするなら復興は勝手に進んでいくのだ。
 [官房長官「あるまじき行為」 経産省官僚の不適切書き込み
  この職員を停職2か月の懲戒処分]
 ・・ある意味、半沢直樹的な処置ですかね

・[パキスタンで海中から「島」出現 地震による地殻変動が原因か]
 ・・ま、エベレストが昔は海底だった事を考えれば
  驚くことは無いのですが、地球の地面とはそういう
  不安定なも度だと認識して、
 [柏崎原発再稼働に向け、官房長官「地元理解得る努力を」 ]
 ・・金欲しさの(地元の理解)だけで
  ホイホイ進める事の無きよう願うばかりである。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/26(木) 17:04:34.67 ID:CbX6r9Hp
株、政策の織り込み進み10月末まで一進一退・戸田氏
2013/09/26 15:51 日経速報ニュース 543文字
 戸田浩司・りそな銀行チーフ・ファンド・マネージャー 日経平均株価は10月末にかけて当面は一進一退の
展開となるとみている。9月は堅調な相場展開だった。26日の東京株式市場でも日経平均は朝方に下げた
後、後場に持ち直して意外な強さを見せた。相場は消費増税とそれに伴う経済政策への期待を早期に織り
込んでいるようだ。そのため、一連の政策が打ち出されたとしても、そこからどんどん日本株が上昇する
ことは難しい。日経平均が1万5000円に接近する場面では利益確定売りが出やすいだろう。
 ただ、個人投資家や海外投資家は、シリア問題など不透明要因が多く、投資に悲観的だった8月と比
べて最近は投資に前向きになっている。株価下落局面では押し目買いが入り、相場を支える公算が大き
い。円相場も今の水準であれば、企業業績にとってプラスとなり、投資家にとっても心強い。
 米国では米連邦政府の債務上限引き上げを巡る懸念が蒸し返され、足元の相場の重荷になっている。
一方で米連邦準備理事会(FRB)は米景気が強い回復を示すまでは金融緩和の手綱を緩めない方針を
示したことで、緩和マネーが株式相場を引き続き支えそうだ。米国株にも押し目買いが入りやすく、日米と
もに相場の底堅さを発揮しそうだ。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/26(木) 17:22:52.04 ID:OQKwxDZa
〔クロスマーケットアイ〕海外勢好みの材料相次ぎ急反転、長期投資家は依然様子見
2013年 09月 26日 16:38 JST

[東京 26日 ロイター] - 海外勢好みの材料が相次ぎ、日本株とドル/円が急速な切り返しを見せた。
米株安が止まらず、株先売り・円買いが先行していたが、日本政府が法人税の実効税率の引き下げを
早急に検討するとの一部報道などが好感され、急速にカバーが入った。米国の債務上限問題など内外
で不透明要因が多く、長期投資家は様子見を続けているが、調整局面が続いていただけに、切り返しの
勢いも強くなっている。

 <法人税減税とGPIF>

26日の東京市場で、日経平均 は200円安から170円高、ドル/円は98円前半から一時99円台に急速
に切り返した。市場筋によると、朝方、株式先物を売っていた海外短期筋が買い戻し、ドル/円にも短期筋
のショートカバーが入ったとみられている。中国などアジア株は総じて軟調で、日本株の反転ぶりが目立った。

きっかけとなったのは、政府が、消費税増税に伴う経済対策で、焦点となっている法人税の実効税率引き
下げについて「早急に検討を開始する」と明記する方向で調整に入ったと共同通信が報道したことだ。検討
に入るという段階で規模もまだ不明だが、「法人税減税は海外勢が好感しやすい政策」(大手証券トレーダ
ー)とされ、海外短期筋が飛びついたという。

また、公的・準公的資金の運用・リスク管理等の高度化等に関する有識者会議がきょう開かれ、中間論点
整理に向けた議論を行うことを決めた。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用改革の思惑に
つながり、「GPIF関連も海外勢が反応しやすいニュース」(外資系証券トレーダー)という。

ただ、海外勢の動きは短期筋中心だったとみられている。東証1部売買代金は2兆1534億円と2日連続
で大台を超えたものの、日経平均銘柄採用の日東電工 が760億円で売買トップになるなど「特殊要因」込
みのボリュームだ。「米国の債務上限問題など不透明感が強い中で、長期投資家は海外勢、国内勢ともに
様子見となっている」(立花証券・顧問の平野憲一氏)という。

9月中間期配当の権利落ち分が日経平均で約80円あると推計されており、その分を埋めての上昇は強気
材料の一つとなる。ただ、日経平均は9月20日高値1万4816円から、26日安値の1万4410円まで約
400円下落しており、溜まっていた短期筋のショートが巻き戻されたことがリバウンドの原動力である可能性
が大きい。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/26(木) 17:23:23.26 ID:OQKwxDZa
<ファンダメンタルズは堅調>

マーケットは依然不安定だ。米連邦公開市場委員会(FOMC)が量的緩和(QE)縮小を市場の予想に反
して見送った「波紋」は依然広がっており、不透明感を嫌う長期投資家は手控え気味。米連邦準備理事会
(FRB)の次期議長の人選もまだ未定で、市場の不安は晴れない。

第一生命経済研究所・首席エコノミストの熊野英生氏は「無制限、オープンエンド型の量的緩和政策は
かなり強力だ。それゆえ、止めるのではなく縮小にすぎないとしても大きな影響が出てしまう。世界景気は
夏以降に改善しているが、その動きは強くなく、こうした不安がマーケットに表れやすくなっている」と指摘し
ている。

ただ、米連邦準備理事会(FRB)が25日発表した第2・四半期(4─6月)の資金循環統計によると、家計
の純資産は74兆8000億ドルで過去最高となった。住宅関連などやや足踏みの指標も出ているが、米経
済の「体力」は大きく回復している。財政からの圧迫要因も年後半には薄らぐ見通しで、株価下落リスクが
大きいわけではない。

野村証券・金融市場調査部チーフ為替ストラテジストの池田雄之輔氏は「根雪のように溜まっている円ショ
ートが巻き戻され、円高になるリスクは常にある」と指摘する一方で、実需面や金利面からは円安を後押し
しやすい環境にあるとみている。「貿易赤字・対外直接投資という実需の円売りが年間10兆円を超える規模
で2014年―2015年も継続する見込みであり、円売り圧力を醸成しやすい。また、米金利はこれ以上
下がる余地がないところまで低下しており、金利面から、ドル/円相場の上昇に対する強い向かい風も心配
する必要がない環境だ」と述べる。

様子見を続ける長期投資家だが、米国の債務上限問題や金融政策、日本の消費増税という不透明要因が
後退すれば、潤沢な緩和マネーを使ってリスク資産投資を再開させるとの期待も大きい。

 <東京市場 26日> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経平均  国債先物12月限 国債330回債   ドル/円(15:00) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━ 14799.12円 144.02円 0.690% 98.98/00円 ━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

+178.59円 -0.13円 +0.020% 98.26/28円 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━ 注:日経平均、国債先物、現物の価格は大引けの値。

下段は前営業日終値比。為替はNY午後5時。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/26(木) 17:29:07.51 ID:OQKwxDZa
焦点:アベノミクスが活性化する企業投資、資金は海外へ
2013年 09月 26日 14:33 JST
9月26日、安倍晋三首相が掲げる「アベノミクス」は、大手自動車2社が相次いで生産能力拡大のための
大規模投資計画を打ち出したことで、早速その成果が示された。写真はバンコク郊外にあるフォード・マツダ
の合弁会社の工場。17日撮影(2013年 ロイター/Chaiwat Subprasom)
[香港/バンコク 26日 ロイター] - 安倍晋三首相が、日本の産業と経済の活力復活のために自ら青写
真を描いた政策「アベノミクス」は、大手自動車2社が相次いで生産能力拡大のための大規模投資計画を
打ち出したことで、早速その成果が示された。

ただしこれには1つの難点がある。マツダ(7261.T: 株価, ニュース, レポート)とホンダ(7267.T: 株価, ニュース,
レポート)が発表した工場の新設や拡張は日本国内ではなく、2000マイル以上も離れたタイで実施されるのだ。

実のところ、安倍首相が昨年12月の就任以降に行ってきた刺激策をもってしても国内における民間セクター
投資の退潮傾向にはほとんど歯止めが掛かっていない。逆に日本企業のアジア諸国における投資を驚く
ほど加速させている。

今年前半の日本国内の設備投資は前年同期比で4%減少。これに対して日本貿易振興機構(JETRO)
によると、日本企業のアジア投資は22%も増えた。

HSBC(香港)の日本担当エコノミスト、デバリエ・いづみ氏は「日本における製造業投資はなお縮小が続
いている。各企業は海外に投資しているからだ」と指摘した。

日本政府による財政支出や円安の進行も、製造業が依然として国内の人口減少や高コスト、規制面の
障壁などに見切りをつけて、急成長を続けてより経済が若々しいアジア諸国になびいているという事実を
隠しようがない。

ゴールドマン・サックス・アジアの元副会長で現在はスターフォート・インベストメンツ(香港)を率いるケ
ネス・S・カーティス氏は「日本企業の国内投資に対するインセンティブは圧倒的に小さい。長期的な人口
動態には大きな問題があり、円の価値とともに自らの力が弱まることへの恐れが海外投資をますます促
している」と述べた。

<資金は国内投資に向かわず>

東南アジア諸国に対する日本企業の直接投資は今年前半に約3倍増えて60億ドル程度になった。この
地域への邦銀の融資額は過去最高に達し、日本企業による合併・買収(M&A)金額も今年、最高ペース
となっている。

日本政府はアジア諸国との関係強化などの理由で投資を積極的に促進し、こうした海外投資が円安の
一因となって輸出企業の利益を押し上げてる面もある。

しかし企業の増益が日本経済に資するのは、それらの利益が投資拡大や賃金引上げに使われた場合
に限られる。ソシエテ・ジェネラル証券東京支店の会田卓司チーフエコノミストは「デフレを脱却するため
には、われわれにとっては企業の貯蓄率がマイナスになることが必要だ。企業は設備投資の実行を求
められている」と強調する。

日銀の資金循環統計からみると、日本企業は昨年6月から今年6月までに約1440億ドルを貯め込み、
手元流動性の総額は2兆24000億ドルになった。これはつまり企業が純利益を1円増やすごとに、その4分
の3が銀行に預金される計算だ。さらにHSBCによると、企業の既存設備の償却は、設備更新を上回るペー
スで行われている。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/26(木) 17:30:34.37 ID:OQKwxDZa
<遅い決定>

日本企業の経営陣は保守的で大きな決定をするまでに何年もかかるというのは有名であり、マツダが1月
に発表したタイで2億6200万ドルを投じて工場を拡張する計画も、安倍政権誕生前の昨年初めに採択した
東南アジアで販売台数を約3倍に増やすことを狙った経営戦略の一環だった。

このため一部のエコノミストは、アベノミクスの効果を反映した形の投資が出てくるのは数年先になる可能
性があると話す。また過去3カ月間は1ドル=95─100円のレンジで推移している円がまだ十分に弱くなっ
ていない点に着目する向きもある。

ソシエテ・ジェネラルの会田氏は「日本企業が現在、活発に海外投資を行っているのは円がなお強過ぎる
からだ。円はもっと安く、恐らくは110円ぐらいになる必要があり、来年それが実現するケースもあり得る」
と述べた。

それでもかつての製造業大国だった英国や米国が教訓を得てきたように、製造業の海外シフトがいったん
始まれば、通貨安にその流れを逆転させる十分な力はない。

<邦銀の融資やM&Aも活発化>

HSBCによれば製造業の賃金は、タイでは日本の10分の1にとどまる。だからこそホンダの国内生産比率
は過去10年で半減して22%となったのに対して、東南アジアでは3倍以上も高くなって約11%に達し、そ
の大部分をタイが占めている。ホンダは今年2月、同国で過去最大規模の6億3400万ドルを投資する方針
を表明した。

ただ、コストはいくつかある要因のうちの1つにすぎない。ホンダのタイ部門のPitak Pruittisarikorn副社長は
投資理由について「労働コストが低いからでなく、タイには熟練労働者の存在をはじめとする多くの面で潜
在的な力が備わっているためだ」と説明した。

東南アジアはまた、日本には提供が不可能なプラス材料を持つ。それは中間層人口の拡大だ。日本では
4人に1人が65歳以上高齢者で、総人口も昨年は28万4000人減って1億2750万人となった。

JETROハノイ事務所の西川壮太郎所長は「われわれは高齢化社会に直面している。もし日本だけに投資
しているなら、今後生き残ることはできない」と言い切った。

日本から東南アジアに投資しているのは事業会社だけではない。国際決済銀行(BIS)によると、邦銀の東
南アジア向け融資額は今年第1・四半期末までに約8%増加して1528億ドルになった。タイ向けが17%、
フィリピン向けが27%それぞれ増えて全体を押し上げた。

邦銀にとってこれらの融資は取引先企業の進出に合わせるという面だけでなく、実質ゼロ金利の国内より
も利ざやが稼げる利点がある。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/26(木) 17:31:29.29 ID:OQKwxDZa
M&Aの主役も邦銀だ。今年これまでの日本企業による東南アジアでのM&A金額は既に過去最高の82億
ドルに上っている。これを引っ張ったのは三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306.T: 株価, ニュース, レポート)
が57億ドルを投じて行ったタイの大手商業銀行アユタヤ銀行BAY.BKの買収だった。

こうした投資は、インドネシアルピアの急落のような事態にはあまり効果がないが、もう少し経済規模の小さい
国にとっては資金流出に伴う打撃を緩和する役割を果たしている。

例えばタイは第2・四半期に証券投資が45億ドルの資金流出となったが、JETROによると日本企業からの
投資によって12億ドルが戻ってきたという。

(Wayne Arnold、Orathai Sriring記者)

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/26(木) 20:48:36.74 ID:RkZWM7TH
みずほが小動き、大和証は「1」継続、目標株価は260円に引き上げ<8411.T>

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/26(木) 22:48:22.02 ID:iQfRBXeu
語り継がれるか日本企業のアニマル・スピリッツ スクランブル
2013/09/26 19:44 日経速報ニュース 1386文字
 広告業界の世界2位である米オムニコム・グループと同3位の仏ピュブリシス・グループの合併
(7月)。米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズによる、英同業ボーダフォンとの携帯電話合
弁会社の持ち分買い取り(9月)。最近になって相次ぎ発表された大がかりなM&Aを、アニマル
・スピリッツ(血気)の復活と関連づける向きが増えている。
 アニマル・スピリッツとは不確実な未来に挑戦する企業家精神のこと。リーマン・ショック後に攻
めより守りを優先しがちだった企業に、投資家が強く求めていたものでもある。2013年の世界の
M&A金額は9月25日までに約1兆7000億ドル、単純に年換算すると2兆3000億ドル程度と、金
融危機が始まる前、2000年代前半の水準を超えている。
 そんなM&Aの世界的なうねりの中で発表されたのが、東京エレクトロンと米アプライドマテリア
ルズの経営統合だった。「日本企業のアニマル・スピリッツの象徴例として語り継がれる可能性
がある」(米投資銀行幹部)といった評価は少し大げさなのかもしれないが、何かを感じさせるデ
ィール(取引案件)ではある。
 新たに設立される持ち株会社の下に東エレクとアプライドがぶら下がる形態を「M&A」と呼ぶこ
とに、もしかしたら違和感を覚える人がいるかもしれない。
 しかし、新会社の株主の約7割をアプライド側が占めるというから、実質的に米社による日本の
同業買収という側面は確かにある。トムソン・ロイターは「買収主体 アプライドマテリアルズ」「買
収対象 東京エレクトロン」と分類し、英語圏のメディアも「US chipmaker buys Tokyo Electron」(
フィナンシャル・タイムズ)などと表現している。
 買った、買われたの単純な構図で捉えられるリスクは、ある程度は予想されたこと。それでも、巨
大化する一方の半導体メーカーとの価格交渉力をつけ、事業を成長させ続けるために、経営者は
打つべき手を打った。「今回の統合劇のすごみはトップの決める力の強さにある」。そんな見方を
示すのは、米大手運用会社キャピタルで日本株運用に携わり、長期投資を掲げるコモンズ投信の
設立にも参加した吉野永之助氏だ。
 半導体製造装置は競争が激しく、ファンドマネジャー泣かせの業界でもある。優良企業の印象が
強い東エレクの株価は過去10年余り、市場平均を上回ったり下回ったりをくり返してきた。
 そんな東エレクを吉野氏はコモンズの運用が始まった初期の段階で、ファンドに組み入れた。世
界シェアの高さや財務体質の良さなどの定量面だけでなく、経営理念の強さという定性的な要素
も重視した。キャピタル流の独特の企業評価の視点に基づく選択だ。
 東エレクの社員には同社の通称を冠した「TELバリュー」と呼ばれる冊子が配布されている。そ
こには会社設立以来の経営信条がつづられており、最終ページには自分の仕事への思いを各自
が書きこむ欄がある。
 アプライドとの経営統合を決断した東哲郎会長兼社長の「TELバリュー」を、四年半ほど前に拝見
したことがある。
 「変化の激しい業界のなかでも自由闊達」「失敗を恐れない挑戦者」「利益は人間でいえば生命
そのもの」。最終ページには、そんな経営信条が自筆でつづられていた。日本企業のアニマル・ス
ピリッツを市場に印象づけた経営統合は、まさに有言実行だった。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/26(木) 22:50:57.22 ID:iQfRBXeu
LIXILグ、住宅用機器大手グローエ社の買収発表 3816億円
2013/09/26 19:23 日経速報ニュース 490文字
 LIXILグループ(5938)は26日、住宅用機器大手のグローエ(ルクセンブルク)を買収することで
同社の主要株主と合意したと発表した。日本政策投資銀行と共同で買収し、買収額はグローエ
の負債肩代わりを含め約29億3500万ユーロ(約3816億円)。グローエ株の発行済み株式総数の
87.5%を取得する。欧州市場で浴室やキッチンの水栓金具を展開するグローエを取り込み、海外
事業を拡大する。
 LIXILグと政投銀は買収のための特別目的会社(SPC)を設立する。SPCにはLIXILグが約7億
6300万ユーロ(約992億円)、政投銀が3億8500万ユーロ(約500億円)を出資。国内の金融機関
などに対し議決権の無い優先株約3億7800万ユーロ(約491億円)も発行する。加えて、借入金
返済を目的に国内金融機関から約12億4000万ユーロ(約1612億円)の融資を受ける予定だ。S
PCの議決権はLIXILグと政投銀が半数ずつを握る。
 SPCはグローエの株式を2014年前半に取得する予定。LIXILグの連結業績への影響につい
ては「現在精査中」としている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/26(木) 22:53:23.06 ID:iQfRBXeu
アフリカで都市計画支援、政府、まずケニアの特区、日本企業の投資後押し。
2013/09/26 日本経済新聞 夕刊
 政府はアフリカで、インフラ整備の基本計画づくりの支援に乗り出す。まずケニアの港湾都市
モンバサで経済特区の都市整備計画を立案。タンザニアや西アフリカ諸国でも交通や都市基
盤の計画づくりを提案する。アフリカでは交通網や電力などのインフラ整備が経済成長の課題
となっている。政府は支援を通じてインフラ需要を喚起し、日本の民間企業が投資しやすい環境
を整備する。
 来年度から2年間で、ケニア初の経済特区計画を立案する。候補地はインド洋に面した同国
第2の都市、モンバサの南にある臨海地区約1200ヘクタール。電力や通信、道路、水などの
インフラから、環境への配慮までを含めた都市開発の方針を定める。近隣の東アフリカ市場も
にらみ、物流や製造業の拠点として開発する方針で、自動車関連などの企業誘致を目指す。
 モンバサでは2016年の完成を目指し200億円超の円借款で港湾拡張事業を進めている。
今後も道路整備などで円借款を供与する計画で、ケニア内陸部やウガンダなど周辺国を含め
た経済活動拠点に育てる考えだ。ケニアの南のタンザニアでも今後、港湾や鉄道の整備計画
を模索する。
 西アフリカではナイジェリアで電力計画の策定を支援する方向で調整している。同国はアフリカ
で最も人口が多いが、電力供給が不安定で国内での工業生産拡大の足かせになっている。発
電から送配電まで計画づくりを総合的に支援し、発電効率の良い日本企業の火力発電設備導入
も後押しする。内戦が終わったコートジボワールでも最大都市アビジャンなどの交通計画を支援
する方針だ。
 日本は東南アジアを中心にインフラ計画づくりを支援した実績を持つ。アフリカは今後の進出先
として注目する企業も多く、政府としても投資環境の整備を後押ししたい考えだ。
 6月に横浜市で開いた第5回アフリカ開発会議(TICAD)では、安倍晋三首相が今後5年で
アフリカの10カ国でインフラ整備の「戦略的マスタープラン」を策定する支援策を打ち出した。
国際協力機構(JICA)が各国政府などからの要請をもとにアフリカ各地で具体化を進める。
 首相は来年1月にも、アフリカ諸国の歴訪を検討している。原油や天然ガス、レアアースなど
の天然資源の埋蔵量が豊富なサハラ砂漠以南の「サブサハラ」地域などを想定する。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/26(木) 22:57:20.99 ID:9MKDvGaN
法人税下げ「早急に検討」、実効税率、政府、経済対策に明記。
2013/09/26 日本経済新聞 夕刊
 政府は26日、10月1日にまとめる消費増税に向けた経済対策で、2015年度以降の法人実効
税率の引き下げについて「早急に検討を開始する」と明記する方向で調整に入った。大幅な税収減
につながる法人減税に対しては与党などに慎重な意見があるため、引き下げの時期や幅は示さず
、検討を急ぐことだけを強調する。政府・与党は年内にも検討を始める。
 法人実効税率の引き下げで企業の競争力が高まれば、雇用拡大や賃上げにもつながり、経済
全体を押し上げられると政府はみている。ただ1%分の引き下げで4千億円の税収減になるため、
代替財源の確保が難しいとして、与党などで慎重な声が多かった。政府は具体的な引き下げ幅
などを経済対策に明記しないことで、与党などの理解を求めていく考えだ。
 一方、政府は東日本大震災からの復興財源となる復興特別法人税を今年度末に1年前倒しで
廃止する方針を固めている。復興特別法人税の廃止にも与党内の反対が強いため、経済対策で
は「廃止する」という強い表現を避け、「検討する」などと断定しない表現にする案が浮上している。
 自民党税制調査会は26日午前、幹部会を開き、政府が経済対策に盛り込む復興特別法人税
の前倒し廃止についての判断を野田毅会長に一任した。会議には麻生太郎財務相と甘利明経
済財政・再生相が出席して政府方針に理解を求めたが、同税の打ち切りには慎重論が多かった。
野田氏は反対論が強い公明党と調整し、30日に結論をまとめる考えだ。
 財務相と経財相はそれぞれ「アベノミクスの成功のために協力をお願いしたい」と述べた。経財
相は今年度税収の上振れ分などを代替財源に充てる方針を示したが「他の必要な予算を削ること
になる」と反論が出た。
 経財相は記者団に「色々と注文をもらったが、真摯に受け止めながら最終的に目指すところは一
致すると思っている」と述べた。野田氏は「公明党との協議を含めて、一定期間内に着地点をつ
くらないといけない」と語った。自公両党は27日の与党税制協議会で議論する。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/26(木) 23:00:16.17 ID:9MKDvGaN
米国株、買い優勢で始まる ダウ平均48ドル高 値ごろ感の買い
2013/09/26 22:51 日経速報ニュース 757文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】26日の米株式相場は買い優勢で始まった。午前9時35分現在、
ダウ工業株30種平均は前日比48ドル10セント高の1万5321ドル36セント、ハイテク株の比率が
高いナスダック総合株価指数は同18.49ポイント高の3779.59で推移している。前日までにダウ
平均やS&P500種株価指数が5日続落していたため、値ごろ感からの買いや短期的な戻りを
期待した買いが入っている。
 朝方発表になった週間の新規失業保険申請件数は前週比5000人減の30万5000件と、市場
予想(33万件程度)を下回った。労働市場の改善が続いていることを好感した買いも入っている。
4〜6月期の米実質国内総生産(GDP)確定値は前期比年率2.5%増となり、改定値と同じだった。
 オンライン決済システム開発会社を買収すると発表した電子商取引・決済大手イーベイが高い
。交流サイト(SNS)最大手フェイスブックも上昇し、上場以来初めて株価が50ドルに乗せた。
前日夕発表の四半期決算が増収増益だった家庭雑貨小売りのベッド・バス・アンド・ビヨンドも買
い優勢で始まった。
 金融大手JPモルガン・チェースは買われている。過去の住宅ローン担保証券の販売を当局が
調査している件で、最大で110億ドル程度の和解金を支払う方向で調整が進んでいると前日に
報じられた。JPモルガンが当初提示した和解金額は30億ドルだったが、当局側が不十分として
退けたという。ただこれを材料とした売りは出ていない。
 半面、電子機器の製造受託サービスを手掛けるジャビル・サーキットは下落。前日夕に四半期
決算とあわせて発表した業績見通しが慎重と受け止められた。この日朝に業績見通しを引き下
げたレンタカーのハーツ・グローバル・ホールディングスが急落している。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)